cat_18_issue_oa-chibanippo oa-chibanippo_0_3aebe47f96dc_リンさん父献花「まだいる気が…」 松戸女児殺害1年 3aebe47f96dc 3aebe47f96dc リンさん父献花「まだいる気が…」 松戸女児殺害1年 oa-chibanippo 0

リンさん父献花「まだいる気が…」 松戸女児殺害1年

2018年3月27日 11:22 ちばとぴ&千葉日報

 昨年3月、松戸市立六実第二小3年だったベトナム国籍の女児、レェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=が殺害された事件で、遺体発見から1年となる26日、父親のレェ・アイン・ハオさん(35)が遺体遺棄現場の我孫子市北新田の排水路脇を訪れ、遺影に向かい静かに手を合わせた。リンさんの友人らから贈られた花を供え、「この世界にまだリンちゃんがいる気がする」と報道陣に胸の内を明かした。

 リンさんが暮らしていた松戸市では、同市の本郷谷健次市長が六実市民センターに設置された献花台やリンさんの自宅を訪れ、冥福を祈った。

 リンさんは昨年3月24日朝、修了式出席のため松戸市内の自宅を出た後、行方不明になり、同26日に遺体で発見。同小保護者会長だった渋谷恭正被告(46)が殺人などの罪で起訴された。初公判は6月4日。

外部リンク

cat_18_issue_oa-chibanippo oa-chibanippo_0_eef5baa92d28_簡易トイレから遺体 身元不明、死後数カ月 成田 eef5baa92d28 eef5baa92d28 簡易トイレから遺体 身元不明、死後数カ月 成田 oa-chibanippo 0

簡易トイレから遺体 身元不明、死後数カ月 成田

2018年3月27日 11:17 ちばとぴ&千葉日報

 26日午前7時45分ごろ、成田市所の産業廃棄物中間処理業者の敷地内で、作業員が回収したごみの中から年齢性別不明の遺体を見つけ、関係者を通じて110番通報した。成田署は事件事故の両面で身元などを調べている。

 同署によると、遺体は死後数カ月が経過しているとみられ、衣服は着用していたが外傷などは不明。作業員が成田市内の作業現場から回収してきた簡易トイレの粉砕作業中に発見したという。

外部リンク

cat_18_issue_oa-chibanippo oa-chibanippo_0_af95e83acbb5_嫌がらせ?保育士、児童画像入りSDカード窃盗 容疑で逮捕 af95e83acbb5 af95e83acbb5 嫌がらせ?保育士、児童画像入りSDカード窃盗 容疑で逮捕 oa-chibanippo 0

嫌がらせ?保育士、児童画像入りSDカード窃盗 容疑で逮捕

2018年3月27日 11:13 ちばとぴ&千葉日報

 印西署は26日、窃盗の疑いで、印西市大森、市立子ども発達センター保育士、宮嶋千恵子容疑者(38)を逮捕した。

 逮捕容疑は15日午前8時40分ごろ、同市高花の同センターの事務室内で、センターが管理する児童の画像データの入ったSDカード1枚(時価500円相当)を盗んだ疑い。

 同署や市子育て支援課によると、SDカードは同日開催予定だったお別れ会のスライドショーで使うために別の職員が事務室内に置いていた。カードには2014~17年度の行事風景などを撮影した画像データが約900枚記録されており、画像に写った児童は約130人に上るという。宮嶋容疑者は「SDカードを持ち去ってしまいました」と容疑を認めており、同署は、特定の誰かへの嫌がらせ目的だった可能性を含めて動機を追及している。

 市子育て支援課はカード紛失後、施設の全職員に聴き取り調査をしていたが、宮嶋容疑者は「特に見ていない」と話していたという。宮嶋容疑者は異動に伴い昨年4月から同センターに勤務。同センターは成長や発達に心配のある就学前児童を療育する施設で、宮嶋容疑者は保育士として子どもたちの療育指導に当たっていた。同課の担当者は「勤務態度に問題はなかったので大変驚いている。全職員に公務員としての自覚を再認識させ、市民の皆さまの信頼回復に努めたい」としている。

外部リンク

cat_18_issue_oa-chibanippo oa-chibanippo_0_c899cc5afecd_【千葉魂】気魂充実の船出へ 井口マリーンズ、始動の時 c899cc5afecd c899cc5afecd 【千葉魂】気魂充実の船出へ 井口マリーンズ、始動の時 oa-chibanippo 0

【千葉魂】気魂充実の船出へ 井口マリーンズ、始動の時

2018年3月27日 10:51 ちばとぴ&千葉日報

 最後は全員で2018年版マリーンズ野球を体現してみせた。ナゴヤドームで行われた25日のオープン戦ラストゲーム。選手たちはまるで事前に示し合わせていたかのように走った。8回盗塁を試みて、6回成功。「積極的に走ってほしい。それで失敗をしても文句は言わない」と昨年11月の秋季キャンプから伝え続けていた井口資仁監督は選手たちが積極果敢に走る姿をベンチから頼もしそうに見つめていた。

