cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_1b52383fb253_吉岡里帆 「スッピン濡れ髪」で会いに行った佐藤健宅 1b52383fb253 1b52383fb253 吉岡里帆 「スッピン濡れ髪」で会いに行った佐藤健宅 oa-newspostseven 0

吉岡里帆 「スッピン濡れ髪」で会いに行った佐藤健宅

2017年8月2日 16:00 NEWSポストセブン

『どん兵衛』CMで星野源(36才)に妖艶なきつねコスプレで迫り、化粧品の新商品イベントでうっとりするような泡チューを披露。放送中のドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)では、幼い頃に母親に捨てられ愛を知らない主人公・律(長瀬智也、38才)と少しずつ心を通わせていくヒロインを好演し、雑誌『プレイボーイ』には異例の40ページにわたるインタビューグラビアが掲載される──。今、飛ぶ鳥を落とす勢いで話題を集める女優が吉岡里帆(24才)だ。

「そもそも、吉岡さんが注目されるようになったきっかけは、2015年の朝ドラ『あさが来た』で主人公・あさ(波瑠、26才)の秘書見習いの宜(のぶ)を演じたこと。当時はまだまだ無名でしたが、勉強熱心で健気な宜の演技が一定の評価を集めました。

 転機になったのは今年1月クールのドラマ『カルテット』(TBS系)です。周囲を振り回し、虜にした男性は数知れないという根っからの悪女を演じきりました。最終話で、白人男性にエスコートされ豪華な指輪を見せつけながら“人生チョロかった”と高笑いした姿は伝説のシーンでしょう」(芸能関係者)

 そんな大ブレークもあって連日多忙を極める吉岡が、初夏のある夜、都内のコンビニで買い物をしていた。マスクはしているもののどうやらスッピンで、風呂上がりなのか、まだ髪も濡れているほどの艶っぽさ。ペットボトルを何本か購入した吉岡は、待たせていた車に乗り込んで都内の高級マンションへと足を向けた。

 また別の夜にも、自宅マンションから車に乗った吉岡は、同様にその高級マンションの中へと消えていく。実は彼女が訪れていたのは佐藤健(28才)の部屋だった。

「城田優さん(31才)を介して知り合ったそうです。ふたりとも共通の趣味があって、たまの休みがあると佐藤さんの自宅や友人宅に集まって夜な夜な遊んでいるらしいですよ。時には朝までになってしまうこともあるそうです」(別の芸能関係者)

 双方の事務所に聞くと揃って「交際はありません。友人の1人です」との答え。

 佐藤といえば、石原さとみ(30才)や前田敦子(26才)、広末涼子(37才)と浮き名を流したモテ男。一方の吉岡も、以前出演したバラエティー番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で「15才で初めて彼氏ができて、その後も恋はしてきました」と臆面もなく明かすほど恋愛にはオープンだ。

「この多忙な中で会いに行くぐらいですから、吉岡さんもまんざらでもないんじゃないですかね…意外とお似合いのカップルになったりして」(前出・別の芸能関係者)

※女性セブン2017年8月17日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_9a918447d002_「I never fail!」米倉涼子がL.A.でドクターX最新作語る 9a918447d002 9a918447d002 「I never fail!」米倉涼子がL.A.でドクターX最新作語る oa-newspostseven 0

「I never fail!」米倉涼子がL.A.でドクターX最新作語る

2017年8月2日 07:00 NEWSポストセブン

 5年ぶりとなるミュージカル『CHICAGO』のN.Y.ブロードウェー公演を成功させた米倉涼子が、ついに世界へ大きくはばたく。

 人気ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の新たに撮り下ろされる第5シリーズを含めた全シリーズが、世界200か国以上で配信されることになったのだ。

 2012年から放送を開始し、視聴率20%超を連発した同ドラマについて、滞在先の米・ロサンゼルスで意気込みを語ったヨネは、「『ドクターX』はファミリー感が強くて、戻れば絶対に温かく迎えてくれるチーム」と語る。さらに「とにかく楽しみにしてください。私、絶対失敗しないので。I never fail!」と、決めぜりふを英語で言ってのけた。

 今や日本ドラマ界でなくてはならない存在となったヨネの活躍は、日本の中だけじゃ納まらないヨネ!

