cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_d0db265c1ce5_世界一の美尻など女性の賞賛集めるインスタセレブたち d0db265c1ce5 d0db265c1ce5 世界一の美尻など女性の賞賛集めるインスタセレブたち oa-newspostseven 0

世界一の美尻など女性の賞賛集めるインスタセレブたち

2018年6月3日 15:00 NEWSポストセブン

 Instagram(インスタグラム)のフォロワー数日本一は渡辺直美の790万人。それを軽々と超える世界のインスタセレブたちは、みずからの美尻やグラマラスな身体、産前産後の身体の変化まで惜しげもなくさらし、共感を集めている。フォロワー数1000万人クラスの美女たちを紹介する。
 

◆ジェン・セルター(24)

@jenselter

・フォロワー数1200万人

 ニューヨーク出身のフィットネスモデル。「ビキニが似合う理想のボディ」を目指そうとワークアウトのアプリも開発し、今やフィットネス界のカリスマとなっている。インスタではヒップを強調したビキニ姿を多数アップし、「世界一の美尻」の称号を得ている。
 

◆サラ・ジーン・アンダーウッド(34)

@saraunderwood

・フォロワー数890万人

 アメリカのモデル、女優。人形のような無垢な童顔と豊胸したグラマラスな体とのギャップで人気を博す。2007年以降はプレイメイトとして活躍。インスタでは全裸に近いきわどいショットも多い。人気オーディション番組『アメリカンアイドル』のMC、ライアン・シークレストは元恋人。
 

◆タミー・ヘンブロウ(24)

@tammyhembrow

・フォロワー数820万人

 オーストラリア出身のモデル。インスタグラムを通じて、妊娠前、妊娠中、そして産後の体型の変化を余すところなく公開し、世界中の女性の賞賛とフォロワーを得て人気インスタグラマーに成長した。また、自身のワークアウトをプログラム化し実業家としても成功を収めている。

※週刊ポスト2018年6月8日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_ba3b7c729246_キユーピー、大正製薬など「100年企業」ロゴと社名の関係 ba3b7c729246 ba3b7c729246 キユーピー、大正製薬など「100年企業」ロゴと社名の関係 oa-newspostseven 0

キユーピー、大正製薬など「100年企業」ロゴと社名の関係

2018年6月3日 13:00 NEWSポストセブン

 日本には400万社を超える企業がある。それぞれの社名には、我々の知らないドラマが詰まっている。そのドラマこそ、日本経済の歴史に他ならない。ここでは、「100年企業」4社のロゴと社名の意外な関係を紹介する。
 

【キユーピー】

 創始者の中島董一郎が1919年に前身の食品工業を設立。米国留学中にマヨネーズを知り、大変興味を持っていた中島は、1925年に国産初のマヨネーズを販売するにあたり、当時人気のあったアメリカ生まれのキューピー人形のように「多くの人に長く愛されたい」との願いからこのロゴマークを冠したブランドを展開。

 1957年には社名もキユーピー株式会社へ変更した。ちなみに社名は大きな「ユ」を使うが、これはデザイン上の理由からで、発音は「キューピー」でよい。
 

【大日本除虫菊】

 蚊取り線香といえば鶏マークの「金鳥」が有名だ。由来は司馬遷が編纂した『史記』の一節にある「鶏口と為るも牛後と為る勿れ」。「秦に屈して牛の尻尾のように生きるよりも、小さいとはいえ、鶏の頭(カシラ)になるべき」という意味で、大国・秦に対抗して各国は連合を組むべきと合従策を説いた蘇秦の言葉だ。

 創業者・上山英一郎は、1910年に業界の先駆者として「鶏口」になる自覚と気概を込めて、最高の鶏である「金鳥」の商標を登録した。
 

【ブルドックソース】

 1902年に食料品卸商・三澤屋商店として創業し、ソースの製造販売を手がけたが、当時はブルドッグ印ではなかった。

 創業当時、ソースの発祥の地であるイギリスではブルドッグがシンボル犬として愛され、また日本でもペットとして人気を集めていた。そこで、創業者・小島仲三郎がブルドッグ同様に人々に広く愛されるようにと、商品名に「ブルドック」を採用した。ちなみに「ブルドック」としたのは、濁音が続く語感を避けるためだという。
 

【大正製薬】

 大正元年(1912年)創業が社名の由来となっている大正製薬。「ワシのマーク」も歴史は古い。1955年、テレビやラジオの普及に伴って社名をPRするために「世界中の老若男女誰が見ても何の形かわかるもの」「その形は耳で聞いてもわかるもの」という条件が出され、「ワシが大空を羽ばたく姿」が、会社が発展していくイメージに重なることから選ばれた。

「ファイト・イッパーツ!!」(リポビタンD)など、同社のキャッチフレーズは耳に残るものが多い。

取材/浅井英彦(HEW)

※週刊ポスト2018年6月8日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_c7c6bdd1536e_『おっさんずラブ』の成功がドラマ界に与える影響は大きい c7c6bdd1536e c7c6bdd1536e 『おっさんずラブ』の成功がドラマ界に与える影響は大きい oa-newspostseven 0

『おっさんずラブ』の成功がドラマ界に与える影響は大きい

2018年6月3日 12:00 NEWSポストセブン

 多様性の時代、この作品のヒットは今後のドラマ制作におけるメルクマールとなるかもしれない。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
「#おっさんずラブ」がTwitterの世界トレンドで1位になるほど大盛り上がりのドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系 土曜午後11時15分)。6月2日、最終回を迎えました。

