cat_5_issue_oa-jtownnet oa-jtownnet_0_7fbf341bd831_全国に広がる「新幹線の通学補助」地元回帰へとつながるか 7fbf341bd831 7fbf341bd831 全国に広がる「新幹線の通学補助」地元回帰へとつながるか oa-jtownnet 0

全国に広がる「新幹線の通学補助」地元回帰へとつながるか

地方出身者あるあるといえる現象のひとつが、高校卒業と同時に生まれ育った地域を離れ、大都市の大学に進学、大学卒業後もそのまま就職し、地元に戻らないというパターンだろう。典型的な地方の若年人材流出の構図で、これだけが理由というわけではないが、人口減少の一因となっているのは間違いない。記者もこのパターンで、東京で就職し、広島に帰るのは年に数回だ。
この状況をなんとか変えられないかと考えた自治体が取り組んでいるのが、県外の大学(短大、専門学校なども含む)に通う学生に、地元から通えるよう新幹線通学の補助を行う制度だ。特に首都圏に近い地域で見られるようだが、近年広がりを見せている。

北陸新幹線開通が契機に

定住や移住促進のために新幹線通勤の費用を補助する制度を取り入れている自治体も見られるが、今回注目したのは通勤ではなく「通学」だ。全国的なブームとまではいかないものの、ここ数年で実施する自治体は増えている。
例えば、2015年の北陸新幹線開通に合わせて「新幹線で通学推進事業」を始めたのが富山県富山市。市内に居住しているが、県外の学校(小中高は除く)に通う学生を対象とし、富山駅発の新幹線学割通学定期券に月額2万円の補助を行っている。

距離と時間を考えると、東京通学はちょっと現実的ではないかもしれない(少なくとも1限がかなり厳しい)が、長野や金沢であれば通学圏内と言えるだろう。
Jタウンネットが事業を担当する富山市活力都市創造部・居住対策課に取材を行ったところ、やはり、市内から県外へ出ていく若者が多いことが事業取り組みのきっかけだと話してくれた。市内から県外に通える学生に補助を行うことで、少しでも市内への定着につなげていきたい狙いがあるという。
「開始からまだ3年ですので、目に見える効果があるというわけではありませんが、すでに卒業された利用者の中には、市内に住み続け地元で就職された方もいます。親元から通うという選択肢があってよかった、という声もありました」継続利用者も含め、2017年度は125人が補助を受け、毎年一定数の新規申請もある。一方で、授業時間の都合などからか、学年が上がると継続利用を辞めてしまう利用者もおり、課題として検証に取り組んでいる。
同じ北陸新幹線の駅所在地では、新潟県糸魚川市も「地元で頑張る大学生等新幹線通学応援事業補助金」を実施している。こちらは年間上限50万円で、新幹線定期券購入費の半分を補助しているようだ。

東京への若年層流出を食い止めたい

新幹線通学費を補助ではなく、貸与という形を取っているのが静岡県静岡市だ。上限3万円で、1か月当たり新幹線通学定期券の額の3分の1が貸与される。返済が必要になるが、卒業後も静岡市に在住し、市内で就職した場合は全額免除となる。

