cat_14_issue_oa-mamasta oa-mamasta_0_c608b6565348_歯磨きのときのお約束足ピーンで立ち上がらなくなりました c608b6565348 c608b6565348 歯磨きのときのお約束足ピーンで立ち上がらなくなりました oa-mamasta 0

歯磨きのときのお約束足ピーンで立ち上がらなくなりました

2018年7月15日 12:00 ママスタ

お子さんの歯磨きはどのようにしていますか?
我が家ではまず娘に自分で歯ブラシを持たせて磨かせてから仕上げ磨きをします。



「座ってしようね」と毎回座らせてから歯磨きさせてはいたものの、ただ座るだけじゃ不十分だったと反省しました。



この座り方だとほかの座り方に比べ、咄嗟には立ち上がれないのです。足ピーンしなかったり動こうとしたりする場合には歯ブラシを渡しません。最初は不思議そうにしていましたが、早く自分で歯ブラシを持ちたい娘は「足ピーン」してくれるようになりました。

2才の今ではすっかり習慣化し、「歯磨きだよ」と言うと進んで「足ピーン」で座ってくれるようになりました。

子どもの動きは読めないもの。思わぬ怪我をしないように未然に防いでいきたいですね。

 

文、イラスト・春野さくら

外部リンク

cat_14_issue_oa-mamasta oa-mamasta_0_7e1b96889c30_子を心配するママたちの声と学校のエアコンに関する実態 7e1b96889c30 7e1b96889c30 子を心配するママたちの声と学校のエアコンに関する実態 oa-mamasta 0

子を心配するママたちの声と学校のエアコンに関する実態

2018年7月14日 17:00 ママスタ

いつから夏はこんなにも暑くなったのでしょう。最高気温の記録を更新したというニュースを聞く機会も増えているのでは? 昔はエアコンは贅沢だと思い節約してできるだけ電源をオンにしないようにしたものですが、昨今の夏の暑さには耐え切れずオンにしている方も多いのではないでしょうか。電気代は気になりますが、健康を害しては元も子もありません。エアコンをつけないと熱中症になってしまうリスクなどが取り沙汰されているというのに、ママスタBBSにこのような驚く声が届きました。
『学校にエアコンがない!』
こんなにも暑いのに、エアコンがない環境に子どもたちが置かれている現状をどう思いますか? このようなママたちの声をもとに学校のエアコン設置に関する実態について迫ってみました。

エアコンのない学校、どれぐらいあるの?

投稿者の方は「学校にエアコンがない!」と語った後、このように続けています。
『子どもたち、大丈夫かな? ちなみに公立小学校。只今の気温35℃。行政による虐待だわ! 早く冷暖房設置してほしい!』
気温35度ともなると、大人でもその暑さの中エアコンをつけずに過ごすのは厳しいですよね。いくら元気な小学生でも体調を崩してもおかしくない暑さです。しかも実際の気温と体感温度(※)には差があり、気温計が35度を指示していても実際はもっと暑く感じている可能性もあります。
※体感温度とは「体感温度指数」とも呼ばれています。気温だけではなく、湿度や風なども同時に予想し、そこから出た結果を加味して計算した体感の指数のことを指しています。この数値には個人差がありますので、必ずしも正しいわけではなくあくまでも目安として考えるようにいわれています。
参考:日本気象協会 tenki.jp「体感温度指数」

■学校のエアコン設置率はどれぐらい?
投稿者の方は公立の小学校に子どもを通わせていると発言しています。しかし投稿者と同じ県内でもエアコンが設置されている学校もあるという声も届いています。ですが投稿者の方と同様に、エアコンがないと訴えている声もいくつかあり、全国的にどれぐらいエアコンが設置されているのかが気にかかるところです。
■平成29年度に行われた文部科学省の調査結果
文部科学省では,公立学校施設における空調(冷房)の設置状況について、平成10年度よりおおむね3年に一度調査を実施しています。 最新の調査は平成29年に行われており、その結果を見ると設置数はなんと41.7%となっていました。この数字を多いと思うか少ないと思うかです。この調査のひとつ前に行われた調査結果では29.9%とさらに下回る結果となっていました。これをみただけでもたった3年間で状況が著しく変化したことが分かります。それだけ夏が異常に暑くなっているということではないでしょうか。そう考えるとまだエアコンの設置率が41.7%と思ってしまうのも仕方ありません。

なぜ全ての公立の学校に空調が設置されていないのか

前回の調査からたった3年で11.8ポイントも設置率がアップした現状をみても、現在の夏の暑さは過酷であるということが分かります。しかしそれでもまだ半数に満たないのには何か理由があるのでしょうか。
■設備費用の捻出と設置までに時間と手間がかかりすぎる
『学校にエアコン設置するのって予算を組む所から始まり、業者の入札とか設置する順番とかもあるから今から付けると決まっても完了まで2年か3年かかる』
ママスタBBSに寄せられた声には、このようなエアコン設置における学校が抱える現状と問題についての声もありました。やはり一番の壁となるのは予算の捻出です。全クラスに一斉に設置ともなれば、かなりの予算を確保することが必至です。そして次に問題になるのが電気代などの諸経費です。この予算を組む作業にかなりの時間を要するのでしょう。BBSの声を見ていると設置は決定しているけれど、設置がいつになるかわからないといった声もいくつか見受けられました。投稿者の方も以下のように話しています。
『ようやく今年の2月に、市内の小中学校学校にエアコン設置することが決定したそうですが、時期は未定ですし、また数年前みたいに白紙になるんではないかと不安です』
この投稿がエアコン設置の決定が夏に決まってからすでに半年が経過し、年度もまたいでいるとのこと。暑い夏のさなかにエアコンが設置されなければ、一体いつ設置するのでしょう。子どもたちの健康への影響も心配です。
■信じられないルールに子どもたちはどうすればいいの?!
ママたちから寄せられた声をみていると、目を疑うような現状がいくつも登場します。
『市議会議員が、小学校にエアコンは必要ない気合で暑さをやりすごせ~みたいな精神論語って炎上してた』
『ボロい扇風機一台みたいで愚痴ってるわ。扇ぐのも禁止だから地獄らしい』
『エアコンなしだし授業中扇ぐのも禁止』
夏の平均気温の上昇傾向が続いている中、現代の状況でこのルールはいかがなものでしょう? なぜうちわなどで扇ぐことが禁止なのか、ママたちも首をかしげるばかりです。エアコンはぜいたく品だなどといわれてしまうと、体力の少ない低学年の子どもや、体力が付きにくい体質の子はどうすればいいのでしょう?