これで終わりかと思うと『おっさんずラブ』ならぬ「おっさんずロス」に陥りそう。

 物語の主人公は……ぱっとしないサラリーマン春田創一(田中圭)。その春田に突然モテ期が到来。「好きです!」いきなり告白してきたのが、尊敬している上司の黒澤武蔵部長(吉田鋼太郎)。続けてイケメン後輩の牧凌太(林遣都)にもキスをされ、黒澤部長と牧と春田は三角関係に。

 春田が最終的に選ぶ相手は誰なのか? いったいどこへ着地するのか? 飛躍的展開を予感させる映像に悲鳴をあげつつ、あーでもない、こーでもないと結末を予想する。そんな楽しみに身をよじらせてきました。

 常識破りの抱腹絶倒コメディとして大人を笑わせ、楽しませる秀作に仕上がった『おっさんずラブ』。日本ではコメディドラマの多くが、子供っぽくでついていけない。笑えない。そんな意見もしばしば耳にしますが、このドラマは一味違う。

 何といっても、転換力=メリハリが効いています。例えば、春田という一人の人物の中にある対比。だらしなくてダメダメの姿と、やたらモテてしまう姿のメリハリが面白い。また、「乙女モード」の黒澤が、仕事場に戻ると一瞬にして別人のようにできる部長に変化してしまうという面白さも。

 あるいは、黒澤部長とライバルの牧。その二人のキャラクターの対比も強烈です。ねちっこく熱いおっさんと、二枚目の少年のようなクールで内省的な後輩。攻める黒澤、耐える牧。といった風にメリハリが随所に効いているため、見ていて飽きません。視聴者はグイグイと心地よく引っ張っられていく。

 さらに、男たちの関係に膨らみを持たせる存在として唯一、女性として絡んでくる幼なじみのちず(内田理央)の存在も素晴らしい。ダメ男春田に心のどこかでずっと惹かれてきて、しかしそれを素直には認められないできた、というちずのけなげさや心の揺れが繊細に表現されていて、恋愛物語として見応えがある。

 役者も演出も脚本も光っていますが、おそらくちょっとした思いつきのネタに流れることなく、物語の軸=純愛がしっかりと揺らがずセットされていて、明確な人間関係の構図も描かれている。そうした土台の上で、役者たちが渾身の力を振り絞って弾けたり暴れたり、真面目にふざけているからこそメリハリが効き、ズレから笑いが生じる大人のコメディドラマになっているのではないでしょうか?

 コメディ俳優としての力を発揮してみせた田中圭さんも大収穫。SNSの発信の仕方・工夫も含めて斬新なチャレンジとなり、コメディドラマとは何か、という問題提起となった『おっさんずラブ』の成功は、今後のドラマ界に大きな影響を落としそうです。

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_b0d4e7a08ed6_99才と94才、「ぎんさんの娘」が健康診断 驚きの結果は? b0d4e7a08ed6 b0d4e7a08ed6 99才と94才、「ぎんさんの娘」が健康診断 驚きの結果は? oa-newspostseven 0

99才と94才、「ぎんさんの娘」が健康診断 驚きの結果は?

2018年6月3日 07:00 NEWSポストセブン

「きんは100シャア、ぎんも100シャア」から約30年。きんさんぎんさんが身をもって体現した「人生100年時代」がやってきた。どうせ長生きするのなら、ふたりのようにいつまでも健康で楽しく朗らかに生きていたいもの。そのコツをぎんさんの娘さんから検証しました!

 5月中旬、29℃の夏日を記録したこの日、名古屋市内の病院では99才と94才の姉妹が健康診断を受けていた。杖を手にしながらも、その足取りはシャンシャンと軽く、颯爽としたもの。そんな姿を見つけた1人の女性が近づいてきた。

「あの、おふたりのファンでして…。テレビでよく拝見していたんですけれど、サインをいただけませんか?」

 この姉妹は、伝説のご長寿双子「きんさんぎんさん」の妹の方、蟹江ぎんさん(享年108)の娘たちである。彼女たちもまた、母親譲りのご長寿アイドルとして、地元では知らぬ者がいないほどの超有名人なのだ。

 ぎんさんは、夫・園次郎さん(享年81)との間に5人の娘をもうけている。次女・栄さんは3才で病死したが、昨年4月に四女・百合子さんが95才で亡くなる前までは“4姉妹”が全員元気旺盛だったことから、その様子を本誌で『ぎん言』、『続・ぎん言』として連載(2011~2013年)。これをきっかけにテレビ局の取材が殺到し、母にも負けないご長寿アイドルとして世にその名を知らしめたのである。そして今年3月、掃除用品などを販売する『ダスキン』の新聞広告にぎんさんの三女・千多代さんと五女・美根代さんが起用された。

 同社はかつて、「きんは100シャア、ぎんも100シャア」という名ぜりふで日本中を沸かせたテレビCM(1991~1992年)を制作したことでも知られる。親子2代の抜擢に、「ぎんさんのDNAはすごすぎる!」と世間は驚愕。同時に記者の胸には、ある思いが去来した。

 もし、おふたりの体を調べれば、長生きの秘訣が見つかるかもしれない。そこで、無理を承知で健康診断に密着したいと申し込むと、ふたりはあっさり快諾。取材班は名古屋へ飛んだ──。

 この日、健診を行ったのは、千多代さん・美根代さんの自宅から車で10分ほどの『だいどうクリニック健診センター』(名古屋市南区)。

美根代さん「戦後間もない頃、ここはGHQの施設やったんだけど、そのあとは大企業の寮だったで。いつの間にこんな立派な病院になったんだろうって感じだわさ」

千多代さん「ほんとお。普段は病気せんから、病院くるとびっくりするわなあ。あ、でもわし、ここは初めてではないわ。30年前、肺炎で入院したことがあったからな」

美根代さん「なあ~に言っとるの! 肺炎は5年くらい前のことや」

千多代さん「そうか(笑い)」

 健診用の服に着替えながらテンポよくおしゃべりを続ける。健診を手伝う病院のスタッフたちも、“生”で見るふたりのかけあいに圧倒され、笑いを堪えられない。

 

