cat_1_issue_oa-cinematoday oa-cinematoday_0_0772defc3013_「トクサツガガガ」ヒーローの声は?土屋太鳳の弟・土屋神葉がシシレオー! 0772defc3013 0

「トクサツガガガ」ヒーローの声は?土屋太鳳の弟・土屋神葉がシシレオー!

2019年2月8日 09:02 シネマトゥデイ

 NHK総合で放送中のドラマ「トクサツガガガ」(金曜よる10時~)に登場する特撮ヒーロー、シシレオーの声は、女優・土屋太鳳の弟で声優の土屋神葉が担当している。

 「トクサツガガガ」は、特撮をこよなく愛する隠れオタクのOL・仲村叶(小芝風花)の日常を描いたコメディードラマ。週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の丹羽庭の同名漫画の実写化で、周囲に特撮オタクであることを悟られないように生活し、ピンチに陥った際には脳内の特撮ヒーローに励まされながら奮闘する主人公の姿を描いている。

第4回「オタクノキモチ」より - (C) NHK

 そんな主人公の叶が「かっこいい」と夢中になっているのが、劇中に登場する架空の特撮ヒーロー番組「獅風怒闘ジュウショウワン(獣将王)」。土屋は、動物をモチーフにオリエンタルな雰囲気が特徴のジュウショウワンのリーダー、シシレオー(カラーは赤)の声優を務めている。シシレオーは真面目で優しく、面倒見が良い性格。叶の脳内が特撮モードに切り替わると、彼女にしか見えない形で現れて、力強い言葉で勇気づける。

 現在22歳の土屋は、“こども店長”としてブレイクした加藤清史郎や、人気声優の宮野真守らと同じ劇団ひまわりに所属。テレビアニメ「ボールルームへようこそ」(2017)の主人公の声などで知られ、4月公開のアニメ映画『劇場版 響け!ユーフォニアム ~誓いのフィナーレ~』にも声の出演を果たしている。

 ジュウショウワンの青色・トライガーの声優は吉原雅斗(BOYS AND MEN)、黄色・チェルダは西浦希、ジュウショウワンの敵の大将・ゲンカ将軍は関智一が担当している。ドラマには叶が小さい頃に見ていた特撮ヒーロー番組「救急機 エマージェイソン」も登場し、反ロボット社会に現れた正体不明の人型ロボット・エマージェイソンの声とナレーションを鈴村健一が務めている。

第4回「オタクノキモチ」より - (C) NHK

 8日放送の第4回「オタクノキモチ」では、叶と職場の同僚・北代優子(木南晴夏)の関係に変化が。特撮オタクの先輩・吉田(倉科カナ)などを巻き込みながら、北代のために一肌脱ぐことになる。(編集部・小松芙未)

外部リンク

cat_1_issue_oa-cinematoday oa-cinematoday_0_b48de3ace566_今夜の金ロー『ラ・ラ・ランド』をもっと楽しむ!トリビアまとめ b48de3ace566 0

今夜の金ロー『ラ・ラ・ランド』をもっと楽しむ!トリビアまとめ

2019年2月8日 07:02 シネマトゥデイ

 映画『ラ・ラ・ランド』が8日よる9時、日本テレビ系「金曜ロードShow!」で地上波初放送される。今夜の放送を前に、初めて観る人もすでに観たことがある人も、知っていれば本作がもっと楽しくなるトリビアをいくつか紹介したい。(編集部・中山雄一朗)

オープニングシーンはワンカット!?