◇『ドクターX』の第5シリーズ
 2017年10月、毎週木曜21時からスタート。蛭間院長(西田敏行・69才)失脚後、東帝大学病院はクリーンな医局を目指す初の女性院長が誕生。しかし、院内に巣食う権力者が暗躍。ヨネ演じる大門未知子はどんな闘いを繰り広げるのか。

◇『CHICAGO』
 日本凱旋公演は8月2~13日、東急シアターオーブ(東京・渋谷)※英語上演、日本語字幕あり。

撮影/Masahiro Noguchi

※女性セブン2017年8月10日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_1b8b5e310f09_河合奈保子 過去映像が復刻発売されやすい秘密は? 1b8b5e310f09 1b8b5e310f09 河合奈保子 過去映像が復刻発売されやすい秘密は? oa-newspostseven 0

河合奈保子 過去映像が復刻発売されやすい秘密は?

2017年8月2日 07:00 NEWSポストセブン

 引退や休業を宣言しても、人気の衰えない芸能人がいる。松田聖子や柏原芳恵と同じく1980年にデビューした河合奈保子もその1人だろう。休業してから今年で20年が経つにもかかわらず、昨年はDVD『河合奈保子ライブ・ベスト~けんかをやめて~』、写真集『再会の夏』を出版。今年も、8月30日に『河合奈保子 プレミアムコレクション~NHK紅白歌合戦&レッツゴーヤング etc.~』が発売される予定となっている。芸能関係者が話す。

「タレントがデビューから引退まで同じ事務所だと、過去のものをまとめたDVDや写真集が出しやすい傾向があるようです。あとは事務所が肖像権に対して寛容かどうか。基本的に、版権はその当時在籍していた事務所が所有しているので、プロダクション判断になります。だからといって、全く本人に連絡すらもしないケースはあまり考えられないですが、事務所を辞める際の契約でタレントが完全に版権を放棄していれば、過去映像は事務所が好きなように使えるはずです」

 河合奈保子の場合、デビューから休業まで芸映プロダクションに籍を置いており、DVDや写真集の発売が、スムーズに行われているのではないか、と推測されている。芸能担当記者が語る。

「実際、雑誌で特集しても河合奈保子の人気はいまだに高い。ファンが大人になり、当時買えなかったグラビア写真集などを今あらためて手に入れているのではないでしょうか。1980年代前半はビデオデッキもほとんど普及していなかったので、今回DVD化された『紅白歌合戦』や『レッツゴーヤング』(ともにNHK)の映像もかなり貴重なもののはずです」

 実際、山口百恵や中森明菜などの『ザ・ベストテン』(TBS系)『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)の歌唱シーンをまとめたDVDは定価2万円以上する高価格にもかかわらず、人気シリーズとなっている。ファンが大人になり、当時の映像を感慨深く眺めているのだろう。

「もっとも、共演している他の歌手や司会者が版権に厳しい事務所だと、そのタレントの部分が切り取られたり、隠されたりして不自然な映像になっている。実に惜しいことです。たしかにスターの映像は事務所や本人に版権があるかもしれませんが、ファンとしては少しでも権利関係が緩やかになってもらえるとうれしいでしょうね」(同前)

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_9af15db9f821_藤井四段 「進学」か「中卒」か、どっちがいいのか 9af15db9f821 9af15db9f821 藤井四段 「進学」か「中卒」か、どっちがいいのか oa-newspostseven 0

藤井四段 「進学」か「中卒」か、どっちがいいのか

2017年8月2日 07:00 NEWSポストセブン

 天才棋士・藤井聡太四段(15)が、中学生最後の夏を迎えている。「夏休みは時間的にかなり余裕ができるので、強くなる機会。有効に活用して頑張りたい」──そう語る藤井四段は、近く大きな決断を迫られる。来年4月に高校へ進学するのか、それとも将棋一本に専念するのか、だ。

