cat_12_issue_oa-lurenews oa-lurenews_0_e4d82ee376be_サゴシ(サワラ)のルアーでの狙い方!おすすめルアーやロッドは? e4d82ee376be 0

サゴシ(サワラ)のルアーでの狙い方!おすすめルアーやロッドは?

2018年10月18日 21:50 LureNewsR

こんにちは!ジャクソンソルトテスターの柳楽祐樹(なぎらゆうき)です。

10月に入り、近畿、山陰の海でもサゴシの回遊が活発になってきました!

というわけで今回は今が旬のサゴシゲームの情報をお伝えします!

私が愛用しているルアー「ピンテールサゴシチューン」やサゴシ専用ロッド、さらには私のホーム!山陰の現在のサゴシ事情について、ご紹介します!


ピンテールサゴシチューンとは!?


言わずと知れたジャクソンのピンテールシリーズをベースに、サゴシの食性に合わせた業界初のサゴシ専用ヘビーウェイトミノーです。

なぜ、このルアーがサゴシ専用なのか?というと…。

サゴシをバイブレーションなどで狙ってみるとよく分かるのですが、規則正しい動きをするルアーを使ってタダ巻きをすると…足元までサゴシがチェイスしてくるけど、見切られてしまうというケースが多発するんです。

そんな中、サゴシに効果的な規則正しいアクションをしつつも時折、不規則なアクションを出すルアーとして誕生したのがこの、ピンテールサゴシチューンなんです!


さてサゴシチューンですが、基本的に超高速タダ巻きで使用します。

タダ巻きをしていると、規則正しいウォブンロールアクションをしますが、微量な潮流の変化等により、オートマチックに平打ち(千鳥アクション)が発生します。

これによりチェイスしてきた魚に対しても自然と「食わせ間」を作ることができ、バイトを誘発させることができます。

ちなみに不規則アクションとえば、メタルジグでも簡単に出せますが、メタルジグだと動きが速すぎてミスバイトが多くラインブレイクが多発してしまうんです。

その点、ピンテールサゴシチューンだと、メタルジグの不規則性とは違い、ルアーの軌道そのものが変わるわけではないので、サゴシのミスバイトによるラインブレイクも激減します。


どんなカラーが良いの!?「なぎら流カラーセレクト!」


サゴシ狙いでのルアーカラーについて私なりのカラーセレクト法をご紹介させていただきます!

光量が少ない朝マヅメ、夕マヅメには、グロー系カラーを使用!

光量の多い日中は、光量を最大限に生かすことが出来るメッキ計カラーを使用!

水色がクリアーな時は、リアル系カラーを使用!

水色が濁っている時は、目立つカラーを使用!


2018秋登場のピンテールサゴシチューン新色3色!


あと上記したカラー以外に今秋、満を持してピンテールサゴシチューンに3色の定番色(新色)が追加となりました。こちらもかなり使えるカラーなので、ぜひチェック!

チャートオレンジベリー(PCO)
今までのサゴシチューンにはなかったパール系カラー!荒れて濁った中でも、ボワッとシルエットが浮かび上がるアピール系!


ナギラサゴシゴールド(NSG)
開発者である私(なぎら)の独断と偏見で作った、シルエット×フラッシング最強カラー!
全天候・全水色で抜群のアピールを誇ります。兎に角、派手カラー好きなあなたへ贈る一色です!

 
アカハライワシ(SRI)
ジャクソンと言えばこのカラー!と言えるほどの人気ド定番カラー!
通常のイワシカラーに比べ、ちょっとレッド系のアクセントの入ったベイトカラーで、「新鮮イワシ(SNI)」との使い分けも可能!ローテの幅が広がりますよ!


オーシャンゲートサゴシとの相性抜群!


サゴシ狙いで私が愛用しているロッドはこれ!

これまた業界初のサゴシ専用ロッドです!

何が専用かって・・・、サゴシ特有の噛みつくようなバイトを弾かず、掛けることのできる柔軟なブランクスになっているんです!

