中・大型犬を中心に保護活動を続ける。KDPの取り組み

殺処分ゼロを目指し、神奈川県動物保護センターから中・大型犬を中心に犬の保護活動を続けている「神奈川ドッグプロテクション(KDP)」の活動を紹介します。

※記載内容はすべて平成28年5月22日時点のものです。
(取材・撮影・文/尾﨑たまき)

一頭でも多くの命を救いたい。ただそれだけを願って保護活動を続けている

神奈川ドッグプロテクション(以下KDP)のシェルターは、横須賀市の住宅地から離れた山あいの、豊かな自然に囲まれた場所にあります。
広大な敷地には犬たちが自由に過ごせる庭があり、ウッドデッキのスペースでは、人なつっこい犬たちがしっぽを振りつつ、甘えさせてくれるスタッフが来るのを待ち構えています。
施設内はのびのびと自由に過ごしている犬がほとんどですが、なかにはリードにつながれた犬の姿も。

「センターから来て間もない犬や、ほかの犬に危害を及ぼすおそれのある犬をつないでいます」と話すのはKDP代表の菊池英隆さん。
一頭でも多くの犬を救いたいと、6年ほど前にKDPを立ち上げ、いちからシェルターを完成させた方です。

菊池さんは、神奈川県動物保護センターへ定期的に足を運び、数頭ずつ犬の引き出し(※センターに収容された動物を、救出・治療・譲渡などを目的として一時的に預かること)を行っています。
この日も3頭の犬をシェルターへ連れて帰りました。3頭ともうれしそうに菊池さんに甘え、ケンカもせず仲よく車に乗り込んでいく姿は、まるで菊池さんとの出会いを予感していたかのようでした。

まだこのセンターで殺処分が定期的に行われていたころ、菊池さんは「今センターに収容されている犬をすべて引き取るので、殺処分しないでほしい」と当時の所長に直談判したこともあったそうです。
以降、殺処分が迫るとセンターから連絡を受け、期限をきられた命を救い続けました。

センターをはじめとしたみんなの努力の積み重ねで、平成26年度、神奈川県動物保護センターは犬の殺処分ゼロを達成。現在も続いています。

犬たちをとりまく悲しい現実から、目をそらさないという決意

KDPの現在の保護頭数は約50頭。犬の散歩やゴハン、掃除などはスタッフの島田佳代子さんとふたりで行っています。
そして、譲渡会などは20名ほどのボランティアスタッフが手伝ってくれています。
多いときは130頭もの犬を保護していたそうで、近所のコンビニすらも買い物に行けないほど、犬のお世話にかかりきりだったとのこと。

菊池さんがこのシェルターを作る前は、葉山の実家でセンターから引き取った保護犬のお世話をしていました。
しかし、実家で保護できる頭数は20頭ほどと限りがありました。

「住宅地だったため、犬の鳴き声などが近所迷惑になるのではないかと、当時は毎日気にしながら散歩していました。数年経ってようやく理想的なこの場所が見つかりました」
 
そう話す菊池さんは、KDPを立ち上げるにいたった当時の気持ちも語ってくれました。

「保健所やセンターなどで収容された犬たちが殺処分されていることは知っていました。その現実を考えると悲しくなってしまって。自分にできることは何かないだろうかと考えるようになりました」

間もなくして、菊池さんは、犬たちを取りまく悲しい現実から目をそらさないと決意。
殺処分されてしまう犬を救うために仕事も辞め、地元の神奈川県動物保護センターから犬の引き出しを始めたのです。そんな菊池さんが引き出す犬は中・大型犬が多いそうです。

「センターに登録された保護団体は当時からいくつもありましたが、それぞれの団体にも得意分野があります。小型犬を引き出す団体、犬種ごとに引き出す団体など。最後まで残っている犬はミックスの中・大型犬が多いので、そのコ達を連れてきていたら、このような状況になりました」。
たくさんの犬たちに囲まれながら、菊池さんは笑顔で語ってくれました。

※「犬のために何ができるのだろうか」は偶数月の号に掲載しています。

外部リンク

注意!中年期の犬の食生活

6〜8才のミドル世代のワンちゃんは、体のさまざまな不調に気をつけたい時期。犬も中年期になったら、健康面のほころびや病気を招く生活習慣がないかを、しっかり見直す必要があります。

この記事では、ミドル世代犬の「食生活」の面で改善できることを解説しますね!

