cat_18_issue_oa-chibanippo oa-chibanippo_0_a779a5e3d854_市民制作アニメが、観光客向け新聞で連載開始 柏 a779a5e3d854 0

市民制作アニメが、観光客向け新聞で連載開始 柏

2018年1月1日 13:43 ちばとぴ&千葉日報

市民が制作している柏のご当地ゆるアニメ「超普通都市カシワ伝説」が、25年の歴史を持つ在日中国人向け新聞半月文摘新聞の特別版「四季九州」において、漫画の連載を始めた。

⇒柏のテガちゃんネル

四季九州は九州のモノづくりとおもてなし文化を世界に伝えることを目的とした特集記事で、年4回の発行を予定している。

半月文摘新聞特別版「四季九州」は、東京の半月文摘新聞社が発行協力し、また掲載記事は福岡の中国語デジタル配信会社(株)ポント・イエスが作ったデジタルアプリ「ミャオ・ジャパン」■日本(■は口へんに苗)でも配信される。

漫画は日本を訪れた中国人向けに、日本の文化を伝える内容を4コマ漫画形式で描かれている。

12月27日発行の回では、「日本人は信号を守る」という内容で、描かれている。

超普通都市カシワ伝説の制作プロデューサーの楠本慶彦さん(30)は、「生まれ故郷の九州を紹介する新聞。日本を訪れた海外の方が、九州や柏を知るきっかけになれれば」と話す。

海外観光客に向けて、柏のご当地ゆるアニメが、日本文化を伝えていく。

外部リンク

cat_18_issue_oa-chibanippo oa-chibanippo_0_78260ed88ef5_マリーンズ広報も「マクレ」合言葉に 78260ed88ef5 0

マリーンズ広報も「マクレ」合言葉に

2018年1月1日 13:37 ちばとぴ&千葉日報

 千葉ロッテマリーンズ広報室は2018年チームスローガンを「マクレ」に決定したのを受けて、新たなシーズンに向けての抱負を語った。

⇒千葉ロッテマリーンズチャンネル

 「2018年はマリーンズを通して千葉、そして全国の野球ファンに明るい話題を提供できる一年に出来ればと思います。マリーンズの報道やニュースを見て、元気が湧いてくる、明るくなれる。そんな存在でありたいと思います。そのために広報室としても、とにかく明るい話題をしっかりとファンの皆様に発信できるよう工夫と努力を重ねていきたいと思っています。これまで以上の徹底的な攻めの広報戦略を展開していきたいと考えています。休むことなく、どこまでも攻め続けます」(梶原紀章広報・メディア室長)。

 また話題となっている謎の魚の2018年の展開については「新年早々、衝撃の事実を発表する予定です。今までになかった新展開です。誰もが想像をしていなかった方向に物語は進みます」と意味深な発言。謎の魚に関する話題は1月3日に公表予定だ。

 1月上旬には話題のドラフト1位ルーキーの安田尚憲内野手の自主トレを関西でマスコミに公開。その模様をマリーンズ公式ユーチューブチャンネルにアップすることも予定している。昨年は140本を超える「広報カメラ」をYouTubeにアップし、広報にしか撮れないような映像を発信し続けた。2018年も「ファンの方が感情移入しやすくするために、どんどん映像をアップしていきたい。斬新な映像を意識し過ぎるとなかなか本数を撮れないので、そこまで強くは意識せず、どんどん自分の立ち位置から撮れるものはどんどんアップしていきたい」と語った。2017年は20万フォロワー以上、獲得したツイッターに関しては「現在、68万フォロワー。2018年は85万フォロワーに到達したい。ただ、こちらも数字を追っかけるとダメ。とにかくファンの方が喜んでもらえるような画像をアップすることに集中して、その結果、数字が到達してくれたら嬉しい」。また、12球団では唯一、広報自らコラムを執筆し千葉日報朝刊、文藝春秋社などに掲載をしているコラム活動も継続。2017年は110本のコラムをアップしたが、こちらもさらに数字を伸ばしていく心構えだ。「日頃、あまりスポットライトが当たらないところを自分が見逃さず、しっかりと紹介すべきだと思う。また小さな話題、メディアが報道をしてくれなかった話題をしっかりと伝えるのも自分の使命」と強い意気込みを語った。

