cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_10265ebbff02_ノムさん語り尽くす! 裏話だらけの本当のプロ野球史 10265ebbff02 10265ebbff02 ノムさん語り尽くす! 裏話だらけの本当のプロ野球史 oa-davincinews 0

ノムさん語り尽くす! 裏話だらけの本当のプロ野球史

2017年10月26日 06:30 ダ・ヴィンチニュース

『私のプロ野球80年史』(野村克也/小学館)

 著書はこれまで100冊をゆうに超えるという。野球を知らない人も知る「ノムさん」こと野村克也氏である。野村氏ほど、多くを語れる野球人はまずいない。これまで選手として、監督として、常に新しいことを模索し、唯一無二の実績を残してきた。「私の人生は、日本プロ野球の歴史にほぼ重なる」という同氏が、「見て、聞いて、体験して」きたことを綴った『私のプロ野球80年史』(小学館)が出版された。御年82にして、なおもメディアに引っ張りだこの野村氏に、話を伺った。

プロ意識=恥意識。野球のことは語れるのが当たり前

「なんでこんな仕事多いの?」
 開口一番、お馴染みのボヤキが飛び出した。いかに野村氏がすごいかということに他ならないのだが、ボヤキは止まらない。
「こんなオレにすごいよね。でもオレがすごいんじゃないよ。野球界がバカばっかりだからだね。『プロ意識=恥意識』。野球のことを聞かれて答えられないんじゃ恥ずかしい。そういう思いがあってやってきたよ」
 一刀両断のボヤキ節ながら、「まあ周りの連中が引き立ててくれるから助かる」とふいに感謝の気持ちを語る。人を惹きつけるわけである。歯に衣着せず含蓄を語りつつも、自分を卑下するほどの謙虚さと感謝を忘れない。それでいて独特のユーモアが溢れているのだ。
 そんな野村節の詰まった同書は、どこを切り取っても面白くて、ためになる。「もう何書いたか忘れちゃったよ」といきなりのカウンターパンチも頂いたが、同書のさらなる裏話も伺った。

「みんなONに騙されてる」巨人黄金期の源は…

 同書で丁寧に綴られているように、近代プロ野球の歴史をひもとくと、高度経済成長期とともに隆盛を極めていった巨人軍の存在がある。その中心にONこと、王貞治、長嶋茂雄の両スター選手がいた。そうしたなか現・天皇皇后両陛下のご成婚を機に、「ご成婚パレードを見たい」とテレビが飛躍的に全国で普及。メディアも大きく進歩を遂げた。
 スター選手の登場も相まって、それまで「職業野球」とさげすまれたプロ野球が「国民的スポーツ」に高められた。そうした時代に野村氏は目覚ましい活躍をしたものの、王、長嶋という2人のスター選手の「陰」に隠れた。だが、だからこそ野村氏は対抗心を燃やし、成長を遂げられたのだと明かす。

私は「記憶」では長嶋にまったく敵わず、「記録」でも王の後塵を拝すことになった。「人気」はいわずもがな。私はふたりの引き立て役だった。同時代に選手生活を送ったことは「つくづくついてない」と苦笑するしかない。が、彼らへの対抗心がエネルギーになったのも事実である。

写真:藤岡雅樹
 監督となってからは「野村再生工場」と評判を呼ぶほど、次々と選手の能力を発掘して伸ばすなど、比類ない手腕を発揮した。そんな野村監督の目標は、V9(9年連続優勝)時代に巨人を率いた川上哲治監督だったという。黄金期の巨人は豊かな戦力だったが、選手たちが自主的に考えたり、地味なプレーも評価したり、人としてのあり方を厳しく問うたり、と監督がさまざまな「エキス」を注入した結果、常勝軍団になったと説く。常に勝つことがどれだけ難しいか。
「野球は意外性のスポーツと言われる。予想で難しいのは、経済の予想、天気予報、野球の予想、ってよく言われた。今、天気予報はよく当たるね。経済はよく知らないけど、相変わらず野球の予想は、生身の人間の世界だからなかなか当たらない」
 野球にある「流れ」。この勝負を決する勢いの源は、何なのかと尋ねると、「やっぱり主役はピッチャーだよ。V9の時でもONが目立ったから、攻撃力で勝ったようにみえるけど、すごいピッチャーが揃ってたもん。20勝投手が4~5人揃ってたからね。守り。やっぱり守って勝つのが基本」
「人間だからラクをして勝ちたいって本能がある。10対0で勝ちたい。1対0で勝つのは辛い。でも苦しい時に、1対0で勝てるというチームを作らないと」
「オレは4球団で監督やったけど、共通点はぜんぶ最下位だったってこと。まあ、貧乏性苦労性だよ。いっぺん誰が見ても優勝っていうチームを指揮してみたいもんだ」と再びボヤキが炸裂した。

写真:藤岡雅樹

イチロー攻略の裏話の裏話

 イチローという大スターについても綴られている。同書で明かされているのは、野村氏のヤクルト監督時代のこと。1995年、オリックスと日本シリーズを戦うことになったが、当時イチローがオリックスで活躍していた。勝負の最大のカギは、イチローを封じること。だが弱点が見つからない。そこでメディアを利用したというエピソードがある。