地方都市とはいえ静岡市は人口も安定している印象があるが、取材に答えた市企画局企画課の担当者は、危機感をにじませる。
「静岡市では2025年まで人口70万人を維持することを目標としていますが、18歳から20代前半の首都圏、特に東京への流出が続いています。市内の大学だけではすべての学生を受け入れられない以上、市外進学はやむを得ませんが、地元から通えるという選択肢を提示したいと考えました」市内の高校3年生を対象にチラシを配布するなど、制度の告知にも積極的に取り組んでおり、2016年の開始以来、毎年100人以上が新規申請している。制度のことを学生同士の口コミで知り、申請してくる学生もいるという。
「東京都内に住むとなると経済的負担が大きかったが、実家から通学することで東京の大学に進学できたという声も寄せられています。また、貸与を利用した学生の地元就職率は、そうでない学生よりも高いというデータも出ており、継続することで一定の効果が期待できるのでは、と考えています」同じ静岡県内で、全国的にも珍しい人口増加を続けている自治体である長泉町も、2018年から新幹線通学支援補助金を始めた。子どもの数も増加している長泉町だが、同町こども未来課・子育て支援チームの担当者は取材に対し、「大学進学を機に東京に出てしまうのは、静岡全体の傾向で課題」だと話す。
「人口が増えているからと安心せず、課題に対しては対策を講じるべきだと考えました。そこで最低でも高校3年間は長泉町に住んでいた方を対象に、1か月あたり2万円、新幹線通学定期券の購入費の一部を補助しています」上京する学生を想定しているため、距離制限としてJR三島駅から100キロ以上の区間(例外として新横浜は可)という条件は設けられているが、すでに85人が利用しているという。さらに卒業後の定住を図るため、「未来人定住応援事業」という取り組みも行っている。
「長泉町に在住したまま大学を卒業した場合、30万円の奨励金を交付しており、新幹線通学の利用者に『未来人定住応援事業』へのエントリーを呼びかけています。こうした制度を通して、若い人たちに地元への愛着をより持っていただきたいですね」今回紹介した自治体以外にも、新幹線通学は多数の自治体が取り組んでいる。ざっと検索をしただけでも、富山県黒部市、高岡市、広島県福山市などが確認できた。県外に進学すると帰ってこないことが常態化しつつある今、こうした取り組みはさらに広がっていきそうだ。

外部リンク

cat_5_issue_oa-jtownnet oa-jtownnet_0_b505755ef088_おかえり、東播磨ちゃん!「炎上覚悟」のプロモーション b505755ef088 b505755ef088 おかえり、東播磨ちゃん!「炎上覚悟」のプロモーション oa-jtownnet 0

おかえり、東播磨ちゃん!「炎上覚悟」のプロモーション

数週間前に加古川の「かつめし動画」について語ったばかりだが、今回も同じエリアから「会いに来てね!東播磨~神戸と姫路の間やで~」を紹介する。兵庫県東播磨県民局が「炎上覚悟」で作成したのだが、エリア内の明石市長から苦情を受け、配信が停止されていた動画だ。
それが2018年5月2日に、オリジナル映像のまま配信再開され、各所で話題になっている。一体どんな作品かというと――。

いまひとつパッとしない「東播磨ちゃん」だが...

5話構成の動画は、各地域を擬人化したアイドルユニット「HYOGO」の活躍を追うもの。神戸ちゃん(演:高岡凛花)と姫路ちゃん(秦穂香)に挟まれ、いま一つ魅力をアピールできていない「東播磨ちゃん」(小西はる)が、みずからの居場所を確認するストーリーだ。
神戸ちゃんから「確かにあなたには、神戸のような華はないし、姫路のような武器もない」と、けなしてるんだか微妙なフォローをされつつも、自分の魅力を確かめていく東播磨ちゃん。
「明石焼、かつめし、焼アナゴ、たこめしに、加古川和牛!」この東播磨ちゃん、とにかくかわいいのだ。軽く調べたところ、どうやら3人ともスターダストプロモーション所属のようだ。そりゃ、かわいさとキレイさを兼ね備えているわけだ。そんな「HYOGO」が出演するのは、最初の3話だけ。後半は、自信を付けた彼女の活躍にほだされて、「東播磨ちゃんとこに連れてって!」と親にねだる少年を追っている。