『週刊ダイヤモンド』(7月8日号)のインタビューでも〈学校に行くと時間的な制約がかなり増えますので、高校進学については迷う気持ちというのはあります〉と打ち明けている。

 藤井四段は「勉強」でも優等生である。現在通う名古屋大学教育学部附属中学は、中高一貫校だ。「受験なしで附属高に進学できるので、とくに藤井四段のお母さんは進学を強く望んでいるようです」(将棋雑誌記者)という。

 いくら天才棋士とはいえ、「中卒でプロ一本」を選ぶより「つぶしの利く進学」を―と考えるのは親なら当然だろう。これまで中学生でプロ棋士になった4人の「先輩」(加藤一二三九段、谷川浩司九段、羽生善治三冠、渡辺明竜王)も、いずれも高校進学を選んでいる。

 それでもなお、藤井四段が「中卒」という茨の道を選ぼうとするのはなぜか。前出・将棋雑誌記者がいう。

「記録へのこだわりが大きいのではないか。タイトル獲得の最年少記録は屋敷伸之九段が持つ18歳6か月(1990年に棋聖獲得)で、約3年6か月の猶予が残されている。また羽生三冠が初めて竜王のタイトルを手にしたのは19歳のときでした。藤井四段なら将棋に専念すれば最年少記録を更新する可能性はぐっと高まる」

『棋士とAIはどう戦ってきたか』などの著書があるルポライター・松本博文氏もいう。

「将棋に『遅咲きの天才』というのはまずない。10代後半は頭脳が柔軟で一番棋力が伸びる時期。だからこそ藤井四段は“少しでも時間が惜しい”と考えているのではないか。藤井四段は天才中の天才です。膨大な時間を将棋に費やせば、過去の天才をはるかに凌ぐ可能性はあります。ただし学業との両立も悪いことばかりではありません。生活にメリハリができて時間の管理がしやすくなる。いずれにしても大事なのは彼自身の選択です」

 藤井四段が指すのは、どちらの“勝負手”か。

※週刊ポスト8月11日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_43cb63750498_黒革の手帖 好調理由は脇固める役者のキャスティングの妙 43cb63750498 43cb63750498 黒革の手帖 好調理由は脇固める役者のキャスティングの妙 oa-newspostseven 0

黒革の手帖 好調理由は脇固める役者のキャスティングの妙

2017年8月2日 07:00 NEWSポストセブン

 武井咲(23)主演の『黒革の手帖』(テレビ朝日系)が好調だ。平均視聴率は初回放送が11.7%、第2回が12.3%とともに二桁越えをマーク。下馬評では「CM女優のイメージが強い武井にこの大役は務まらないのでは?」との声も多かったが、「銀座のママ」という色気ある役どころで新境地を開拓している。ただ、忘れてはならないのは彼女の脇を固める俳優陣の活躍。元テレビプロデューサーで上智大学教授(メディア文化論)の碓井広義さんも、好調な滑り出しを見せた要因の一つは「キャスティングの妙にある」と分析する。

 * * *
 今回の『黒革の手帖』放送前には、23歳の武井さんが銀座のママを演じるのは「若すぎる」という指摘がありました。正直私も「大丈夫かな」と思いましたが、ふたを開けてみたら「大健闘」といえる内容だと思います。ただ、武井さんが「若い」というハンデを克服できたのは、彼女の裏で支える制作陣の創意工夫があったことも忘れてはいけません。

 まず挙げられるのは、「銀座最年少のママ」という設定です。将棋の藤井聡太四段に代表されるように、今年のキーワードの一つは「最年少」。その言葉ををさりげなく入れているのがいいですよね。2004年放送の『黒革の手帖』で主演を務めた米倉涼子さんの強烈な印象を払拭するのに、「いい設定を見つけたな」と思います。

