貸し手と借り手をつなぐ着物レンタルサービス「Wa Lend」

11.14 11:42 Japaaan

近年さらに注目を浴びているCtoCサービスって知ってますか?CtoCサービスとは、個人と個人をつなぐ仲介サービスのことで、Consumer to Consumerの略。最近の人気サービスではAirbnbやUBERなどが代表格でしょうか。フリマなどもそうですね。

今回紹介するのはそんなCtoCのかたちで提供される、着物のCtoCシェアリングサービス「Wa Lend」です。

Wa Lendは着物を所有している人と着物を借りたい人をつなぐレンタルマーケットプレイス。タンスに眠ってしまっている着物をみんなで共有し、着物を着たくても高価で買えないなどの悩みを持った人たちに着物を着る機会を提供しています。

着物を貸したい人はWa Lendに掲載したい着物、希望するレンタル料などを提示。レンタル料からクリーニング代金+送料を引いた合計額から6割程の収入となります。着物を借りたい人は、借りたい着物を選びレンタル期間などを設定。利用翌日にWa Lendに返送します。

着物レンタルサービスは全国に数多く存在しますがCtoCという形態の着物レンタル(シェア)サービスは珍しいですね。お気に入りの着物となるとレンタルとして出品するのは気が引けますが、素敵だけれどもタンスの肥やし状態になってしまってる着物たちに再び活躍の場を与えるために活用するには良さそう。

Wa Lendまだ始まったばかりのサービスですが、今後の展開がとても気になるサービス。現在クラウドファンディング で支援を募集中。目標金額50万円を目指しています。

外部リンク

歌舞伎ナイズされた人工知能ロボ「Kibiro [キビロ]」発表

11.14 11:02 Japaaan

人工知能搭載ロボットKibiroをご存知ですか?Kibiroは対話やスマホアプリでのコミュニケーションで得た情報からユーザーの趣味・嗜好を学習する人工知能を搭載したロボット。

デザインがとっても可愛いKibiroに歌舞伎のコンテンツを搭載したモデルが発表されました。

紋付袴姿のKibiro♪

歌舞伎ナイズされたKibiroは何と限定1体。さらにお値段も1,360,800円と実にプレミアムなロボットとなっています。このKibiro(以下、夢袋Kibiro)は伊勢丹新宿店の2017年新春福袋企画「夢袋」として販売されるそうです。

夢袋Kibiroは通常版Kibiroの基本機能のほかに、歌舞伎役者 市川染五郎さんの著書「染五郎の超訳的歌舞伎」の中からKibiroの所有者にぴったりの歌舞伎演目を紹介する機能を搭載。

さらには歌舞伎座や新橋演舞場の紹介、チケットの予約方法の案内な歌舞伎ドリルまで色々と歌舞伎に関連したコンテンツを搭載しています。夢袋Kibiro本体は市川染五郎さんから直接購入者に手渡される予定。

夢袋Kibiroは2017年1月3日、4日に伊勢丹新宿店本館で申し込み受付。応募多数の場合は抽選とのこと。

プレスリリース

外部リンク

見逃せない!41年ぶり国宝集結その名も展覧会「国宝」

11.14 09:34 Japaaan

来年2017年は、日本の法令上「国宝」の語が初めて使われた「古社寺保存法」制定から120年目。「帝国京都博物館」として開館した京都の京都国立博物館も同じく、来年は開館120周年を迎えます。

その開館120周年を記念して、ズバッと真ん中ど直球なタイトルの展覧会が開催されます。それは特別展覧会「国宝」!説明はいらない…日本の国宝が一堂に会する記念展なのです。

京都国立博物館が国宝展を開催するのは1976年に「日本国宝展」を開催して以来実に41年ぶり。開館120周年にふさわしい国宝展では絵画・書跡・彫刻・工芸・考古の各分野から国宝が何と約200件が展示されます。200件もの国宝を一度に観覧できる機会はそうそうあるものではありません。

各分野から国宝が集結することで、普段は絵画にしか興味がない人も、普段は陶芸にしか興味がない人も、別ジャンルの国宝を一緒に観覧することで、今後のアート鑑賞の楽しみの幅を広げられるチャンスでもあります。なんせ右見ても左見ても全部国宝なんですから。別ジャンルのアートに興味を持つきっかけ作りのためにも、国宝展如何でしょう。