 千葉ロッテマリーンズの新スローガン「マクレ」は、「捲る(意味:一気に追い抜く)」プラス「~まくれ。勝ちまくれ、打ちまくれ・・・etc」の2つの意味がある。また、「マクレ」の「レ」を折れ線グラフに見立て、「16年3位(レの起点)、17年6位(レの下り切った部分)、18年1位(レの終点)」を示す。マリーンズ広報室は2018年、「マクレ」を合言葉に情報を発信しまくる。そんな一年となりそうだ。

外部リンク

cat_18_issue_oa-chibanippo oa-chibanippo_0_8bb8fadc2153_年越しそば召し上がれ 佐原高OBら、最後の提供 8bb8fadc2153 0

年越しそば召し上がれ 佐原高OBら、最後の提供

2018年1月1日 13:29 ちばとぴ&千葉日報

 千葉県香取市のそば打ち愛好家グループ「香取そばの会」が31日、日本厄よけ三大師の一つとして知られる観福寺(同市牧野、田中量信住職)で、縁起物の年越しそば約300人分を振る舞った。メンバーの高齢化などで今回が最後という。

 同グループは、地元の千葉県立佐原高校を1972年に卒業したOBらで構成。年越しそばの振る舞いは地域貢献を目的にした試みで、15回目を数える。活動に賛同した同窓生の田中住職が境内を提供してきた。

 境内には出来たての味を求め、昼前から長蛇の列ができた。メンバーは北海道産のそば粉を使った生地を延ばしたり切ったりする作業を実演。具材たっぷりのけんちん汁とともに、打ちたて、ゆでたてで訪れた人をもてなした。

 祖母の家に遊びに来た習志野市立藤崎小学校6年の松村一希君(11)は「温かくておいしかった。ロボット教室に通っているので、新年は良いロボットをたくさん作りたい」と笑顔だった。

 同グループの籾山富永会長(64)は「皆さんに愛され、張り合いを持って毎年、年越しそばを作ってきた。良い1年を過ごしてほしい」とラストイベントに感慨深げ。田中住職は「そばのように細く長く続けてくれてありがとう」と感謝していた。

cat_18_issue_oa-chibanippo oa-chibanippo_0_8f2f1d8e83b8_オートバイと軽貨物車衝突 市原署 8f2f1d8e83b8 0

オートバイと軽貨物車衝突 市原署

2018年1月1日 13:28 ちばとぴ&千葉日報

 千葉県市原市牛久の国道297号の交差点で30日午後10時50分ごろ、60代ぐらいの女性が運転する軽貨物車が、20代ぐらいの男性が運転するオートバイと衝突した。男性は下半身を複雑骨折する重傷で、女性も胸を打撲した。いずれも命に別条はないという。市原署が詳しい事故原因を調べている。

 同署によると、現場は信号機がある片側1車線の見通しの良い十字路交差点。女性の車が右折しようとしたところ、直進してきた男性のオートバイに衝突したとみられる。通行人が119番通報した。

cat_18_issue_oa-chibanippo oa-chibanippo_0_5753a7466823_茅の輪くぐり無事祈願 香取神宮で大祓式 5753a7466823 0

茅の輪くぐり無事祈願 香取神宮で大祓式

2018年1月1日 13:27 ちばとぴ&千葉日報

 千葉県香取市の香取神宮(香取武宮司)で大みそかの31日、新年を無事に過ごせるように心身のけがれを清める神事「大祓(おおはらえ)式」が行われた。神職や氏子らは、社殿前に設置された直径約3メートルの大きな茅(かや)の輪を数字の「8」を描くようにくぐり、身に付いた災いなどを除いた。

 大祓式は、毎年6月と12月に行われている。この日は、厳かな雰囲気の中で儀式が執り行われ、その後に神職らが茅の輪を正面から左、右、左の順番で3回くぐった。参拝客も後に続いた。

 初めて参加した我孫子市の会社員、鮫島隆さん(45)は「新しい年も家族が健康でいてほしい」と話した。

cat_18_issue_oa-chibanippo oa-chibanippo_0_d85135f0df31_銚子漁港が日本一 7年連続 2017年水揚げ量 d85135f0df31 0