 そして武井さんの脇を固める俳優陣のキャスティングにも光るものがありました。武井さんは彼らが引き起こす波に乗っかるだけで充分というくらい、一人ひとりが見事にそのキャラクターを演じきっています。

 真矢ミキさん(53)は、お母さん役からキャリアウーマン役まで幅広くこなしますが、銀座のママがぴったり似合います。「こんなママがいるお店に通ってみたいな」と思わせるくらいの風格が漂っています。「古きよき銀座のママ」を演じている時の真矢さんは、『ビビット』(TBS系)に出ている時よりも生き生きしているように見えます(笑い)。
 

◆私生活の鬱憤を晴らすかのような高畑淳子の迫力

 
 奥田瑛二さん(67)は第2話での中心人物。単なるお金持ちのクリニック院長ということではなく、「女好き」というところが奥田さんの私生活と重なって見えて面白い。安藤和津さん(69)にバレないようにこういうことをしてきたのかな、と思っちゃいますよね(笑い)。ちなみにクリニック院長が「国有地をタダで手に入れる」というエピソードは、まさに森友学園問題とリンクするタイムリーなネタで、ドラマはこうあるべきだと改めて思いました。作品の中に風刺を入れてチクチクやるのは、歌舞伎も同じですから。

 そして高畑淳子さん(62)は、私生活の鬱憤を晴らすかのような鬼気迫る演技を見せてくれました。奥田さん演じる院長を長く支えてきた看護師長であり、愛人という役どころで、最初は悪役のようなキャラでしたが、院長に裏切られた途端に人間らしい一面が垣間見えて「これはつらいよなぁ、かわいそうだなぁ」と同情を誘いました。やはり息子さんの不祥事の余韻が残る中での出演ですから、幸せオーラのある女を演じるわけにはいかない。そういう意味ではいいポジションに収まったと思います。

 若手の中では仲里依紗さん(27)が光っています。『あなたのことはそれほど』(TBS系)に続いて重要な役どころで、じわじわ来ている感じがあります。女優としての彼女の武器は、素朴なキャラから悪役にギアが入る時の表情の変化です。派遣銀行員の時は気弱だった女性が、ホステスに転身して男を手玉に取る女に豹変する。したたかで現実的な女性の二面性をうまく出しながら、主人公・元子の足元をすくう最大のライバルになりそうです。
 

◆今後の展開に期待を抱かせる滝藤賢一、高嶋政伸

 
 登場回数はまだそれほど多くないキャストも、この後の展開で何かとんでもないことを起こしそうな雰囲気をすでに感じさせています。元子に嵌められた銀行員を演じる滝藤賢一さん(40)なんかは、出てくるだけで「ただごとでは済まないな」という空気になる。予備校理事長を演じる高嶋政伸さん(50)も、独特の怪しさがあって“冬彦さん”を彷彿させるところがあります。伊東四朗さん(80)はまさに政界のフィクサーという感じ。「いかにもな感じだなあ」と思いますね。江口洋介さん(49)演じる代議士秘書も、腹に一物ありそうですね。亡くなった議員の地盤を継いで秘書が立候補するというくだりは、故・中川一郎氏と鈴木宗男さんの関係をなぞっているかのようです。

 派遣銀行員が1億8000万円の横領をして銀座のママになるという、現実離れした設定ながらも、話の節々に現実とリンクする場面があるのが今回の『黒革の手帖』の見どころだと思います。

 今後のストーリーの展開として、元子に嵌められた人たちの復讐が始まるでしょうが、脇役といっても一人ひとりが濃いエピソードを持っていそうなキャラばかりなので、一筋縄ではいかないと思います。何も持たない元子がゼロから這い上がり、叩き落されてはまた這い上がる。そののぼりくだりの人生を視聴者も楽しむというドラマ。個性的なキャラたちが次はどんな波乱を巻き起こすのか、いろんなパターンが考えられるので最後まで目が離せません。

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_abd0691b0222_鳥貴族 大倉忠司社長「息子より自分の夢」を追い続けて abd0691b0222 abd0691b0222 鳥貴族 大倉忠司社長「息子より自分の夢」を追い続けて oa-newspostseven 0

