cat_5_issue_oa-japaaan oa-japaaan_0_ubj3xv2rqc84_ご利益どんだけ!?「鹿島神宮」が神社初のクレカ発行! ubj3xv2rqc84 0

ご利益どんだけ!?「鹿島神宮」が神社初のクレカ発行!

2016年12月1日 17:44 Japaaan

神社初!

日本建国・武道の神様である「武甕槌大神」を御祭神とする茨城県鹿嶋市の鹿島神宮が面白いことをスタートしましたよ。12月1日から神社初のクレジットカード「 鹿島神宮カード」の受付が始まったんです。

その鹿島神宮カードのデザインがこちら。

もちろんカードデザインにはがっつりと「鹿島神宮」の文字が。そして鹿のマークもあしらわれています。鹿島神宮の文字が入るだけでなんとなくご利益を期待してしまうのは私だけではないはず。

なぜクレジットカードを発行することになったのかというと、今回発行が始まる鹿島神宮カードでの会員の年会費や貯まったポイントが、12年毎に行われる式年大祭御船祭の斎行及び文化財の保護継承の財源として寄付されるんです。神社運営の新しいスタイルですね。

発行されるカードはなんと鹿島神宮で事前にお祓いをしてもらえるのです。さらに入会翌年度以降には、毎年、 特別な返礼品が贈られるそうです。

カードは一般カードとゴールドカードの二種類。一般カードにおいてはパワースポット巡りにはまっているという相川七瀬さんがデザインしたカードも選択可能。実は相川七瀬さん、鹿島神宮の崇敬者で かしま大使なんだそうです。

神社のクレカ、これから様々な神社が続くのでしょうか?みなさんはどこの神社がお好み?

鹿島神宮

外部リンク

cat_5_issue_oa-japaaan oa-japaaan_0_t4l581ikxs8h_バルタン星人&ダダが「高岡鋳物の錫製ぐい呑み」になった t4l581ikxs8h 0

バルタン星人&ダダが「高岡鋳物の錫製ぐい呑み」になった

2016年12月1日 13:36 Japaaan

ウルトラ怪獣好きののんべえはこの酒器で決まりか!?

バンダイのショッピングサイト プレミアムバンダイが、ウルトラ怪獣の中でもとりわけ人気の高いバルタン星人とダダの頭部を象ったぐい呑みを発売します。

そのぐい呑みがこちら。

ど、どうやって呑むん?

難しいことはありません、ぐい呑みを裏返しにしてお酒を注げばOK。

バルタン星人ぐいのみ

バルタン星人のトサカ?が意外に安定感を保ってくれそう。バルタン星人は地球を第2の母星都するために侵略を計画した怪獣。両手のハサミから光弾を放ちます。

ダダぐいのみ

インパクトある大きな口も健在。ダダは人間のミクロ化標本を採集する目的で潜伏。3種類の顔を使い分けます。

こちらのぐい呑みは400年以上の歴史を持つ富山県の伝統工芸である高岡鋳物とのコラボぐい呑みで、錫(すず)が100%使用された逸品。100年続く鋳物メーカー「能作」が製作を担当しています。

錫製のぐい呑みは、持ったとき手にしっくりくる重量感が人気で、お酒がまろやかになるとも言われています。素材感が残る光沢感も味として楽しめます。

高岡鋳物とのコラボぐい呑みはガンダムでも行われていました

頭部がぐい呑みに!富山高岡鋳物とのコラボ、ガンダムとシャアザクの「GUNDAM 錫製ぐいのみ」

ウルトラ怪獣 錫製ぐいのみはウルトラマンシリーズ放送開始50年を記念して発売されるもので、あのころウルトラマンを楽しんでいた子供たちも今ではお酒を飲める年齢に。ウルトラ怪獣ぐい呑みで日本酒でも飲みながら、改めてウルトラマンシリーズを堪能してみるのもいいですね。

ウルトラ怪獣 錫製ぐいのみ バルタン&ダダは2つ1組セットで16,848円(税込)で発売。予約受付中で、2017年3月発送予定となっています。

外部リンク

cat_5_issue_oa-japaaan oa-japaaan_0_t4q5argymzow_新年はアートと伝統芸能!トーハクで「博物館に初もうで」 t4q5argymzow 0

新年はアートと伝統芸能!トーハクで「博物館に初もうで」

2016年12月1日 09:49 Japaaan

2017年新春も開催されます!東京国立博物館の恒例企画。

2003年から東京国立博物館で新年を祝うイベントとして開催されている「博物館に初もうで」が、2017年1月2日(月)〜29日(日)の期間で開催されますよ!