 『ラ・ラ・ランド』といえば、ロサンゼルスの渋滞真っただ中の高速道路で、車に乗っていた人たちが突然、歌って踊り始めるオープニングナンバー「Another Day Of Sun」が大きな見どころの一つ。公開当時、あのシーンはワンカットの長回しだ! と話題になったが、実際は「3ショットを一つの長回しみたいにつなぎ合わせているんだ」と主演のライアン・ゴズリングが明かしていた。

ライアン本人がピアノ演奏している

 本作ではセバスチャン役のライアン本人がピアノ演奏をしているというから驚き。手元のクローズアップですら代役を使わずに、すべてライアン本人が弾いているという。ライアンは基礎的なピアノ演奏はできたが、ジャズピアノは未経験で、3か月間ピアノを猛特訓して撮影に挑んだそう。

(C) 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

“グルテンフリー女”は監督の妻

 メガホンを取ったデイミアン・チャゼル監督の妻で、女優のオリヴィア・ハミルトンがちょこっと出演。エマ・ストーンふんするヒロインのミアが働くカフェで、グルテンフリーでないという理由でパンを返品した女性ブリーを演じている。二人は本作がきっかけでカップルになったそうで、昨年9月に結婚した。

オリヴィア・ハミルトンとデイミアン・チャゼル監督 - Dan MacMedan / Getty Images

主役だけで計100回の衣装チェンジ

 セバスチャン(ライアン)とミア(エマ)だけでも、それぞれ50回は衣装を替えたという。衣装担当のメアリー・ゾフレスは「古典的なミュージカルのように全編を色であふれさせる」ということを目指したそう。カラフルな衣装を見ているだけでも楽しくなる。

キース役はあのグラミー賞シンガー

 セバスチャンが参加することになるバンドのリーダー、キースを演じるのは、グラミー賞受賞のR&Bシンガー、ジョン・レジェンド。実写映画『美女と野獣』(2017)で、アリアナ・グランデと共に主題歌を歌ったことでも知られる。代表曲には「オール・オブ・ミー」などがある。

外部リンク

cat_1_issue_oa-cinematoday oa-cinematoday_0_ac55197d4ba6_中田秀夫、14年ぶりに『リング』シリーズ監督 ヒロインは池田エライザ ac55197d4ba6 0

中田秀夫、14年ぶりに『リング』シリーズ監督 ヒロインは池田エライザ

2019年2月8日 04:00 シネマトゥデイ

 ホラー映画の鬼才・中田秀夫監督が、人気シリーズ『リング』の新作『貞子』(5月24日公開)で、約14年ぶりに同シリーズのメガホンをとることが8日、明らかになった。原作は、2013年に刊行された鈴木光司の「タイド」。病院で心理カウンセラーとして働くヒロインが、火事で記憶をなくした少女と出会ったことから奇妙な出来事に巻き込まれていく物語で、ヒロインを池田エライザが務める。

 1998年に「観た者は一週間後に死ぬ」という「呪いのビデオ」の恐怖を描く鈴木光司の同名ホラー小説を映画化した『リング』が、興行収入20億円突破のヒットを記録し、空前のJホラーブームを巻き起こした中田監督。続編の『リング2』(1999)は、前作の倍となる42億円のヒット。ハリウッド版の続編『ザ・リング2』(2005)でも監督を務めた。また、『リング』でブラウン管テレビから這い出てきた怨霊・貞子は「怖すぎる」と話題を呼び、ホラー・アイコンに。2012年から翌年にかけて貞子を3Dで描く『貞子3D』とその続編『貞子3D2』が公開。2016年には貞子が、人気ホラーシリーズ『呪怨』の怨霊・伽椰子と対決する異色作『貞子vs伽椰子』まで生まれた。

 北川景子主演のスリラー『スマホを落としただけなのに』も記憶に新しい中田監督。『ザ・リング2』以来、約14年ぶりにシリーズのメガホンをとる本作について、「『リング』を同時代で観てくれた世代にとっては、『そうそう!』と肯いてもらえるものを、観てはなくとも貞子の風貌、動きは知っているティーンたちには、『今度の貞子はここが違う、スゴい!』と驚愕してもらえるものを目指した」と意図を説明。

 そんな中田監督が「新時代のスクリーミング・ヒロイン」と評する、ヒロインの心理カウンセラー、茉優(まゆ)役の池田エライザは、出演の経緯を以下のように明かしている。「お話をいただいた時は、日本にとどまらず世界に衝撃を与えた作品に携わることへの喜びとともに『貞子』というタイトルを私が背負っていいものか不安な気持ちになりました。ですが監督の熱のこもった言葉達に救われて、この作品に身を投じることを決意いたしました」