シリーズ前、記者たちに対して私は言い続けた。
「イチローの弱点はインハイだ。インハイを攻める」
インコースを攻めてくると意識させるためである。そうすれば、バッティングに大切な右肩のカベを崩すことができると考えたのだ。
 この時のやり取りを教えてくれた。
「スコアラーも交えたミーティングで、イチロー攻略って話になった。そしたら『わかりません』って言うんだよ。『ある程度、打たれるのは覚悟してやってくれ』と。それじゃあ、負けろってことか、オレの立場はどうなるんだって。どんな人間だって、弱点や欠点があるはずだ。もっかい行ってみんなで探してこいって言ったんだよ。そしたら、『わかりました』ってもっかい行って、帰ってきた。で、『わかりません』って言ったんだよ」
 話し口調は、リズムも間もよく、その場にいた野村氏のマネージャーも含めて爆笑。おそらく前も聞いたであろう話も、何度でも楽しくためになって面白いのだ。
「(インハイって言ったのは)どうせ打たれるなら、外角の逃げの配球で打たれるより、攻めの配球で打たれるほうが同じ打たれるのでも気分がいいから」という理由もあったという。さまざまな意図があったが、結果は奏功した。「弱点のない」はずのイチローをシリーズ1戦目と2戦目でほぼ完ぺきに封じ込め、ヤクルトを見事日本一に導いたのだ。
「絶対にイチロー攻略って聞かれるから、この時とばかりに反対のことばっかり言ってやった。イチロー攻略なんて、マスコミを利用せなしゃーない」
 インタビュールームで再び爆笑をさらった野村氏。赤裸々すぎる話だが、同書にはもっと過激(?)なエピソードがたっぷり詰まっている。野村氏のファン、野球好きはもちろん、プロ野球の歴史や驚きの裏話を知りたい人にもオススメの必読書だ。

取材・文=松山ようこ

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_3b4267317396_「ジャンプ」新連載卓球マンガ『フルドライブ』に期待の声 3b4267317396 3b4267317396 「ジャンプ」新連載卓球マンガ『フルドライブ』に期待の声 oa-davincinews 0

「ジャンプ」新連載卓球マンガ『フルドライブ』に期待の声

2017年10月25日 17:30 ダ・ヴィンチニュース

 2017年10月23日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』47号から、小野玄暉による『フルドライブ』の連載がスタートした。本格的な卓球漫画ということで、「めっちゃ面白そうな卓球漫画が始まったぞ!」「ジャンプ卓球漫画の歴史を打ち破って欲しい」とかなりの期待が寄せられているようだ。

 同作の主人公となるのは、ドイツ人の祖父を持つ小柄な少年・玉城弾。弾の祖父は伝説的な天才卓球選手で、卓球王国と言われる中国が世界で唯一コピーを作れなかったと言われている。ドイツで暮らしていた弾は祖父と4年間毎日卓球を続け、祖父が亡くなったことをきっかけに日本へ。そこで偶然にも日本の女子選手の中でトップに君臨する美少女・白石真凛と出会い、弾の運命は動き始めていく。

 第1話を読んだ読者からは、「主人公のギャップにやられたし“黄金の時代”とかいうワードにニヤッとした」「今までの卓球漫画とは一線を画す才能を感じる」と絶賛の声が続出。「自信家で好戦的なヒロインの表情が見ててキュンとする!」「ヒロインのツインテ女子、刺さる人多そう」と、勝気な真凛のキャラクターもさっそく人気を集めている。
 また、「レシーブフォームが完璧に研究されてて素晴らしい」「絵が上手いから読んでみたけどこれは卓球好きなら読むべき!」と、卓球好きからも大好評の第1話となった。
 “最速の競技”と言われるほどハイスピードで展開していく卓球の世界。弾はどんなプレイで読者を魅了してくれるのか、これからが楽しみな作品だ。

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_b515635ce805_迷わない味つけのハッシュドビーフ【つくってみた】 b515635ce805 b515635ce805 迷わない味つけのハッシュドビーフ【つくってみた】 oa-davincinews 0

迷わない味つけのハッシュドビーフ【つくってみた】

2017年10月25日 11:00 ダ・ヴィンチニュース

みなさまこんにちは。
漫画家・イラストレーターの山本ありです。
みなさまは味付けの調味料をしっかり計る派でしょうか?大さじ何杯、小さじ何杯と・・・もどかしくないですか・・・?
本やネットを見ながら作る時、料理しながらページをめくったり、クリックしたりとけっこう忙しいのです!!覚えやすい味付けでササッとできれば時短にもありますしそれに越したとはありません!
ということで今回は「迷わない味付け」です。

ごはんにかけたら完成です!

ハッシュドビーフとあわせたのは「コールスローサラダ」。玉ねぎ、トマト、まいたけと野菜もしっかりとれるハッシュドビーフなので軽めの副菜です。

もう一品は「ポークチャップ」

こちらは
「ごはん」「味噌汁」「レンコンとツナのマヨネーズサラダ」「南瓜の煮物」。
ハッシュドビーフもですが、主菜がソース系の味付けだと副菜にマヨネーズ味が恋しくなるのは私だけでしょうか?
ソースとマヨネーズの組み合わせって味に変化がつくしお米とも合うんですよね。
こちらも味付けはハッシュドビーフと同じくウスターソースとトマトケチャップを1:1。
同じ調味料で違う料理が完成!覚えてきたい2品でした。
ちなみにポークチョップは冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにもばっちりです!

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_2baa66b8eff3_編集Oの糖質制限ダイエットを栄養士が辛口査定! 2baa66b8eff3 2baa66b8eff3 編集Oの糖質制限ダイエットを栄養士が辛口査定! oa-davincinews 0

編集Oの糖質制限ダイエットを栄養士が辛口査定!