銚子漁港が日本一 7年連続 2017年水揚げ量

2018年1月1日 13:25 ちばとぴ&千葉日報

 銚子漁港(千葉県銚子市)の2017年水揚げ量(速報値)は28万790トンで、7年連続で日本一になったことが分かった。イワシの豊漁が影響し、前年比で1・9%増となり、2位静岡・焼津に12万トン以上の大差をつけた。水揚げ額は前年比6・7%増の278億5811万円で、前年と同じく全国4位だった。

 青森県八戸市水産事務所が12月30日までに、全国主要22市場(25団体)の水揚げ規模を集計した。

 銚子市漁協によると、17年はイワシが増加した。最も多かったのはサバで、全体の半数近くを占めた。サンマは不漁により2千トンほど減少したが、割合が低いため全体量への影響は小さかった。

 同漁協の担当者は7年連続の日本一について「それだけ多くの魚をさばける港だということだと思う。今後も船の誘致を強化していきたい」とした。

 一方、越川信一市長は同月の記者会見で、水揚げ量日本一が確定的になったと説明した上で「銚子漁港は(水産加工業者など)バックヤードも充実している。大型船の入港を後押しするため、整備計画の推進を国・県に要望していきたい」と喜んだ。

cat_18_issue_oa-chibanippo oa-chibanippo_0_419a2c5e82de_成果に学び「皆走」の年へ 【森田知事の青春立県ちば】 419a2c5e82de 0

成果に学び「皆走」の年へ 【森田知事の青春立県ちば】

2018年1月1日 13:24 ちばとぴ&千葉日報

 -昨年末には東京湾アクアラインが開通20年を迎え、圏央道の大栄-横芝間の開通見込みも順調なら「2024年度」と国が示した

 アクアラインを造ると着眼し、実行して受け継いだ関係者、横断道路をつくった世界に誇れる技術。千葉県民を代表して感謝の念を持っている。素晴らしいレガシー(遺産)を残してくれた。通行料が4千円で“冬の時代”もあったが、県民の熱意で800円化され、予想以上の成果が出ている。

 -アクアラインをより生かすのが接続する圏央道か

 大栄-横芝間について工事が本年度着工となり、開通目標も出たのは大きい。20世紀からみんなで頑張ってきた積み上げが大きな流れとなった。私が昨年学んだのはやはり「チーム千葉」。一人一人が諦めずに団結していくと、初めは結果が出なくても、マグマのようになって結果が出る。

 -恒例の漢字2文字で新年の抱負を表すと

 「みんな(皆)で走る」で「皆走(かいそう)」かな。アクアライン800円化も圏央道もそう。個々にやったら難しいが、知恵を集め、皆で組んでこそ。

cat_18_issue_oa-chibanippo oa-chibanippo_0_12ad11d386f7_原点の寄席 磨くため立つ 野田市出身 春風亭一之輔さん 12ad11d386f7 0

原点の寄席 磨くため立つ 野田市出身 春風亭一之輔さん

2018年1月1日 13:20 ちばとぴ&千葉日報

 高校生のとき、厳しかったラグビー部をやめ、東武線で浅草へ。ふらっと入った寄席。出演者、観客双方とも一生懸命でない、程よく力の抜けたユルい空気感が肌に合った。「だんだんお客さんがノッてくる。テンションが上がってトリでは爆笑。すごいなあと」

 原点は寄席。そして今も。

    ◆     ◇    

 12月25日、都内の寄席、新宿末廣亭。サンタを信じていたが「俺がジャスコで買ってくればいいんだろ」と父親が怒鳴る声を聞いた-苦い思い出話から、枕元で昔話を語る父親を子どもが諭す「桃太郎」を披露。地下鉄移動して、池袋演芸場では、吉原遊郭の花魁(おいらん)が千葉から来た嫌いな客についたウソを巡る「お見立て」。観客席に子どもを見つけ「将来は立派な花魁に」とイジった。