 脚本は、『貞子3D2』(2013)などの杉原憲明。なお、本作の特報が1月17日より劇場及びWEBで限定公開中。洞窟の中や髪の長い女が映し出され、終盤に『リング』の主題歌として起用された「feels like “HEAVEN”」がBGMに用いられている。撮影は完了し、現在ポストプロダクション中だという。(編集部・石井百合子)

映画『貞子』は5月24日より全国公開

【動画】髪の長い女が…『貞子』特報

出典: YouTube

外部リンク

cat_1_issue_oa-cinematoday oa-cinematoday_0_8f1590c4ff9e_妖怪人間ベム完全新作「BEM」放送決定 声優に小西克幸、M・A・O、小野賢章 8f1590c4ff9e 0

妖怪人間ベム完全新作「BEM」放送決定 声優に小西克幸、M・A・O、小野賢章

2019年2月8日 00:00 シネマトゥデイ

 2018年に50周年を迎えた「妖怪人間ベム」の完全新作アニメーション「BEM」が今年放送されることが決定し、ベム・ベラ・ベロ役の声優をはじめ、メインスタッフが発表された。プロモーション映像も公開されている。

 「妖怪人間ベム」は1968年に放送されたテレビアニメで、正義の心を持った3人の妖怪人間(ベム・ベラ・ベロ)が、人間のために悪と戦う姿を描いた作品。「早く人間になりたい!」と思いながらも、妖怪である故に人から決して受け入れられることはない、3人をめぐる切ないストーリーは多くの子供たちの心をつかみ、アニメ・実写ドラマとさまざま形でリメイクされてきた。

 2019年に再び蘇る「BEM」では、3人のイメージも一新。キャラクター原案を「LAST EXILE ラストエグザイル」などの村田蓮爾(れんじ)が務め、いずれも現代的なスタイルへと生まれ変わった。ベムは小西克幸、ベラはM・A・O、ベロは小野賢章と、いずれも人気声優が声を担当する。

 劇中では、「強さ」「まっすぐさ」「切なさ」といった3人の普遍的な魅力はそのままに、舞台・キャラクター設定を一新した、全く新しい妖怪人間ベムの物語がつづられるとのこと。ビジュアルの変更により、それぞれの関係性に変化が訪れるのか。シリーズ構成は「ポケットモンスター」シリーズなどの冨岡淳広、監督は「クロスファイト ビーダマン」などの小高義規。アニメーション制作はランドック・スタジオが担当する。(編集部・入倉功一)

アニメ「BEM」ティザー映像

出典: YouTube

外部リンク

cat_1_issue_oa-cinematoday oa-cinematoday_0_1a05ab211760_「ウォーキング・デッド」シーズン9後半はどうなる!? 1a05ab211760 0

「ウォーキング・デッド」シーズン9後半はどうなる!?

2019年2月7日 21:30 シネマトゥデイ

 いよいよ2月11日にシーズン9後半の放送がスタート! 前半の最終話で、新たな敵“囁く者(ささやくもの※原作ではウィスパラーズ)”が、歩く死者たちの皮を被った人間たちだという、驚愕の事実が判明。彼らは何をしようとしているのか? いきなり緊迫感が高まるシーズン後半は、きっとこうなる!?(平沢薫)

※ご注意 なおこのコンテンツは「ウォーキング・デッド」シーズン9について、ネタバレが含まれる内容となります。ご注意ください。

「ウォーキング・デッド」シーズン9より - (c) 2018 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

 放送開始直前の今、シーズン後半の予告編も公開され、“囁く者”たちの姿がはっきり見えてきた。彼らのリーダーの娘の姿もチラッと登場している。

 この“囁く者”たちは、すでに前半の最終話でいきなりジーザス(トム・ペイン)を殺している。そんな凶暴な彼らにミショーン(ダナイ・グリラ)たちはどう立ち向かうのか。シーズン9後半の出来事を予測してみた。

1.ニーガンが何かをする!?