◆判定不能も…前例のない90代での健診

 
 身長・体重は、千多代さんが131.5cm、33.5kg、美根代さんは152.4cm、44.1kg。ふたりとも「標準体重より軽い」という結果が出たが、「この年齢の人で健診を受けるかたが少ないので、あくまで参考値としてみてほしい」と看護師。比較するための“前例がない”項目もある。

 例えば、骨密度の検査。本来、骨密度を測るのは80才までを対象とするため、今回は特別にレントゲンを使って大腿骨で測定してもらった。しかしその結果も…。

「骨密度の数値は平均より低いと出ていますが、この“平均”は80代のかたの数値から計算したもの。おふたりの年代のかたの臨床データは少なすぎるので…」
 

◆おしゃべりが健康の秘訣!?

 
 すべての健診が終わるまで、約1時間。大きな病院の中を縦横無尽に移動するも、全く疲れた様子は見せない。

 視力や聴力を検査する合間には、千多代さんが記者にこんな貴重な話もしてくれた。

千多代さん「牛乳は体にええと思って、昭和16年から飲んどったんだぎゃ。その頃は戦争中やったから焼夷弾は落ちるしよ。ばばばーって降ってきて、おそげーよー(恐ろしいよ)。防空壕もどかーんいうて、かわいそうに子供が1人出てこなんだ…」

 戦時中の壮絶な暮らしを想像し、無口になるわれわれ。それを察し、千多代さんは場を盛り上げようとこう続けた。

「そんな時代に、牛乳を飲んどりましたっ!」

 ちゃめっけたっぷりに語るさまに、思わず吹き出してしまい、しんみりとしたムードが一変。悲しい体験も苦しい体験も、千多代さんは笑い話に変えてしまうのだ。

 医師の問診でも、そのおしゃべり力が評価されていた。

「美根代さんも千多代さんも耳も目も全体的に落ちてきているが、こりゃあ年齢的にしょうがないで。また、ちょっとしたことで骨が折れてしまいやすい状態だから、転ばないように注意してくださいよ。でも、それだけしっかりしゃべれていれば健康な証拠。食べられてるでしょ? じゃあ大丈夫。やっぱり長生きの家系なんでしょうな」(医師)

 ふたりの診断結果を見ると、肝機能、血中脂質、糖代謝とほぼすべて80代女性の基準値内に収まっていた。

 ちなみに美根代さんは2年前に大腸がんの手術を受け、現在も通院中で、腰痛には悩まされているというが、すこぶる元気そうに見える。
 

◆長生きのDNAは存在しなかったけれど

 
 すべての診断が終わったあと、ふたりに感想を聞いた。

千多代さん「さっきお医者さんにも“長生きの家系”と言われたけれど、母は特別やな」

美根代さん「今と同じ年齢のとき、私らより全然元気だったもんなあ。比べるとわしは去年から急に体が年取ったなって感じる。杖をつくようになったのも先月からだしなあ」

千多代さん「あんたはがんのわりに元気だみゃあ(笑い)。母は胃が丈夫だったわ。お水もそんな飲んどりゃあせんかったのに便秘知らずで、下剤をのんだこともなかった」

美根代さん「便秘の時はお腹をもめばいいがって言われたけど、わしらがやったところでよう出んし(笑い)。母の教えを守っても、結果がついてこんのよ(苦笑)。でもまあ、女の子は腰を冷やしちゃいかんぞ言うて、ネル生地のパンツをはかされとったのは覚えとる」

千多代さん「大きなパンツでよ~(笑い)。当時はそんなのはいてる人いなかったな」

 ふたりの食欲は衰えない。胃もたれしない程度に3食きっちり食べる。よく食べるものを尋ねると──。

美根代さん「私は毎朝、みそ汁に生卵を入れて食べてるの。具はわかめとか玉ねぎとかいろいろで、名古屋だから、みそは絶対八丁みそ。あとは…小さい時から小魚をよう食べてた」

千多代さん「わしはサラダは昔よう食べとった。レタスにきゅうりに、りんごの薄切りと干しぶどうを入れて、ごまだれをたっぷりかける。それを2~3日かけて食べるから、しまいには野菜が漬かって漬けものみたいになっとった(笑い)」

 ふたりは今、娘と孫、さらに玄孫もいるにぎやかな生活を送っている。その笑顔は母・ぎんさんの面影が残っていた。

※女性セブン2018年6月14日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_7eb5fb32dbf0_一生モノと思ってたインプラントに大問題、歯周病で脱落も 7eb5fb32dbf0 7eb5fb32dbf0 一生モノと思ってたインプラントに大問題、歯周病で脱落も oa-newspostseven 0

一生モノと思ってたインプラントに大問題、歯周病で脱落も

2018年6月3日 07:00 NEWSポストセブン

 口腔内の問題は、放置すると全身疾患につながっていくこともある。『やってはいけない歯科治療』著者で、“歯科業界に最も嫌われるジャーナリスト”の異名を取る岩澤倫彦氏が患者に知らされてこなかった重大リスクをレポートする。

 * * *
 歯を失った患者にとって、インプラント治療は魅力的に映る。チタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込むので、入れ歯よりも強く噛めるし、見た目が自然だ。

 インプラント治療は自費診療なので、約30万~70万円(1歯あたり)と高額な費用が必要となる。中には“一生使える”と聞いて大枚を叩く人もいるだろうが、何年か経過したあとに、それらが全てムダになる事態が起きている──。