開館120周年記念 特別展覧会「国宝」は2017年10月3日(火)~ 11月26日(日)の期間、京都国立博物館 平成知新館で開催されます。

開館120周年記念 特別展覧会 国宝 – 京都国立博物館

外部リンク

癒されるわ〜っ!お魚や鳥たちがモチーフの可愛い紙風船

11.13 10:28 Japaaan

紙風船と聞いてどんなのを思い浮かべますか?大体の人は赤白黄青カラフルな紙を球状に貼り合わせて作られた玩具を思い浮かべるでしょう。

このカラフルな紙風船はもともと薬の行商人が配っていたおまけのようなもので、宣伝用に商品名などが書かれた紙風船などもありました。

昭和な雰囲気で懐かしさもある紙風船ですが、今回紹介する紙風船はお魚や鳥がモデルになっている、とっても素敵な紙風船たちです。

まずはこちらの紙風船、そうです、金魚がモチーフになっているんです。尾びれや背びれも再現されていて金魚の口に息を吹き込むとご覧のようにぽっこり膨らみます。色も赤、蛍光ピンク、蛍光ブルー、墨、金と、実にカラフル。

この作品はクラフトアーティストのマスダユウタロウさんの作品で、部屋にぶら下げて楽しむインテリアにぴったり。金魚の他にも色々なデザインの紙風船があるんです。

こちらはフグ。ぷくぷくのお腹はフグそのもの。

とっても軽いので少しの風で泳いでいるように動くのが面白い。こちらもフグのお口から息を吹き込んで膨らませます。

そしてこちらはスズメ。伸び縮み可能な羽を広げて、まるで飛んでいるかのように飾ってあげましょう。素材が紙であることで素朴感があって可愛らしい。

お部屋に優しく金魚が泳ぎフグが泳ぎ、風に乗ってスズメが飛ぶ…もうそこには癒ししかありません。マスダユウタロウさんのユニークな紙風船であなたも癒されてみませんか?

外部リンク

ついパケ買い!オリジナル缶も作れるゴーフル缶が可愛すぎ

11.13 10:13 Japaaan

ゴーフルで知られる神戸風月堂は、明治30年創業の老舗洋菓子メーカー。薄〜い焼き菓子にバニラやチョコ、ストロベリーのシンプルなクリームをサンドした、誰でも一度は口にしたことがある老若男女に愛されるやさしいお菓子です。

その懐かしさも感じるお菓子にミニサイズがあるのはご存知?しかも今やパケ買い必須の、可愛いカンカンにパッケージングされているのです。

まずはシブいところから。葛飾北斎と歌川広重の代表的な名版画も、コロンと丸みを帯びていてなんだかカワユイ。外人さんへのお土産にはピッタリです。税込¥518。

これからの季節にピッタリな、クリスマスシリーズ。絵柄は他に、スノーマンやトナカイの計3種類でミニ袋も付いているので、よくあるクリスマスパーティのプレゼント交換にも丁度よいお手頃感。税込¥453。

地元神戸シリーズ。来年1月1日は神戸開港150周年!それを記念して作られました。後々、プレミアもの? その他にも神戸六景と題して、風見鶏・六甲山・いかり山・ポートタワー・南京町・シティーループがあります。税込¥432。

やっぱり関西だけあって、阪神タイガース。しかも アニキ。他には、タイガースのロゴマーク・未だ人気の掛布さん・マスコットのトラッキーの4種類。税込¥432。

その他のシリーズは、キャラクターの定番キティーちゃんと機関車トーマス。リラックマや永田萌さんのイラストなどもあります。どれをとってもカワユイ仕上がりですよ。

いちばん気になる大阪城と通天閣。個人的にはデザインはコレがイケてると思います。〝ミニ〟なのでお値段も¥432~とお手頃。お土産にはピッタリのアイテムですね。

そして嬉しいお知らせ!ナント、オリジナル缶が作れちゃうのです!お気に入りの写真やロゴマークなどをプリントできるのです!シールに印刷して貼るパターンと、1色刷りのシルク印刷、耐久性の高いブリキ印刷の3パターンがあります。

やはり見栄えの良いのはブリキ印刷ですが、お値段もそれなりに…。結婚式の引き出物、子どもの誕生や開業などの記念に、などなど用途はたくさん!インパクトの強い記念品を作ってみたい人にはよろしいんじゃないでしょうか?