長谷川等伯の国宝「松林図屏風」が特別公開

1月2日から行われているので初詣と合わせて訪れてみたいイベントですが、同イベントで特別公開される、長谷川等伯の名画「松林図屏風」がなんといっても今回の目玉。この作品は国宝にも指定されています。

イベントではその他にも期間限定で特別公開される作品や、2017年の干支である「酉(とり)」にちなんだ作品が目白押し。新春のおめでたい日にふさわしい松竹梅や富士山などをテーマにした作品も展示されるそうですよ。

日本の伝統芸能も楽しめる新年

さらに、作品を楽しむだけではなく日本の伝統芸能を楽しむことができるのも「博物館に初もうで」の魅力のひとつ。お正月といえば!の獅子舞や和太鼓、落語などのイベントが開催されます。

1月2日、3日の2日間は特にイベントがギッシリなので、やはり初詣に合わせて楽しみたいイベントですね。東京国立博物館がある上野には上野東照宮、湯島天神などがあり、少し足を伸ばせば浅草もありますので、アートと日本文化に触れる新年を迎えてみてはいかがでしょうか。

2017年1月2日(月・休)のイベント

・10:30 「和太鼓」 批魅鼓
・11:10 「曲独楽」 三増紋之助「落語」  三遊亭歌奴
・11:50 「獅子舞」 東都葛西囃子中村社中
・13:10 「和太鼓」 批魅鼓・13:50 「曲独楽」 三増紋之助「落語」  三遊亭歌奴
・14:30 「獅子舞」 東都葛西囃子中村社中
・15:10 「ニューイヤーオペラコンサート」 カンターレ2020

2017年1月3日(火)のイベント

・10:30 「和太鼓」 湯島天神白梅太鼓
・11:10 「曲独楽」 三増紋之助「落語」  三遊亭歌奴
・11:50 「獅子舞」 東都葛西囃子中村社中
・12:30 「クラリネット・コンサート」 ジュリアンズ
・13:10 「和太鼓」 湯島天神白梅太鼓
・13:50 「曲独楽」 三増紋之助「落語」  三遊亭歌奴
・14:30 「獅子舞」 東都葛西囃子中村社中
・15:10 「クラリネット・コンサート」 ジュリアンズ

新春企画「博物館に初もうで」

開催期間: 2017年1月2日(月・休)~1月29日(日)
営業時間: 9:30~17:00
※金曜、土曜は20時まで開館(特別展を除く)
※入館は閉館の30分前まで
休館日 : 月曜日、2016年12月24日(土)~2017年1月1日(日・祝)
※1月2日(月・休)、9日(月・祝)は開館、10日(火)は休館
アクセス: 東京都台東区上野公園13-9
・JR上野駅公園口、鶯谷駅南口から徒歩10分
・東京メトロ上野駅
・根津駅、京成電鉄京成上野駅から徒歩15分
観覧料 : 一般620円(520円)、大学生410円(310円
)※( )内は20名以上の団体料金。
※特別展は別料金。
※高校生以下、および満18歳未満と満70歳以上の方は無料です。入館の際、年齢の分かるものをご提示ください。
※障がい者とその介護者1名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。

博物館に初もうで
東京国立博物館

外部リンク

cat_5_issue_oa-japaaan oa-japaaan_0_rl54uas1yofm_正式登録決定!「山・鉾・屋台行事」無形文化遺産に rl54uas1yofm 0

正式登録決定!「山・鉾・屋台行事」無形文化遺産に

2016年12月1日 07:34 Japaaan

10月31日に報道された、ユネスコ無形文化遺産への登録がほぼ確実となっていた日本の33件の「山・鉾・屋台行事」が、エチオピアで開かれているユネスコの政府間委員会で、正式にユネスコ無形文化遺産に登録されることが決定されました。

「山・鉾・屋台行事」の対象は18府県33件の祭り・行事

登録されることとなった「山・鉾・屋台行事」は日本の18府県33件の祭りをグループ化したもの。すでに無形文化遺産に登録されていた京都祇園祭や日立風流物も含まれており、無形文化遺産の範囲が拡張された形となります。