 今年5月、スイスに本部を置く、FDI(国際歯科連盟)が、世界各国から24人の歯科医を招聘した。テーマは「インプラント周囲炎」。日本から参加した弘岡秀明氏(スウェーデンデンタルセンター院長)によると、いま、世界中で“インプラントの歯周病”が大問題になっているという。

「インプラント周囲炎は、現在のところ根本的な治療法がありません。進行すると、インプラントを撤去するしかない。年内にはFDIから診断基準などが出ますが、インプラント治療を行なっている歯科医にもこの“病気”を理解していない人が多く、患者にも情報が伝わっていません」

 インプラント周囲炎は、細菌感染や過重負担の結果、インプラント周囲の骨が溶ける症状。自覚症状がないまま進行するのが特徴で、悪化するとインプラントを支える骨がなくなってしまう。原因は、歯周病と同じくバイオフィルムによる感染が有力視されている。予防方法は、専門性の高い施設での定期的なメンテナンスと、患者自身による毎日のセルフケアだ。

「感染を防ぐには、インプラントが検査しやすい上部構造であること、そして人工歯が取り外し可能なネジ止めであることが重要です」(弘岡氏)

 歯科治療の先進国・スウェーデンでは、インプラント周囲炎の発生率が約15%と報告されている。日本では正確な実態を把握できていないのが現実だ。

 

◆高齢者のインプラントは「諸刃の剣」

 
 インプラントには様々な種類、メーカーがあり、玉石混交となっている。選択を間違えると、悲惨な老後となる可能性があることを知るべきだ。

 インプラントの構造は、大きく二つに分かれる。「ワンピース型」は、フィクスチャーと呼ばれるチタン製人工歯根と人工歯を固定するアバットメント(連結部)が一体となっている。製造販売元のA社は、『オペが一回で完了、時間と治療期間の短縮、テクニカルエラーとコストの軽減』と宣伝。費用も10万円台からあり、格安インプラント・クリニックで多く使用されている『早く、簡単、安い』タイプだ。

 一方、「ツーピース型」は、フィクスチャーとアバットメントが独立した構造。手術は2回に分けて行なわれ、3~6か月の時間が必要。『遅く、面倒、高い』と言える。インプラント治療の権威である、小宮山彌太郎氏(ブローネマルク・オッセオインテグレイション・センター院長)は、こう指摘する。

「ワンピース型は、過大な力が加わった時、フィクスチャーに直接負荷がかかるので、最悪の場合、フィクスチャー本体が壊れたり、骨との結合がなくなって、撤去しなければなりません。これに対してツーピース型は、過大な力に対してアバットメントが安全弁として壊れ、一番大事な部品であるフィクスチャーと、周囲組織を守ります」

 重要な点が高齢者になった時のリスクだ。認知症になって、自分で歯の手入れができないと、インプラントが凶器になる可能性があるのだ。

「介護施設に入っている認知症の高齢者は、ワンピース型の土台だけが二本飛び出して、反対側の歯茎を突き刺してしまい、血みどろになっていました。ツーピース型なら、アバットメントを外すだけで解決できるので、こんな悲惨なことは起きません」(小宮山氏)

“インプラント治療は、手術が終わってから始まる”と言っても過言ではない。専門的なメンテナンスを受けていないとしたら、インプラントを失う可能性がある。すぐに専門施設に相談すべきだろう。

※週刊ポスト2018年6月8日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_dfc3dc11053e_つくばエクスプレスの茨城空港延伸計画 その狙いとは dfc3dc11053e dfc3dc11053e つくばエクスプレスの茨城空港延伸計画 その狙いとは oa-newspostseven 0

つくばエクスプレスの茨城空港延伸計画 その狙いとは

2018年6月3日 07:00 NEWSポストセブン

 世界から首都圏への玄関口としては、成田空港と羽田空港以外に、成田から少し北にある茨城空港がある。ところが、都内への移動は、3時間に1本程度の連絡バス頼りで弱々しい。鉄道のアクセスをよくしようと、つくばエクスプレスを茨城空港へ延伸を目指す動きが始まった。ライターの小川裕夫氏が、その狙いと、なぜつくばエクスプレスなのかについてレポートする。

 * * *
 訪日外国人観光客の増加が止まらない。当初、政府は2020年に年間2000万人という目標を掲げていたが、ビザの緩和や円安を追い風に、想定を上回るペースで達成した。先般、政府は2020年の目標を3000万人に上方修正。それも軽々クリアするとの予測が強まると、年間4000万人に再修正している。

 人口減少で内需の先細りが確実視される中、年間4000万人もの訪日外国人観光客は日本経済を下支えする心強い“お客さん”でもある。

 迎え入れる日本側には、課題が残されている。

 多言語化やイスラム教徒に対するハラール対応といったソフト面の問題もあるが、なによりもハード面の観光インフラが脆弱なままだ。

 6月15日から施行される住宅宿泊事業法は民泊を全国的に解禁するものだが、この法律が制定された背景も増加する観光客に対して宿泊インフラの整備が追いついていないからだ。

 同様に、交通インフラの整備も追いついていない。

 羽田・成田の航空需要が増大したことで、東京圏の上空は航空機による渋滞が慢性化。そのため、羽田や成田がターミナルや滑走路を増設しても意味がなく、飛行機の発着回数を増やせない状態にある。

 国土交通省航空局は、羽田・成田で起きている空の渋滞を緩和するべく、航空機の進入経路の変更などで対応してきた。しかし、小手先のテクニックでは、抜本的な解決は望めない。そこで、羽田・成田と干渉しない、東京から近い第3の空港の整備が焦眉の課題になっている。