鳥貴族 大倉忠司社長「息子より自分の夢」を追い続けて

2017年8月1日 20:00 マネーポストWEB

『鳥貴族』が居酒屋チェーンのトップに君臨しようとしている。味にうるさい大阪の地で、9坪という小さな店から始まった店を、「全品280円均一」という戦法でここまで育て上げたのは、何よりも“自分の夢”を大切にする男だった。攻めの手をゆるめない彼の次の一手は。そして夢を後押しする家族の思いとは──。

 町工場で生まれ育った『鳥貴族』代表取締役社長の大倉忠司さん(57才)が飲食業を選ぶきっかけになったのは、高校時代のビアガーデンでのアルバイト。

「とても楽しくて、この道で生きようと、調理師専門学校に進学しました。高校時代に天職に出合えるなんて幸せだと思ったのですが、今思えば、自分で天職にしたのですね。もしアルバイト先が洋品店で、そこが楽しかったなら、きっと今頃衣料の仕事をしていたでしょう」(大倉さん。以下「」内同)

 その後、近所の焼き鳥店で働き、そこの店長から「一緒に大きなチェーンを作らないか」と誘われて入社。25才で独立し、鳥貴族1号店を立ち上げた。

「初めは閑古鳥でした。当時は悩みましたが、だんだん、“悩んでいるときこそ成長している”ことに気づいたんです。そのうち、困難に当たると“よし来た”と思うようになりました(笑い)」

 創業から1年後、全メニューを250円均一にすることで、赤字が好転した。

「100円ショップもそうですけど、均一ショップって安いだけじゃなくて、お得なものを見つける楽しさがあって、そこが面白いと思ったんです。『これは値段通りの商品だな』と感じることもあれば、『あっこれはお得かも』と思うことがある。それが面白い」

 1985年の創業から休みなく夢中で働き、事業を拡大させてきた大倉さん。「仕事が楽しいから、プライベートで息抜きをするという意識は全くなかった」と振り返る。しかし5年ほど前から、週休2日制を守るよう部下に言われ、土日は休むようになった。

「丸一日休むのは盆と正月くらいでしたから、子供たちの学校行事に一度も参加したことがありませんでした。今は罪滅ぼしのつもりで、家族団らんの時間をつくっています。3人の息子たちはすでに成人して独立しているので、年に1~2度家族で食事に行ったり、温泉旅行に行ったりしています」

 大倉家は祖父の代から起業家だ。商売人の家系である証に、“忠”の字を継ぎたいという思いから、長男の名前にも“忠”をつけた。

 仕事に没頭し、長く母子家庭状態だった大倉家だが、家族仲はよく、息子たちは一度も反抗期がなかったという。

「妻が私を父親として立ててくれたのが大きいです。『お父さんに感謝しなさい』と言って育ててくれました。だからなのか、息子たちには絶対に私の悪口を言わない。見てないでしょうけど、私は自分の背中を見せて、働く姿勢を伝えてきたつもりなんですけどね。自分の力で、夢を追い続けてほしいと思っています。

 誤解してほしくないのは、私は息子らの夢より自分の夢の方が大事だということ。自分の人生ですからね。応援はしますけど、息子たちには、説教じみたことは言いませんよ。ただ、カラオケでは『野風増』を歌って、メッセージを伝えています。“男は夢を持て”ってね(笑い)」

 酉年も後半戦。大きな夢を背負った『鳥貴族』は、さらに力強く羽ばたきそうだ。

※女性セブン2017年8月10日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_cce2b00298d7_吉岡里帆 「泡チュー」ポーズをしたり泡にスリスリしたり cce2b00298d7 cce2b00298d7 吉岡里帆 「泡チュー」ポーズをしたり泡にスリスリしたり oa-newspostseven 0