 両会場とも満員。古典落語を壊さない絶妙なくすぐり、滑稽な表情と動き。老若男女が腹を抱えて笑う。今月でまだ40歳。その話しっぷりは既に円熟味すら漂う。

 およそ940。昨年寄席のほか全国での独演会、ホール公演などで重ねた高座数は自己最多だ。「これ以上は物理的に無理」な領域。「最もチケットが取れない」の称号は伊達でない。江戸以来という落語ブームを先頭で引っ張る。

    ◆     ◇    

 「命までとられるわけじゃあるまいし」。色紙には落語における座右の銘を書く。落語の出来や客ウケに一喜一憂しない境地。原点である寄席のユルさと共通するようだが「独演会は自分目当ての人が多く、甘えてしまう。自分のことを知らない(人がいる)寄席も同じ割合で立たないと」。原点に立つのは自分磨きでもある。

 「普段の袴」「粗忽の釘」-。得意かつ好きな滑稽噺(はなし)でも、間抜けな「与太郎」が登場する演目の面白さこそ真骨頂。「ギスギスしてない、いろんな人を許容する世界。ダメとか、頭が悪いとかで排除されない。そういうおおらかな世界は、しゃべっても、聞いても良い」。落語の魅力は人間愛だと教えてくれる。

    ◆     ◇    

 今年の目標は現状維持。それも大変そうだ。来年発表される新元号の「名人」候補。

 「とんでもない。どうしようもない、箸にも棒にもかからない、穴だらけみたいな人間でいいです」

 漫画「ドラえもん」に出てくるような原っぱがあった「ほどよい田舎町」とする野田市で生まれ育った少年が超絶人気の落語家となるまでの顛末は、お後(あと)のお楽しみ。ちなみに父親が渋々買い物に行った「ジャスコ」とは現在の「イオンノア店」(野田市)。

◆人間国宝絶賛、21人抜きで真打

 春風亭 一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ=本名川上隼一(かわかみ・としかず)) 1978年1月28日、野田市生まれの39歳。同市立中央小、第二中から埼玉県立春日部高校に進む。ラグビー部を退部後、寄席などへ通うようになり落語研究部を再興。1浪して日本大学芸術学部に入学し落語研究会では故古今亭右朝の指導を受ける。2001年3月同大を卒業し、5月春風亭一朝に入門。同7月前座名「朝左久」で初高座。04年11月二ツ目昇進、「一之輔」に。10年NHK新人演芸大賞受賞。古典落語の人情噺から滑稽噺まで現代のテイストを取り入れる絶妙なセンスに、人間国宝の柳家小三治も「久々の本物」と絶賛した。12年3月34歳のとき異例の21人抜きで単独の真打昇進を果たす。出囃子「さつまさ」。「初天神」「粗忽の釘」「笠碁」「欠伸指南」など滑稽噺を得意とする。

 忙しい高座の傍ら、テレビ・ラジオ出演、雑誌へのコラム連載、ラップデュオのプロデュースなど活動の幅を広げている。

 趣味は程をわきまえた飲酒、映画・芝居鑑賞、徒歩による散策、喫茶店めぐり、洗濯。大学の先輩で同い年の妻との間に2男1女。血液型A型。(落語協会ホームページなどから)

cat_18_issue_oa-chibanippo oa-chibanippo_0_d96735a070ae_鶴光も登場!「ジャガーだよ!県民集合」密着レポ<2> d96735a070ae 0

鶴光も登場!「ジャガーだよ!県民集合」密着レポ<2>

2017年12月29日 16:58 ちばとぴ&千葉日報

12月23日にチバテレで放送された特別番組「お悩み解決 ジャガーだよ! 県民集合!!」」。第1部終了から約2時間半、午後8時25分から第2部の生放送がスタートしました。

しかしオンエア開始直後、なんとタイトルコールでアシスタントのお美和子様が、まさかの喉トラブル!