 現在、東海道新幹線のトンネルの真上にあってアクセス良好の静岡空港と茨城県小美玉市にある茨城空港が有力候補として浮上している。しかし、どちらの空港にも一長一短があり、簡単には第3空港を決めるのは難しい。

 静岡空港の場合、JR東海は静岡県にある6駅すべてを通過する「のぞみ」にリソースを傾注している。そのため、静岡駅に停車する新幹線の本数は少なく、まして「のぞみ」は一本も停車しない。静岡県は静岡空港の真下を通る新幹線に着目し、空港直結の新幹線新駅を開設するように要望している。しかし、東海道新幹線の現行ダイヤは過密なので、新駅を設置する余裕はなく、JR東海の対応はそっけない。

 しかし、中央リニアが開業すれば、話は変わってくる。中央リニアが東京―名古屋間を結ぶようになれば、東海道新幹線のダイヤに余裕が生まれる。「のぞみ」の発着本数は減少するので、空いたリソースは「こだま」や「ひかり」に振り分けられるだろう。静岡空港駅が設置される可能性だって出てくる。

 一方、2010年に自衛隊の百里基地を軍民両用化することで誕生した茨城空港は静岡空港よりも年間乗降客数が少ないものの、開港以降は国内線・国際線ともに乗降客数が激増している。

 茨城空港は小美玉市に立地しているが、その泣き所は何と言っても空港アクセスが悪い点にある。茨城空港の最寄駅は市内にある常磐線の羽鳥駅だが、小さな駅のため空港玄関駅として利用しづらい。茨城空港利用者は、県内からなら水戸駅・石岡駅、近隣からの場合は東京駅・つくば駅・宇都宮駅などからバス利用になる。

 そんな茨城空港のアクセスを改善するべく、小美玉市議会はつくばエクスプレス(TX)の茨城空港延伸の実現を目指す「TX茨城空港延伸議会期成同盟会」を発足させた。「従来、こうした鉄道の延伸を国などに働きかける期成同盟会は県や市が中心になって組織されます。今回発足したTX茨城空港延伸議会期成同盟会は、市議会が中心になっているのは異例です」と話すのは小美玉市議会事務局の担当者だ。

 かねてより、小美玉市や周辺自治体からはTXの延伸要望が繰り返し出されていた。しかし、茨城県や県都・水戸市の反応は鈍く、小美玉市は業を煮やしていた。そうした背景から、市議や県議の有志が自力で期成同盟会を立ち上げることになった。

 しかし、ここで疑問が沸く。茨城空港はTXより常磐線の方が近い。茨城空港に鉄道を引っ張るなら、常磐線の方が建設費や用地買収などの手間も短くて済み、理解は得られやすいだろう。なぜ、TXなのか?

「現在、茨城県は人口減少が顕著で、そうした傾向は県都・水戸市や企業城下町として栄えた日立市なども見られます。そうした中、つくば市は今も人口が増加傾向で、産業的にも活気づいています。また、国の研究機関もたくさん立地していることも魅力です。つまり、街に勢いがあるんです。茨城空港までのアクセスに、常磐線ではなくTXの延伸を要望している理由は、つくば市のような勢いのある街と結節するという狙いも含まれています」(同)

 また、茨城県はTXを運行する首都圏新都市鉄道株式会社に多額の出資をしている大株主でもあり、沿線の市町村もTXの株主として名を連ねている。そうした事情から、JRが運行している常磐線より、TXに要望を出しやすいという心理的なハードルの低さもある。

 TXを茨城空港まで延伸させるには、ルートの選定や建設費の概算なども必要になる。期成同盟会は立ち上がったばかりで、そうした細かいシミュレーションはこれからだ。

 小美玉市は人口がわずか5万人という小さな自治体で、期成同盟会を一緒に立ち上げたほかの6市も決して大きな自治体とは言えない。そんな小さな自治体の市議たちが、一致団結して県を、そして国を動かそうとしている。

 TXの茨城空港までの延伸は、単に茨城県だけの話ではない。訪日外国人観光客の増加という我が国の観光政策や航空政策、ひいては日本経済全体の成長戦略や今後を左右する話でもある。

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_d1f483887cb9_齋藤孝氏が選ぶ日本人の“性”を知る6冊 d1f483887cb9 d1f483887cb9 齋藤孝氏が選ぶ日本人の“性”を知る6冊 oa-newspostseven 0

齋藤孝氏が選ぶ日本人の“性”を知る6冊

2018年6月3日 07:00 NEWSポストセブン

 男女ともに生涯未婚率が上昇し、「中年童貞」が大幅に増えるなど、今、日本人の性が貧弱になっている。一方、芸能人らの不倫に対してネット上に容赦のない糾弾のコメントが充満するなど、特に若い世代が性に対して不寛容になっている。

 だが、それは日本人の性の伝統的なあり方なのだろうか?