吉岡里帆 「泡チュー」ポーズをしたり泡にスリスリしたり

2017年8月1日 16:00 NEWSポストセブン

 資生堂は7月20日、洗顔料『エリクシール ルフレ』の新CM発表会を開催。CMキャラクターを務める女優・吉岡里帆が登場した。「きょうの毛穴と未来の肌に」がテーマとなった「ルフレ」は20代向けの新シリーズ。

 資生堂は、「ご自身がこの新シリーズの対象世代であり、同世代からの共感も高く、注目度が大変高まっていることも含めて最適な方だと考えています」と、現在24才の吉岡をCMに起用した理由を説明した。

 新CMでは、泡にチューをするような仕草を見せる吉岡。イベントでは、「“泡チュー”ポーズはぜひ注目してほしいです」と語りつつ、実際にそのポーズを見せ、さらには愛おしそうに泡にスリスリする一幕も。

■撮影/矢口和也

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_b3fd6f81c24e_楊貴妃 若さを保つため母や若い女の生き血を愛飲した b3fd6f81c24e b3fd6f81c24e 楊貴妃 若さを保つため母や若い女の生き血を愛飲した oa-newspostseven 0

楊貴妃 若さを保つため母や若い女の生き血を愛飲した

2017年8月1日 07:00 NEWSポストセブン

 絶対的権力と富を手に入れた独裁者が最後に求めるのが不老不死の肉体だが、権力を得た悪女が、美貌を得るために驚きのアンチエイジング法を実践していたという話もある。

 16世紀、ハンガリー王国の貴族、バートリ・エルジェーベトは贅を尽くすことと美貌を保つことに執着。その方法が「処女の生き血の風呂」に浸かることだった。彼女は、侍女をはじめ、町から攫ってきた若い女性の生き血を搾り取り、浴槽に満たして入浴したという。

 アジアにも血に魅せられた悪女がいる。傾国の美女・楊貴妃だ。彼女は若さを保つため、毎朝、母乳を飲んでいた。宮中には母乳を提供する女官がいたとされ、さらには若い女の生き血を愛飲したという。その美容法は、清の咸豊帝の側室で、後の同治帝の母である西太后にも受け継がれている。

 さらに時代は下がり、先に紹介した毛沢東の4番目の妻、江青は若さと活力を維持するために若い兵士の血を輸血したと言われている。

※SAPIO2017年8月号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_fc9d14fb1ba5_58才の弟を亡くして感じた通夜から火葬場までの涙の実録 fc9d14fb1ba5 fc9d14fb1ba5 58才の弟を亡くして感じた通夜から火葬場までの涙の実録 oa-newspostseven 0

58才の弟を亡くして感じた通夜から火葬場までの涙の実録

2017年8月1日 07:00 NEWSポストセブン

 経験ずみの人にとっては「なんだ、そんなこと」だけど、還暦になって初めて身内の死に直面した女性セブンの名物記者・オバ記者(60才)にとっては天地がひっくり返ったよう。年子の弟の死の知らせから、通夜、お葬式、49日までの流れ、その時々の感傷をレポート。

 * * *
 ああ、もう長くはないな。2か月前、末期の胃がんであることを本人から知らされ、すぐに会いに行って直感した。

 宮大工の弟と会うのは1年半ぶりだ。その前から昼夜問わずに、酔ってかけてくる電話にうんざりしていた。私の帰省を知ると、一升瓶を持って実家にやって来て、飲んでは家族と仕事の愚痴。そうでなければけんかを吹っかけられたりとロクなことはない。

 それが年々、ひどくなってきたから、「絶対に体のどこかが悪いから病院で検査しろ」と何度か意見をしていた。

「あんとき、姉ちゃんの言うことを聞いていればな」

 頬骨を尖らせるまでやせた弟が、弱音を吐く。

「食べ物を喉に通すのも命がけなんだよ」と電話がかかってくる。とっさにスープにゼラチンでとろみをつけて食べさせようと作り始めたけど、やめた。強引に病院から退院してきて、自宅療養を決め込んだ弟に、家族はどれほどいやな思いをしているか。