エアコンが設置してあっても使用ルールがある

驚いたのはエアコンがきちんと設置されているにもかかわらず、適切に使用されていないという声も多く寄せられたことです。
『エアコンが設置されていても、稼働基準を満たさなければつかないし、一回に使える時間も決まってる。45分授業なら、15分とかさ』
『つけるにしても○℃以上になったらって決まってて事務員? が教室につけにくるみたい』
『エアコンあってもおととい、昨日と猛暑日だったのにつけてなくて窓開けてるって子どもがぐったりしてた。まだ一度もつけてない。今エアコンつけなくていつ付けるんだって感じ』
電気代や冷房の使いすぎからくる健康被害などを懸念してのことかもしれませんが、やはり一定の気温を観測したらエアコンは稼働させるべきだという声が大多数です。しかし現実は先生によって対応が変わるなど不満の声も後を絶たないそうです。
■54年ぶり改定された「教室の望ましい温度」
実は今年に入り、文部科学省に全国各地の教育委員から冷房設置の是非についての問い合わせが相次いでいるとのこと。それは文部科学省が54年ぶりに小中学校の教室の望ましい温度の基準を引き下げたことが要因です。文部科学省は、これまでは「30度以下」だったところを「28度以下」に引き下げました。エアコンの普及や猛暑日の増加などをふまえた結果です。子どもたちも空調が効いたところでの生活が普通になりつつある現在では、この改定は理に適っています。このことを全国で徹底し、エアコンをうまく利用して環境改善に努めてもらいたいです。

学校にエアコンは必要!子どもたちを熱中症から守りたい!

エアコンがないことでおこる健康被害といえば熱中症がもっとも気がかりです。熱中症を引き起こす要因のなかには「環境」があげられていて、エアコンのない部屋にいることも危険であると考えられています。エアコンがない環境下で、ママたちは子どもに保冷剤を持たせたりうちわを持参させるなどできる限りの対策を行っていますが、昨今の気温上昇はそれだけでは乗り越えられません。
『電気料金徴収ってなったら払わないだろうに』
『公立小学校にエアコン付ける場合、誰がお金出すの?』
地域によってはエアコンが設置されると夏休みが短縮されるケースがあったり、発生する電気代などの諸経費をどうするかなど問題は山積みだったりしますが、第一に考えるべきは子どもたちが健やかに学べる環境づくりではないでしょうか? そのために私たちにできることはないでしょうか。
『〇〇県の公立高校ってエアコン費用がないから、今設置されてる殆どの学校が後援会やPTAからの寄付でつけたって聞いたよ』
『こういうときこそ保護者たちがしっかり話し合うべき』
いますぐ変わることは難しいかもしれませんが、保護者が声を上げることで何かが変わるかもしれません。子どもたちのために私たちにできることを考えてみませんか?

文・櫻宮ヨウ 編集・木村亜希

外部リンク

cat_14_issue_oa-mamasta oa-mamasta_0_d2e1d6657aea_子どもの大きくなったらなりたいものは親の想像の上を行く d2e1d6657aea d2e1d6657aea 子どもの大きくなったらなりたいものは親の想像の上を行く oa-mamasta 0

子どもの大きくなったらなりたいものは親の想像の上を行く

2018年7月14日 12:00 ママスタ

「この子は大きくなったら、何になるんだろう?」

先日帰省した時に、母にそんな話をしました。

すると母は笑いながら

「まぁ……あなたの子だからビックリすること言いそうよね」

と言って、小さい頃の私の話をしてくれました。

幼い私が、大きくなったらなりたかったもの。それは……


これには母も少し驚き、そして心配になったそう。

なぜなら母は妹を妊娠中。もしかしたらいろいろと我慢をさせているせいでは……と考えたそうです。

母の心配をよそにものすごく嬉しそうに話す娘。その様子を見て母は「深い意味はなさそうだ」と安心したとともに、また違う心配も生まれたとか……(この子大丈夫かな的な……笑)

その後成長するにつれ、アイドルや獣医さん、イルカのショーのお姉さんとなりたいものは移り変わっていったそうです。

「子どもの夢はホントによく変わるし、ビックリするようなことを言っても見守るのが1番よ」

と母は笑っておりました。

ちなみにまだ2歳ですが娘にも大きくなったらなりたいものを聞いてみたところ……

……これからが楽しみです(笑)。
見守っていきたいと思います!

 

文、イラスト・マメ美

外部リンク

cat_14_issue_oa-mamasta oa-mamasta_0_a067de0e5c5a_旦那の迷惑なコレクションってどう対処してる? a067de0e5c5a a067de0e5c5a 旦那の迷惑なコレクションってどう対処してる? oa-mamasta 0

旦那の迷惑なコレクションってどう対処してる?