2017年10月25日 11:00 ダ・ヴィンチニュース

 昼はもっぱらコンビニやファストフード店で済ませ、夜は会食続き。飲みすぎた朝はご飯を抜いて…。そんな生活を繰り返していたら、腹がだぶついてきてしまった。そうかといって、外食や会食を避けた健康的な食生活は無理だし、運動するヒマがあったら1分でも長く眠らせてほしい! そんな中年サラリーマンの編集Oです。

 今までトクホ飲料を心の安定剤に騙し騙しやりすごしてきたが、ラーメン大盛り無料を前に条件反射でお願いしている場合じゃない! こんなわがままボディは恥ずかしすぎる…。丸みを帯びた体形と80kgにまで膨れ上がっていた体重をなんとかしたいと、最近話題になっている糖質制限ダイエットへの挑戦を誓った。
 糖質制限ダイエットはアメリカで発案された今や一大ブームとなり、効果的なダイエット法として、病院でも取り入れられるようになった。日々の食事を変えるだけでトライしやすい反面、ルールや基準がまちまちで、いったいどの方法が正しいのか…。実際に始めてみると分からないことだらけだ。糖質制限は危険だというネットの書き込みを見るとはたして自分は大丈夫なのだろうかと心配になってしまう。

 そこで、私の食事がしっかり糖質制限できているかを食のプロにジャッジしてもらうことに。ご協力いただいたのは、栄養士の若木ふよ子さん。5日間の食事メニューを診断してもらうことに。

 診断内容は、きちんと糖質制限できているか、また、三大栄養素である、糖質、脂質、タンパク質が摂取できているか(糖質は必要最低限量を摂取できているか)、そのほか栄養不足になっているものはないかを調べてもらった。

 計測方法は、摂取エネルギー量に占める糖質・タンパク質・脂質の割合を算出。厚生労働省が発表している目標値(エネルギー産生栄養素バランス)から、無理のない範囲で糖質制限をした場合の、糖質(約30%)、タンパク質(約30%)、脂質(約40%)と比較している。
さて、気になる結果は…。

【1日目】

【朝食】
黒酢炭酸割り、かぼちゃとひき肉の炒め物、枝豆、人参炒め物、さつまいも、魚フライ

【昼食】おでん(大根、こんにゃく、すじ肉、玉子、昆布)、海藻サラダ

【夕食】
ハイボール(1杯)、野菜の煮物のつきだし(さといも、鶏肉、インゲン)、刺身盛り合わせ(マグロ、アジ、イカ、鯛)
エネルギー 1100kcal
糖質    ★★★★★ 80.8g(38%)
タンパク質 ★★★   78.8g(28%)
脂質    ★★★   41.4g(34%)
十分糖質制限できています。タンパク質、脂質、糖質のバランスは良いです。ただ、エネルギー量が少なすぎ、この食事が続くと、体重は落ちますが、筋力や体力の低下を引き起こしてしまいますので気をつけてください。
【2日目】

【朝食】黒酢炭酸割り、カレー(ご飯抜き)、人参の煮物、レタス(ドレッシングあり)、クッキー(2枚)

【昼食】おでん(玉子、昆布、つみれ、厚揚げ)

【夕食】ハイボール(4杯)、焼酎(1杯)、枝豆、マーボー豆腐、キャベツの炒め物、空心菜炒め、きくらげとパクチーサラダ
エネルギー 1263kcal
糖質    ★★★★ 64.1g(45%)
タンパク質 ★★   47.6g(15%)
脂質    ★★★  56.1g(40%)
糖質は制限されていますが昨日と同じくエネルギー不足に加え、タンパク質、ビタミン・ミネラル、食物繊維も必要摂取量を満たしていません。朝食のサラダに手軽に使えるツナをプラス、昼食にヨーグルトやチーズなどの乳製品や豆腐などの豆製品をプラスする、間食にナッツを食べるなどいろいろな食材の摂取を心がけると良いでしょう。
【3日目】

【朝食】黒酢炭酸割り、コールスローサラダ、レバー燻製、みそ汁、米菓子

【昼食】サーロインステーキ、人参とブロッコリーの付け合せ、サラダ(ポテトサラダあり)

【夕食】フライドチキン(3本)、コールスローサラダ
エネルギー 2137kcal
糖質    ★★★★ 63.6g(15%)
たんぱく質 ★★   95.2g(18%)
脂質    ★★   59.5g(67%)
糖質は制限されていますが、エネルギー量に対する栄養素のバランスが悪く、特に脂質の摂取が過剰です。脂質は悪者ではありませんが炒め物や揚げ物など調理に使う油の摂りすぎに注意しましょう。
【4日目】

【朝食】黒酢炭酸割り、コールスローサラダ、レバー燻製、米菓子、パンナコッタ

【昼食】ノンアルコールビール、もやし炒め物、空揚げ、サラダ

【夕食】キャベツと玉子のスープ、きのこ炒め物、キャベツと豚肉の炒め物、エビチリ、レバーの燻製、トウモロコシ
エネルギー 1260kcal
糖質    ★★★★★ 95.3g(30%)
タンパク質 ★★★   78.8g(25%)
脂質    ★★★   63.0g(45%)
タンパク質、脂質、糖質のバランスは良いですが、エネルギー量が少なすぎます。この食事が続くと体重は落ちますが筋力や体力の低下を引き起こしてしまいます。食事の量を増やすことを意識すると良いでしょう。また、食物繊維が不足しています。
【5日目】

【朝食】黒酢炭酸割り、コールスローサラダ、パプリカとナスの酢漬け、きのこの炒め物、パンナコッタ、クッキー

【昼食】フライドチキン(3個)、骨なしフライドチキン(1個)

【夕食】無糖サワー(1杯)、サラダ、冷ややっこ、空揚げ、刺身(ブリとマグロ)
エネルギー 1704kcal
糖質    ★★★★ 54.1(16%)
タンパク質 ★★★★ 112.6g(26%)
脂質    ★★   110.3g(58%)
エネルギー量に対して脂質と糖質のバランスが悪いです。16日同様、揚げ物の油の摂りすぎに注意。夕食はお惣菜のようなので、空揚げではなく、市販のサラダチキンに変え、サラダにナッツやチーズをプラスし和えればボリュームのあるヘルシーな1品になります。糖質は制限されています。

■糖質制限は完璧だが…。このまま続けると痩せなくなってしまうかも!?