「山・鉾・屋台行事」の対象となっている祭りは全て国指定重要無形民俗文化財となっています。対象となった33件がこちら

●青森県八戸市の「八戸三社大祭の山車行事」
●秋田県仙北市の「角館祭りのやま行事」
●秋田県秋田市の「土崎神明社祭の曳山行事」
●秋田県鹿角市の「花輪祭の屋台行事」
●山形県新庄市の「新庄まつりの山車行事」
●茨城県日立市の「日立風流物」
●栃木県那須烏山市の「烏山の山あげ行事」
●栃木県鹿沼市の「鹿沼今宮神社祭の屋台行事」
●埼玉県秩父市の「秩父祭の屋台行事と神楽」
●埼玉県川越市の「川越氷川祭の山車行事」
●千葉県香取市の「佐原の山車行事」
●富山県高岡市の「高岡御車山祭の御車山行事」
●富山県魚津市の「魚津のタテモン行事」
●富山県南砺市の「城端神明宮祭の曳山行事」
●石川県七尾市の「青柏祭の曳山行事」
●岐阜県高山市の「高山祭の屋台行事」
●岐阜県飛騨市の「古川祭の起し太鼓・屋台行事」
●岐阜県大垣市の「大垣祭のヤマ(車へんに山)行事」
●愛知県津島市と愛西市の「尾張津島天王祭の車楽舟行事」
●愛知県知立市の「知立の山車文楽とからくり」
●愛知県犬山市の「犬山祭の車山行事」
●愛知県半田市の「亀崎潮干祭の山車行事」
●愛知県蟹江町の「須成祭の車楽船行事と神葭流し」
●三重県四日市市の「鳥出神社の鯨船行事」
●三重県伊賀市の「上野天神祭のダンジリ行事」
●三重県桑名市の「桑名石取祭の祭車行事」
●滋賀県長浜市の「長浜曳山祭の曳山行事」
●京都府京都市の「京都祇園祭の山鉾行事」
●福岡県福岡市の「博多祇園山笠行事」
●福岡県北九州市の「戸畑祇園大山笠行事」
●佐賀県唐津市の「唐津くんちの曳山行事」
●熊本県八代市の「八代妙見祭の神幸行事」
●大分県日田市の「日田祇園の曳山行事」

最近では和食和紙などが続けて無形文化遺産に登録されており、国内の無形文化遺産はこれで21件となりました。

今回の決定を受けて安部首相はこのようにコメントしています。

“きらびやかな装飾をほどこした、創意あふれる華やかな 山・鉾・屋台の巡行。それは、災いを払い、地域の安泰を願う人々の祈りです。

本日、ユネスコ無形文化遺産に「山・鉾・屋台行事」 が登録されました。心から嬉しく思います。

日本全国33の祭、幾世代にもわたり地域で受け継いでき た「山・鉾・屋台行事」を、誇りを持って後世へと継承し、 国内外に発信していきたいと思います。 ”

無形文化遺産に登録されたことで国内外からの観光客の増加が期待できます。それとともに、観光客が増えることでの問題も出てくるかと思いますので、今後もより良い状態で次世代に祭り文化を残していけるよう、さまざまな施策を考えていければいいですね。

文化庁

Via: NHKニュース

外部リンク

cat_5_issue_oa-japaaan oa-japaaan_0_1jylk1exaj703_嬉しい復刻!水木しげる版の妖怪図鑑「東西妖怪図絵」 1jylk1exaj703 0

嬉しい復刻!水木しげる版の妖怪図鑑「東西妖怪図絵」

2016年11月30日 17:10 Japaaan

「絶版・品切れ本」を復刊させる、リクエストサイト復刊ドットコムから、水木しげる先生の画集の復刊が決定しました。

日本と世界の妖怪を集めた伝説の大判画集『東西妖怪図絵』が、愛蔵復刻版として2017年2月に再び登場します。『東西妖怪図絵』は、これまでにさまざまな形で出版されてきた水木先生の画集の中でも、水木しげる版妖怪図鑑の決定版とも言うべき1冊。初版刊行当時と同じ大判サイズ(AB判・210×257mm)、ボリュームで復刻されるのは嬉しいかぎりです。