キャストウェイトも40gまでOKで、サゴシゲームに用いるルアーに幅広く対応しています。サゴシアングラーにオススメしたい一本です。


2018山陰のサゴシ事情


例年は、10月下旬頃からまとまった釣果を耳にしますが、今年は、8月下旬から小型サゴシの回遊が盛んにあり、手軽な漁港・防波堤から楽しむことができています。

今後季節の進行につれ、サゴシの型もよくなり、サワラクラス(80cm以上)も絡むエキサイティングな釣りが楽しめます。特に今年は、回遊数も多く、今後の釣果に期待が膨らみます!

ぜひ、サゴシチューン片手にサゴシ釣りに出掛けてみてください!!

cat_12_issue_oa-lurenews oa-lurenews_0_3f20740a9471_ティクトの大人気!カセットボビンシステムCBS SPOOLとショートハンドルのシマノ用がいよいよ登場 3f20740a9471 0

ティクトの大人気!カセットボビンシステムCBS SPOOLとショートハンドルのシマノ用がいよいよ登場

2018年10月17日 21:44 LureNewsR

アジング、メバリングをやっていると、やりたくなるというと、必要に迫られるのがリールのカスタムパーツの導入!

そんな中、2017年に発売され人気を集めたモノがあります!

それは簡単にスプール(ライン)交換ができる画期的なティクトのカセットボビンシステムやショートハンドル! ダイワ用でした!


このアイテムが発売された後は、シマノ用の発売を待ち望んでいた人の声も多く聞かれました!

記者もその1人だったのですが、1年ほど前となる2017年の10月にシマノ用が開発されている情報をキャッチ。
 

さらに今年のフィッシングショーショーでもシマノ用の「CBS SPOOL」とショートハンドルの展示が行われていました!

その時撮影させていただいたのがこれ!


発売時期に関しては2018年2月の段階では未定とのことだったのですが、つい最近、編集部が掴んだ最新情報ではすでにほぼ完成している状態!

何と早ければ2018年10月下旬に発売の見込みとのこと!

さっそく詳細をおうかがいし、最新画像も入手したので、ご紹介!


CBS SPOOL-S22


シマノ用のCBSスプールが2018年10月下旬登場予定


カラーは2色展開。

上記のいずれかカラーのスプール1つに、以下写真の、替ボビン(ブラック)1個とスプールバンド2コが付いて、定価は18,000円税別とのこと


テストを行ったTICTライトゲーム・アンバサダー 山口 剛 氏

CBS SPOOL のダイワ用とシマノ用の比較。左がシマノ用

 

SSH30-S


シマノ用の30mmショートハンドルが2018年10月下旬登場予定


装着するとこんな感じ!


CBS SPOOL-S22専用カセットボビン


2018年10月下旬登場予定
カセットボビン単体も登場予定。カラーは以下の4種あり!


いやぁーこれは楽しみ以外ないです!!!!

cat_12_issue_oa-lurenews oa-lurenews_0_776ba4331a16_【PKポッパーとPKミノー】ポッキン辻本ナツ雄プロデュース・注目の新作メバルプラグを紹介 776ba4331a16 0

【PKポッパーとPKミノー】ポッキン辻本ナツ雄プロデュース・注目の新作メバルプラグを紹介

2018年10月17日 21:38 LureNewsR

様々なライトSWゲーム、特にメバリングの楽しさを長きにわたって伝えてくれているのがポッキンこと辻本ナツ雄さん!

辻本ナツ雄 プロフィール
ポッキンの愛称でおなじみの、しまなみをホームに西日本全域のメバルロックフィッシュを釣りマクるアングラー。

知恵をひねりだしてメバルを探しだすスタイルが得意。
サポートメーカーはスミス、シマノ、バリバス、冨士灯器、サブロック、グラシーズ白島。山口県出身・広島県在住


そのポッキンさんが、数年前より開発を続けていたルアーがついに登場することに!それは…


PKミノー、PKポッパー【スミス】

2018年11月上旬発売予定

PKミノー、PKポッパーはポッキンさんがメバル用に開発を続けてきたプラグ!