編集O(以下O):「まずは、米、パン、麺類を抜きました。朝は、少しだけ甘いものも少し食べてしまったのですが、糖質制限オフできていますか?」
ふよ子さん(以下 若木):「糖質制限をきちんと意識した食事内容になっています。北里大学北里研究所病院で行われている低糖質食の糖質量である70g~130gと比べても、平均で71.58gと十分に制限されていますよ」
O:「しっかり糖質制限できていてホッとしました」
 
若木:「でも、Oさんは1日に必要なエネルギー量に達していない日が多くカロリー不足になっていますね。身長体重、一日の運動量からみて、2300kcalは必要です。糖尿病の予防や治療を行う際の基準エネルギー量の1600kcalは最低でも摂取していただかないと…。Oさんは持病が無いとのことでしたが、糖尿病、腎臓病、膵臓に疾患のある方は糖質制限食を自己判断で行わず、専門家の指導のもとで行ってくださいね」
O:「カロリーが少なければ、その分痩せられるんじゃないですか?」
若木:「食事量の不足により栄養素の不足も引き起こされると、筋肉量が減り体力、体温、基礎代謝の低下が起こります。体に不調をもたらす原因にもなるでしょう。また、カロリー不足が続くと体重が減ってもやがて停滞期がやってきてしまいますよ。ホメオスタシスと呼ばれる恒常性維持機能が働き、痩せない現象が発生するんです。元の食事量に戻すとリバウンドしやすくなりますよ」
若木:「カロリー不足を補うため、また血糖値を安定させるためにも、エネルギー源となるタンパク質と脂質はしっかりと補給する必要がありますね」
O:「痩せようと思っていたから、低ければ低いほどいいと思っていました。これからはカロリーも意識した食事を心がけます」
若木:「食事だけでなく、基礎代謝を下げないために適度な運動を行うことをおすすめです」

■朝夕のスープや味噌汁で、手軽に食物繊維不足を解消

若木:「あと、Oさんの食事メニューで気になるのが食物繊維ですね。どうしても、糖質を制限すると主食に含まれる食物繊維が不足し、便秘や悪玉菌増加が起こる原因になります。食事データからも食物繊維の摂取量が一日の目標量に達していない日が続いています。Oさんの場合、目標量の半分以下の日が4日もありました」
O:「確かに…。糖質制限してから少し便秘気味なんです。糖質制限仲間の間でも悩んでいる人が多いみたいで。手軽に解消するにはどうしたらいいでしょうか」
若木:「糖質が低い豆類、きのこ、海藻、こんにゃくの摂取を心がけてください。朝夕食の汁物にきのこ、わかめをプラスするだけでも効果的ですよ」

■飲み会続きの食生活を挽回するには…

O:「仕事柄、飲み会が多くて。糖質制限ができない場合はどうしたらいいでしょう…」
若木:「翌日の食事で調整可能です。食べたものがすぐに体重に影響することはありません。食べすぎた時は、翌日の食事量を控えめにし、かつ摂りすぎた栄養素を控え、不足した栄養素を補うといいでしょう。糖質制限中にもおすすめの料理は以下のものです。症状や前日の食事にあわせて選んでください」
油っぽいものを食べすぎた・・・お刺身、焼き魚、蒸し料理など
胃がもたれている…ネバネバ食品、大根おろし、胃腸に負担のかからない煮込み料理など
肉、魚料理を食べすぎた・・・納豆、湯豆腐、酢の物、お浸しや和え物など

■ステージに合わせて糖質制限メニューを変えることも大切

O:「糖質制限を長続きさせるコツってありますか?」
若木:「糖質制限=主食を抜くこと、ではありません。糖質量をコントロールすることが大切です。Oさんの場合はかなり糖質量を抑えているようですが、少し見直してみてはいかがでしょうか。ご飯などの主食は軽めに食べるなどのスタイルにすれば、食事に満足感も出ますし、適度な糖質オフになり、継続しやすくなります。食事の時間を楽しむのも日々の疲れをとり、リラックスできる大切なことです」
O:「主食は食べてはいけないと思っていました。少しずつ無理のない範囲で行うことが秘訣なんですね」
若木:「過度な糖質制限は体の不調をもたらすだけでなく、ストレスが溜まり暴飲暴食に走ってしまうケースもあります。心にも負担のない範囲で行ってくださいね」
 いろいろな糖質制限法の情報が溢れているけれど、自分の体に合った方法をきちんと見極めていくことが大切だ。糖質に限らず、今食べているものこそが体の基盤を作り、未来の自分を左右していく。食生活が乱れがちなサラリーマンにとって、糖質制限ダイエットは、自分の体に本当に必要なものと不必要なものを見つめなおすきっかけになるかもしれない。