しかしこの作品、先述のように配信停止を余儀なくされた。その経緯については、地元紙のニュースサイト「神戸新聞NEXT」が詳細すぎるほど伝えている。同サイトは4月14日に「兵庫県『炎上覚悟』のアイドルCM」と初報を出し、24日に明石市長の苦情コメント付きで「配信停止」をスクープ。26日には動画に好意的な加古川市長が明石市に「不快感」を示していると報じ、30日にはネット民の反応を紹介した。
そして5月2日にCM再開を伝え、16日には「HYOGO」が10月にイベントデビュー予定と速報。翌17日には「東播磨ちゃん」役の小西へのインタビュー記事(動画付き)も掲載したのだが、これらすべてが、同じ記者による署名記事なのだ。一連の騒動は、NHKや朝日、産経、FNN(フジ)などのマスメディアも報じたが、やはりさすが地元紙といったところだ。

筆者:十中舎八九(じっちゅうしゃ・はっく)ご当地動画ウォッチャー。外出は疲れるので、自治体制作の動画を見て、旅行を疑似体験するのが趣味です。Twitterあります。

外部リンク

cat_5_issue_oa-jtownnet oa-jtownnet_0_c4fa9ccea4e3_東山動植物園のシャバーニが「夏休み」 秋にまた、ね! c4fa9ccea4e3 c4fa9ccea4e3 東山動植物園のシャバーニが「夏休み」 秋にまた、ね! oa-jtownnet 0

東山動植物園のシャバーニが「夏休み」 秋にまた、ね!

[ドデスカ!‐名古屋テレビ]2018年5月11日放送の「けさの徳ダネ!」のコーナーでは、新施設オープンでニシローランドゴリラのシャバーニも「夏休み」に入ると紹介されていました。
名古屋市の東山動植物園は、展示施設の引っ越しに伴い、6月から新しい施設がオープンする9月まで、シャバーニなど一部のゴリラやチンパンジーの観覧を制限すると発表しました。

新居は木の上で暮らす生態に近くなる予定

ニシローランドゴリラやチンパンジーなど計17頭は、6月1日から引っ越しを始めます。
新しい環境に慣れるまで、3か月ほど訓練する必要があるため、観覧を制限するとのことです。
新施設は「アフリカの森エリア」という名称で、金属のタワーを設け、木の上で暮らすゴリラやチンパンジーの実際の生態に近づけます。
シャバーニが見られなくなるのは、屋内エリアは6月1日から。屋外運動場は6月19日からいずれも、新施設のオープンまでです。
夏休みに東山動物園の顔ともいえる「イケメンゴリラ」シャバーニを見られないのは残念ですが、秋の新施設で会えるのが楽しみです。(ライター:moca)

外部リンク

cat_5_issue_oa-jtownnet oa-jtownnet_0_d70643d7b288_みんな大好きハッピーターンが期間限定で「かき氷」に! d70643d7b288 d70643d7b288 みんな大好きハッピーターンが期間限定で「かき氷」に! oa-jtownnet 0

みんな大好きハッピーターンが期間限定で「かき氷」に!

[ちちんぷいぷい―毎日放送] 2018年5月10日放送の「これどうなん?ニュース10」のコーナーで、に「ハッピーターンのかき氷」について紹介していました。

食べられるのは阪急うめだ本店だけ

亀田製菓の「ハッピーターン」は、1976年に発売された米菓です。第1次オイルショックで日本中が不景気だったとき、「お客様に幸せを返したい」という思いから名付けられました。
お米の菓子に振りかけられた、甘じょっぱい「ハッピーパウダー」が人気で、ロングセラーになっています。そして、2012年、阪急うめだ本店に「ハッピーターン」の百貨店向けショップ「ハッピーターンズ」がオープン。高級感のある食感やさまざまな味のパウダーが楽しめるようになりました。
そして、このたび「ハッピーターンズ」でハッピーターンのかき氷が誕生しました。阪急うめだ本店にて2018年5月22日までの期間限定で「ハッピーターンズ スノーアイス」黒糖きなこ味・ストロベリー味、各378円(税込み)が販売されています。
今しか味わえないかき氷、みなさんも足を運んでみてはいかがでしょうか。(ライター:Nana.)