2018年7月14日 10:00 ママスタ

「収集癖」なんて言うと大げさだけれど、ママにはどうしても理解しがたいものばかりを集める旦那さん。場所をとるし、お金もかかるし……でも、好きなものに囲まれて嬉しそうにしている顔を見ると、何となく許してしまったり……。

目の前にそびえ立つ旦那さん選りすぐりのコレクション見つめながら、なんでこんなモノを集めるんだろう……なんて、ママたちの頭の中にはいつも「?」がいっぱいです。できれば、その「こだわり」を尊重してあげたい。でも放っておいたら、どんどんモノが増える一方……。そんなもどかしい気持ちを抱えながら、旦那さんのコレクションが増えるたびに、ママのイライラも積もるという、まさに正比例の関係性(笑)。

どうかママたちが最終手段に出る前に、一度自分のコレクションの周りをチェックしてくださいね、旦那さん。

邪魔!かさばる!「漫画本」

『漫画。一度読んだら二度と見もしないのにとってある。私自身漫画は一切読まないからとっておく気持ちもわからないし、ただのゴミにしかみえない』
『漫画。小さい頃に禁止されてたみたいで、大きくなってから大人買い』
『漫画。漫画のために収納を使われて……子と私のものがはいらない』
ママスタBBSに寄せられたトピック内でまず一番多かったのが、漫画を集めるという旦那さん。漫画であれば、ママでも好きな人は多いのでは?

「読みたい!」と思ったときにすぐ読めるよう、手元に残しておきたい漫画たち。中には人生の転機ともなった「バイブル」的存在もあるかもしれません。漫画好きからすれば、小説だって漫画だって同じ「本」。大好きな漫画たちが本棚にずらーっと並ぶ姿をみながら、きっと旦那さんは悦に入っているのでしょう。

しかし漫画の良さが分からないママからすれば、もはや「邪魔」のひとことで片づけられてしまうのが切ないところ(笑)。旦那さん、どうか「ほどほど」にお願いします。

飲むの?飲まないの?「お酒」

『焼酎にシャンパン、ウィスキー等の酒……本当に邪魔だし、割れ物だから地震がきたり子どもが騒いだりしたら危ない!』
『うちは酒……。昔バーテンダーやってたから、色とりどりでいろんな種類がある。
焼酎とか日本酒ならすぐのめるし料理とかに使えるけど、私は酒作れないし……』
『焼酎……邪魔』
お酒好きな旦那さんからすれば、大好きなお酒の中から今日の気分に合わせて、好きなものをチョイスするのが何よりの幸せタイム。お酒を飲まない人からすればどれも同じに見えてしまいますが、その微妙な違いに「こわだり」をもっているのですよね。

重たいし、場所とるし、地震が起きたら倒れて割れてしまうし……これが瓶じゃなくてペットボトルならまだ許せるかも? いやいや、それじゃお酒の味が変わってしまう! なんて水掛け論が起きそうです。

収納の際は、安全面の確保はしっかりとお願いしたいですね。

なんじゃこりゃ?不思議な旦那の収集癖

『うちもレコード。趣味で集めるのはもちろん「中古で何百円で買ったのが数千円になるから」っと言っては買ってくる』
何百円で買ったのが、何十円にもならなかった時の悲劇も想定してもらいたいものです。
『工具。ひたすら工具。仕事はサラリーマンで関係ないし、日曜大工をするわけでもない。なぜか買う。意味わからん』
工具萌え? 何かの潜在意識の表れかもしれませんね。
『ドラゴンボールとガンダムのフィギュアがTVの上、棚、ベッドにたくさんあります(汗)。付き合う前からオークションで売る為に買っていた美少女系のフィギュアや等身大なども』
あまりに増えて邪魔だったら、子どもに「お人形」と言って渡しちゃいましょうか。
『うちの旦那は洗剤……。何故か「この洗剤も試して」と言って持ってくる。でもありがたいことに自分のおこづかいで買ってくる。多分洗った後の匂いが好きなんだと思うけど』
臭いフェチでしょうか? 究極の香りを探し求めているのかも……。
『ギザ10……(10円玉)』
ギザ10……! お財布に入っていると、何となく取っておきたくなるのかもしれません。
『数字の11が好きで平成11年の硬貨ばっか集めてる……。一緒に買い物に行って会計する時、11年のがないか確認しなきゃいけない』
11月11日に何かが起きそうです……。
『うちはコーヒーの缶!限定ものやら何やらで、何百本あるか分からん……』
もうすぐ、大規模な缶蹴り大会がはじまる予感。

膨大なコレクション、どうやって制限する?

そんな迷惑……いやいや、一生懸命集めた旦那さんのコレクションたち。一人暮らしなら存分にやってくれて構わないのですが、やはりここは「愛の巣」です。子どもが大きくなれば物も増えるし、旦那さんのコレクションに割く場所だって限られてしまいます。

あまりに増え続けるコレクション、口で言っても効かない場合ママたちはどうやって対処しているのでしょうか?
『邪魔だからって言っても聞かないから、バレないように売ってる』
売ってもバレてない時点で、コレクションに対する熱も大したことないような気もしますが……(笑)。あとで激怒されても怖いので、勝手に売ってしまうのは危険な橋かもしれません。
『所定スペースからあふれたら処分』
これが一番現実的! 集めても良いけど、所定の場所やスペースを決めて置いて、そこから出た場合には即座に……としておけば、ママたちもストレスフリーで旦那さんのコレクションを見守れそうですね(ギザ10には効果ありません)。

しかし始めは守られていた約束も、気を抜くとどんどん侵略してくる可能性があるので、手堅い防衛対策がマストです!