【1】『夜這いの民俗学・夜這いの性愛論』(赤松啓介・ちくま学芸文庫)を読むと、かつての日本は性のエネルギーが豊かで、それが社会の中でうまく循環していたことがわかる。本書は、「異端の民俗学者」が戦前昭和まで残っていた夜這いに代表される庶民の性風俗、性文化をフィールドワークし、自らの体験も交えて生き生きと描く。

【2】『春画のからくり』(田中優子・ちくま文庫)は著名な江戸文化研究者による春画論。春画は男女が一緒に楽しみ、「笑い絵」とも呼ばれたように滑稽な要素も持つものだったことなどを明らかにする。着物は着て、結合部だけを見せることで性交場面を際立たせるといった手法も指摘する。類書として『浮世絵春画を読む』(白倉敬彦・早川聞多・三橋修・田中優子・佐伯順子、中公文庫)もお勧めしたい。

 時代小説家でもある著者による【3】『江戸の下半身事情』(永井義男・祥伝社新書)は、幕府公認の遊郭吉原だけでなく、各地にあった非公認の遊郭「岡場所」、遊女に対して男色専門の男娼「陰間」など、実にさまざまな性風俗を紹介する。帯の文句〈この街の「フーゾク」は世界一である。〉は秀逸だ。同じジャンルのものとして『江戸の性愛術』(渡辺信一郎、新潮選書)、『江戸の性風俗』(氏家幹人、講談社現代新書)なども読みやすい。

【4】『盆踊り 乱交の民俗学』(下川耿史・作品社)は在野の風俗史家が、史料を掘り起こし、盆踊りが実は男女が出逢い、乱交をする場であったことを明らかにする。前記『夜這いの民俗学・夜這いの性愛論』や、民俗学のフィールドワークとして有名な『忘れられた日本人』(宮本常一、岩波文庫)も触れているが、乱交のルーツとして古代の「歌垣」も取り上げる。歌のやりとりをしつつ、性的な関係を結んでいくもので、『万葉集』にはそれを詠んだ歌もある。

 文学作品にも日本の豊かな性文化は反映されている。男女の色恋が文化として花開いた頂点の時代である平安時代の【5】『源氏物語』(紫式部)は、日本文学の最高峰として世界的に評価されている。人妻との恋(それも自分の父である天皇の後妻との交わり)、ロリータコンプレックス的な少女愛好など、“何でもあり”の世界が展開される。交わりを持つなかで歌がやりとりされ、当時の貴族の間では性的な関係において教養、文化が重視されたことがわかる。多くの訳本があるが、ここでは古典エッセイスト大塚ひかりによるものをお勧めしたい。『源氏物語』にはあからさまな描写はないものの、性愛が豊かに描かれており、大塚版はそのことに焦点を当て、充実した解説も挿入し、作品の世界が理解しやすい。

 ちなみに日本の性文化のキーワードのひとつは「想像力」。顔の見えない相手と歌のやりとりを通じてイメージを膨らませ、気持ちを高めていく。それが豊かな性文化を生んだ。【6】『性のタブーのない日本』(橋本治・集英社新書)は、古典の現代語訳も多く手掛けてきた作家が、『万葉集』『古事記』から『源氏物語』を経て近松門左衛門に至るまでの文学作品を取り上げ、日本人の性が緩やかで、タブーがなかったことを明らかにする。『源氏物語』では、「逢う」「見る」がイコール、性的な関係を結ぶことだったなど、面白い指摘がたくさんある。

 兄と妹の性行為によって国が生まれたとする『古事記』が象徴するように、古代から日本は性に関しておおらかだった。戦国時代に来日したポルトガルの宣教師ルイス・フロイスの『ヨーロッパ文化と日本文化』(岡田章雄訳注、岩波文庫)にも、日本には処女信仰がなかったことがわかる記述がある。それが大きく変わったのが明治維新だ。西洋列強から未開の国と見られることを恐れた政府により、盆踊りも混浴も禁止された。江戸以前の社会に暗黒面があったことも確かだが、不寛容の時代だからこそ、かつての性に対する寛容さを知る意義はあるのではないか。

 ここでは一般の人がとっつきやすい本を取り上げたが、学問的に掘り下げた著作に興味があれば、『日本思想大系〈60〉近世色道論』(野間光辰、岩波書店)、『日本近代思想大系 風俗 性』(小木新造・熊倉功夫・上野千鶴子、岩波書店)、『愛欲の精神史3 王朝のエロス』(山折哲雄、角川ソフィア文庫)なども読んでほしい。

【PROFILE】さいとう・たかし/明治大学文学部教授。1960年静岡県生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。教育学、身体論、コミュニケーション論が専門。『身体感覚を取り戻す』で新潮学芸賞、『声に出して読みたい日本語』で毎日出版文化賞特別賞。最新刊に『不機嫌は罪である』(角川新書)。

※SAPIO2018年5・6月号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_a119cc806a4c_スバル新型フォレスター 燃費悪いハイブリッドを出す理由 a119cc806a4c a119cc806a4c スバル新型フォレスター 燃費悪いハイブリッドを出す理由 oa-newspostseven 0

スバル新型フォレスター 燃費悪いハイブリッドを出す理由

2018年6月3日 07:00 NEWSポストセブン

 スバルがグローバル戦略車と位置づける看板車種「フォレスター」。その新型モデルの先行予約が始まっている。5代目となる今回、スバルが誇る水平対向エンジンと電動技術を組み合わせたハイブリッドを搭載したモデルが加わることで注目されているが、一体どんな性能なのか。モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏が解説する。

 * * *


 スバルの人気SUVである「フォレスター」。その新型モデルの先行予約が5月18日よりスタートしています。今度の新型モデルは、クルマの骨格となるプラットフォームに、新世代の「SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)」が採用されており、先代モデルよりも、より一層、ハイレベルな走りの良さが期待できます。

 もちろん「ぶつからないクルマ」を支える技術である運転支援の「アイサイト」も最新バージョンが搭載されており、「走りの良さ」と「安心」というスバルらしさがしっかりと備わったモデルです。

 その新型「フォレスター」で気になるのがハイブリッド・モデルです。

 今回のモデルでは「Advance」というグレードには「e-BOXER」と呼ばれるハイブリッドが搭載されています。基本モデルは2.5リッターの水平対向エンジンですが、ハイブリッドは2リッター水平対向+モーターとなっています。そのハイブリッドはどのようなものなのでしょうか?