外部リンク

cat_5_issue_oa-jtownnet oa-jtownnet_0_968d5d84f5bc_ほんとに原因は我が家なの?マンションの騒音トラブル 968d5d84f5bc 968d5d84f5bc ほんとに原因は我が家なの?マンションの騒音トラブル oa-jtownnet 0

ほんとに原因は我が家なの?マンションの騒音トラブル

2018年5月18日 20:00 (画像はイメージ)

集合住宅での「騒音トラブル」。このコーナーでは、いままでにもさまざまなケースを紹介してきた。今回は、階下からクレームを受け、心当たりはなかったけれど、自腹を切って防音対策をしたというTさんの話。
対策をしたにもかかわらず、クレームを入れてきた階下の住人による(であろう)嫌がらせが続き、今では逆に、階下から騒音が! さて、あなたなら、どうする......?

もう関わりを持ちたくないからガマン

我が家も、階下から騒音のクレームを受けたことがあります。身に覚えはありませんでしたが、我が家の電話番号を書いた手紙と共に謝罪の菓子折りを渡しました。
そして、床には厚手のクッションフロアを敷き、防音対策をしました。セルフ作業でも2万円以上の費用がかかりました。それなのに、その後、番号非通知の無言電話に悩まされる羽目に......。
それから、しばらく経って、同じマンション内の別の部屋の全面リフォームの工事があった時のことです。まるで、真上の部屋の工事であるかのように音が響いてきて、「なるほど」と思いました。
後日談ですが、クレームを入れてきた階下の住人にお子さんが2人生まれ、現在、階上にまで、ドタバタが響いてくる状況です。うるさいのですが、階下の住人と関わりを持ちたくないですし、同じステージに立ちたくないという思いもあって、ガマンしております。

外部リンク

cat_5_issue_oa-jtownnet oa-jtownnet_0_b665ba38e0d8_山形・加茂水族館のアザラシ「しょうへい」と命名 b665ba38e0d8 b665ba38e0d8 山形・加茂水族館のアザラシ「しょうへい」と命名 oa-jtownnet 0

山形・加茂水族館のアザラシ「しょうへい」と命名

山形県鶴岡市にある加茂水族館をご存じだろうか。50種類以上のクラゲを展示する「クラゲドリーム館」として知られる、クラゲで有名な水族館だ。そこで2018年3月に生まれたゴマフアザラシの赤ちゃんが、「しょうへい」と命名され、話題となっている。
名前は来館者から応募を募り、集まった2512通の中から、米大リーグで活躍する大谷翔平選手にちなんだ「しょうへい」が選ばれた。大谷選手のように「たくましく育ってほしい」という願いが込められているという。
大谷選手といえば、山形県のお隣、岩手県の出身だ。同じ東北出身のヒーローにあやかりたい、という意味もあるのだろうか。
5月13日、命名式が行なわれた。あまりにもタイムリーな命名で、ツイッターにはさまざまな声が寄せられている。

「庄内平野だからかな?と思ったら...」

ツイッターにはこんな投稿もあった。

「庄内平野だからかな?と思ったら大谷翔平からだって。そっちかよ!!!」「加茂水族館のしょうへいに会いに行きたい」「ふふっと笑ってしまった(笑)由来は大谷翔平らしいが」などといった感想だ。

初節句を迎え、こいのぼりでお祝いした、しょうへい(鶴岡市立加茂水族館公式facebookページより) Jタウンネット編集部は鶴岡市に電話して、話を聞いてみた。
電話で答えてくれたのは、鶴岡市立加茂水族館飼育課の飯野由梨さんだ。アシカやアザラシなど海獣を担当、「しょうへい」君の飼育を行っている。
「3月21日に生まれたしょうへいは、4月中旬には離乳したのですが、なかなか魚を食べるのに慣れず、ちょっと心配しました。ようやく5月1日、魚をまるごと食べるようになったんですよ。今では順調に育っていて、体重は現在約22キロです」と飯野さん。「性格は、人懐っこく、好奇心が旺盛ですね」
「当水族館では、アシカショーを行っていますが、そのショーにアザラシを参加させることもあります。現在、2歳~3歳のモモコやエリザベスが登場すると、俊敏なアシカともぞもぞと動くスローなアザラシの対比がおもしろいのか、観客には人気があります。しょうへいにはいずれショーに参加してもらえるといいな、と思います」
「人気者になってくれると嬉しいですね、大谷選手のように」と、飯野さんの夢はふくらんでいるようだ。
「しょうへい」君の日常は、フェイスブックの公式ページに投稿されている。飼育員でなければ撮れない貴重な写真を見ることができる。