興奮のあまり第一声からむせてしまったベテランアナウンサーを、隣のジャガーさんはもちろん、スタジオ中が温かい爆笑で見守りました。もう何でもアリです☆彡

⇒アンジャッシュの悩みばっさり! 密着レポ<1>

ジャガーさんは赤と黒を基調に、ソフト帽のてっぺんから赤いおぐしが突き出ているという斬新なスタイルで登場。ようやくフルでともった電飾が彩りを添えています。

アシスタントのお美和子様と、現役女子高生シンガーのMIOちゃんも第1部から衣装替え。

お美和子様「MIOちゃん、花も恥じらう16歳って、うーらーやーまーし~~~! ジャガーさんは16歳の時って何をなさってました?」
ジャガーさん「ジャガーの場合はですね、(MIOちゃんのように)制服を着てました(笑)」
お美和子様「あ、ジャガー星としてそういった制服のあるところに通ってらした、っていう」
ジャガーさん「そうですね」
お美和子様「この番組を通して、ジャガーさんの秘密がポロリポロリと出てきますからね、皆さま片時も逃さずにご覧になっていただきたいと思います」

動物園で働きたい!

千葉市美浜区のペンネーム・田中くん(12)のお悩み。「僕は動物が大好きで、将来は動物園か水族館で働きたいです。どんな勉強をしたらなれるんですか? ジャガーさん、教えてください」

なんとジャガーさん、悩みを解決するため、事前に取材に出向いたとのこと。VTRでは、ジャガーさんが千葉市動物公園を訪問し、ヤギの餌やりなどに挑戦する様子が紹介されました。

すっかり動物たちと仲良くなったジャガーさんは、飼育担当者に相談者の悩みをぶつけます。

担当者「実は動物園の飼育員は、資格はないんですね。ただ募集が少ないので、求人情報はホームページなどで探すか、動物関連の専門学校や大学もあるので、そういうところで情報をもらって就職することはできると思います」
ジャガーさん「そうすれば、この素敵なお姉さんのような仕事ができるかもしれませんよっっ! イエッッ!」

VTR終了…。

お美和子様「あの~、ジャガーさん、これ半分、遊び…お悩み相談じゃないですよね。飼育員の方もずいぶん他力本願に結果がまとまってましたよね」
ジャガーさん「でも、解決したみたいだから…」
お美和子様「まぁ、終わりよければ全てよしということで、じゃ田中くんわかりましたか?」

ジャガーさん、厨房に立つ!

続いてのお悩みは、千葉市稲毛区の女性、ペンネーム「うめだこうめ」さん。「5歳の娘(みーちゃん)が食わず嫌いで困っています。お野菜、卵が嫌い。泣いて食べない。どうにかしてください」

今回もVTRでのお悩み解決です。金髪姿で、うめだこうめさん宅にお邪魔したジャガーさん。子どもたちが若干泣き出していますが、気にしない気にしない。

みーちゃんの食わず嫌いをなくすため、ジャガーさん自らクッキング!
卵を使ったスイーツを作り出しましたが…。

フライパンの中の「卵ケーキ」は、みるみるうちに黒焦げに! しかし、みーちゃんは迷わず一気食い。見事、完食したではありませんか。

VTRが終わると、スタジオは拍手喝采。
お美和子様「すごーい! ジャガーさんお料理なさるんですね、ちゃんと」
ジャガーさん「やりますよ。料理は得意です。『ジャガーカレー』ってのも発売されてます」

お美和子様、両手にイケメン

スタジオにお悩みをたずさえて登場したのは、ヴィジュアル系メタルバンド、「ヴェルサイユ」のヴォーカリスト兼リーダー、「KAMIJO」さん。「ロックアーティストとして、バラエティー番組に出演する際の心構えをぜひ、ご享受いただきたいなと思いまして」

ジャガーさん「ロックアーティストになりたいの、バラエティーに出たいの?」
KAMIJO「ロックアーティストでいたいです」
ジャガーさん「じゃもう、言うことないんじゃないですか。バラエティーは、このルックスだったら、何もしなくても大丈夫です」
KAMIJO「いや、座ってるだけで許されるのはジャガーさんだけです」スタジオ内大爆笑。
お美和子様「なるべくご自身を出しながらもね、初対面のMCにツッコミを入れるとか、そういうのOKだと思いますよ。素晴らしゅうございました」

笑福亭鶴光師匠が参戦!

生放送も残り30分となり、第2部も佳境。ここで満を持して、笑福亭鶴光師匠が登場しました!