(c) 2018 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

 シーズン前半の最終話で、シリーズ最大の敵ニーガン(ジェフリー・ディーン・モーガン)に急展開。何と、ニーガンが閉じ込められていた牢から外に出た! それも誰かに解放されたのではなく、ゲイブリエル神父(セス・ギリアム)が恋人ロジータ(クリスチャン・セラトス)の負傷の知らせに動転して牢の鍵をかけ忘れたから。

 しかも今は、牢のあるアレクサンドリアのリーダー、ミショーンは、ヒルトップに行っていて不在。ここでニーガンが何もしないわけがない。果たして彼は何をするのか!? その動きから目が離せない。

2.ヘンリーが重要な役目を果たす!?

(c) 2018 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

 シーズン前半には、キャロル(メリッサ・マクブライド)とエゼキエル(カリー・ペイトン)が育てた息子ヘンリー(マット・リンツ)の性格や思いが描かれるシーンがたっぷりあった。また、彼のイーニッド(ケイトリン・ネイコン)へのほのかな片思いが失恋に終わるという描写もあった。これらはきっと、これから彼がドラマの中で重要な役割を果たすための前振りなはず。

 原作コミックでは、新たな敵“囁く者”の一員とリック(アンドリュー・リンカーン)の息子カール(チャンドラー・リッグス)の間にある出来事が起きるけど、TVシリーズではカールが死去しているので、カールの代わりにヘンリーがこの役目をするんじゃないかという噂も。

3.王国で何かが起こる!?

(c) 2018 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

 前エピソードで、キャロルが息子ヘンリーをヒルトップに送ってきた後、彼女が王国に戻るときに、女性兵士ダイアン(ケリー・ケイヒル)が「私も帰る」と言って一緒に帰ったのが気になるところ。

 ダイアンは、元は王国の兵士で、今でも武具を身に付けている根っからの兵士。今はヒルトップの見張りをしていたのに、彼女が帰るってことは、王国で何かの戦闘が起こる予感が!?  考えすぎかもしれないけど……。

4. ミショーンの考え方が変わる!?

(c) 2018 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

 シーズン前半のミショーンの信念は「自分の身は自分で守る」。自分がリーダーとなったアレクサンドリアを守ることに必死。ヒルトップのリーダー、ジーザスが各コミュニティーの合同会議を提案したときも、彼女はそれに応じなかった。外部から来た人々も各コミュニティーに受け入れず、ヒルトップに連れて行ったほど。

 しかし、新たな敵“囁く者”が出現したことで、コミュニティー同士の協力が必要になるかも!?  ミショーンの考え方が変わって、この世界が少し変わるかも!?

5.開始前に、シーズン後半の新たな登場人物を予習!

(c) 2018 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

 すでにシーズン後半の新キャラとキャストは発表済み。ここでもう一度、おさらいしておこう。

 まず、重要キャラは、“囁く者”の冷酷な女性リーダー、アルファ。彼女を演じるのは英国女優サマンサ・モートン。彼女は『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016)でも、魔法使い撲滅を主張し、養子クリーデンスを虐待するコワい母親メアリー・ルー・ベアボーンを演じていた。

 この女性リーダーの娘リディアも登場。彼女はまだ10代で、生まれたときから母親の言う通りに行動させられている。演じるのはTVドラマ「オザークへようこそ」や映画『Love, サイモン 17歳の告白』(2018)のキャサディ・マクリンシー。原作コミックでは重要な役割を果たすけど、TVのストーリーはコミック通りではないので、観てみないと……。

 そして、リーダーの右腕、ベータも登場。TVドラマ「サン・オブ・アナーキー」のオピー役、ライアン・ハーストが演じる。

 彼らがそんなドラマを繰り広げるのか? この3人の登場で、ドラマの緊迫度が一気にアップするはず!

「ウォーキング・デッド」シーズン9後半(第9話~)は2月11日(月・祝)22:00~FOXチャンネルにてスタート!