ミドル世代の犬に成犬向けのフードのままでは、カロリーオーバーの状態かも……

成犬期に定番化したフードやおやつをミドル世代のワンちゃんに与え続けていると、気づかないうちにカロリーや脂質がオーバーして、肥満の原因になっているかもしれません。また、栄養バランスが偏り、臓器に負担をかけることがあります。

全食手作りゴハンの場合は、タンパク質が不足しないように注意をしてあげてください。毛ヅヤの衰えや貧血の原因につながります。

中年期のワンちゃんには「機能性の高いフード」も◎

中年期の愛犬がいまも成犬期向けのフードのままなら、中年期向けに変更しましょう! 獣医師に相談して、愛犬がかかりやすい病気や体質を視野に入れた「機能性の高いフード」に切り替える方法もあります。

手作りゴハンの場合も、食事内容を獣医師に定期的に報告をしましょう。トッピングに変化をつければ、味や栄養バランスの向上にもなりますよ。

「腸の力アップ」でやる気や免疫力を維持!

ミドル世代のワンちゃんの食生活のポイントは、上記で説明したフードの見直しのほかに、腸内環境の改善が重要に。

キュティア老犬クリニック院長・佐々木彩子先生に、腸の力がアップするための食事の工夫を聞いてみました。


「病気や老化に対抗する免疫力の多くをつくるのは腸壁。やる気を維持するセロトニンというホルモンの分泌にも、腸が関係しています。愛犬の食事に、バナナやヨーグルトなどの整腸に役立つ食材を足すのもいいですね」


ぜひ試してみてください!

漢方なら未病やメンタルの乱れにも対処できる

また、ミドル世代犬の体の不調には、漢方が効果的なケースもあるようです。こちらも、佐々木先生にくわしく解説してもらいました。


「東洋医学の見方で、体調不良やイライラの増加は、加齢によって自律神経や血液の量をつかさどる『肝』と、ホルモンの分泌をつかさどる『腎』の気(エネルギー)のバランスの乱れが原因の可能性があります。

犬は先天的に『腎』が弱りやすく、『肝』の影響が強く出やすいこともわかっています。漢方薬に詳しい獣医師に相談するのもおすすめですよ」

栄養バランスや腸内環境にはサプリメントが役立つことも!

栄養バランスや腸の健康を食事だけで調整するのが難しい場合は、手軽なサプリメントを利用する方法もあります。フードに混ぜて与えることで、愛犬の食生活をサポートできますよ。

人も犬も、ミドル世代は健康の曲がり角。ふだんの食事面から見直せることもあるので、飼い主さんは愛犬のためにも配慮してあげましょう。


出典/「いぬのきもち」2016年6月号『犬の"更年期"に気をつければ長生きにつながる! 油断しがちなミドル世代の過ごし方』
文/Honoka
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」投稿写真より

外部リンク

暑くなる時季に気をつけたい「消化器の病気」

今回は、暑くなる時季に気をつけたい「消化器の病気」と犬に多いトラブルである「誤飲・誤食」についてご紹介します。

暑い時季に増える「胃腸炎」

消化器官は食道~肛門までと幅広いので、ひと口に消化器の病気といってもその種類はじつにさまざま。
その中で、もっとも犬がかかりやすいのが、胃や腸の粘膜に炎症を起こす「胃腸炎」です。

じつは胃腸炎は、気温が高い7~8月に多くみられます。

その理由は、高温多湿の天候により、傷んだフードや雑菌が繁殖した水を口にしやすくなることや、レジャーが増え、草むらなどで腐った食べ物や虫を食べたり、除草剤を舐めたりする、ことをきっかけとした胃腸炎が増える、と考えられます。