外部リンク

cat_5_issue_oa-jtownnet oa-jtownnet_0_e2d922ac4dec_高校の修学旅行、まさかのエリアが無双状態だった e2d922ac4dec e2d922ac4dec 高校の修学旅行、まさかのエリアが無双状態だった oa-jtownnet 0

高校の修学旅行、まさかのエリアが無双状態だった

2018年3月18日から5月14日までJタウン研究所で行われた「高校の修学旅行の行き先、どこだった?」。その結果が出そろった。
東京出身の筆者は、「まあ京都、大阪あたりがテッパンだろ......」と思っていたところ、東京都以外の結果を見ると、1位に並んだのはなんと、四国地方だったのである――。

47都道府県のうち45道府県で「四国」が1位に

まず、総得票数は2375票。最多得票となったのが「四国」で588票(24.8%)、2位が「関西」で400票(16.8%)、3位は「九州」で279票(11.7%)となった。最少得票数だったのが88票(3.7%)を獲得した北陸だった。
次に都道府県別にみると、なんと「関西」が1位となった東京都と、「沖縄」が首位の沖縄県を除いた45道府県で「四国」が1位に。沖縄県でも2位には「四国」が入っており、そのシェアの高さは特筆される。なお、東京では「関西」「九州」「北海道」と続き、「四国」は下から2番目の得票数(20票・2.2%)となり低調だった。
2014年に行った「結果発表!地方別『修学旅行の行き先』、あなたはどこだった?」では、「関西」や「東京」、「九州」の3地方で全体の7割を占める結果となったが、高校の修学旅行となると面白いほどに「四国」に集中。同僚記者などに聞いても「修学旅行で四国に行った」という人はおらず、これはもしや四国に愛のある人による陰謀ではあるまいか、と一瞬疑ったほどだった。
ただ、少しネットで調べてみると、「おいでんか四国・松山」というサイトを見つけた。四国を含めた修学旅行のルートなどを紹介する、愛媛県松山市が作ったサイトのようである。
これによると、市内には正岡子規の博物館や松山城、坂の上の雲ミュージアムなど、さまざまな観光施設・学習素材が中心部にあることから、「短い時間でも内容の濃い体験」ができるとしている。
他にも、香川県では金刀比羅宮やうどん体験が出来たり、徳島県では阿波おどり、観潮船があったり、高知県ではカツオのわら焼き体験が出来たり、桂浜があったりと、盛りだくさんの魅力に満ちていることをサイトではアピールしている。
瀬戸内海に面しており、修学旅行の少し寒い時期でも比較的過ごしやすい気候で、あえてメジャーな関西圏、九州圏からハズした独特の魅力があるからこそ、四国がこんなにも高校の修学旅行の行先に選ばれるのかも――?