外部リンク

cat_1_issue_oa-cinematoday oa-cinematoday_0_f42506b4514d_『ワールド・ウォー Z』続編、制作中止 f42506b4514d 0

『ワールド・ウォー Z』続編、制作中止

2019年2月7日 17:00 シネマトゥデイ

 米パラマウント・ピクチャーズが映画『ワールド・ウォー Z』続編の制作を中止したと The Playlist をはじめ複数メディアが報じた。同作はブラッド・ピット主演で『ゴーン・ガール』などのデヴィッド・フィンチャー監督の下、この夏からアトランタで撮影される予定だった。

 理由は製作費の問題とのこと。パラマウントは近年、大作の興行で苦戦しており、今年に入ってからは、キャストとのギャラ交渉がうまくいかず『スター・トレック』シリーズ第4弾の制作が棚上げになったとも伝えられている。

 『ワールド・ウォー Z』続編の監督には2013年、『インポッシブル』のJ・A・バヨナが決まったものの、ユニバーサルの『ジュラシック・ワールド/炎の王国』続編に引き抜かれてしまうという事件も。その後、ブラッドは『セブン』『ファイト・クラブ』『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』で組んだフィンチャー監督を口説き落とし、フィンチャーは脚本の改稿を行っていたが、まさかの結果になってしまった。再始動の可能性があるのか、無期限での棚上げになってしまったのかは、不明だという。

 『ワールド・ウォー Z』は、人間を凶暴化させるウイルスの感染原因を解き明かすため、感染者と非感染者の死闘が繰り広げられる世界各地を駆ける元国連捜査官の姿を描いたパニック大作。北米興行収入2億235万9,711ドル(約223億円)を上げ、ブラッド主演作で最大のヒット作となった。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)(編集部・市川遥)

【動画】ゾンビうじゃうじゃ『ワールド・ウォー Z』映像

出典: YouTube

外部リンク

cat_1_issue_oa-cinematoday oa-cinematoday_0_99238a905c37_「クィア・アイ」に水原希子が出演!ファブ5の改造サポート 99238a905c37 0

「クィア・アイ」に水原希子が出演!ファブ5の改造サポート

2019年2月7日 15:23 シネマトゥデイ

 日本で撮影が行われている、動画配信サービスNetflixの人気番組「クィア・アイ」のスペシャルシーズン「クィア・アイ: We’re in Japan!(原題)」に、女優・モデルの水原希子が出演していることが明らかとなり、メインキャストを務める5名のプロフェッショナル“ファブ5”とのオフショットが公開された。

 「クィア・アイ」は、料理やファッション、美容など各分野のプロフェッショナルである、“ファビュラスな5人”(通称・ファブ5)が、悩みを抱えて自信を失った人たちを改造するリアリティー番組。今回のシーズンでは、フード&ワイン担当のアントニ・ポロウスキ、インテリア担当のボビー・バーク、美容担当のジョナサン・ヴァン・ネス、カルチャー担当のカラモ・ブラウン、ファッション担当のタン・フランスらファブ5メンバーが、日本の流行やカルチャーを学びながら、4名の日本人男女にセルフケアの大切さを伝えていく。

 水原はファブ5のガイド役として全4話に出演、特に美容やファッションなどの知識をいかして、ファブ5が日本の料理やファッション、デザイン、美容、メイク、カルチャーを学びながら行う、男女4人の改造をサポートする。

 水原の出演について、エグゼクティブプロデューサーのデヴィッド・コリンズは「日本での撮影にあたり、ファブ5が日本独特の習慣やトレンドを理解していくため、日本の流行をリードして、そしてファブ5を導く存在が必要だと考えていました」と説明。「彼女は番組のことだけではなく、日本のカルチャーや実情も把握しています。Kikoにオファーしたところ快く引き受けてくれました。彼女がファブ5と協力して依頼人を助けてくれることを楽しみにしていますし、今の日本を世界へ伝えてくれることを期待しています」と語っている。

 もちろん、水原自身も「クィア・アイ」ファンであり「素晴らしい作品に参加できることにとても興奮しています!」と大喜び。「ファブ5の大改造によって、依頼人の人々が、外見だけでなく内面も変身し、違う視点で世界を見られるようになる姿は、たとえ自分と悩んでいることが違ったとしても深く感情移入してしまいます。撮影でファブ5の皆さんが依頼人の悩みをどう解決していくのか、どんな風に変わってどう思うのか、とても楽しみです。彼らに今の日本、東京を見てもらいながら、一緒に悩みを解決できるよう頑張ります!」と意気込んでいる。(編集部・入倉功一)