商品名についているPKは、もちろんポッキンさんの意味!

それでは1つ1つご紹介!


PKポッパー【スミス】


【解説by辻本ナツ雄】
限られたレンジのトップゲームで水面を強烈に意識させるために2つのアクションがあります。

1つは軽いアクションの連続で醸し出されるポップ音。

2つ目は1発の強いアクションで現れるチャガー音。


ポップ音の演出はベイトが追われて水面をざわつかせる音。チャガー音の演出はメバルに追われたベイトが捕食された音。

ポーズ姿勢は水面から約75度。浮上したメバルにルアーを見切られない姿勢を求めました。

またテール重心のためキャスト時の姿勢が安定し納得の飛距離を体験できます。
ミスバイトを防ぐスタビライザー(ボディー装着)は食い上げバイト時ルアーの水面に飛び出しによるミスバイトを防止。


ルアー名:PKポッパー
長さ:45mm
重さ:4g
色数:10色
価格:¥1,000+税


集魚を高めるカラーはクリアーカラーメインで構成され、ボディーに散りばめられたラメはゾエア・メガロパなどのプランクトン群れが水面を漂うシーンを演出。

また背中にペイントされた他カラーは子イカや小魚などを演出。エントリー環境に合わせての使い分けを可能にしました。音を立てて待つトップゲーム、ぜひ体感してみてください。


PKミノー【スミス】


目指したのはスレに強いシャッドとミノーのハイブリッドルアー


【解説by辻本ナツ雄】
サーフェス&サブサーフェイスをメインフィールドとするライトシンキングプラグに目指したものはスレの少ない波動。

そしてシャッドとミノーのハイブリッドルアーを目指しました。


ミノーとしての動き。スローリトリーブでもしっかりとした巻き抵抗を感じ派手過ぎないウォブルアクションはメバル群れを散らさずバイトに持ち込めます。
そのため周囲のメバルへの恐怖感を最小減に抑え何度もバイトを感じられるテスト結果が上がっています。

シャッドとしての動き。速巻きで起こるヒラ打ちアクションはリアクションバイトに持ち込む事ができビッグフィッシュとの出会いも期待できます。

ポーズ姿勢は約20度でバックスライドしながらのスローフォール。追尾したメバルの方向へフォールする事で見切られたルアーでもセカンドバイトが取れます。

ゆっくり巻いて乗せる!早引きで止めて掛けるライトシンキングゲーム、ぜひ体感してみてください。


ルアー名:PKミノー
長さ:42mm
重さ:3g
色数:10色
価格:¥1,000+税

カラーはPKポッパーと共通。

集魚を高めるカラーはクリアーカラーメインで構成されゾエア・メガロパなどのプランクトン群れがサーフェスを漂うシーンを演出。
また背中にペイントされた他カラーは子イカや小魚など演出。エントリー環境に合わせての使い分けを可能にしました。


メバリング愛の詰まったポッキンさんのプラグ!早く使ってみたいですね!

cat_12_issue_oa-lurenews oa-lurenews_0_438d5158a5e7_あのラパラからベイトリール「ソルディール」が登場予定【ラパラの歴史に新たな1ページ】 438d5158a5e7 0

あのラパラからベイトリール「ソルディール」が登場予定【ラパラの歴史に新たな1ページ】

2018年10月17日 21:30 LureNewsR

ラパラジャパンから何と、ベイトリールが登場予定なんです。

ラパラからリールって…。記者の記憶が確かなら、これまで出てなかったはず!

で、気になるそのリールの名は…。


ソルディール

2018年11月登場予定

どんなブツか?まずは画像(写真はすべてプロト)を!


このソルディールは軽量で耐腐食性が高いグラファイトフレームを採用したベイトで、特にソルトゲームでのキャスティングからオフショアまで対応してくれるとのこと!