復刻版では、精緻に描かれた妖怪たちが原本の魅力そのままに、独特の黒インクを使用し、高い印刷技術で完全再現。収録されているのは日本の妖怪42点と、世界の妖怪65点。おなじみの妖怪から、レアな妖怪まで揃った、質・量ともに最高傑作との呼び声も高いタイトルです。

怖いのになぜだか目が離せなくなってしまう、水木しげるの妖怪絵。細かいところまで描き込まれた妖怪たちが存分に楽しめるこの1冊は、ファン必携です。売り切れる前に予約しなくちゃ。

外部リンク

cat_5_issue_oa-japaaan oa-japaaan_0_qe75cmhqgajo_豪華寝台特急「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」6月17日運行開始 qe75cmhqgajo 0

豪華寝台特急「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」6月17日運行開始

2016年11月30日 16:48 Japaaan

JR西日本が運行する豪華寝台特急列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」。「美しい日本をホテルが走る」がコンセプトの、ノスタルジックモダンなテイストが随所に溢れる、とってもゴージャスな列車です。

これが日本の豪華寝台列車だ!JR西日本がノスタルジックな「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」を発表!

2016年3月に惜しまれながら定期運行を終了した寝台特急列車「トワイライトエクスプレス」。鉄道ファンを魅了したその名を継承する「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の運行開始が2017年6月17日(土)に決定し、2016年12月5日から、旅行の受付が開始されることとなりました。

上質さの中に懐かしさを感じられる列車「瑞風」は、車両の豪華さに加えて、美しい車窓の長めもお楽しみの一つ。「瑞風」への乗車は、京都から下関間を片道1泊2日と周遊2泊3日の2コースを、山陽ルートと山陰ルートの計5ルートで、全て旅行商品として発売されます。コースには立ち寄り観光がセットになっていて、列車を一時下車しての観光も楽しめるそうです。

まさに走るホテル、と言っていいほどの豪華な列車「瑞風」。10両編成で、客室は「ザ・スイート」「ロイヤルツイン」「ロイヤルシングル」の3クラス。スイートは1両に1室のみ。乗車できるのは各出発日とも、最大34名。乗客約30人で10両編成の列車の旅をゆったりと。なんて贅沢なの!

ノスタルジックモダンなインテリアの車内は、西日本の木材や日本の伝統工芸品が彩りを添えます。ザ・スイートやデッキには、人間国宝・伊勢崎淳氏が手がける備前焼の花入を展示。各客室には銅板に切り文様を掘る伝統技法「錺金具」によるスイッチプレートや、沿線の窯で作られた食器などが使用されるとのこと。

洗練された車両、美しいインテリアに伝統工芸品、車窓に流れる日本の原風景。まさに至福の時間が過ごせる、ここでしか味わえない特別な列車の旅です。

どこをとっても豪華な美しさが溢れる「瑞風」の旅。気になるお値段は、ロイヤルツイン(2名利用)が270,000円〜、ザ・スイート(2名利用)が750,000円〜と、こちらもプレミアムです。一度は乗ってみたい憧れの列車ですね。

TWILIGHT EXPRESS 瑞風 MIZUKAZE

外部リンク

cat_5_issue_oa-japaaan oa-japaaan_0_1huzy7sww2x4i_今回は獣を擬人化!西武鉄道PR「電車内迷惑図絵」第2弾 1huzy7sww2x4i 0

今回は獣を擬人化!西武鉄道PR「電車内迷惑図絵」第2弾

2016年11月30日 12:33 Japaaan

西武鉄道が行なっているマナーアップキャンペーンの一環で張り出された、浮世絵をモチーフにしたPRポスター「電車内迷惑図絵」はとても話題になりました。

あら面白いじゃない!浮世絵がモチーフ、西武鉄道のマナーアップPRポスター「電車内迷惑図絵」

そして12月1日からマナーアップPRの「電車内迷惑図絵」第2弾ポスターが掲出されます。発表された第2弾ポスターがこちら。

第1弾と同様に浮世絵をモチーフにしたデザインに仕上げられていますね。今回は江戸時代の浮世絵にもよく描かれていた、猿、犬、蛙、雀、狸が擬人化して登場。忘年会シーズンによく見られる、宴会帰りに車内で大きな声で会話する迷惑行為を表現しています。