Netflixオリジナル作品「クィア・アイ」は独占配信中

外部リンク

cat_1_issue_oa-cinematoday oa-cinematoday_0_e3f9d248a3ab_声優・悠木碧がトランスフォーマー参戦!濱野大輝と『バンブルビー』吹替キャストに決定 e3f9d248a3ab 0

声優・悠木碧がトランスフォーマー参戦!濱野大輝と『バンブルビー』吹替キャストに決定

2019年2月7日 15:00 シネマトゥデイ

 人気声優の悠木碧が、映画『トランスフォーマー』シリーズ最新作となる『バンブルビー』(3月22日公開)に吹替声優として参加することが明らかになった。主人公バンブルビーを追い詰める敵勢力・ディセプティコンの女性トランスフォーマー・シャッターの声を担当。彼女の相棒ドロップキックの声は濱野大輝が担当する。

 無類の『トランスフォーマー』好き声優としても知られる悠木は、『トランスフォーマー/最後の騎士王』(2017)公開時には8回も劇場を訪問。ブログやTwitterに熱烈なシリーズ愛をつづって話題を呼び、バンブルビーについても「もうね、バンブルビー可愛すぎる。何なの。。。メカ萌えとかじゃない。たまらない。バンブルビーのママになりたい。ビー、私がママだよ…」など、あふれる愛をツイートしていた。

 それだけに、ついにやってきたシリーズ参戦の機会に「私は今まで、バンブルビーに沢山の幸せを貰ってきました。今回シャッター役のお話を頂いた時、お芝居で少しでも恩返しが出来たらどんなに素敵だろう! と思いました」と感激もひとしお。劇中ではバンブルビーを痛めつける役となるが、「愛情をパワーへと変えて、冷徹無慈悲に蹂躙させて頂きました!」と愛が故の最凶の恩返しに自信をのぞかせている。

シャッター役の悠木碧とドロップキック役の濱野大輝

 本作は、1987年を舞台に、地球に降り立った黄色い機械生命体バンブルビーと一人の少女の絆を描くシリーズ初のスピンオフ。バンブルビーの吹き替えは声優の木村良平が担当。バンブルビーと友情を育む少女チャーリー(ヘイリー・スタインフェルド)の声を土屋太鳳、彼らを手助けする少年・メモ(ホルヘ・レンデボルグ・Jr)の声を志尊淳が担当する。監督はアニメ『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(2017)などのトラヴィス・ナイト。(編集部・入倉功一)

<悠木碧のコメントは以下の通り>
私は今まで、バンブルビーに沢山の幸せを貰ってきました。映画を観に行ったり玩具を買ったり、その度にお金は払うけれど、私が彼から貰ったかけがえのないものを思えば、本当に微々たるものです。

なので、今回シャッター役のお話を頂いた時、お芝居で少しでも恩返しが出来たらどんなに素敵だろう! と思いました。とはいえシャッター姉さんはディセプティコンなので、勿論ビーを嬲(なぶ)り、多くを破壊して大暴れします。愛情をパワーへと変えて、冷徹無慈悲に蹂躙させて頂きました!

でもね、恩返しするぞ~と思って挑んだ筈なのに、現場で沢山の学びを頂き、そして勿論本作からもこれ以上ない程の愛しさと感動を頂き、一生推し続けたって返しきれない程の幸せを頂いてしまったんです。公開されたらまた、映画館に通いつめちゃう。皆さんにもきっと楽しんで頂ける1作になっていると思いますので、是非ご覧下さい!

<濱野大輝のコメントは以下の通り>
公開が待ち遠しいです。幼い頃からトランスフォーマーシリーズを観て育ったので、実写版映画に参加出来て興奮しています。ドロップキックは悪役……とはいえディセプティコンの戦士です。気位が高いキャラクターをとても楽しく吹替させていただきました!