若木ふよ子(わかき・ふよこ)
鹿児島の専門学校で栄養、調理、製菓を学ぶ。新潟の歯科医院にて栄養指導行った後、東京でフードコーディネートを学び、資格を取得。現在は栄養士、フードコーディネーター、レシピ開発、料理教室講師として幅広い分野で活動している。

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_f100ae2ab27a_ダウン症のイケメンが探る、出生前検査の是非 f100ae2ab27a f100ae2ab27a ダウン症のイケメンが探る、出生前検査の是非 oa-davincinews 0

ダウン症のイケメンが探る、出生前検査の是非

2017年10月25日 11:00 ダ・ヴィンチニュース

 近年、晩婚化、晩産化が進む中で、高齢出産のリスクが盛んに取り沙汰されるようになった。それに伴い、「生まれてくる子に障害があったらどうしよう」と悩むプレママが増えている。2013年には、母親から血液を採取するだけで赤ちゃんのDNAを検査することができる「新型出生前診断(NIPT)」が国内の病院で導入され始め、13トリソミー、18トリソミー、21トリソミー(ダウン症)などの染色体異常の有無が高い確率でわかるようになった。検査を受けることで、目に見えない不安が解消されるプレママもいるだろう。でも、この検査により子に障害があるとわかった時、妊娠を継続するのか否か、という選択を迫られることになるのもまた事実だ。

 では、障害を持って生まれてきた子供は不幸なのだろうか? その問いに思い切り「NO」を突きつける一冊が、『今日も一日、楽しかった』(あべけん太/朝日新聞出版)だ。著者のあべけん太氏は、ダウン症児としてこの世に生を受けた。自らを「ダウン症のイケメン」と呼び、IT企業の総務部で働く傍ら、NHK Eテレの障害者情報バラエティ番組『バリバラ』などでタレントとして活躍している。障害を持っていても、自分は毎日ハッピー。それを知ってほしくて、今回本を出すことにしたという。

 本書では、著者の趣味についてのことや、これまでの人生でうれしかったことや悲しかったことがランダムに語られていく。「お酒が好きだけど、健康のために休肝日を作るようにしている」「巨乳好きで、壇蜜をモデルにヌードの絵を描いた」こうしたエピソードからは障害の重さは一切感じられない。私たちの周りにいる健康な30歳男子の日常そのものだ。「運転免許を取得するために、学科試験を55回受けた」など、障害を持ったことでぶつかる壁も、著者が語ればどことなくほんわかしたポジティブなエピソードに変わる。

 そんな底抜けに明るいダウン症のイケメンも、「出生前診断」や「相模原障害者施設殺傷事件」については怒りと疑問の声をあげる。障害者情報バラエティ番組『バリバラ』の中で、出生前検査について医師や妊娠中の母親に街角インタビューをする旅に出たこともある著者。自分はこんなに生まれてきて幸せなのに、検査で異常があったら妊娠継続を希望しないことについて、どうしても解せないという。

「障害者がこの世からいなくなればいいという考えには反対です。(中略)障害者だって、仕事もできるし、ビールも飲めるし、みんな元気で頑張ってるんですよ。本当に腹が立ちます」

 出生前診断を受けるか否か。検査で生まれてくる子に障害があるとわかった時、妊娠の継続をするか否か。選択は人それぞれで、きっと正解はないのだろう。でも、障害を抱えながらも心から人生を楽しみ、自分は幸せだと断言する「ダウン症のイケメン」の存在を知れば、とても「障害を持っているから不幸」などとは言い切れないはずだ。障害の有無にかかわらず、ハッピーな人生にするかどうかは自分次第だと著者は教えてくれる。
「もし障害がなくなる『禁断の実』があったとしても、僕はまったく食べたくないですね。食べたら『ダウン症のイケメン』じゃなくなりますから」
 きっと著者の本音であろうこの言葉が、力強く胸に響いた。

文=佐藤結衣

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_54e0c82322e5_「スッキリ!!」で大反響、おさよさんのキッチン収納テク 54e0c82322e5 54e0c82322e5 「スッキリ!!」で大反響、おさよさんのキッチン収納テク oa-davincinews 0

「スッキリ!!」で大反響、おさよさんのキッチン収納テク

2017年10月25日 10:43 ダ・ヴィンチニュース

 生活情報投稿サイト「暮らしニスタ」から誕生したムック『暮らしニスタmagazine #キッチン愛』が2017年10月3日(火)に発売されました。

“暮らしニスタ”とは、生活を楽しく便利にすてきにするアイデアを持つ、暮らしの達人のこと。多くの主婦のたちが“暮らしニスタ”として、さまざまなアイデアを同サイト「暮らしニスタ」に投稿しています。

 本書では「#キッチン愛」をテーマに、瀧本真奈美さん、政尾恵三子さん、tamiさん、おさよさん、髙木あゆみさん、ザッキー☆さんなど、総勢50名を超える“暮らしニスタ”たちが愛してやまないキッチンまわりの工夫やアイデアを紹介。

■tamiさん(@tami_73)の「おべん」が生まれる、リノベキッチン
 築40年の一戸建て平屋を自分たちらしくリノベーションしたtamiさんが、いちばんこだわって作ったのがキッチン。好きな器や調理道具をそろえて、日々の食事やおべん(=おべんとう)を楽しく作っています。

【こだわりポイント:食器棚】
お気に入りの器なら料理のやる気もアップ。サイズや形、使用頻度で分けて収納。器を集めているtamiさんの見せる収納術には脱帽です。

■おさよさん(@osayosan34)流 キッチン家事&ごはん作り
 フォロワー数24万人超えのインスタグラマーのおさよさん。白さが印象的で清潔感あふれるキッチンは、工夫と知恵がつまった『家事ぐせ』で、気負わず、楽しく、心地よく、いつでもピッカピカです。

 キッチンは毎日しっかり掃除するのはむずかしくても、「スプレーしてふくだけ」「寝る前につけおくだけ」など、小さな『家事ぐせ』を積み重ねることできれいをキープ!