外部リンク

cat_5_issue_oa-jtownnet oa-jtownnet_0_732d2fc32f42_西城秀樹さん「ライブのサイリウムを振る」ルーツ 732d2fc32f42 732d2fc32f42 西城秀樹さん「ライブのサイリウムを振る」ルーツ oa-jtownnet 0

西城秀樹さん「ライブのサイリウムを振る」ルーツ

2018年5月16日、「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」などの曲で知られる歌手の西城秀樹さんが、急性心不全のため63歳で亡くなった。
ネット上ではその死を悼む声ももちろん多くみられるものの、なぜかケミカルライト(通称:サイリウム)にも注目が集まっている。というのも、コンサート会場で「光るもの」を振る行為が初めて行われたのが、西城さんのコンサートだったから、とされているのだ。

「思いもしないつながり」

西城さんのコンサートで「客席から光るものを振る」ことが初めて行われた、という話については、Jタウンネットが2016年10月31日に、「『ケミカルライト(サイリウム)』の歴史は、こんなに壮大だった! 老舗・ルミカに聞く開発秘話」の記事で伝えている。
この記事では、西城さんの新聞連載コラムに、当時の経緯が書かれていたと紹介。1974年に夜のコンサート会場で懐中電灯を持ってくるよう呼びかけ、ファンの多くが持参したことが始まりで、その後、フィルムを巻いた豆電球なども持参されるようになり、80年代にはケミカルライトが公式の商品として売られるようになった、という。
西城さんの訃報に接して再び脚光を浴びた、という形ではあるものの、ネットでは驚きの声や、その功績を称える声が多く見られる。

外部リンク

cat_5_issue_oa-jtownnet oa-jtownnet_0_a67d8a607aca_群馬の「キャベツこんにゃくゼリー」は、濃厚なお味だった a67d8a607aca a67d8a607aca 群馬の「キャベツこんにゃくゼリー」は、濃厚なお味だった oa-jtownnet 0

群馬の「キャベツこんにゃくゼリー」は、濃厚なお味だった

ギョーザや春巻きなどを作っている中華総菜メーカー「みまつ食品」(群馬県前橋市)は、日本一のキャベツ産地である、嬬恋(つまごい)村のキャベツから抽出したエキスを使ったゼリーを開発した。
2017年発売の「キャベツサイダー」に次ぐ第二弾で、「こんにゃく粉」を使い、さらに群馬らしいモノになっている。
Jタウンネット編集部は、この商品を入手。さっそく食べてみることにした。

少量でも小腹が満たされる

一袋に個包装されたゼリーが6個入りで195円(税込み)ほど。封を開けてキュッと袋を押すと、なんとも色鮮やかなフレッシュグリーンが飛び出す。
いざ、実食。一口食べた瞬間、キャベツエキスの香りが一気に押し寄せてきた! 記者は昨年、第一弾の「キャベツサイダー」も飲んだが、それよりもキャベツ感が濃いように感じた。
もしも、口いっぱいにキャベツをほおばったら、こんな感じなのだろうか......。ほかでは味わえない「キャベツ体験」をしている気分になった。甘さは控えめなので、例えば細かくカットしてサラダやスムージーに混ぜてもおいしいのかもしれない。
食感は、こんにゃくならではの弾力があってかなり噛みごたえがある。よく噛んで食べるからなのか、少量でも小腹が満たされるように感じた。
「キャベツこんにゃくゼリー」は、かなり弾力があるので、のどに詰まらせないよう一度に吸い込まず、ゆっくりと押し出しながらよく噛んで食べよう。
みまつ食品では、ギョーザなどを製造するために、1日あたり約6トンものキャベツを使う。それをムダなくまるごと有効活用するために、外葉や芯から濃縮キャベツエキスを抽出し、素材の味を生かした商品を開発した。
みまつ食品のオンラインショップのほか、工場直売店の「餃子工房RON」、JR高崎駅のお土産店「群馬いろは」などで手に入る。ほかにはないキャベツのゼリー、ぜひ、お試しあれ。

外部リンク

cat_5_issue_oa-jtownnet oa-jtownnet_0_8dac001b4e65_タイ女子も「インスタ映え」 アンバサダー起用 8dac001b4e65 8dac001b4e65 タイ女子も「インスタ映え」 アンバサダー起用 oa-jtownnet 0

タイ女子も「インスタ映え」 アンバサダー起用

さて、上の写真をよくご覧いただきたい。二人の美女がにこやかに微笑んでいるが、いったいここはどこだろう?
「秩父市にある羊山公園の芝桜の丘」と、すぐに分かった読者は、間違いなく埼玉県民だ。開花時期は4月中旬から5月上旬と言われている。この春、観に行かれた方も多いだろう。埼玉県民以外の方はよく覚えておいて、機会があればぜひお越しいただきたい。
さて問題は、まだ続く。芝桜を背景ににっこり笑う女性、彼女たちはいったい誰......?
 