7.0:1のハイギヤでライトジギングや鯛ラバにオススメだそう。

参考価格は税別13,500円

※免責保証及び、パーツ販売、修理は非対応

 


気になるブレーキはダイヤル式遠心ブレーキシステムを搭載!


どんな感じでブレーキ調整するか?は下画像をチェック!


これ以上の詳細は今のところ不明ですが、また新しい情報が入り次第お伝えします!

cat_12_issue_oa-lurenews oa-lurenews_0_ee0eee0d92b2_【エステルが光り輝く時代に】ソルティメイト鯵の糸エステルナイトブルー ee0eee0d92b2 0

【エステルが光り輝く時代に】ソルティメイト鯵の糸エステルナイトブルー

2018年10月17日 21:27 LureNewsR

サンラインのアジングエステルラインの代表作といえばソルティメイト鯵の糸エステルですよね。

糸抜けがよく感度良好! そんな鯵の糸を超える感度を誇る「ソルティメイト鯵の糸エステルナイトブルー」が10月下旬に発売予定。


ラインのカラーはクリアブルーで、室内で見ればクリアカラー。
ところが野外で太陽光に当たると青く膨張して見え、デイアジングでも視認性に優れています。

そしてNSV(ナイトサラウンドビジョン)にも対応しています。

ナイトサラウンドビジョンとは、カンタンに言えば蛍光が組み込まれたラインを光らせてくれるライトです。
ナイトサラウンドビジョンを照射すると、そこはキラッキラのネオン街というような、ハッキリとした視認性が得られます。


サイズ別に糸の質に違いあり!


鯵の糸エステルナイトブルーには、鯵の糸エステルにはなかった太い号数も追加されています(0.2~0.6号のラインナップ)。
そして、細めの号数と太めの号数で糸の質に違いがあります。

0.2~0.35号は操作性重視の硬調
硬調な糸質は直進性に優れます。エステル素材が本来持つアタリ伝達のよさが生き、感度バツグン!

0.4~0.6号は軟らかめ
太めの号数は感度を損なわないギリギリ柔軟な糸質。というのも太めのエステルラインを硬くしてしまうとリールスプールへの馴染みが悪く、キャスト時のトラブルの原因にもなり得るため。
この号数なら、ボートアジングで大型アジと対峙した時でも安心ですよね!


たっぷり巻ける240mにコストパフォーマンスに優れた120m巻きポイントマーク付き。

cat_12_issue_oa-lurenews oa-lurenews_0_46cd42c64e64_シーバスファンに人気のトレブルフックとして知られるトレブルRB  MHとトレブルSP MHに徳用パック登場 46cd42c64e64 0

シーバスファンに人気のトレブルフックとして知られるトレブルRB  MHとトレブルSP MHに徳用パック登場

2018年10月17日 21:20 LureNewsR

シーバスファンからの支持が高いトレブルフックとして知られているのが、がまかつの「トレブルRB  MH」と「トレブルSP MH」。

人気の秘密は、強度、耐摩耗性など基本性能が高いことで知られる「トーナメントグレイドワイヤー」が使用されていることに加えて、強力な防錆効果のある表面加工「ハイパーシールド」が施されていることなどから!

やっぱりサビに強いっていうのは外せないですもんね!


人気の「トレブルRB  MH」と「トレブルSP MH」に、徳用パック=1パック18本入り!!!!が登場


さて、そんな、がまかつの「トレブルRB  MH」と「トレブルSP MH」に、徳用パックが登場したんです!1パックに何と18本入り!!!

ヘビーユーザーならずともうれしいですよね!


2つに共通する特徴

 
ちょっと豆知識


RBとはラウンドベンドの略でシャンクからフックポイントにかけてのカーブがラウンド(丸い)形状のことをさします!
一般的に掛かりがイイ形状として人気!

SPとはスプロートベンドの略でシャンクからフックポイントにかけてのカーブが上写真のようにグギっとなっています。
一般的に掛かった後にバラシが少ない形状として知られています。

あとRBとSPベンドを比較した場合、シャンク(軸)の長さはRBの方が長い場合が多いです!