 発表されている燃費性能を見ると、ハイブリッドの燃費はJC08モードで18.6km/l。新しい燃費測定基準のWLTCモードは14.0km/lとなっています。2.5リッターのガソリン・モデルは、JC08モード14.6km/l、WLTCモード13.2km/lよりも優れていますが、あまり大幅な燃費性能アップというわけではありません。それどころかWLTCモードの郊外モードや高速道路モードでは、若干ハイブリッドの方が燃費が悪かったりします。

 その理由は、スバル独自のハイブリッド・システムにあります。スバルのハイブリッドの特徴は、使っているモーターが小さいこと。なんと10kW(13.6馬力)/66Nmのモーターが1個しかありません。プレスリリースを見ると、あくまでも「パワーアシスト」のためのものとしか書かれていません。

 実はスバルの先代の「XV」にもハイブリッドが用意されていましたが、そのシステムのモーターも同様に小さくて、「EV走行」は、ごく一瞬しかできませんでした。つまり、新しい「フォレスター」のハイブリッドも前と同じように「EV走行」は、ほとんどできないのではないでしょうか。

 そしてモーターの力が弱いということで、平均速度の高いWLTCの郊外や高速道路モードでは、エンジンの排気量が小さいというハイブリッドの特徴が悪い方向に働き、燃費数値の悪さとして出てしまったのではないでしょうか。

 つまり、新型「フォレスター」のハイブリッドは、トヨタの「プリウス」のように電気の力をバリバリ使って走るものではないというわけです。新型「フォレスター」はあくまでも、エンジンが主体というクルマだったのです。では、ハイブリッドにする意味はどこにあるのでしょうか。

 まだ、ハンドルを握ったわけではありませんので断定はできませんが、メリットは、「上質感」になると思います。発表された数値を見ると、ハイブリッド用のエンジンは、ガソリン・モデルよりも最大トルクが発生する回転数が低く設定されています。また、モーターは低回転域が最も得意なところ。

 つまり、ゆっくり走っている時や、ゼロからの加速は、ハイブリッドの方が静かで力強くなります。走行全体としても、ハイブリッドはエンジン回転を低く抑えられるので、全体として静かで振動の少ないクルマにすることができるのです。

 実際に旧「XVハイブリッド」も、そういうキャラクターでした。ですから、新型「フォレスター」も同様のキャラクターになるのではないでしょうか。また、ハイブリッドはエンジンが小さく軽いので、それがハンドリング面に良い効果を表すのではないでしょうか。ハンドルを切ったときの反応が素早く、その後の姿勢変化も早く落ち着くはず。すっきりと素直な動きもハイブリッドの魅力になるでしょう。

 ちなみに、4月に開催された北京モーターショーでは、新型「フォレスター」だけではなく、「XV」にもハイブリッド版が展示されていました。また、現地での呼び名は日本の「e-BOXER」とは異なる、「インテリジェント・ボクサー」というものでした。

 現在、日本の「XV」にハイブリッドはラインナップされていませんが、ニーズがあれば「XV」のハイブリッド化も可能ということでしょう。それとも、「XV」の商品力テコ入れのため、後に「XV」ハイブリッドを投入するのかもしれません。

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_08964479b2c0_部分入れ歯でカンジダ増殖、誤嚥性肺炎引き起こすリスクも 08964479b2c0 08964479b2c0 部分入れ歯でカンジダ増殖、誤嚥性肺炎引き起こすリスクも oa-newspostseven 0

部分入れ歯でカンジダ増殖、誤嚥性肺炎引き起こすリスクも

2018年6月3日 07:00 NEWSポストセブン

 銀歯にインプラント、部分入れ歯やブリッジ……中高年では、こうした歯が1本もない人のほうが珍しいだろう。ただ、“治療”したはずの歯が、さらに大きな問題の原因となることが少なくない。口腔内の問題は、放置すると全身疾患につながっていくこともある。『やってはいけない歯科治療』著者で、ジャーナリストの岩澤倫彦氏が患者に知らされてこなかった重大リスクをレポートする。

 * * *
 厚生労働省の歯科疾患実態調査(平成28年)では、60代の約6割が歯周病だという。歯周病は、細菌の感染で歯肉(歯茎)に炎症が起き、歯を支えている骨が溶けてしまう病気。日本人が歯を失う原因の1位で、虫歯よりも多い。

 中高年世代なら、ブリッジ治療を受けた人も多い。その方々は「スーパーフロス(*注)」を使ったことがあるだろうか? 名前すら知らないかもしれない。

【*スーパーフロス:ブリッジやインプラント専用のデンタルフロスの総称。1本が約60センチで、両端が硬くて中心部はスポンジ状になっている。ドラッグストアで販売しているところは少ないが、大手通販サイトで購入可能。100本入り、1000円前後でアメリカ製が多い】

 日本臨床歯周病学会・認定歯科衛生士の太田由美氏は、こう指摘する。

「ブリッジと歯肉の間は、プラークがとても溜まりやすくなっています。そこに片側が少し硬くなった、スーパーフロスと呼ばれるブリッジ専用のデンタルフロスを通してクリーニングする必要があります。でも、一度も使ったことがない患者さんが多いですね。放置していると、歯周病や口臭の原因になります」

 さらに太田氏は、60代の4人に1人が使っているという、部分入れ歯にも注意が必要だと話す。

「患者さんの中には、部分入れ歯を入れっ放しにしてしまう人がいます。

 隣の歯にかけるクラスプ(バネ)には、プラークが付きやすいので、虫歯のリスクが高くなります。就寝中も、歯や粘膜に負担がかかりますし、カビの一種・カンジダが増殖して、誤嚥性肺炎を引き起こすリスクを高めてしまいます」