フォロワー数は2人あわせて300万人超え

彼女たちが何者か、すぐに分かった読者は、「タイ通」だ。そう、東南アジアの「タイ」。タイの青春ドラマや映画に出演している人気女優なのだ。埼玉県の「LOVE SAITAMAアンバサダー」として、2018年5月1日、川越市で行われた委嘱式で任命されたばかりだ。
Jタウンネット編集部は、埼玉県産業労働部観光課の担当者に電話で話を聞いてみた。

「近年、インバウンドが重視されていますが、いま埼玉県が注目しているのは、台湾、香港、タイです。なかでもタイは東南アジアの情報センター的存在だと言われており、重要だと考えています」と担当者。
日本政府観光局によると、タイから日本を訪れる観光客数は、2017年に約98万人で、前年比9.5%増となり、今後も増加することが見込まれている。
そこで埼玉県は、西武鉄道と連携し、タイの映画や青春ドラマで人気がある女優2人を招き、県内の観光地や物産の写真をインスタグラムに投稿してもらい、タイはもちろん東南アジア各国からの観光客を誘致するねらいだ。

フラン・ナリクン・ケットプラパーコーンさん(20)は、タイの青春ドラマや、映画に主演している人気女優だ。芸能活動の傍ら、タイトップレベルのChulalongkorn大学医学部で勉強しているという。インスタグラムのフォロワー数は約184万人だ。
「ピンク色が好きだというフランさんは、委嘱式で着る着物もピンクを選びました。羊山公園の芝桜も、相当に気に入ったようですね」と、観光課の担当者。
フランさんは、「埼玉県の『LOVE SAITAMAアンバサダー』として選んでいただいたことはとても嬉しく、心より感謝致します。私らしく、埼玉の観光・文化を情報発信していきたいと思います」とコメントしている。

ベール・ケミサラー・パラデッシさん(23)は、タイの青春ドラマや、人気歌手のミュージックビデオに主演している人気女優だ。インスタグラムのフォロワー数は約132万人だ。
ベールさんは、「日本へ旅行することが本当に好きです。埼玉県の『LOVE SAITAMAアンバサダー』として私を選んでいただいたことに心より感謝するとともに、とても光栄に思っています。全力で頑張ります!」とコメントしている。
アクティビティが大好きだというベールさんは、長瀞(ながとろ)ライン下りがとくに楽しかったようだ。

「埼玉県内を旅した2人の女優さんに同行した印象ですが、やはり『インスタ映え』を相当気にしてますね、タイの女性も......。『インスタ映え』スポットで撮影できるとご満足の様子でした。お二人は早速それぞれのインスタグラム(フランさん、ベールさん)に投稿していただいているようなので、ご確認ください」と担当者。
「東南アジアからの観光客も最近はリピーターが増えて、東京や大阪は行ったことがあるから、少し違う場所に行きたいという人が増えているようです。東京のすぐ近くに、秩父のような自然がある、川越のような歴史を感じる街があるというのは、かえって新鮮に感じられるかもしれません」
「また最近、ツアー客より個人客が増えているような気がします。個人や少人数のグループでアポなしで来られて、おもしろそうだから着物を着てみようか、ラフティングやってみようか、そんな気軽な旅が好まれているようです。そんなニーズにも対応できるような体制を整えていかなくては、と考えています」と、観光課の担当者は話してくれた。

外部リンク