トレブル RB MH(ミディアムヘビー)


トレブル人気シリーズ「RB-MH」に徳用パックが登場!

本体価格:(#8~7)¥2,300 (#6~4)¥2,400

#8~4 ハイパーシールド 18本入

シーバスゲームやキッカーサイズのトラウトをターゲットとしたゲームフィッシングに!


トレブル SP MH(ミディアムヘビー)


トレブル人気シリーズ「SP-MH」に徳用パックが登場!

本体価格:(#8~7)¥2,300 (#6~1)¥2,400

#8~1 ハイパーシールド 18本入

シーバスゲームやキッカーサイズのトラウトをターゲットとしたゲームフィッシングに!

外部リンク

cat_12_issue_oa-lurenews oa-lurenews_0_2eff134f9043_釣り用機能満載!秋から春まで使えるダイワのNEWジャケット 2eff134f9043 0

釣り用機能満載!秋から春まで使えるダイワのNEWジャケット

2018年10月17日 21:14 LureNewsR

そろそろ防寒系のアイテムが気になる季節ですよね!

というわけで、今回は秋口から春先までロングシーズンでの着用可能なダイワのNEWジャケットを紹介!その名は…


レインマックス®ハイパーブラッシュバッカージャケット【ダイワ】



新生レインマックス®ハイパー素材を採用
特長としてまず挙げたいのが…! ストレッチ性を有する外側の素材と起毛裏地の間にメンブレンを張り合わせた、新生レインマックス®ハイパー素材が採用されていること!


 
フード調節が超簡単なDDシステムを搭載
で、記者的にうれしい機能として真っ先に挙げたいのが最近ダイワのアイテムに採用されているD.D.システムをフードに搭載してあること!

このシステムがあるとワンアクションでフードの調節ができるので便利なんです!


ダイワならでは!釣り人用の機能が満載
あと機能面もダイワならでは!つり人への配慮がそこかしこにあるんです!

具体的には衿部分にはメッシュのマチが付いていて、ファスナーの開閉により衿周りを拡張、ベンチレーションの機能として使えます。


またジャケットの裾には、取外し可能なストームガードを設け、シーンや季節に応じて衣服内の温度調整が可能になったりしています!

 

やわらかな着心地と動きやすさ! さらにいろんな釣り人向け機能が搭載された新提案ジャケット!

アンダーウエア、ミドルウエアとのレイヤリングで、秋口~厳冬期、春先まで着用可能とのことで、一着あると便利そうですね!

cat_12_issue_oa-lurenews oa-lurenews_0_8cf2e894110d_エバーグリーンで開発中のSWオフショアゲームなどで使用する注目便利グッズ 8cf2e894110d 0

エバーグリーンで開発中のSWオフショアゲームなどで使用する注目便利グッズ

2018年10月17日 21:07 LureNewsR

先日、あのエギング界の帝王!「重見典宏」さんが、取材の打合せで編集部に来てくれました!

 
重見 典宏 Norihiro Shigemi
エギング界の帝王! スラックマスターなどのテクニックを世に広め、さらには自身の豊富な経験を元に、エギ番長シリーズなどの人気エギを続々発表。


で、重見さんが面白いモノを持ってきてくれたんです!その面白いモノですが…。まずは画像を!


最初見せられた時の印象は…???

マジックテープにゴムリングがくっ付いたアイテム…。

ハテナマークだらけで、何に使うモノか全然分かりませんでした!


で、重見さんに少しヒントをもらうと…。

実はこれ、ロッドに取り付けて使うアイデアグッズで、パーミングの補助、ロッド落下防止にも役立つアイテムだったんです。
その名は…


EGパーミングサポーターS/M/L(仮称)【エバーグリーン】

2019年春発売予定

エバーグリーンで現在、開発されているブツだったんです!


これをロッドのリールフットに近い場所、上の写真の位置は巻き付け…。下写真のようにに使うと…。

軽い力でパーミングできるんです! 女性や子供のアングラーにはうれしいグッズ!