鶴光さんと言えばラジオ番組「オールナイトニッポン」で一世を風靡した伝説のラジオパーソナリティーとして知られ、上方落語家としても東京の寄席でトリを飾る唯一無二の存在。

鶴光師匠「こりゃまた、ドラキュラの城に来たのかと思った(笑)。一瞬、来る場所間違うたかと」
お美和子様「大丈夫です、あってますよ、どうぞ~」
鶴光師匠「さっきからずっと見てましたけど、不思議な番組でんな~(笑)。何を言ったらいいのか、わからない」
お美和子様「あの、そうやって何となく楽しいかな~と思って、笑ってくださるとうれしいんですよ」
鶴光師匠「(ジャガーさんの腕から生えたトゲトゲにあたって)これ、痛いな! (ジャガーさんの顔を至近距離から見て)そーとー塗ってまんな! デーモン小暮と対抗してるな?」

千葉テレビに“降臨”するのは初めてという鶴光さん。もちろん、ジャガーさんと鶴光さんも直接の顔合わせは初めてです。

さっそく番組に寄せられたお悩みは…。

大田区32歳男性、ペンネーム「むらさきダンプ」さん。「私は自動ドアに意地悪されます。開いてくれなかったり、挟まれたり。自動ドアから人間として認められるにはどうしたらいいと思いますか」

鶴光師匠「ジャガーさん、自動改札機、止められますやろ」
ジャガーさん「ハイ」
鶴光師匠「そうやと思うわー。飛行機もとめられますやろ? やっぱり~」
ジャガーさん「自動ドアが感知してくれないのは、せっかちだからですよ」
鶴光師匠「あれ、小っさい子の方がいいんやって」
お美和子様「あ、児童のドアね、ハイ」

感謝を伝えたい

続いては、またしてもジャガーさんの出張相談VTR。

VTRで、一般家庭にお邪魔するジャガーさん。登場した松尾恵さんと、娘の朋子ちゃんからのお悩み相談は…。

「来年2月に、結婚10周年を迎える私たち夫婦。娘が生まれて3人家族になり、いろいろありましたが、主人への感謝を伝えるいい方法はないでしょうか。主人の心に、永遠に残るような感謝の気持ちを一緒に考えてもらえませんか」

ジャガーさん「ご家族で一番思い出に残っていることはなんですか?」
恵さん「娘が4歳の時に、主人と娘の結婚式を挙げたことがありました」
ジャガーさん「ジャガーのCDで、『ジャガーについてきてくれてありがとう』という曲がございます。それを毎日じゃんじゃん聴いていただいて。あとでCDを送ってあげますのでね、絶対聴いてくださいね」

不思議な沈黙が流れ、VTR終了。

鶴光師匠「あれ今の、解決になってまんのかいな? CD買わすための…」
ジャガーさん「いや一応プレゼントで」
鶴光師匠「結婚10年ということは、さらに10年たったらあとは(胸をポンと叩いて)肉体ですがな」
お美和子様「いや、そこは“心”じゃないの?! それも全然解決になってませんよ!」
鶴光師匠「10年目が一番危ないっちゅうから、気ぃつけてね~!」

ナイツの2人もバッサリ!

続いては、チバテレで毎週金曜夜10時30分から放送している人気番組「ナイツのHIT商品会議室」に出演中の、ナイツ(塙宜之さん、土屋伸之さん)の2人がVTRで登場。「7年間ずっと会議室で撮影している。あとカメラマンさんが1人しかいない」と不満を連発します。

さらに2人は鶴光師匠に向かって「学校寄席で下ネタをやるな」と苦言も。

お美和子様「うわっ、最低!」
鶴光師匠「下ネタ言うても、『母さんが夜なべをして弟作ってくれた』言うただけやで」
ジャガーさん「(無言でうなずく)」
鶴光師匠「会議室なだけ幸せだと思いや、ワシのやってるケーブルテレビなんて倉庫改造してんねんで。しかもカメラ1台、まだええやん、うちら内視鏡でやってるもんねぇ」
お美和子様「上には上がいるということで」
こうしてナイツのお悩みはアッサリと片付けられてしまいました。

愛される番組にはジャガーさん?!