 スープなんか作って持ってったら弟は、私をダシにして妻を攻撃するに決まっている。

 死の4日前に見舞いに行った時は、かすれる声で、「おれは葬式を出してもらえっかな」とそればっかり。もう、うんざりだった。

 それなのに、弟の妻から、「死んじゃったよ。目を離したすきに食べ物を気管につまらせて」と、切羽詰まった声で聞かされた時は、パニックになった。

「病院には行ったの?」

「違うよ。死んだんだよ」

 今思えばトンチンカンなやり取りだけど、どうしても“死”が頭の中で確定しない。親戚のおじさんや、友達の両親、仕事仲間など縁があった人の死とはまったく違うこの感覚。“死”って何だ?
 

◆ところかまわず襲ってくる悲しみの発作の中での葬儀の準備

 
 横たわる弟の亡骸を見た時はもちろん強ショックを受けた。とうとうこの日が来たかとも思う。

 救いは「どう~もお~」と、笑いかけてくれる弟妻の姉のM子ちゃん(61才)。

「私ら、家から3回、葬式出してんだから、ベテランだっぺな」

 こんな時は、できるだけふだん通りの声を出すこと。笑うこと。M子ちゃんの顔にはそう書いてある。よし、この空気に乗っかろうと決めた。それなのに、弟の家から外に出て、誰もいない田舎道を歩き出したら、ダメだった。

 筑波山のふもとに広がるこの景色を、弟はもう見ることはないのか。そう思うと、うぉ~っと獣じみた声が喉の奥から出た。それをきっかけに、発作のような涙が、ふとした時にお腹の底からこみ上げてくる。まったく予想もつかなかったことだった。

 翌朝、弟の家に行くと、亡骸の上に大工道具のノミが一丁、乗っている。「お父ちゃんから、『おれが死んだらこうやってくろ』と言われてたんだよ。大工が死んだ時はそうするんだって」と、姪っ子(26才)が笑う。

 そんな話をしていたところへ、「このたびはご愁傷様でした」と葬儀社の人がやってきた。

「葬儀はお金をかければいいわけじゃないですからね」と、節約をするポイントを淡々と教えてくれる。祭壇、お棺、骨壺…。当たり前だけど、1つ1つに値段があると知ると、葬儀という儀式に重みがついた気がした。
 

◆お通夜は久しぶりに会う親戚や組内の人情に、泣いたり笑ったり

 
「まったく知らなかったよ」と涙まじりに始まった通夜ぶるまいも、「ま、まま」とお酒を酌み交わし出すと宴会。

「泣いてばかりいられない」と身内の葬式を経験した人はみんな言うけど、確かにね。子供の頃に遊んだ従妹たちも還暦前後だし、私が子守りをしてやった“子供ら”も、おっさんとおばさんだ。

“葬儀の花”といっていいのかどうかわからないけど、通夜は、故人のおかげで顔をそろえた人たちの社交場。親戚のおばさんたちと、葬儀会場の広い畳の間に枕を並べて、「広子、お線香を絶やすな」と言われると、子供の頃に戻ったみたい。安心してまた眠りに落ちた。
 

◆火葬した骨を見たりつまんだりするとどこかちょっとシラケるのはなぜ?

 
 火葬場は、親戚の葬儀で何度か行ったことがあるが、身内の葬儀で行くのは初めてだ。 仲が悪かった老夫が亡くなりカラカラ笑っていた妻が、いざお棺が炉の中に吸い込まれたら、「わぁ~ッ」と泣き崩れたり、「パパぁ~」と絶叫した娘も見たことがある。

 この世の終わり。これでオシマイ。肉体が消えてなくなると思うと、何かがこみ上げてきて、弟の頭をなでたら、意外にも柔らかな髪の感触にたじろいだ。子供の頃はともかく、生前の弟に触ったことはない。

 だけど感情が揺れたのは、ここまで。焼きあがった骨に、「あちゃ~っ」とは言わなかったけど、理科室の人骨模型の出来損ないのような骨を見せられたら、心のモードがガラッと変わった。