先天的な原因が多い「ヘルニア」

ヘルニアとは、「体の組織から内臓や脂肪などがはみ出した状態」のこと。

消化器に障害が出るのは、腹膜(筋肉や皮下脂肪、皮膚で構成される内臓を守っている組織)から腸がはみ出してしまう場合で、先天的な要因が主です。
成長とともに治ることがありますが、ひどくなると腸の蠕動運動が止まったり、便が詰まったりして、手術が必要になることもあります。

好奇心旺盛な犬はとくに気をつけたい「誤飲・誤食」

異物や中毒性のあるものを食べたり飲んだりしてしまう「誤飲誤食」も、犬に多いトラブルです。おもちゃや靴下で「腸閉塞」を起こしたり、竹串や爪楊枝で胃に穴が開いたりすることも。中毒症状を引き起こすチョコレートやネギ類、人用の薬などは、食べた量によっては死に至るケースがあります。

飼い主さんは、愛犬が誤って食べないように充分注意しましょう。

出典:「いぬのきもち」2017年8月号『データで解析! 今月の予防したい犬の病気』

外部リンク

「フードを食べるとき、腰を下ろす」猫… 79%!!

「ねこのきもち」読者へのアンケートにより、たくさんの飼い猫の様子を探る“ニャ論調査”を実施しました!

今回は「フード」がテーマということで、フードを食べるときの様子を調査!
結果をご報告しましょう。

「フードを食べるスピードが速い」猫は、53.8%

速いと回答した読者さんが過半数でした。
速い・遅いを判断する目安は設けませんでしたが、フードを出したら残さず食べる猫は速い、残す猫は遅いと回答した方が多いよう。

東京都杉並区にあるモノカどうぶつ病院の院長・小林清佳先生によると、子猫時代にひもじい経験をした猫や、複数飼いの猫は速い傾向があるそう。

一気食いをして吐いてしまう場合や、次のフードまでにおねだりが激しくなる場合は、与える回数を小分けにして。
逆に遅い猫は、食べ残したフードの管理に気を付けましょう。

「フードをおねだりする」猫は、88.8%

おねだりをする猫が9割近くと圧倒的に多数!
飼い主さんの目を見つめるという軽いものから、早朝に起こす、激しく鳴く、噛むといった困りごとまで、行動は幅広いようです。

1日のフード量を超えておねだりし続けたり、激しく鳴く、噛むなどの行動をとるのは困りものです。
猫の健康のため、決して与えることはせず、あきらめるまで無視し続けましょう。

猫は学習能力が高いので、絶対にもらえないとわかればおねだりをしなくなります。

「フードを食べるとき、腰を下ろす」猫は、78.8%

腰を下ろして食べるという回答が、8割近くと多数の結果に。

この結果から、猫は腰を下ろして食べるのがスタンダードなのかもしれないことが判明!
その他の中には、その時々で違うという回答も見られました。

犬は、フードの前にオスワリをしたとしても、ヨシ!の合図で必ず立ち上がり、立って食べますが、たしかに猫は腰を下ろして食べることが多いかもと小林先生。
猫は背骨がとても柔軟なので、安心して落ち着いてたべるときは、この姿勢がラクなのかもしれません。

日中留守がちな飼い主さんはなかなか難しいでしょうが、食事スタイルは猫によって微妙に異なります。
休みの日などに一度じっくり観察し、パターンを掴んでおきましょう。


あなたの愛猫は多数派、少数派、どちらに入るでしょうか?
ぜひチェックしてみてくださいね。

出典:「ねこのきもち」2017年8月号『愛猫はYES or NO? ニャ論調査2017#2フード編』

外部リンク

猫が食べていい魚、悪い魚

「猫は魚が好き」というイメージがあるかもしれませんが、魚であればなんでも与えていい、というわけではありません。

この記事では、猫に与えていい魚と、悪い魚の代表的なものを取り上げて、解説します!
まずは、与えてもOKな魚を3つ見ていきましょう。

【1】たい→傷みやすいので新鮮なものを与えて 小骨にも注意!