続いてもVTRです。

チバテレで毎週日曜日に放送している『浅草お茶の間寄席』出演の田代沙織からお悩みが。「愛される番組にするにはどうしたらいいか?」

ジャガーさん「たまにジャガーが(番組に)行ったらいいんじゃないですか?」
お美和子様「なるほど~、ものすごいケミストリーが起きそうな」
鶴光師匠「客が増えるか、帰るかわかりませんけど、面白いんじゃないですか。そこでCD売ってね。これはね、出演するメンバーが一生懸命に落語、漫才をやれば、自然と愛される番組になるんですよ」
ジャガーさん「お客さんに伝わりますからね」
鶴光師匠「『芸人に 下手も上手もなかりけり 行く先々の水に合わねば』ちゅう言葉があんねん。要は、場所場所でちゃんとウケる状態を作っておかんと、一流芸人になられへん。ロッカーでもそうでしょ? やっぱこっちでウケるけどこっちでウケない、じゃなくて全部にウケなあかんでしょ?」
ジャガーさん「(ウンウンうなずきながら)ジャガーはどこでもウケてます」
鶴光師匠「この人、謙遜というものを知らんね!」
お美和子様「もう、そういうのは達観しちゃってるんですよ」

最後のお悩みはダイエット

再び、お悩み電話がつながり、最後の相談者です。

千葉市の32歳、ペンネーム「ようちゃん」さん。「結婚して5年目。結婚前に頑張って25kgのダイエットをしたが、結婚したら30キロくらい太ってしまった。どうしたらジャガーさんのように痩せられるか?」

ジャガーさん「見た目がキレイな太り方ならいいんじゃないですかね」
鶴光師匠「今、糖質ダイエットって流行ってるでしょ。あと、夜寝る3時間前からは何も食べない、これはやったことあります?」
ようちゃん「でも仕事が終わるのが大体夜8時すぎなので…」
鶴光師匠「そしたら、夕ご飯をちょっと少なめにしたらどうですか。腹八分目に医者いらずって言うし」
ジャガーさん「そうですね、太った姿もステキだと思います。痩せよう痩せようと思わないで…」
鶴光師匠「この人は痩せたい言うてんねん!!! まぁ噺家の場合は、痩せようと思ったら生活苦や。だからモノ食わんことや」
お美和子様「ご自身に合ったダイエット方法がいいと思います。今、師匠が言われたローカーボもいいですし、16時間ダイエットとかいろいろあるんで、試してみてくださいね」

ラストはお美和子様にサプライズ!

鶴光師匠「実はお美和子様は25日が誕生日なんです」

お美和子様の前に、サプライズでバースデーケーキが!

アシスタントのMIOちゃんも一緒に、4人で「ハッピーバースデー」を歌いながら、拍手の中で生放送は終わりを迎えました。

お美和子様「また今度もお目にかかりたいと思います! どうもありがとうございました!」
鶴光師匠「これ顔にバーン、て行かんの?」
ジャガーさん「わ~~~~い!」

外部リンク

cat_18_issue_oa-chibanippo oa-chibanippo_0_48bca0af4130_Xmasに伊達直人から7年連続でランドセルの贈り物! 48bca0af4130 0

Xmasに伊達直人から7年連続でランドセルの贈り物!

2017年12月29日 11:59 ちばとぴ&千葉日報

25日のクリスマス、我孫子市役所の正面玄関に人気漫画「タイガーマスク」の主人公「伊達直人」を名乗る人物から、ランドセルの贈り物が届きました。

⇒あびこの魅力チャンネル

贈り物には手紙が添えられ、「みんなの協力を得て贈らせて頂きます。沢山の伊達直人」と書かれていました。

贈り物のランドセルは、25日のクリスマスの早朝、市役所の正面玄関に包装紙に包まれたカラフルなリボンの付いた5個の箱が置いてあるのを巡回中の警備員が発見。中には、黒や紺、ピンクなど新品のランドセルが入っていました。

 市には、2011年から毎年、クリスマスに合わせて「伊達直人」を名乗る人物からランドセルが届けられ、今年で合わせて35個になるということです。

外部リンク