【すぐマネできる、きれいなキッチンをキープするコツ】
汚れがたまりやすい場所には、あらかじめキッチンペーパーを敷く! 交換するついでに、使用ずみのキッチンペーパーを使って周辺を掃除もできる。交換&掃除で、見落としがちな汚れもきれいに。ついでに、とやってしまう、ちょっとした『家事ぐせ』がキレイにキッチンを保つコツなのです。

右上から時計回りに、冷蔵庫ポケット、調味料のびん、なべ、子ども食器

■あわただしい朝でも『暮らしニスタ』レシピで、時短&栄養チャージ!!
【青山金魚(@kiyomi_aoyama)さんの、目にもおいしい朝ごはん】
『暮らしニスタ』で大人気の青山金魚さんの朝ごはん。色鮮やかで斬新なビジュアル系朝ごはんレシピを大公開!

●ジャムだけでもかわいいーっ★ 朝ごはん

色とりどりのジャムを抜き型を使ってのせるだけ。まるでおはじきみたい!

●ごはん党には、お宝きんちゃくごはんがオススメ!

今朝は何が入っているのかな? と、開けてビックリ! 白いごはんにのせた油揚げは、まさにお宝。卵、納豆の他にも、家にある食材(ごま、肉そぼろ、高菜漬け、しらす干し、大根おろし、紅しょうが、梅干しなど)をお好みでプラスしてもOK!

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_a303b1a88b45_大手企業の仕事効率を劇的にアップさせたすごい習慣とは? a303b1a88b45 a303b1a88b45 大手企業の仕事効率を劇的にアップさせたすごい習慣とは? oa-davincinews 0

大手企業の仕事効率を劇的にアップさせたすごい習慣とは?

2017年10月25日 06:30 ダ・ヴィンチニュース

 多くの案件をサクサクこなし、きちんと成果も上げる。そんな「仕事の達人」が、周りにいないだろうか。もしかするとその人は特別な能力の持ち主…ではなく、「いい習慣」を身に付けているだけなのかもしれない。

 『効率・時間・スピード すごい習慣力:行動科学メソッドで、すべて手に入る!』(冨山真由/三笠書房)によると、人間の行動の実に75%は、無意識の行動を繰り返す「習慣」によるものなのだそう。朝起きて、顔を洗い、歯を磨くように、習慣化された行動は、やる気や能力にかかわらず継続することができる。だから、効率よく、スピーディに仕事をするために有効な行動を「習慣」として定着できれば、誰でも簡単に結果を出すことができる。
 著者の冨山真由氏は、今まで180の大手企業や官公庁¬、6000人のリーダー層に向けて、この「行動定着メソッド」を紹介、導入した数々の企業が劇的に成果を上げているという。本記事では、掲載された39の「習慣」から、すぐに実践できる2つを紹介したい。

とりあえず「企画書」とだけ入力! 先延ばししない習慣

 多忙の中、次々案件をこなすには、企画書作成など「期日のある仕事」がネックになることがある。
 人は本来、ラクをしたい生き物。つい面倒なことを後回しにしがちだ。気がつくと期日直前! 大慌てで取り組んだ経験は、誰もがあるだろう。
その対処法として、本書では「小さく始める」習慣をすすめる。例えば、
・パワーポイントの1ページ目に「企画書」と入力する。
・過去の企画書をパラパラとめくり、眺める。
・企画書を読んだ相手にどういう気分になってもらいたいか想像する。(本書より引用)
 など、ほんの小さなことを一つする。ポイントは、必ず達成できる簡単な行動。この達成感が「自分はできる!」という自己効力感を刺激し続けるので、先延ばししない習慣がつきやすくなる。

25分集中→5分休憩! 驚くほど集中力が持続する習慣

 山積みの仕事を片付けたいあまり、何時間もデスクに張りついてはいないだろうか? どんなに優秀な人でも、集中力には限界がある。無理をしても、効率が悪いどころか、重大なミスにつながりかねない。
 集中力を持続させる方法として、本書では「25分の作業+5分の休憩」が効果的としている。「ポモドーロ・テクニック」というタイムマネジメント手法をもとにしたもので、具体的な方法は次の通り。

1. やるべき作業を決める。
2. タイマーを25分でセットする。
3. タイマーが鳴ったら手を休め、どこまでやったかを記録する。
4. 5分間の休憩を取る。
5. 1~4を1セットとし、4セット(2時間)終わった時点で長めの休憩(15分~30分)をとる。(本書より引用)

 これを繰り返す。たった5分の休憩で、作業効率が断然アップするという。スマホのアラーム機能を活用し、集中を持続させる習慣を身に付けよう。「すごい習慣」は「すごい才能」に勝る! と本書では断言している。掲載されている「習慣」は誰がやっても3週間で結果が出るというから、「仕事の達人」目指して始めてみてはいかがだろうか?