たいなどの白身魚は、脂肪分も少なくヘルシー。生で与えても大丈夫ですが、傷みやすいので新鮮なものを。消化器官に刺さり傷つけないよう、小骨は取り除きましょう。

ただし、塩焼きはNGです。どんな魚でも、塩がきいた焼き魚を与えると腎臓病の原因になることがあるので、注意してください。


<与えていい量>
刺身一切れの半分くらい。

【2】かんぱち→新鮮なものならば少量は与えてOK

かんぱちはたんぱく質が豊富なので、少量ならば生で与えてもOKです。ただ、食中毒を予防するためにも必ず新鮮なものを与えましょう。


<与えていい量>
刺身一切れの半分くらい。

【3】生サケ→良質なたんぱく質と脂肪が摂れる!

生サケは、猫の体にもいいたんぱく質と脂肪を含んでいます。塩を振ったものは塩分が強く腎臓に負担をかけるため、与えるなら刺身用のものを。


<与えていい量>
刺身一切れの半分くらい。


アジ、イワシ、サバ、サンマなど生の青魚はNG!→生で与えると寄生虫の感染、「黄色脂肪症」の恐れが
次に、与えてはいけない魚について見ていきましょう。アジ、イワシ、サバ、サンマなどの生の青魚は、猫には与えないでください。

青魚に寄生しやすい「アニサキス」に幼虫は、猫にも害がある恐れが。温める程度では死滅しないので、与えるのなら十分に加熱を!

また、青魚に多く含まれる「不飽和脂肪酸」を摂りすぎると、「黄色脂肪症」の原因になります。与える量・頻度は、できる限り控えめにしてください。


<加熱した青魚を与える際の注意点>
鮮度の落ちた青魚を与えると、アレルギー反応に似た症状が出ることがあります。与えるとき、鮮度に注意してください。


■黄色脂肪症とは
皮下脂肪や内臓脂肪に炎症が起き、発熱が表れる病気。

愛猫に魚を与えるときは、猫が食べても問題ない種類かどうか、十分に確認するようにしましょう!
 
また、食べても大丈夫な魚でも、新鮮なものを与えること、塩分のないものにすること、小骨に注意することなどを意識してくださいね。


出典/「ねこのきもち」2016年3月号『まんぞくさんも大満足♥ 猫に与えてOK? NG? 食べ物図鑑』
文/Honoka
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」投稿写真より

外部リンク

熱中症になりやすい犬の特徴

犬は人間に比べて暑さや湿度に弱い生き物。高温・多湿にさらされると体温のコントロール機能が失われ、みるみるうちに体温が上がってしまいます。

人の感覚で大丈夫と思っても、犬の体には負担になっていることも。愛犬を生命の危機に陥らせてしまわないよう、前もって理解しておくことが大切です。

では、どのような犬がとくに暑さ・多湿に弱いのでしょうか?
ここでは、「とくに熱中症になりやすい犬」の7つの特徴を紹介します。

【1】シニア犬

シニア犬は老化で体内の循環が悪くなっているうえに、生理機能が衰え、体温調節がうまくできないことがあります。

【2】大型犬

大型犬は肺が大きく、熱い空気が体内にたまりやすい傾向があります。また、夏でも運動量が多い点も、熱中症の原因に。

【3】短頭種

パグやフレンチ・ブルドッグなどの短頭種は、気道が狭いため呼吸がしづらい犬種です。もともとハアハアしがちで、体温調節が苦手な犬が多いのでご注意を。

【4】寒い地方が原産の犬

シベリアン・ハスキーなどの寒い地方が原産の犬は、寒さから身を守るため被毛が密に生えています。そのため熱がこもっても逃がしにくく、暑さに弱い子も多いのです。

【5】持病がある犬

持病がある犬は、健康な犬よりも呼吸器機能が低下していることが多く、体温調節がスムーズにできない傾向にあります。

【6】肥満の犬

肥満気味の犬は、皮下脂肪が原因で熱の発散がしにくい傾向に。また、首周りの脂肪が原因で呼吸しにくいことも。

【7】完全室内飼いの犬

快適な温度や湿度に保たれた部屋で生活する犬は、その環境に慣れてしまっているために、暑さに弱い子も多いようです。

以上が、「とくに熱中症になりやすい犬」の特徴です。これらの犬の飼い主さんは、より注意して暑さ対策を心がけるようにしましょう!