外部リンク

美麗!高評価で作品の多くが海外に、明治の絵師・小原古邨

11.12 18:17 Japaaan

いやぁ、素敵です!心揺さぶられる素晴らしい作品たちに出会いました!

小原古邨(おはらこそん)という人物を知っていますか?小原古邨は明治〜昭和時代にかけて活躍した浮世絵師・版画家で、多くの花鳥画・動物画を残しました。

時期的には「新版画」と呼ばれる分野が確立していった頃。新版画の時期といえば今もなお人気の高い川瀬巴水や、光線画のような光と影を効果的に使った高橋松亭なども活躍していた頃です。この時期は絵師らが版画の復興を目指していました。

これは珍しい浮世絵!プレゼント持ったサンタが日本庭園を歩く、川瀬巴水「雪庭のサンタクロース」
夜が夜以上に夜っぽい!シルエットを効果的に使った明治の浮世絵師「高橋松亭」の作品がステキ

小原古邨は国内よりも圧倒的に海外での人気が高く、その作品の多くを海外のコレクターや美術館が所蔵しています。2001年にオランダのアムステルダム国立美術館で、日本人作家初となる大規模な回顧展が開催されたほど。その評価のほどが伺えます。TIMES誌に作品が掲載されたこともあったそうですよ。

残された作品の多くが海外にある現実もあってか、これまで国内では小原古邨の大きな展覧会は開催されたことがないといいます。

小原古邨の作品は写生にもとづき描かれた写実的なものが多く、全体的に色合いは落ち着いたトーン。中には動物の表情や動きの可愛さを強調した作品もあり、こういった作品もとても素敵。

作品のサイズは縦に長いものが多く、一見すると肉筆に見えるので掛け軸を眺めているかのような錯覚が生まれます。そこは彫師、摺師の技術の高さも影響しているのでしょうね。

国内では小原古邨の作品を見られる機会は少ないようですが、いつの日か海外に所蔵されている多くの作品が一挙里帰りし、作品展が開催されることを期待したいですね。

外部リンク

うちのより豪華!高級食材のどぐろが入った犬用おせち料理

11.12 10:26 Japaaan

我が家のいつものおせちより豪華です。

11月に入りおせち料理の予約が始まったお店が増えてきましたが、なんと犬専用のおせち料理まで登場しています。その内容が実に豪華なのです。

どうだこのボリューム!

自然食ドッグフード ドットわん が11月30日まで予約受付中の「ドットわん酉おせち」は自然の旨味を大切にしたワンちゃんのためのおせち料理。厳選食材が使用され、人間でもなかなか食べる機会のない贅沢な料理が並びます。

いくつか料理をピックアップしてみると、仔牛から一貫生産するこだわりを持った「かごしま黒毛和牛ステーキ」や、上質な薩摩黒豚を使用した「薩摩黒豚の桜島灰干し」。

そしてなんと高級食材の"のどぐろ"を使用した「浜田のどぐろ水煮」まで。私がのどぐろを食べたのは何年前だったか、記憶にないほどの遠い過去。

おせちの食材はひとつひとつが個包装されているので、ワンちゃんのお腹の空き具合に合わせてあげられます。商品それぞれにちゃんと成分も記載されているので、ワンちゃんの健康状態にも合わせられるから安心。

ワンちゃんも家族同然。年末年始は豪華なおせちで日頃の感謝を伝えてみてもいいかもしれませんね。

「ドットわん酉おせち」は11月30日まで予約受付中。12月9日より随時発送とのこと。

外部リンク

江戸時代の小袖たちをまとめて鑑賞「百貨店と近世の染織」

11.11 17:39 Japaaan

展覧会が開催されるのは美術館や博物館だけではありません。百貨店でもさまざまな展覧会が開催されていて、そのバリエーションの豊かさは専門施設に勝るとも劣らぬほど。

千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館で開催されている特集展示、『もの』からみる近世「百貨店と近世の染織」は、近代の百貨店で開催されてきた展覧会をとりあげています。こちらの展示は、同時期に開催されている企画展示「身体をめぐる商品史」と連動するもの。