 歯周病による全身疾患のリスク要因は意外なところにも潜んでいるのだ。不適切な治療を続けていると、歯周病が長期化して、結果として歯を失い、全身状態が悪化するケースもある。日本歯周病学会、日本臨床歯周病学会の専門医や認定歯科衛生士のいる施設を選んでほしい。

※週刊ポスト2018年6月8日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_53abddb87e3a_映画版『終わった人』原作者が語るヅラ投げ捨て描写の凄さ 53abddb87e3a 53abddb87e3a 映画版『終わった人』原作者が語るヅラ投げ捨て描写の凄さ oa-newspostseven 0

映画版『終わった人』原作者が語るヅラ投げ捨て描写の凄さ

2018年6月3日 07:00 NEWSポストセブン

 定年を迎え、“終わった人”扱いをされる60代男性を中心に、シニア世代の悲哀と夫婦の日常をユーモアたっぷりに描く映画『終わった人』(6月9日公開)。主人公・壮介を演じた舘ひろし(68才)と原作者の内館牧子さん(69才)の特別対談をお送りする。

 岩手の進学校でラグビー部のキャプテンを務め、東大へ進学して大手銀行へ就職した壮介。周囲の期待を背負い、虚勢を張ってきたが、定年後に故郷の盛岡へ帰省して仲間と飲んでようやく腹を割り、自らの“輝いていない”境遇を語り始める。

舘ひろし(以下、舘):再就職して失敗してしまったことや、妻に家を追い出されたことなどを壮介が打ち明けると、同級生はみんな親身になって慰めてくれた。そこで仲よしの二宮(笹野高史・69才)が「60過ぎたらみんな一緒だよ」と、かぶっていたかつらをバーンと脱ぎ捨てるんですよね。ぼくはあそこにすべてがあると思う。

 かつらに男の矜持というかプライド、男の背負っているもの、いろいろなしがらみが込められていて、それを投げ捨てた。背負っていたものをすべて捨てる。ぼくはあのシーンがとても好きで、「そのためのかつらだったんだ」と。

内館牧子(以下、内館):なにしろ“かつら、かつら”していたものね(笑い)。それからみんなで岩手伝統のさんさを踊り出すんですよね。さっこら、さっこらと歌いながら。“幸せを呼ぶ=幸呼来”と書いて、“さっこら”。

舘:青春時代ですよ。今まで心にあったものを全部捨ててね。

内館:捨ててから第二ラウンドなのよ。あそこはウルウルしちゃって、原作を超えたなと思った。いいシーンになっていましたよぉ。

舘:ぼくも高校でラグビーをしていて、当時の仲間と年に3~4回は会うんです。壮介は故郷の仲間と話していて気持ちがこもると岩手弁を使うけれど、それはぼくも同じ。標準語でしゃべっていたのが、そのうち「おみゃ~」とか名古屋弁になるんですよ。

内館:おいしいものを食べて「うみゃ~」とか?

舘:言いますよ(照れ笑い)。壮介は淡い恋心を寄せる女性には、近付くためのツールとして最初から方言を使う。その使い分けも、男として共感できました。

内館:壮介はカルチャースクールの受付嬢(広末涼子・37才)に恋をしてから、メタボなお腹がシュッとしちゃって。

舘:スポーツジムで必死に走るんですよね。“若く保つ=恋をする”ということ。これに尽きます。やっぱりいくつになっても恋をしていないとダメですね。ぼくですか? もちろんしていますね(艶っぽく)。

内館:でも、壮介の恋は『マディソン郡の橋』のようにいい結末は迎えさせません。恋だって終わるんです。仕事も終わるし、体も衰える。第一ラウンドをめいっぱい闘ってフラフラになって、終わりをすべて受け入れた先の、次のラウンドをどう闘うか。そこが年を重ねていくうえですごく面白い、人生の醍醐味だと思うんです。

舘:俳優は定年がないので、これまで第二の人生を考えたことはなかったけれど、“定年=終わり”ではなく、次のステージへの前向きな始まりなんだと学びました。

内館:今の60代はみなさん個性的で若くて、その意味ではいちばん生々しい世代というか、成仏しきれていないんですよね。

舘:「まだ若い」、「まだいける」という思いがあるんですね。ぼくも若い頃は“60代=おじいちゃん”のイメージで、「人生は60まででいいかな」と思っていました。でも68までおめおめと生きていると、それなりにまぁ大丈夫かな、なんて(笑い)。

内館:でも仕事でまだいけるかは周囲に決められるものなのね。「定年です。残りの人生をお好きにどうぞ」と、社会に線引きされるのは理不尽なことです。だからこそ、今が引き際という自分のものさしを持っていると、身軽になれる。

 横綱審議委員だった時に北の湖さん(第55代横綱、元日本相撲協会理事長・享年62)に聞いたんですけど、引退した理由の1つが体の変化だったんですって。ある日、稽古場の鏡を見たら、昨日まであった胸の筋肉がちょっとだけ落ちていた。他人にはわからない微妙な変化です。でもそこで引き際を悟ったそう。その後に土俵へ上がると「北の湖、頑張れぇ」と声がかかって、「頑張れって言われちゃ、おれもおしまいだな」って。

舘:うぅ~ん、それはすごい。

内館:引き際は自分で設定するものだと思います。残酷にね。そこからまた、力強く次のステップを踏み出せばいいんだから。

──映画では、勝手な振る舞いばかりする夫に妻は、当初、怒り心頭する。だが、本当の意味で夫が第二の人生に踏み出したと悟った時、妻は意外な行動に出る。あなたが同じ問題に直面する日、何をすべきか──来るべき日のためのヒントがここにある。

※女性セブン2018年6月14日号

外部リンク