「車内での会話音量は抑えるべし」との一文が添えられています。今回のポスターも海外の人にも興味を持ってもらえるように浮世絵なデザインに英語での表記も添えられています。

このポスターは西武線の駅構内(小竹向原駅を除く)・車内にて 12 月 1 日(木)から掲出。車内ビジョンでは動画も公開されるとのこと。12 月 15 日(木)には池袋駅、12 月 16 日(金)には西武新宿駅でマナーアップキャン ペーンが開催されます。

外部リンク

cat_5_issue_oa-japaaan oa-japaaan_0_1h84rm66s5fsn_墨との相性バツグン!STAR WARS「水墨武人画」 1h84rm66s5fsn 0

墨との相性バツグン!STAR WARS「水墨武人画」

2016年11月30日 09:45 Japaaan

2016年12月16日(金)から、全世界で同時公開される映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の公開に合わせて、IDC OTSUKA新宿ショールームでは、スター・ウォーズの世界観を満喫できるグッズと、大塚家具セレクトのインテリア300種類以上を取り揃えた期間限定ポップアップコーナーを展開しています。

こちらのスター・ウォーズ特設コーナーで、真田丸のカレンダーなどを手がけ、今、注目を集めている武人画師・こうじょう雅之氏の描き下ろし水墨武人画(3種)を各10枚限定で販売することとなりました。こうじょう氏が描いた武人画は、手描きのため、世界でたった一枚の武人画。

墨と筆で描かれたスター・ウォーズのキャラクターは、帝国軍から、ダース・ベイダー卿とストームトルーパー。ライトセーバーを携えた立ち姿のダース・ベイダー卿は、まんま武士じゃないですか!戦国武将の冑をモチーフにデザインされたベイダー卿は、墨と筆がよく似合います。

2016年12月11日(日)には、「スター・ウォーズ」武人画の発売を記念して、大塚家具新宿ショールームで、こうじょう雅之氏による迫力のライブパフォーマンスも開催されることとなりました。パフォーマンスは11:30、14:00、16:00の3回を予定。目前で描き上げられる、貴重すぎる逸品。ぜひとも、店頭でしっかりと目に焼き付けたいですね。

当日、「スター・ウォーズ」武人画を購入すると、こうじょう雅之氏による直筆サイン入れと店内のスター・ウォーズ商品のプレゼントもあるそうですよ。「スター・ウォーズ」水墨武人画は額装され、シリアルナンバー入りの原画証明書付となります。

外部リンク

cat_5_issue_oa-japaaan oa-japaaan_0_1iun5g02o2tyx_ギュってしたくなる作品たち!「大谷工作室」個展開催中 1iun5g02o2tyx 0

ギュってしたくなる作品たち!「大谷工作室」個展開催中

2016年11月29日 17:33 Japaaan

東京・元麻布のカイカイキキギャラリーで、2016年11月26日(土)〜12月24日(土)に大谷工作室の個展「僕が17歳の時、ジャコメッティの話を美術の先生に聞いて、彫刻に憧れて、僕は今、彫刻を作ってます。」が開催されます。

「大谷工作室」、実はアーティスト名です。2004年に沖縄県立芸術大学彫刻科を卒業後、2005年に大谷工作室を開室。現在は滋賀県信楽にて制作を行っています。国内外で数々の展覧会を開催してきた大谷工作室さんは国内の陶芸ファンだけでなく、現代アートの文脈でも高く評価されています。

今回の個展で掲げたテーマは「原点回帰」。芸術家を目指して美大に入学、彫刻家を目指すも挫折、模索の日々を経て、「陶芸家」としてデビューし、キャリアを積んできた創作活動の出発点へと立ち返る展覧会。

ギュってしたくなる♪

今回の個展で展示される大谷工作室さんの作品たちは、なんとも可愛らしい雰囲気。セラミック製なのに、柔らかさを感じる、ほんわかな印象です。陶芸でもあり、工作でもあり、彫刻でもある。現在の大谷工作室さんの立ち位置が見えてくる作品たちです。

素朴な感触を持つ作品たちは、大谷工作室さんが芸術を志した17歳のときのプリミティブな感覚の原点なのかもしれません。作品たちは、芸術って難しくなくてもいいんだよ、って言ってくれているような気がします。