出典/「いぬのきもち」2016年7月号『少しの油断が命とりになるから知っておいて 本当に怖い熱中症の真実』
文/サモ江戸

外部リンク

手をつけられない犬の興奮を止めるには……?

飼い主さん以外の人やほかの犬に出会うとつい興奮ぎみになってしまう愛犬…。
元気なのはいいですが、マナーとしてはNGです。犬の興奮を静める方法、解説します!

犬同士のケンカはどう止めたらいい?

犬が興奮するといっても、そのレベルはさまざま。あるレベルを超えてしまうと制御不能になってしまいます。
しかし、たとえば万一、犬同士がケンカを始めてしまったときはどうすればいいのでしょうか?

大興奮してしまいパニック状態の犬同士のケンカを仲裁しようとして、へたに人が手などで抑えようとすると、噛まれてケガをする危険があります。

こんなときは身のまわりにあるもの、たとえばジャケットや傘などを使って、犬と犬の間に「壁」をつくり、興奮行動を止めましょう。

犬が興奮しやすい傾向にある場合は、犬の様子をよく見て、制御不能になるまで興奮が高まらないように気をつけましょう。

出典:「いぬのきもち」2017年8月号『犬の興奮メーター、どう下げる!?』

外部リンク

犬の脱走防止策3つのコト

愛犬が脱走してしまった、そんな事故が実は多いものです。
ちょっとした不注意から発生することが多く、「我が家の犬は大丈夫!」と思うのではなく、愛犬の安全の為にも改めて脱走防止策について考えてみてはいかがでしょうか。

普段の生活で注意すべき脱走防止策

愛犬との生活を始める場合、まずは室内飼いをおすすめしますが、室内で過ごしている犬であっても、ドアの閉め忘れなどによって外に出てしまう危険性があります。
行くことはないと思っていても、なにかの拍子で窓を開けてしまい、そのまま外に出てしまうということもあります。また、来客の際にドアから出てしまうという危険性もあります。

犬にとって、脱走してしまうきっかけは様々です。花火や雷などの大きな音に驚いて恐怖を感じ、パニックになって脱走してしまうというケースもあります。
イベントがある日や天候によっては、早めに室内の安心できる場所に移動させてあげるなどの配慮も大切です。

脱走防止として環境を整えること

愛犬の為のパーソナルスペースを作ることはとても大切なことです。
サークルで暮らす習慣がない場合でも、愛犬が休む場所としてハウスやベッドを作ってあげるとよいでしょう。
風通しがよい場所、リビングなど人の目が届きやすい場所などを選ぶことで、愛犬も家族も安心して過ごすことができるようになります。

室内でフリーになっていても、料理や食事の際、来客時などは、サークルなどに一度愛犬を入れる習慣を作ることも脱走防止対策のひとつになります。
また、サークルでなくても、玄関まで行くことができないように脱走防止のゲートなどを設置することで万が一の飛び出しも防ぐことができます。

脱走防止としてもしつけを行うこと

環境を整えていても、愛犬自身が活発に動き回るようであったり、脱走防止対策をした物さえ破壊してしまうような場合は、常に脱走の危険が伴います。
環境づくりと共に、愛犬のしつけも徹底するようにしましょう。

まず、大切なことは、リーダーの「マテ」の指示に従うようにできることです。「マテ」は、様々な場面で必要なしつけですので、日ごろから取り入れ、少しでも待つことができた際にはたっぷりと褒めてあげましょう。
お散歩に出る際も、まずは玄関前で「マテ」をさせることも、飛び出し事故防止につながります。

「マテ」と同じく大切なしつけのひとつが呼び戻しです。名前を呼ばれて「コイ」「おいで」などの指示があった場合は戻ってくることができるというしつけを練習しておくと、万が一の時に有効です。
普段の遊びの中でも、このトレーニングは積極的に取り入れ、「飼い主さんのもとに戻ることがとてもうれしいこと」としつけをしていくとよいでしょう。

まとめ

犬の脱走防止策としては、普段の注意と環境を見直すこと、そして愛犬と飼い主さんの関係性でもあるしつけの面がとても重要なポイントになってきます。
脱走は、些細なことやついうっかりが原因で起きてしまう可能性があるのです。愛犬自身や、周囲の方も危険な目に合わせない為にも十分注意しましょう。