つい「邪魔だな」なんて思ってしまうけれど、もしかしたら忙しい毎日の息抜きになっているかもしれない旦那さんのコレクション。ストレス発散のツールを奪わないように、お互いに歩み寄っていきたいですね。

間違っても「これを買わなかったら、いったいいくらのお金が浮いたんだろう……」なんて思わないように! ますますイライラしちゃいますよ(笑)。

 

文・渡辺多絵

外部リンク

cat_14_issue_oa-mamasta oa-mamasta_0_8b3c150a3231_ レジャー先での不満は”パパの自分勝手な行動” 8b3c150a3231 8b3c150a3231 レジャー先での不満は”パパの自分勝手な行動” oa-mamasta 0

レジャー先での不満は”パパの自分勝手な行動”

2018年7月13日 12:00 ママスタ

「平年より暑くなる」と予想されている今年の夏。毎年同じ予報がなされているように感じますが、今年もきっと例年どおりの”近年にない暑さ”なのでしょう! 子どもたちの期待がふくらむ、夏休みももうすぐです。さてこの夏のレジャーはどこに行って、何をしますか?

「東京サマーランド」が調査した、「親子で楽しむ夏のレジャーに関する調査2018」が発表されました。その中には「パパがママに着てほしい水着は?」といった、刺激的(?)な質問も。ぜひこの夏のレジャー計画の参考にしてください

アクティブに動きたい子どもとパパ。ママが求めるのは、冷房?

小学生以下の子どもがいる20歳〜49歳の既婚男女、1,000名が回答したアンケートの結果です。

「子どもが好きな夏レジャーの行き先」(複数回答)。第1位は「プール・レジャープール」(55.1%)と、納得の結果。もともと水遊び好きな子が多いのに加え、この季節ならではの限定感が人気に直結しているようですね。第2位は「遊園地・テーマパーク」(50.0%)、第3位は「水族館」(42.3%)、第4位「動物園」(40.5%)、第5位「ショッピングモール」(27.6%)と続きます。「水族館」人気のほうが「動物園」より若干でも高いのは、エアコンが効いているせいでしょうか?


ちなみに「自分自身が好きな行き先」ではパパの第1位も「プール・レジャープール」(35.6%)。さらに第2位「遊園地・テーマパーク」(34.8%)、第3位「水族館」(24.8%)となっています。
一方のママは第1位「水族館」(43.2%)、 第2位「遊園地・テーマパーク」(38.2%)、第3位「ショッピングモール」(38.0%)で、「プール・レジャープール」(31.8%)は第4位。
パパのほうがよりアクティブなのかな?と推測するのと同時に、ママにとってのプールは「あとの洗濯が大変」というイメージがあるのかも。「水着になるのが、ユーウツ」というママも、少なからずいると思われます。

と、いうわけで次は「レジャープールで着る水着」についての質問です。
パパ(500名)に「妻に着てほしい水着」を聞いたところ、一番人気は「ワンピースタイプ」(28.8%)、次いで「ノーマルタイプ(トップがブラ型)のビキニ」(24.4%)、「ホルターネック型のビキニ」(9.2%)。自分の妻には過剰な露出は求めない、という男性がやはり多いのでしょうね。
と、思っていたら「ナイトプールで妻が着ていたら、ドキドキする水着」という質問も! こちらは「ノーマルタイプのビキニ」(18.8%)、「トップの布地が三角形のビキニ」(12.0%)、「マイクロビキニ(布面積が小さいタイプ)」(8.6%)が上位トップ3。マイクロタイプはかなりハードルが高そうですが、今からダイエットをはじめれば間に合うママもいるかも?

ママ(500名)自身の「レジャープールに家族・夫婦で行くときに着たい水着のタイプ」という質問には、やはりというべきか「ワンピースタイプ」(41.8%)が圧倒的第1位。「ノーマルタイプのビキニ」(16.0%)が第2位、「タンキニ」(13.4%)が第3位です。「タンキニ」はパパが着てほしいと思う水着ではわずが5.2%の第7位でしたが、子どもといっしょに遊び回ることを考えればもっとも実用的。

けっして安くはないレジャー費。せっかく行くなら、みんなで仲よく!


アンケートの結果には、夫婦ゲンカにつながりそうな(笑)項目もありました。それが「子連れレジャーの際に、パートナーの評価が下がると感じる行動は?」(複数回答)というもの。


パパの回答第1位は「子どもを叱ってばかり」(27.8%)、さらに「子どもが騒いでも注意しない」(22.0%)と続きます。注意してもしなくても評価が下がる……というよりは、極端な場合を想定しているのかも。とはいえ子どもが舞い上がって大騒ぎしそうなのが、夏レジャーのシーン。とくにプールなどは危険も多いので、ちょっときびしいくらいでちょうどいい気がします。

ママの回答を見ると、第1位は「子どものペースを無視して行動」が半数近い47.6%。第2位「子どもと遊んでくれない」(43.2%)、第3位「子どもより自由の希望優先」(21.8%)となっています。ママへの不満と比べて、こちらはどれも類似性がありますね。子どもそっちのけで遊びたくなっちゃうパパ、あるいは日ごろのお疲れからかレジャー先でも動かないパパ……。自己中心的な行動が反感をかいやすいようです。子どもみたいにはしゃぎまくるダンナさんのほうが、まだ「かわいいな」と思えていいかも?

と、ここまできたところで、レジャープールに行きたくなった方も多いのでは?