陶芸家として活躍しつつも、辿り着いた言葉は彫刻。作家にとっての原点でもあり、マイルストーンでもあるのかもしれません。アーティストとしてのコアな部分が、伸びやかに表現された展示。ぜひ、足を運んでみて下さい。

photo:Toru Kometani

大谷工作室 個展

「僕が17歳の時、ジャコメッティの話を美術の先生に聞いて、彫刻に憧れて、僕は今、彫刻を作ってます。」
開催日程:2016年11月26日(土)〜12月24日(土)※会期中無休開催
時間:11:00〜19:00
会場:KaiKai Kiki Gallery 東京都港区元麻布2−3−30 元麻布クレストビルB1

外部リンク

cat_5_issue_oa-japaaan oa-japaaan_0_1hrrjogmft1eq_目黒雅叙園百段階段に超絶技巧「神の手●ニッポン展II」 1hrrjogmft1eq 0

目黒雅叙園百段階段に超絶技巧「神の手●ニッポン展II」

2016年11月29日 15:25 Japaaan

紙やボードなど、どこにでもある素材がその手にかかると、たちまち生き生きとした造形物に変身してしまう、卓越した超絶技巧を持つ作家。彼らの手はまるで『神の手』のよう。そんな、神の手を持つ現代日本の作家たちの作品を集めた合同展の第2弾が、目黒雅叙園の百段階段会場を皮切りにスタートしました。

昨年、日本全国で巡回された『神の手ニッポン展』は、とても人間業とは思えないような作品が一堂に会しました。

2016年11月18日〜東京都指定有形文化財の百段階段で開催されている「神の手●ニッポン展II」は、第2期アーティストの作品、約230点が展示。さまざまなジャンルの作家たちの、高度な技術に裏打ちされた、細かな作品世界を堪能できます。

展覧会の会場は、東京都指定有形文化財「百段階段」。神の手によって作られた絢爛豪華な空間に、日本のモノづくりスピリッツを継承した、神の手を持つアーティストたちの作品が並びます。

水引の概念が一変する作品を生み出したのは、熊本在住の水引工芸家・内野敏子氏。あわじ結び、四つ編み、三つ編み、など、あらゆる技法を駆使して作り上げられた「鳳凰」。なんと、1000本もの水引を編み組み、1mに及ぶ大作です。

約2mmの卵の殻に装飾を施すエッグアート。本当に華奢で繊細な工芸です。正絹の鮮やかな色合を独自の技法で装飾した作品「玉手箱」。制作はエッグアーティスト・遠藤一恵氏。ぎゅっとしたら、ぱりんと割れてしまうのかと思うと震えます。

立体間取りアーティスト・タカマノブオ氏は、独学で制作技法を考案したパイオニア。レトロな懐かしさ溢れるジオラマは、原作の映画を100回以上鑑賞して忠実に再現されています。眺めていると、まるで映像作品の中に入り込んでしまったかのような感覚すら覚えます。作品に映っていない部分は、実際に映画へエキストラ参加された方から情報収集するほどのこだわりで制作されているそう。

紙だけでこれだけの表現力!ペーパーアーティスト・中山ゆかり氏の作るペーパーアートは、名画登場人物の性格を動物で誇張するユニークな作風。紙なのに、まるで布のような質感の表現には感嘆。紙だけで表現された西洋の名画たち、西洋画なのになんだか和風な印象に感じられます。

日本初の「革工芸の無形文化財」保持者であるレザーアーティスト・本池秀夫氏。誰に習うのでもなく、道具すら自作するという本池氏の作品は、留め金に使用するわずかの銀以外は全部革で表現されています。顔も紙も服も全部が革製の圧倒的なリアリズム。

同展では、第一期「神の手」作家たちの作品も同時に展示されるとのこと。昨年を超えるボリュームとスケールで私たちを魅了することでしょう。人間離れした超絶技巧の数々を、どうぞお見逃しなく!

「神の手●ニッポン展II」

会期:2016年11月18日(金)~12月25日(日)
開催時間:10:00~18:00 (最終入館17:30)
会場:目黒雅叙園 東京都指定有形文化財「百段階段」
入場料:一般¥1200 学生¥600 小学生以下無料
神の手●ニッポン展II

外部リンク