 「もちろん長打をバンバン打って勝てるのであれば、それがいい。でもそうはいかない。打てない時はある。そんな時はいろいろな策を使って1点をもぎ取る。それが今年のチーム。足を使って勝てるゲームを1試合でも多くやりたい。ヒットがなくても1点を取れる攻撃をしていきたい」

 8回試みた盗塁のほとんどは選手たちが自発的にスタートを切ったもの。ただ1回だけサインを出した。1点差に詰め寄られた六回1死一、三塁の場面だ。一塁走者の菅野剛士外野手が二塁へ。すかさず三塁走者の鈴木大地内野手は本塁を陥れた。ドラゴンズ内野陣が見せたわずかな隙を突く攻撃。この追加点はただの1点ではなかった。これで動揺を見せた敵にマリーンズは一斉に襲い掛かった。一挙4得点で突き放す。ダブルスチールからの得点を機に一気に攻め立てた。これもまた指揮官の思い描いた通りの戦い方だ。

 「野球はただ打つだけが攻撃じゃない。走者は塁上で投手に重圧を掛けないといけない。ワンバウンドのボールを投げようものなら、二塁を陥れる。油断をしていたら走る。それが成功すると相手はまた動揺する。それが相乗効果となって攻撃はつながる。ちょっとした隙、ミスを攻め立てたい」

 選手たちに事あるごとにそう言い続けてきた。それだけでは物足りないとばかりにマスコミのインタビューでも公言し続けた。記事、番組を選手たちが目にすることを計算に入れてのこと。やりたい野球、伝えたい想いを口にしてきた日々は今まさに満開に咲き誇ろうとする桜のように、鮮やかな結果となって人々の前に感動的な姿を現そうとしている。

□     ■     □

 クールな指揮官が珍しく語気を強めた事があった。オープン戦試合前の監督室で開幕前の野球評論家の順位予想が話題となった時だ。昨年最下位のマリーンズの大方の予想は下位。今年もまた最下位との予想もいくつかあった。それを伝え聞くと現役時代、打席でピッチャーをにらんでいたあの鋭い眼光が突如、蘇った。

 「それはそれでいい。予想はあくまで予想。現実は全然、違う。選手たちはこれを発奮材料にやればいい。去年のウチを基準に考えている人も多いかもしれないけど、同じ選手でもやってきたことが違う。新しい選手たちもいる。やろうとしている野球も違う。オレは予想を見ていない。けど、そういう人たちに新しいマリーンズの姿を見せたいと思う」

 ここまでの過程が充実したものとなっているという自負があるからこそだ。就任後、選手、コーチとの対話を重視し想いを聞き、伝えた。秋季キャンプから始まった監督業では効率化を推進する一方、自主自律の方針の下、個々のスキルアップに重点を置いた。春季キャンプでは走塁革命を推奨。新たな練習方法や走り方の指導を取り入れながら「走って走りまくる野球」の原型作りに邁進(まいしん)した。オープン戦全日程を終え8勝4敗2分けで堂々の2位。「昨年も首位でシーズンは最下位ではないか」との心ない声もあるが一笑に付す。チーム合計3本塁打ながら、わずかな隙を突く攻撃で得点を重ねての勝利。選手たちには充実感と手ごたえが充満している。今季目指すは昨年78盗塁に終わったチーム盗塁数を140個とすること。これは昨年、最も盗塁を記録した埼玉西武の129個を超えるが「これは当然、達成できる数字」と断言する。さらにもう一つこだわるのが四球数。昨年は387個でリーグもっとも少ない。日本一に輝いたホークスが488個だから100個以上の差がある。打者が低めのボールゾーンの見極めが出来ていないと分析をした指揮官はここまで徹底的に目線を上げることを示し続けた。

 「四球もヒットも一緒。だから評価も同じようにしてほしいとは球団にも伝えている。四球の数を増やして、足を絡めた攻撃で嫌らしく1点を取りに行く。幸い、オープン戦ではみんな低めの見極めが出来ていた。手ごたえは十分にある」

□     ■     □

 井口マリーンズはいよいよ30日の東北楽天戦(ZOZOマリンスタジアム、18時30分試合開始)で船出の時を迎える。計り知れない重圧。目を閉じれば虚空にグラウンドが浮かんでくる日々。それでもユニフォームに袖を通すと五体に覇気がみなぎる。マリーンズの監督という選ばれし宿命を力強く背負う。気魂は充実した。船は潮流に乗り、推進力を増し突き進んでいる。流れをつかんだ。リズムが舞う。さあ、井口マリーンズ始動の時だ。

(千葉ロッテマリーンズ広報 梶原紀章)

外部リンク

cat_18_issue_oa-chibanippo oa-chibanippo_0_d0ad4b0d16f7_<TDS>イースター華やかに テーマはファッションショー d0ad4b0d16f7 d0ad4b0d16f7 <TDS>イースター華やかに テーマはファッションショー oa-chibanippo 0