アンケートでは「レジャープールに持っていってよかったと思うもの」(複数回答)についても調査しています。
結果は第1位が「日焼け止め」(35.8%)、第2位「浮き輪」(34.8%)、第3位「水筒」(29.9%)でした。子どもの年齢別にみてみると、未就学児では「水遊び用おむつ」(23.6%)が第6位に入っています。小学校低学年では「ラッシュガード」(31.7%)が第4位、「テント(サンシェード)」(21.1%)が第10位。小学校高学年では「ラップタオル」(21.4%)が「虫よけ」「クーラーバッグ」と並んで第8位にランクインしていました。

最後にもっとも気になるかもしれない、お金の話も。
「この夏、子どもと出かける家族全員分のレジャー総予算」、多かったのは「1万円〜3万円未満」と「5万円以上10万円未満」(ともに28.2%)で、平均予算は5万7,097円。子どもが未就学児では4万9,169円、低学年では6万2,405円、高学年では7万8,186円と、学年が上がるにつれ予算がアップしています。


「レジャー1回分の家族全員分の予算」では、「1万円〜2万円未満が」33.6%と最多。平均予算は1万9,588円でした。子どもの人数によっても行先によっても価格感は大きく違ってくるとは思いますが、いずれにしてもそう安くはない金額です。せっかくの大金を使ってレジャーに行くのなら、家族仲よく行動するのが一番ですよね。「私にどんな水着を着てほしい?」と最初にパパのリクエストを聞いておくのも、ひとつの方法かもしれません!
「東京サマーランド」調査概要
タイトル:「親子で楽しむ夏のレジャーに関する調査2018」
対象者:小学生以下の子どもがいる20歳〜49歳の既婚男女
有効サンプル:1,000名
調査期間:2018年6月1日〜5日
調査方法:インターネット
調査協力:ネットエイジア株式会社
 

文・鈴木麻子 編集・しのむ

外部リンク

cat_14_issue_oa-mamasta oa-mamasta_0_768626b1df67_大きくなって遊ばなくなったプラレールやトミカの行く末は 768626b1df67 768626b1df67 大きくなって遊ばなくなったプラレールやトミカの行く末は oa-mamasta 0

大きくなって遊ばなくなったプラレールやトミカの行く末は

2018年7月13日 06:00 ママスタ

幼稚園や保育園のころ、プラレールやトミカで毎日のように遊んでいたわが子。お付き合いさせられるママは、組み立てたり片付けたりの日々に「ヤレヤレ」と思っていたのに、子どもの成長とともに「この頃は、遊んでいないわ!」と気がつくことはないでしょうか。
筆者の息子は、小6と小3。次男が1年生までは、部屋いっぱいにプラレールを組み立てて遊んでいたのですが、2年生になった頃からプラレールの出番は激減。最近は、いくつもの衣装ケースにしまったプラレール&トミカが、押入れのなかを占領したままの毎日。「ほかのママは、遊ばなくなったプラレール&トミカをどうしているのかしら?」と思っていたら、ママスタBBSに「プラレールやトミカを処分したのは、何歳ですか?」と質問が寄せられました。

収納場所が問題。スッキリ、スパッと処分

誰かにあげようと思っても、ちょうどよい相手がいるとは限りません。そして息子の成長も待ったなし。キッカケさえあれば思い切るのが大切です。
『幼稚園の年長のとき。引越しで捨てた』
『小学校卒業でトミカは捨てた。トミカパーキングとか、やまなみドライブとか大物まとめてゴミに出したらスッキリした』
『大量にありましたが、小学校低学年の頃には遊ばなくなっていました。何度か「処分していい?」と聞いたけど「だめ!」と。下の子が中学に入学したので処分しました』
『1年生のときに本人の了承のもと、全部リサイクルショップへ』

捨てるのは、もったいない。王道は、おさがり⁉

プラレール&トミカで目をキラキラさせて遊んだ息子の姿は、ママにとっては大切な思い出。捨てられない気持ちは、ママも同じなのでしょうか。
『年長です。ぜんぜん遊ばなくなったから、ママ友の子に丸々おさがり』
『遊ばなくなったけど捨てられなくて置いておいたら、3歳の甥っこが遊んでた。義姉に欲しいか聞いて、全部あげました。息子が小2の終わりころです』
『下の子が小1のときに、旦那の従兄弟の子にあげた』
捨てられないけれども、子どものモノで溢れる家の中を、なんとか片付けたい……と悩むママ。救世主は次なる“男の子”。おさがりはプラレール&トミカの王道でしょうか。
我が家のプラレールも、もともと甥っこからのおさがりでした。6年生になった甥っこが、当時は保育園児だった我が長男に「捨てられないから遊んでくれる?」と声をかけてくれ、ありがたくいただいたものでした。その後、誕生日やクリスマス・プレゼントで買い足し、トミカもプラスされ、いつの間にか衣装ケース数個分になりました。

未来の孫のために。あえて処分しないのも選択肢のひとつ

そのまま取っておいてあるママたちのコメントには、意外な使い道がありました。
『おさがりで知人にあげようと思っていたら、職場に先輩から「そのうち孫が使うようになるから、捨てないほうが良い」と言われて取ってあるよ。子どもは大学生で18歳』
『息子は高2だけど、押入れに入れたまま。もともと15歳上の甥っこが、小さな頃に使っていたものをもらって遊んでいた。次は、息子の子どもか、その甥っこの子どもが遊ぶだろうなぁと思って置いてある』
ロングセラー商品のプラレールだからこそできる“未来の使い道”ですね。
プラレールは、1961年に『電動プラ汽車セット』発売以来、列車やレールの基本構造を受け継いできたおもちゃ。壊れていない列車なら、新製品と組み合わせて一緒に遊べるのです。そして10年もの、20年ものの現役プラレールが活躍しているご家庭からも、コメントが寄せられました。
『今、息子が遊んでいるプラレールの中に、旦那が使っていたのが混じっているよ』
『義母が「昔、使っていたプラレールを取ってあるから、遊びに来たら使って!」と言ってる。そんな夫は息子の誕生日にプラレールをたくさん買ってきた。息子もプラレールが大好き』
子どものおもちゃには、その子にしかない思い出がいっぱい詰まっているのですね。
我が家のプラレールは、甥っこが手放す前に、荷造りしながら汚れを拭き、数年ぶりに組み立てて遊んでいたと、義妹から聞きました。遊ばなくなったおもちゃでも、子どもにはいつまでも宝物。いつか我が子がパパになり、その息子がパパのおもちゃで一緒に遊んでくれたら素敵だなと思いました。
みなさんは、押入れいっぱいのプラレールやトミカ、この先どうしますか?