またジギングなどをしている時の、不意のタックル落下も防ぐことができるんです!


使ったら手放せないアイテムかも! 2019年春発売予定とのことで登場が楽しみですね!

cat_12_issue_oa-lurenews oa-lurenews_0_e1a45dca8cc7_【これだけ入れば困らん】ルアーの母艦にオススメ!MEIHO・VSー8010【究極のタックル収納を求めて…】 e1a45dca8cc7 0

【これだけ入れば困らん】ルアーの母艦にオススメ!MEIHO・VSー8010【究極のタックル収納を求めて…】

2018年10月17日 20:58 LureNewsR

どうも!もっさんです!



ルアーの母艦にオススメ!VS-8010


今回ご紹介するのは引きだしタイプの大容量タックルボックスVS-8010!


アイテム名:VS-8010
税別価格:¥7,800(税別)
サイズ:420x245x326mm
素材:本体=耐衝撃性コーポリマー、止具=ABS

・引出し4段トレイ
・36コンパートメント
・トレイは可変式コンパートメント
・ワームプルーフトレイ
・スピナーベイトラック8枚付
※フック掛け合計108

前回ご紹介したBM-7000には釣具以外を入れており、釣具(主にハードルアー)をこっちに入れています。


陸っぱりなら車に待機用、ボートならそのまま使用


僕がVS-8010を使うのはバス釣りです。

メインは陸っぱりでたまにボートでも釣りをするんですが、基本は母艦としての使い方になります。
ざっくりいうと家から車までのルアー運搬ですね!

陸っぱりの場合は、よほど使うルアーを限定している時以外(「今日はトップ縛りや!」「このワームの練習したいなあ」など)は母艦として車に積んでおき、その場で使うものを選んでVS-3020NDDMやVS-3010NDDMに数個ルアーを詰め込んでバッグにインします。




現場の状況に合わせて「うわーアレ持ってきたらよかった…!」を防ぐためにこのスタイルでやってます。

フィールドの状態は行ってみないと分からないことも多いですからね!
(まあ「その場の状況に今の手持ちルアーたちでどう挑むか」みたいなんもおもろいんやけど…やっぱりまず釣りたい(笑))

ボートで釣りをする場合はこいつを1つドンっと積み込めばおしまいです。


なぜVS-8010なのか?~ほかの母艦候補の方々との比較~


僕のように大きなタックルボックスを1つ母艦として使用し、そこからルアーをピックアップorボートに積むというスタイルの方は結構多いんじゃないかと思います。

では数あるタックルボックスの中からなぜVS-8010なのか?ほかにもいくらでも代わりになるボックスがある中でこのボックスを選んだ理由をご説明いたします。


①容量
ボックスとして僕はランガンシステムボックス(VS-7070/VW-2070)も使用しています。

これもかなり使いやすいんですが、母艦としては容量が物足りません。

また、容量という点では定番のVS-3080やVS-3078も候補に上がるかと思います。




どちらもなかなかの容量です。僕のレベルのルアー所持数ならこちらで十分。コンパクトで持ち運びのことも考えるとかなり理想のタックルボックスです。

実際、今まで取材してきたプロの方々のバスボートには必ずといってよいほどVS-3080が積まれていました。

でも僕はVS-8010にしました。なぜなのか?それが次の理由です。


②取り出しやすさ
確かに容量的にはVS-3080やVS-3078でも十分なんですが、ルアーの取り出しやすさの点でVS-8010を選んだんです。

VS-3080は特にそうなんですが、上段のルアーを入れるスペースが少し深めなんです。
そのおかげでたくさんのルアーを入れることができるんですが、入れすぎるとルアー同士が重なって、取り出しにくいんじゃないかなと。

VS-8010はトレーになっていて深さが絶妙です。後で実際の収納例でお見せしますが、マグナムクランク(ショットストーミーマグナム)がジャストな深さ。
もちろん、バイブレーションやメタルバイブなど薄めのルアーならそれでも重なりますが、ある程度は仕方ないです。


あとは持ち運び時と中身の取り出し時に角度が変わらないというのもありますね!