 死の知らせからずっと続いていた重苦しい気持ちがウソのように消えて、バツが悪いというか、シラケるというか。正直いって骨は骨。この無個性な物体に、とてもじゃないけど、喜怒哀楽をこめる気にはなれない。

「足の骨がここまでしっかり残っているのは珍しいよ」

「のど仏もちゃんとあるし」

 太い骨を残して、あの世に逝かなくてもいいのに。そう思うと、バスの横に座った1つ年上の赤ら顔の従兄の肥満が気にかかる。

「血圧、高くねぇの?」

「高いよ」

「定期健診は?」

「そのうちな」

 大工の弟に続くバカ発見! 従兄の弟はさらにその進化系で、「検査なんかしたって、死ぬ時間は死ぬんだが。おれは絶対にしねぇかんな」とムキになって開き直ってる。

 こういう男を病院に連れていく方法などないと即断した後で、もしあの時、弟を検査させられていたら…と、どうしようもないことを思ってみたりした。

※女性セブン2017年8月10日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_ed1f64b35bb6_CS版「プロ野球ニュース」P語るネット時代ならではの工夫 ed1f64b35bb6 ed1f64b35bb6 CS版「プロ野球ニュース」P語るネット時代ならではの工夫 oa-newspostseven 0

CS版「プロ野球ニュース」P語るネット時代ならではの工夫

2017年8月1日 07:00 NEWSポストセブン

 地上波での放送開始から41年、『プロ野球ニュース』は現在、CS放送・フジテレビONEで60分間、ほぼプロ野球だけを今も伝え続けている。CSは2001年にスタート、17年目を迎える。試合当日に生放送。全試合をどこよりも詳しく分析し、勝敗は最後まで伝えない。その番組コンセプトは同じだが、地上波時代と比べて制作現場は大きく様変わりしている。

 かつては全球場に中継スタッフと解説者、アナウンサーを派遣。その後、フジテレビや地方局のスタジオから解説者とアナウンサーの掛け合いで放送するスタイルだった。現在は局の制作部に6台並んだテレビ画面に映る試合映像を見た後で、解説する形となっている。

 スタッフは総勢15人。試合が始まると6台並んだテレビ画面方向に視線が集まる。評論家と担当するアナウンサーが並んで座り、試合のポイントを確認しながらの観戦。編集箇所を絞り込んでいく。本番直前に行なわれる最終確認では、編集作業が終わったVTRを見ながら解説陣が担当アナに解説。もちろん台本はない。

 スタジオには固定カメラが4台あるだけ。展開に合わせて遠隔操作で切り替える。VTRの時間は決まっているが、予定時間をオーバーすることも頻繁にある。生放送ならではの緊張感だ。地上波時代からの名物コーナーの「今日のホームラン」では、アシスタントの稲村亜美がバットを振って紹介する。

「地上波と比べて番組予算が違いますからね。でも今まで築きあげてきたノウハウと解説陣を生かしながら、CSのサイズで放送しています」(吉田博章プロデューサー)

 6試合のうち注目カードをセ・パ各1試合選び、『ズームアップゲーム』として集中解説。勝敗を分けたシーンを“熱視線”として解説者がさらに細かく分析する。これは、ネットなどで全試合が完全中継されている今の時代に合ったものだという。

「ネット社会の現在、放送の時点ではニュースなどですでに勝敗がわかっていることが多い。ただ文字では見ているが映像では見ていない。そこでポイントとなるプレーを中心に、映像を使って詳しく解説する。ワンプレーの大きさがプロ野球の醍醐味だということが視聴者に伝わればいいと思います」(吉田氏)

 現在は平松政次氏、谷沢健一氏、大矢明彦氏らが交代でMCを務めるほか、関根潤三氏、江本孟紀氏、田尾安志氏、齊藤明雄氏らを含めた総勢16名の解説陣2人が日替わりで登板。アシスタントとして稲村やフジテレビの女子アナが出演する。

※週刊ポスト2017年8月11日号