文・間宮 陽子 編集・木村亜希

外部リンク

cat_14_issue_oa-mamasta oa-mamasta_0_86c04635af8c_働くママが多い「海外の学童」はどうなっているの? 86c04635af8c 86c04635af8c 働くママが多い「海外の学童」はどうなっているの? oa-mamasta 0

働くママが多い「海外の学童」はどうなっているの?

2018年7月12日 17:20 ママスタ

女性の社会進出が進む海外。学童の現状は?

女性の社会進出が進み、学童を利用する家庭も多くなりました。それでも、学童に入れない待機児童の問題があったり、閉所時間に合わせてママが働き方を変えざるをえなかったりと、育児と仕事の両立は難しく、ママたちは試行錯誤しながら、やりくりしています。
ところで、日本よりママの就業率が高い海外の学童は、どのような状況なのでしょうか? ママの仕事とのバランスはとれているのでしょうか?
2008年に日本総合研究所が行った「諸外国の放課後対策」の調査を基に、調べてみました。
参考:厚生労働省「平成29年(2017年) 放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)の実施状況」

国の保育方針が分かる海外の学童と、女性の働き方の関係

【フランス】
フランスは、ママの就業率が高い国です。25~49歳までの女性の就業率は80パーセント(2008年)、3歳以下の子1人を持つカップルの女性の就業率は81.3パーセント(2005年)なのだそう。そのため、学童を利用する家庭が多く、3~6歳までの子どもが55パーセント、7~14歳では45パーセントの家庭が利用しています(2008年)。しかし、日本と違いフランスは総労働時間が短いため、学童の長時間化はありません。
フランスの学童は、「余暇センター」と呼ばれています。フランスでは、子どもが学校で教育を受ける権利と同時に、余暇を過ごす権利を持っています。この「子どもの余暇」に主眼を置き、食事や休息を中心として作られた集団生活の場となっています。宿題をみる時間といった指導員の管理が認められていなかったり、集団で必ずしもいる必要はなく、一人でいる時間も尊重したりと、子どもの主体性を重視した自由な空間となっています。
【スウェーデン】
日本では、学童や保育園は、厚生労働省が管轄する「保育」として考えられていますが、スウェーデンでは、1996年に「保育」と「教育」を統合しています。そうすることで、特に低学年児童のフォローがスムーズに行く面が多いのです。たとえば、プレスクール(保育園のような就学前学校)が小学校と同じ施設に配置されたり、すべての保育士に大卒資格を推奨したり、「保育」と「教育」の垣根をなくす努力がなされています。
また、2000年からは学童について、「子どもの幸せを促進する」という子どもの権利に主眼を置く政策に変わりました。保育を親基軸に考えるのではなく、子どもを基軸として考えるようになったのです。これによって、学童が、親が働いているから入れる場所ではなく、親の就労に関わらずすべての子どもが受けられるサービスとの見方に変わりました。そのため、親が失業中だったり、兄弟姉妹の育児休暇で親が家にいたりといった場合でも、学童に入ることができます。また、親のどちらかまたは両方が夕方6時には帰宅できる就業環境なので、学童の長時間化もありません。ちなみに、この子どもの権利に基づいて、保育園は親の就労有無に限らず希望するすべての子どもが入れるようになりました。
内容は、遊びや創作活動を中心として、子どもの情緒面の発達に力を注いでいます。
【フィンランド】
福祉国家として名高いフィンランドですが、放課後の取り組みも「子どもの福利」の理念に基づいて考えられています。したがって、待機児童の問題はあるものの、保育を受ける権利として、義務教育段階のすべての子どもが学童保育サービスを受けられることを目標にしています。
フィンランドの学童保育は、趣味や余暇活動の機会平等と、子どもたちの社会からの疎外を防ぐことを主な目的としているため、その内容は、趣味の時間や、スポーツや芸術、家事的な活動と多岐にわたっています。
また、フィンランドの一般的な就業時間は、8~16時であるため、多くの家庭で17時にはママもパパも帰宅できる環境です。そのため、朝の学童もありますし、午後の学童も長時間化されません。
【ドイツ】
ドイツでは半日制の学校が多いため、学校が昼過ぎには終わります。そのため、学童保育では、昼食を提供することが大きな役割となっています。
内容は、自由な遊びのほか、宿題支援や、語学、料理、スポーツなどさまざまなプログラムが提供されており、15時半ごろまで開園しています。学童時間が短いのは、親の労働時間が短いため、親の帰宅時間が早いからです。
また、働く親に対して年に30日の長期休暇や、家族の病気休暇、冠婚葬祭用の休暇なども保証されているため、子どもの長期休暇や病気に対応することが比較的容易です。また、短時間正社員としてのパートタイム勤務に移行できる制度もあります。その場合はもちろん正社員と同じ待遇です。
【アメリカ】
アメリカは、18歳未満の子どもの44パーセントの親が共働きであったり、母子家庭の子供が20パーセントを超えているため(2008年)、親以外が子どもを放課後にケアする必要性が高く、学童だけでなく、ベビーシッター、放課後の学習プログラムといった放課後事業が充実している国でもあります。また日本よりも労働時間が長いことも、放課後事業が多い理由です。
また、アメリカでは、保護者の監督責任という理由から、12歳未満の子どもを子どもだけで置いておくことを禁止しています。放課後に青少年が犯罪に巻き込まれる率が高いとの調査から、放課後活動の役割は、非行を防ぐことに注力されているところが特殊です。実際に、放課後活動に参加している子どもは、参加していない子どもに比べて、飲酒・喫煙・性交渉を経験する可能性が低く、マリファナなどの麻薬を使用するリスクが3分の1であると指摘されています。
また、教育格差が激しいため、貧困地域の成績の低い学校に通う子どもの補習や、移民への英語教育を行っている学童があるのも特徴的です。また、逆により成績の高い子どもの能力を伸ばす英才教育の場として、放課後を利用する事業もあります。