ハンドルの構造上VS-3080やVS-3078は持ち運び時に縦向き、ルアー取り出し時に横向けにします。これがVS-8010だと変わりません。中身がシェイクされにくい分VS-8010の方が絡みにくそうです。

ただこれはただの僕のイメージで、実際に使ってみた感想ではないので話半分で聞き流してください(笑)。

ほかにも以前はバッカンに大きめのルアーボックスをルアーの種類ごとに入れて詰め込み、母艦として使用していたこともあります。
ただ、このスタイルはいちいちボックスを取り出してルアーを開けて、また別のボックスを開けて…というのが煩わしくなってやめてしまいました(笑)。


③単純に憧れ
ダラダラVS-8010にした理由を述べて来ましたが、一番大きい理由はこれかもしれません(笑)。

こういうボックス感丸出しのタックルボックスへの憧れがすごかった(笑)。

引きだしタイプのタックルボックスってなんかロマン溢れてませんか?
「昔からの憧れ」、これが僕がVS-8010にした理由です!(ドンッ)

それでは実際にどんな感じで僕が使っているかを次のページでご紹介いたします!


甲殻類的実用例


それでは実際に僕がどのように使用しているか、その一例をご紹介します。

まずは上段から。




続いて下段のルアートレイ!





とまあこんな感じで僕は使っています。まだスペースは残っているのでもっと入りますね!

まだ最近使い始めたばかりなので、キレイですね!もっと味出したい!!


ちなみにワームはVS-3043NDDMにパッケージごといれて車に置きっぱなしです。
陸っぱりのときは使うものを数袋ピックアップしそのままバッグに詰め込みます。



母艦として使うためのタックルボックスを探している方はぜひ!


ということで今回はVS-8010のご紹介でした!

みなさまの参考になれば幸いです!

ワームの収納がまだ納得いってない感じなので引き続き旅を続けたいと思います(念のため申し上げておきますが、実際に旅にいくという意味ではありません)。

外部リンク

cat_12_issue_oa-lurenews oa-lurenews_0_46bd1d37b35f_ダイワの多機能防寒ウエア「ゴアテックス プロダクト ウィンタージャケット」を紹介 46bd1d37b35f 0

ダイワの多機能防寒ウエア「ゴアテックス プロダクト ウィンタージャケット」を紹介

2018年10月11日 21:34 LureNewsR

ググっと気温が下がってきて、防寒ウエアが気になる時期になってきました!

記者ももちろん、同じ感じで気になりマクりで、毎日、防寒系NEWアイテムの記事を書いてるかも!!

で、今回も気になるNEW防寒ウエアがあるのでご紹介!それは…。


ゴアテックス プロダクト ウィンタージャケット DW-15008J【ダイワ】

2018年10月登場予定

ダイワの防寒アウターなんですけど、まずはどんなモノか見てみてください!


一見、オーソドックスなオシャレなアウターだなぁと思うかもしれないけど、実はけっこう多機能なんです!

1つ1つ紹介していくと!
 
表地にはGORE-TEXファブリクス2層素材を採用

まず素材の表地にはゴアテックスファブリクスが使われているんです。
GORE-TEXファブリクス素材は耐久防水・防風・透湿素材で水分を通さず水蒸気は通り抜けさせる“透湿防水”を実現しています!

 

ジョイントファスナーで着脱可能なインナージャケットを標準装備


実は最大の特長といえるのがジョイントファスナーでシステマチック&簡単に取り外しができるインナージャケットが標準装備されているんです!


↓これがインナージャケット単体の画像

 
 

これ以外にも釣りで役立つ機能がマンサイ!

 

サイズと価格


価格は3万円台中盤でいい値段ですが、この多機能っぷりとクオリティーなら納得!


これからは季節的に、朝夕の寒暖差がだんだん激しくなってくるし、ランガン時などはウエアやインナーの着回しによる体温調整が必要になってくるので、今回の紹介した多機能なアウターはかなり便利かも!