近代の百貨店では、呉服商から始まったルーツから、着物の販売に力を入れており、着物の新製品を売出す際には、参考品として歴史的な資料が陳列されていました。由緒ある品を展示することで、新製品は歴史的な裏付けのある価値あるもので、所持することの趣味の良さをアピールする効果があったそうです。

同展では、銀座・松屋呉服店、長堀橋・高島屋呉服店、高麗橋および日本橋・三越呉服店で開催された展覧会などをとりあげ、当時陳列されていた染織品を展示します。他には近世の染織品とそれをもとにした着物の図案を写真パネルでもご紹介。百貨店が、歴史的な染織品をいかに利用したかを見ていくことで、文化が発見され消費されていく様子を紹介しています。

また、展示されている近世の染織品のほとんどが、国内外で高評価を得ているという野村正治郎のコレクションからというのも見どころのひとつ。江戸時代の美しい小袖がまとまって鑑賞できる、またとない機会となっています。

外部リンク

クオリティ高すぎるレゴブロックで作られた熊本城!

11.11 13:02 Japaaan

熊本の復興、そして熊本城の復旧を願って。

旅の祭典 ツーリズムEXPOジャパンのチャリティで開催された、来場者の寄付参加によるレゴブロックを使用した熊本城の再建。先日完成したレゴブロックの熊本城が熊本市に贈られました。

そのレゴブロックで作られた熊本城がこちら。

@JUNLEGO より

これはド迫力!実に立派です!レゴの熊本城はレゴグループが公式に認定しているレゴのプロビルダー三井淳平さんによる作品。

使用されたレゴは天守閣本体に6.5万ピース。そして募金し応援メッセージが書かれた土台部分に1万ピース使用されているそうです。制作期間はよそ1カ月半でサイズは高さ約70cm、奥行は50㎝、幅は約110cmにもなります。

熊本市にはこのレゴの熊本城と寄付金の約458万円が贈られました。このレゴブロックは熊本城近くにある「 桜の馬場 城彩苑 」に展示中ですので、熊本市の観光地としての回復も願い、訪れてみてはいかがでしょうか。

外部リンク

古道具や古雑貨に巡り会える東京と関西で開催の「蚤の市」

11.11 10:41 Japaaan

東京は10回目、関西は3回目を迎え、回を重ねる毎に盛り上がりを見せている蚤の市(のみのいち)が今年もやって来ます!

どちらの会場も全国から(フランスからも!)選りすぐりのアンティークショップが一堂に会するのと、紙モノを中心に様々なワークショップを発信している手紙社が主催するということもあって、人気の秘密もうなずけます!

ガラクタ??いえいえ、お宝です。いろんなモノがゴチャゴチャと無造作に並べられ、その中からキラリと光る逸品を見つけ出す…掘り出し物にきっと巡り会えます!

マニアにはたまらない、古いカンカン。異国モノは尚更カワイイ!

資生堂シリーズ。化粧品モノはパッケージデザインがカッコイイ!

パッと見チャイナ?的なタッチのイラスト。冷蔵庫の中を見ればジャパンです。

古書ブースも充実してます。「世界の旅・日本の旅」個人的にコノ本に興味あり!

フードブースももちろんあります。パンや珈琲をはじめ、ビールやちょっとした軽食などなど。お腹が空いても安心。

ワークショップもいろいろやってます。活版印刷はぜひやりたい!

「北欧市」もあります。北欧雑貨はキュンキュンとオンナゴコロをくすぐられます。

見ているだけでほっこりしてしまう「豆皿市」。たくさん集めたくなっちゃいます。

東京会場ではライブがあります!ピタゴラスイッチでお馴染みの「栗コーダーカルテット」は聴きたい!のほほ〜ん気分に浸れそう。

コチラは関西会場の阪神競馬場です。いつもはオジさま方の憩いの場ですが、この時ばかりは女の子で溢れます。

古道具・雑貨・古書・フード・ワークショップ以外にも、古着や花(東京会場のみ)のブースもあります。掘り出し物を狙うならオープン時間には行っておきたい。食べたり飲んだりして休憩しながら、1日中楽しめるイベントです。
東京蚤の市
関西蚤の市

外部リンク