海外の学童の現状から見える、日本に足りない視点とは?

学童の在り方は、各国の保育に対する価値観や女性の働き方や就業率、犯罪率の高さなどを含めた社会情勢が反映されているようですね。
興味深いのは、学童を「子どもの余暇支援」として捉えている国が多いことです。そして、子どもの「余暇」を重視している国は、ママの働く時間が短かったり、家族との時間がもてるように働き方が配慮されていたりと、育児と仕事のバランスがとれている国が多いように思います。
また、学童を子どもの幸せを促進するという「子どもの権利」として捉え、親が働くから入れる場所ではなく、すべての子どもが希望すれば入れる場所として考えているところも日本と違う点でしょう。
これらの調査を行った日本総合研究所の池本美香さんによると、ママのワークライフバランスが確立されている国ほど、子どもの「ワーク(=学業)ライフ(=余暇)バランス」と「子どもの人権」を尊重している傾向がある、と分析しています。
池本さんは、こう述べています。
“なぜ、日本にこの2つの視点がないのかを考えてみると、それは大人にもワークライフバランスや人権の視点がないからだということに気づく”
“親の就労にあわせて学童保育を増やすことは必要だが、議論をそれだけにとどめず、大人にも子どもにも自由で主体性を発揮できるという意味での「放課後という時間」を確保することを議論してはどうか。“
たしかに、イギリスの新聞「エコノミスト」が2017年に行った「働く女性にとってベストな国ランキング」で日本はワースト2位でした。昔から「働きすぎな日本」とも言われていますよね。また、国連が2018年に行った「世界の幸福度ランキング」では、54位でした。もちろん幸せの定義は人それぞれですが、なかなか興味深い調査結果です。
日本政府も、女性の社会進出の高まりに合わせて、学童の設置数を増やしたり放課後事業を展開したりしていますが、そういった取り組みとともに、ぜひ、ママの「ワークライフバランス」や「幸せを促進する権利」を大切にした働き方改革も、すすめてほしいですね。

参考「子どもの放課後を考える-諸外国との比較でみる学童保育問題」

文・MAYA 編集・木村亜希

外部リンク

cat_14_issue_oa-mamasta oa-mamasta_0_ddfd78d8af1d_「ちょこくんと娘の距離」 #うちの猫ちょこくんシリーズ ddfd78d8af1d ddfd78d8af1d 「ちょこくんと娘の距離」 #うちの猫ちょこくんシリーズ oa-mamasta 0

「ちょこくんと娘の距離」 #うちの猫ちょこくんシリーズ

2018年7月12日 17:00 ママスタ

娘のうっちゃん生後7か月、ずりばい→ハイハイで活発になってきた頃のお話。
活発な娘で、常に動く動く! じっとお座りしているということがなく、動き出したら、さぁ大変。ちょこくんという未知の生物めがけて突進しようとするのです。ちょこくんがふさふさとふわふわな尻尾を振るたびに、うっちゃんの狩猟本能が掻き立てられたのかもしれません(笑)。

まだ赤ちゃんでものの分別がつかないうっちゃんをすんなり迎え入れてくれたちょこくん。だけどちょこくんは、かつてはおそろしいまでに警戒心が強かったのです。ちょこくんの隠れたストレスを思うと……。

私も一人で二人の動向に目を光らせないといけないので、家にいるのに常に気が抜けない感じ。何とも疲れました。

そこで私はうっちゃんのハイハイがスピードアップする前に、ある計画を実行したのです。


題して「これで安心! うっちゃん、好きに動き回っていいよ。ちょこくん、これで平和だよスペース」のお部屋改造です。
当時は1LDKの間取りで、それまで昼間はうっちゃんとちょこくんがリビングに共存していたわけですが、リビングをベビーゲートを使って仕切ることにしたのです。一方はうっちゃんが自由に遊んで動き回り、もう一方はちょこくん安住の地となるように。

当時のうっちゃんは埃がついた指をしゃぶろうとしたり、そこらへんにあるおもちゃを口にいれようとしたりする時期だったので、ちょこくんのご飯が置いてあるリビングを仕切るのは必然の流れでした。

ベビーゲートを仕切ってからというもの、私のストレスもぐっと減りました。ちょこくんのストレスはそれ以上に減ったかもしれませんが。

うっちゃんは、私から「そっちはダメ、あっちはダメ」と言われないフリーダムを満喫し、ハイハイがとっても上達。ちょこくんは、お腹を見せてグーグー寝るほどリラックスした姿を見せてくれました。

といっても……



ときどきちょこくんはベビーゲート越しに座っては、うっちゃんの遊ぶ姿を目を細めてのぞいていました。(猫が目を細めるのは親愛の情を意味しています)

その様子に感動して、パシャパシャと写真に収めたのは言うまでもありません。

最近うっちゃんにその写真を見せました。


 

文・木村亜希 イラスト・んぎまむ

外部リンク

cat_14_issue_oa-mamasta oa-mamasta_0_30d9dbbde00a_形状安定加工のワイシャツに毎回アイロンする? 30d9dbbde00a 30d9dbbde00a 形状安定加工のワイシャツに毎回アイロンする? oa-mamasta 0

形状安定加工のワイシャツに毎回アイロンする?