文=吉田裕美

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_9c868812c4a3_高卒元プロ野球選手が公認会計士になった!インタビュー 9c868812c4a3 9c868812c4a3 高卒元プロ野球選手が公認会計士になった!インタビュー oa-davincinews 0

高卒元プロ野球選手が公認会計士になった!インタビュー

2017年10月25日 06:30 ダ・ヴィンチニュース

 華々しいプロ野球という世界――プロ野球選手は日本球界全体で900人ほど。小学校のリトルリーグから社会人の草野球まで、日本の野球人口から考えれば、そのステージに立てるのはほんの一握り。まさに憧れの舞台だ。
 光り輝くプロ野球界から一転、引退後の“セカンドキャリア”が問題となっている。ほとんどのプロ野球選手は、それまで高校・大学まで野球だけに打ち込んできた。いざ引退の時期がやってくると、どのように生きていけばよいのかわからない。監督やコーチの枠もほんのわずか。社会の荒波に揉まれ、戸惑う人が多いそうだ。
『高卒元プロ野球選手が公認会計士になった!』(奥村武博/洋泉社)の著者でかつて阪神タイガースに所属していた奥村武博氏もその一人だ。引退後、悩み苦しみながら9年かけて、球界初となる公認会計士の資格を取得。現在は資格を生かしてスポーツ選手のセカンドキャリアのサポートなどを行っているという。
 インタビュー前編では、プロ野球選手引退後から公認会計士の試験に合格するまでについて語ってもらった。

◎水道・ガスにお金がかかることも知らなかったプロ引退後

――プロ野球を引退されてからはどのような生活を送っていたんですか?
奥村:引退してからは球団の打撃投手を経た後、飲食店で働きながら、調理師学校に通ってました。調理師免許を取って独立しようと考えてたんです。初めて一般社会というものを経験して、自分の世間知らずさ、無力さを痛感しましたね。
――高校卒業後、すぐにプロ入りを果たしたから、アルバイトの経験もなかったんですよね?
奥村:そうです。実家にいたので、マンションの借り方がわからなかったし、水道・ガスにお金がかかることも知りませんでした。今ではもう当たり前の知識ですが、飲食店で働いていた当時は売上・利益・人件費・単価などを教えてもらってもピンとこなかった。お客さんとして行く分には馴染みがあったんですけど、カウンターの向こうに行くと別世界。自分が何も知らないことに気づかされて苦しかったですね。
――そんな中、公認会計士を目指すことになったきっかけは?
奥村:ふと「このままでいいのかな…」と将来のことを考えたんです。そんな時に、たまたま資格ガイドを目にして、公認会計士という仕事を知りました。調べてみると、試験制度が変わって、誰でも受験が可能。しかも高校が商業高校だったこともあり、簿記の知識が生かせるなと思ったんです。他の資格を見てもピンとこなかったんですけど、公認会計士だけは、なぜかすごく印象に残って。迷いなく、受けてみようと決心しました。
――これまで、野球一筋でいきなり勉強というのは大変だったのでは?
奥村:本当にツラかった(笑)。机に向かう癖をつけることが一番苦労したかもしれないです。最初はなんだかんだ理由をつけて飲みに行く、ゲームする、とすぐ逃げてました。現役の時は机に向かうってことがない。本を読んで活字を読む癖をつけとくんだったと後悔しましたね。

◎なくてはならない時間だった9年間の試験勉強

――公認会計士を目指して合格するまで9年。この9年間で得たものとはなんでしょう。
奥村:トライ&エラーを繰り返して、工夫していくことで道を拓くことができる。それを実証できたこと。これって野球と一緒なんですよね。勉強も野球も、そしてビジネスも根本の部分で同じなんだ、と公認会計士の勉強を通して気づきました。
――「野球と勉強は一緒」と気づいたのはいつ頃ですか?
奥村:合格直前の2年間くらいですね。それまでは、自分がこれまで経験したことのない世界でもがいてた。けれど、実は野球で経験したことを生かすことができるとわかってから、一気に効率化できるようになって、どんどんプラスに変わっていったんです。
――本の中で「唯一越えられない壁は自分で作った壁」という言葉がありますが、こういう考え方も公認会計士の勉強を通じて得たものですか?
奥村:もともと持っていたものだと思います。例えば、このバッターには敵わない。だから投げません。とはならないじゃないですか。強い相手をどうやって倒していこうか、って考える。それが公認会計士を目指した9年間で熟成されて、自信を持って言えるようになったと思います。
――なるほど。野球の中でしか出てこなかったマインドが、9年間で勉強やビジネスにも出てくるようになったんですね。
奥村:そうですね! そういった意味でも9年間はなくてはならない時間だったと思います。サクッと2、3年で受かってたら多分気づかなかったし、調子に乗って変なことになっていたかもしれません。時間をかけた分、この考え方を大事にしていきたいです。
前編はここまで。後編では公認会計士の魅力や仕事内容について、奥村さんが取り組んでいきたい夢について語ってもらいます。
(続きは後編で!)
文=冴島友貴

元プロ野球選手から公認会計士となった著者・奥村武博さん
<著者プロフィール>
2001年にプロ野球選手引退。その後、飲食業などを経て、日本初の元プロ野球選手の公認会計士となる。現在は、一般社団法人アスリートデュアルキャリア推進機構 代表理事、税理士法人オフィス921・株式会社オフィス921スーパーバイザー、優成監査法人非常勤職員として活躍。

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_5c251827f0bf_男の「支配したい願望」、女の「母としての責任と呪縛」 5c251827f0bf 5c251827f0bf 男の「支配したい願望」、女の「母としての責任と呪縛」 oa-davincinews 0