文/ペットシッター 山川歩夏

外部リンク

金色の毛並みの愛情深い犬 ゴールデン・レトリーバー

穏やかでお利口だけど、ときどき野性的な、「人間みたい」な犬

ゴールデン・レトリーバー(以下ゴールデン)の先祖は、黒い毛並みのレトリーバー犬種から生まれた1頭の黄色い毛並みの「ヌー」という犬だといわれます。その後、セッター系の犬種や、泳ぎが得意なスパニエル系の犬種などと交配され、猟で撃ち落とされた鳥をくわえて運ぶ、賢い犬種となりました。温和で、愛情深い性格から、世界中で人気を誇るゴールデン。飼い主さんの気持ちに共感し、家族の一員として愛されることを望む犬種なので、しっかりコミュニケーションをとってあげることが重要です。また、子犬のころはやんちゃで、野性的な面があるので、早めにしつけを始めるといいですね。

ゴールデンの毛色をご紹介!

※ゴールデンの毛色に、正式な区別はありません。ここでは、個体差による毛色の微妙な違いを編集室の見解で紹介しています。

【黄色っぽい毛色】ゴールデン・レトリーバーの犬種の由来にもなった、金色がかった黄色の毛並みです。

【白っぽい毛色】薄いクリーム色のような、白っぽい色の毛並みです。英国ゴールデン・レトリーバーと呼ばれる、イギリス生まれのゴールデンに多いとされています。

【赤茶っぽい毛色】赤茶っぽくも見える、比較的濃い色の毛並みです。りりしい印象を与える色合いです。

出典:いぬのきもち2016年4月号より

外部リンク

○○がある・ないのサインでわかる猫の病気(下)

痛みを隠す動物といわれる猫でも、体は正直なので、見た目や行動に病気のサインが表れるもの。今回は2回にわたり、見た目や行動の「○○がある・ない」といった症状から考えられる病気をご紹介します。第2回目は『見た目に○○がある、○○がない』でわかる病気を解説します!

※この特集で紹介しているチェック項目はあくまで症状のひとつで、可能性のある病気のひとつを紹介しています。そのなかでも猫に多い病気を紹介していますが、ほかの病気の可能性も考えられますので、少しでも心配な様子が見られる場合は、動物病院で受診しましょう

目ヤニの量がいつもよりある+瞳が充血し、黄~緑色の目ヤニが出る場合

※この症例写真の緑色の液体には、角膜の傷を調べる検査薬の色も含まれています

この場合、

結膜炎

の恐れがあります。黄~緑色の目ヤニは異物混入やウイルス感染が起きたときに出ることが多く、その場合、瞬膜やまぶたの裏側を覆っている結膜に炎症を起こしていることが。点眼液で治療を行い、悪化すると飲み薬で治療を行います。

体の一部にポツポツしたものがある+あご周りに1ミリほどの黒いポツポツが見られる場合

この場合、

あごニキビ

の恐れが。あごニキビとは、猫のあごの毛穴に詰まった角質や皮脂の汚れのこと。空気に触れて酸化すると、黒っぽくポツポツしてきます。コットンをお湯に浸して絞り、やさしく拭いてください。1カ月以上改善しない場合は動物病院で受診を。

食欲がふだんよりある+たくさん食べるのに体重が減る場合

この場合は、

甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)

の恐れが。甲状腺は体の新陳代謝に関わる内分泌器官。そこに異常が起き、代謝が過剰になるため、たくさん食べても体がやせていくことがあります。シニア猫に多く、ほかにはすぐに怒る、よく鳴くなどの症状が見られます。治療は投薬、または甲状腺摘出手術を行います。

猫の異変にいち早く気付くためには、ふだんから愛猫の健康な状態をしっかり把握しておくことが大切です。日頃から愛猫の見た目や行動の観察を心がけましょう。

出典:「ねこのきもち」2017年8月号『いつもより目ヤニがある、食欲がないetc. ○○がある・ないのサインでわかる猫の病気』

外部リンク