2018年7月12日 15:00 ママスタ

ママやパパの通勤着がスーツという場合や、子どもが制服のある幼稚園や小学校、中学校や高校に通学している場合はワイシャツを着ていく方がいらっしゃることでしょう。ママはパパや子どもにシワがないワイシャツを着せた方がいいと思う反面、アイロンがけを面倒に感じてしまうこともあるかもしれません。夏場はただでさえ暑いのに、アイロンがけもするとなるとさらに暑さを感じてしまいますよね。

ママスタBBSには
『標準学生服のワイシャツが形状安定加工(形状記憶)タイプで、洗濯後にアイロンをかけなくても結構きれいだけど、それでもアイロンかけてる? 洗っても買ったときの折り目が未だについていてピシッとしてるけど、古くなったらでいいのかな?』
というトピックが立てられています。ママたちはアイロンがけするかしないかをどのように判断していらっしゃるのでしょうか。

形状安定加工(形状記憶)のワイシャツでもアイロンがけする!

『面倒臭いけど、しわしわになるから毎日かけてる。ポロシャツの制服に変われば良いのに』
『脱衣場で干して、ハンガーのままスチームかけてる』
『かけてる。ワイシャツの色がブルーだから、シワが目立つ』
『毎日かけてる。形状安定加工でも結構しわしわだし。旦那のもあるからそんなに面倒ではない』
『高校生の息子、私がお弁当作ってる間に自分でかけてる』
ママたちの中にはアイロンがけが面倒と思いつつも、洗濯した後のシワが気になってアイロンをかけている方がいらっしゃるのですね。中には子どもが自分でアイロンがけをしているというコメントも寄せられていますがうらやましい限りです。

学校ではジャージ着用だし面倒だからアイロンがけしない

『かけない。形状安定加工なのもあるけど、本人がクタッと着たいって』
『最初はかけてたけど、学校着にいてすぐにジャージに着替えるからかけるのやめた』
『せんたくのりしてる。アイロンは面倒』
『かけない。アイロンでピシッとかかった折り目がカッコ悪いって。脱水を緩めにしたらシワになりにくいよ』
『かけない。めんどくさい』
『一度もアイロンしたことない。形状安定加工で今でもよれたりしてないし』
『かけなくても学校着いたらすぐジャージに着替える。脱いだワイシャツは丸めて鞄にポイッ……だから帰りはぐちゃぐちゃ』
シャツを着る本人の希望、あるいは学校ではジャージで過ごすことが多いので、アイロンがけをしていないというママたちも。シワが伸びているシャツを好む方と、そうではない方がいらっしゃるのですね。“脱水をかける時間を短くするとシワになりにくい”という情報も参考になります。

行事や季節によってアイロンがけするかしないか決めます!

『最初はかけてた。でもだんだんかけなくなり、式典のときくらいに。その後、式典のときはジャケットを脱がないと知りかけなくなった。でも、アイロンをかけた方がきれいなのは確かなんだよね』
『式典や模試のときはアイロンかけるよ』
『シャツ姿の夏はかけてる。脱水時間を1~2分にするとかなりきれいに乾くけど、洗濯機の標準設定にすると見過ごせないシワが残っちゃうんだよなぁ』
『夏はかける必要がないタイプだからかけない。冬は普通のワイシャツなのでかける』
『普通に脱水しちゃうからかな? 形状安定シャツとは思えないシワができるから伸ばして干す。ブレザーを脱がない時期はそのまま。衣替え移行期間に入ったら、アイロンをかける』
学校行事に合わせて、あるいは上着を羽織る時期とそうでない時期というのも、判断材料になるのですね。

ちなみに形状安定加工のシャツによっては、脱水せずに干す「ぬれ干し」を推奨しているものや、高温のアイロンに弱いもの、洗濯のりが不可のものもあります。洗濯表示やタグに指定があるので確認してみてくださいね。

ママたちが家でやっていることは子育てに炊事や洗濯、掃除……と挙げだしたらキリがないくらいの項目があります。その中にアイロンがけが含まれるか含まれないかは、ママにかかる負担も変わってくるのではないでしょうか。不要な時はアイロンをかけないようにしたりして、家事の効率化を図ってみてください。

文・Kana 編集・しらたまよ

外部リンク

cat_14_issue_oa-mamasta oa-mamasta_0_7bd6dc7d9cfe_食が細くて悩む……食べることの楽しさを教えてくれたもの 7bd6dc7d9cfe 7bd6dc7d9cfe 食が細くて悩む……食べることの楽しさを教えてくれたもの oa-mamasta 0

食が細くて悩む……食べることの楽しさを教えてくれたもの

2018年7月12日 12:00 ママスタ

なかなか離乳食が進まなかった息子。離乳食を終え2歳ごろになっても、なかなか食事の手が進まない毎日でした。私もやわらかくしたり小さく切ったりと試行錯誤してみるものの、なかなか解決には至らず……。


ある日、マンションの階下に住む高齢のご夫婦から、トマトを頂きました。





トマトを食べられるようになったので、食べられる料理もグンと増えました。

食べることの楽しさを知ってくれて嬉しい。

おいしいトマトをくださったご夫婦には、とても感謝しています。

 文・しらたまよ イラスト・Ponko

外部リンク