男の「支配したい願望」、女の「母としての責任と呪縛」

2017年10月24日 17:30 ダ・ヴィンチニュース

 学校の「性教育」の授業を覚えているだろうか。いつもよりも努めて硬い表情の先生、うつむいて笑いをこらえるクラスメイト、教室内の微妙な空気…。2017年に女性ファッション情報誌『MORE』が発表した「モア・リポート2017」によると、全国の23歳から33歳の女性読者2000人にインターネットで「性とセックス」についてアンケート調査を実施したところ、セックスに関する知識を得た手段として、1位だったのは「本・雑誌」で59.8パーセント、2位が「学校の性教育」で49.4パーセント、3位が「ネット」で46.3パーセントだったという。30年前の同調査では、「学校の性教育」は5.2パーセントだったということから、学校での性教育が重視されつつあることがわかる。

『誰も教えてくれない大人の性の作法』(坂爪真吾、藤見里紗/光文社)は、「性」の問題解決に取り組む著者2人が各々、男性、女性の立場から大人の性教育の必要性を語り、私たちの生活に蔓延する「性」の問題に切り込み、導いていく。

■貧困、嫌婚、男のプライドと不倫(男子編)

 「男子編」では、成人男性を「未婚×非正規」「未婚×正規」「既婚×非正規」「既婚×正規」の4つに分けて分析し、それぞれが抱える性の問題を明らかにする。今や共働きが多数派だが、非正規で未婚の男性は「経済的に自立していなければ女性と付き合ったり、セックスをする資格がない」という「呪い」に苦しみ、非正規で既婚の場合は自分より妻の収入が高いことにストレスを感じる。一方、正規の未婚男性は経済的、時間的余裕があり、わざわざ自由が奪われる結婚を選択しない。「既婚×正規」には、不倫という落とし穴が待っている。

■結婚、妊娠、出産、育児、仕事…コントロールできないことばかり(女子編)

 一方、「女子編」では、性教育者である著者が女性の立場から「ここだけは!」と考えるところをピックアップして、大人の女性に必要な性教育を論じる。子供の「性器いじり」の話題から、「自慰行為」改め「セルフプレジャー」の勧め、かかりつけ産婦人科医を持つことから生理の辛さを楽にする方法…そして、女性は、「妻として」「母として」という役割に囚われすぎず「性も大事に」くらいの心がけでいてほしいということを伝えている。

■「性」の誤解と呪いに対するQ&A

 性に悩める男女から寄せられた悩みに、著者ふたりが対談形式で回答している。
・彼にコンドームつけてって言えません。
・浮気・不倫を防ぐ夫婦間コミュニケーションは?
・恋愛に興味がありません。
「性」の問題を「なかったこと」にせず、悩みを受け入れ共有することが大人の性教育の一歩になるのだという。ひとつひとつの悩みに寄り添う姿勢が印象的だ。
 生き方や働き方の多様性が盛んに叫ばれる時代だが、旧来の価値観を払しょくするのはまだまだ難しい。私たち大人にできることは、そんな矛盾をはらんだ答えの出ない「性」の悩みや疑問を抱えモヤモヤしながら、自分なりの解決策を模索し続けることなのだろう。

文=銀 璃子

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_a255b757ee4e_TBSラジオ特集『ケトル』にファン大興奮! a255b757ee4e a255b757ee4e TBSラジオ特集『ケトル』にファン大興奮! oa-davincinews 0

TBSラジオ特集『ケトル』にファン大興奮!

2017年10月24日 17:30 ダ・ヴィンチニュース

「TBSラジオ」を特集した『ケトル』Vol.39が2017年10月17日(火)に発売され、ファンから「最高の特集!」「こういう特集待ってました!!」と大きな反響が巻き起こっている。

 同号では「TBSラジオが大好き!」と題して、表紙にサイトウユウスケによるポップなイラストでラジオ収録風景を描写。「ババアと言われて大爆笑 自由とリスナーを愛するラジオ局の秘密に迫る」と挑戦的なコピーも添えられた。

 特集では伊集院光の「ラジオにはチャンスしかない、僕にとってはね」、久米宏の「今だからわかるラジオの『本質』」と題されたインタビューを紹介。またTBSラジオ編成局制作部長の三条毅史とTBSラジオプロデューサー・橋本吉史による対談「常に変化を遂げてきた歴史を往年の番組表から振り返る すべて『ストリーム』から始まった」も掲載され、貴重な情報やエピソードを読むことができる。

 ほかにも「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」の宇多丸×漫画家・しまおまほ、「JUNK 山里亮太の不毛な議論」の山里亮太×構成作家・セパタクロウ、「たまむすび」のTBSアナウンサー・笹川友里×博多大吉による対談なども収録。人気パーソナリティー、パートナーによる読み応えたっぷりのボリュームと内容を実現した。

 同号は発売直後から話題を呼んでAmazonなどでも品薄状態になり、「本屋行ったら売り切れてた…」「早くウェブショップで『在庫あり』になってくれないかしら」と一部から悲鳴が。一方で入手に成功したファンからは「冒頭の伊集院光のインタビューから濃厚で買った甲斐があった!」「三条さんと橋Pの対談がとても良い」「情報量たっぷりだからリスナーは買うべし」「こんな面白い特集、めっちゃ貴重なのでは」などといった絶賛の声が溢れ返っている。

 対談以外にも「謎の書き起こし職人『みやーん』とは何者か?」、“ババア”“お色気”“珍プレー”など「TBSラジオの名番組を10のキーワードで振り返る」といったコラムも満載。ぜひ手に取ってその内容を確かめてほしい。
 

外部リンク