【画像】バンブルビーがかわいすぎる『バンブルビー』予告編

出典: YouTube

外部リンク

cat_1_issue_oa-cinematoday oa-cinematoday_0_aa6ec16f4570_キスマイ北山宏光『トラさん』撮影中、多部未華子にイジられまくっていた! aa6ec16f4570 0

キスマイ北山宏光『トラさん』撮影中、多部未華子にイジられまくっていた!

2019年2月7日 13:55 シネマトゥデイ

 Kis-My-Ft2の北山宏光が7日、浅草・今戸神社で行われた映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』のヒット祈願イベントに多部未華子と共に出席し、本作の撮影中に多部にイジられまくっていたという事実を明かした。

 板羽皆の人気コミックを実写映画化する本作。北山演じるギャンブルをこよなく愛する漫画家の高畑寿々男が、突然事故で死んでしまい、期限つきで猫として家に戻ったことから起こる出来事をハートフルに描く。多部は、寿々男の妻役を務める。

 本作で映画初出演にして初主演という大役を担った北山。楽屋に戻ると読書などをしていた多部に対して、北山は撮影当初「人見知りなのかな」と思っていたようだが、家族の物語ということもあり「ご飯を一緒に食べよう」と積極的にコミュニケーションをとったという。

北山宏光

 そんな北山に多部は「すごく明るく接してくださったので、わたしと北山さん、(娘役の平澤)宏々路ちゃんと3人でいつも楽しく過ごしていました。現場が楽しくて、その雰囲気が映像に出ていると思います」と感謝を述べる。さらに「北山さんはみんなにイジられていて、グループ内でどういう立ち位置の人なんだろう」と疑問に思ったとのこと。

 しかし多部の発言に「(イジっていたのは)あなたでしょ! みんなが“多部化”していったんですよ」とクレームを入れる。すると多部は「イジりやすいキャラクターなので、そういう人なんだろうなと思って……」と笑いながら認めていた。それでも多部は「わたしの母親が一番好きなアイドルが北山さんなんです。この間も母に会ったのですが(北山は)やっぱり格好いいって言っていました」とフォロー。北山も「それは僕推しということでいいんですね」と照れ笑いを浮かべていた。

 最後に北山は「素晴らしいスタッフとキャストで愛情を注いで作った映画です。ぜひ僕たちの愛がみなさんに届いてほしいです」と詰め掛けたファン100人に向けて作品をアピールしていた。(磯部正和)

映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』は2月15日公開

外部リンク

cat_1_issue_oa-cinematoday oa-cinematoday_0_b46c9b22747c_ジェニファー・ローレンス婚約! b46c9b22747c 0

ジェニファー・ローレンス婚約!

2019年2月7日 12:31 シネマトゥデイ

 映画『X-MEN』や『ハンガー・ゲーム』シリーズなどで知られる女優のジェニファー・ローレンス(28)が、アートディーラーのクック・マロニー(34)と婚約した。ジェニファーの広報がPEOPLE.comに認めた。

 二人の交際は昨年6月に明らかになり、それから順調に関係を深めてきたようだ。先日にはニューヨークのフランス料理店で、ジェニファーが巨大な指輪をしてクックとお祝いをしていたのが目撃されたことから、二人は婚約したのではとウワサされていた。

 昨年9月にも、親友のエマ・ストーンと元カレのニコラス・ホルトが出演している『女王陛下のお気に入り』のニューヨーク映画祭プレミアにクックを連れて参加したジェニファー。同プレミアには、『マザー!』をきっかけにジェニファーと交際を始めるも、約1年で別れたダーレン・アロノフスキー監督も出席していた。破局後もニコラス、アロノフスキー監督ともに良好な関係だという。

 ジェニファーは『X-MEN』や『ハンガー・ゲーム』シリーズなどエンタメ大作に出演しつつ、これまでアカデミー賞女優賞に4度ノミネートされ、そのうち『世界にひとつのプレイブック』で受賞するなど、ハリウッドきっての演技派として鳴らしている。(編集部・市川遥)

外部リンク