<TDS>イースター華やかに テーマはファッションショー

2018年3月27日 10:50 ちばとぴ&千葉日報

 東京ディズニーシー(TDS、浦安市)で、きょう27日から季節イベント「ディズニー・イースター」が始まる。26日にはイベントの核となるショー「ファッショナブル・イースター」が報道陣に公開された。

 ショーは昨年に続きファッションショーがテーマで、ミッキーマウスやミニーマウスらディズニーの仲間とダンサーが個性的な衣装を身にまとい、来園者と一緒にダンスを踊る約25分の内容だ。卵の装飾が舞台上に飾られたり、春らしい色合いの船が登場したりと、イースターらしさを存分に演出している。

 他にも園内にファッションショーのランウェイをイメージした写真スポットを初めて設置したほか、東京ディズニーランドで行っていた体験プログラム「エッグハント」を初めて実施。レストランではイースターにちなんだ料理も充実する。6月6日まで。

外部リンク

cat_18_issue_oa-chibanippo oa-chibanippo_0_129406e623e0_<ロッテ>謎の魚、800万円でスポンサー契約を締結! 129406e623e0 129406e623e0 <ロッテ>謎の魚、800万円でスポンサー契約を締結! oa-chibanippo 0

<ロッテ>謎の魚、800万円でスポンサー契約を締結!

2018年3月27日 09:38 ちばとぴ&千葉日報

 千葉ロッテマリーンズのキャラクター・謎の魚の競りが3月26日、ZOZOマリンスタジアムのボールパークステージにて行われ、最高金額で落札した株式会社拓匠開発(代表取締役・工藤英之)と800万円でスポンサー契約を締結した。

 この競りには株式会社拓匠開発、株式会社千葉ロッテマリーンズ、株式会社エイジェック、セントラル株式会社、海鮮プロレス、鴨川シーワールドが参加。今後は謎の魚に株式会社拓匠開発のロゴが掲出される(場所、サイズなどの詳細は未定)。

 謎の魚は「競りで落札された魚です。ちなみに父はディープインパクトですので、血統は最高です。デビュー戦はきっと1番人気になると思います。あ、今のはジョークです。スポンサーがついて、これで少しは生活が楽になるかもしれません。グフフフフ・・・」とコメント。状況をあまり飲み込めない模様で球場を後にした。

外部リンク

cat_18_issue_oa-chibanippo oa-chibanippo_0_a670ded66238_<ジェフ千葉>京都を完封2連勝 a670ded66238 a670ded66238 <ジェフ千葉>京都を完封2連勝 oa-chibanippo 0

<ジェフ千葉>京都を完封2連勝

2018年3月26日 11:31 ちばとぴ&千葉日報

 明治安田J2第6節(25日・フクダ電子アリーナほか=11試合)千葉は京都に2-0で完封勝ちし、2連勝。勝ち点を7に伸ばした。前半24分にエベルトのヘディングシュートで先制すると、同27分に熊谷が2点目。

 岡山は昨季J1の甲府に1-0で勝ち、首位をキープ。大宮は福岡を2-1で下した。岐阜は愛媛に3-1で快勝。

千葉 2 2-0 0 京都
     0-0
▽得点者
【千】エベルト(1)、熊谷(1)

 【評】千葉が快勝した。前半24分、溝渕のクロスにエベルトが頭で合わせて先制点。同27分には茶島が放ったFKのこぼれ球を熊谷が押し込み、追加点を挙げた。後半は攻め込まれる場面が目立ったが、ゼロに封じた。京都は2連敗。

cat_18_issue_oa-chibanippo oa-chibanippo_0_b38704feec7e_【船橋日記】寄ってくる猫と、寄ってこない猫@船橋競馬場 b38704feec7e b38704feec7e 【船橋日記】寄ってくる猫と、寄ってこない猫@船橋競馬場 oa-chibanippo 0

【船橋日記】寄ってくる猫と、寄ってこない猫@船橋競馬場

2018年3月26日 11:16 ちばとぴ&千葉日報

そういえば、小学生の時の修学旅行や遠足で、写真を撮るために帯同している写真屋さんのおじさんがいて、そのおじさんがカメラを構えていると、僕たちは、変な顔したり、ピースピースとポーズをとったり・・・。

そうすると、写真屋さんの、おじさんは、面白くなさそうな顔をして写真を撮らずにカメラを下げる。ということが、あったなぁと思い出すわけですが

写真屋さんのおじさんは、子供達の自然な姿が撮りたかったのですね。

私も、猫達の自然な姿が撮りたいのですが・・・

寄ってきちゃう、猫がいるんですね。

もともとの気質も、あるのでしょうが厩舎猫としての立場を認められ、可愛がられている猫は人間が大好きになっちゃうのでしょうね。

これも、猫の自然な姿なので、私はシャッターを切ります。

もともとの気質もあるのでしょうが寄ってこないし、こちらが近寄ると逃げちゃう猫もいます。

気合いのはいった顔してます。

もう一歩近寄ったところで、逃げちゃいました。

3月の船橋競馬開催。お客さんとして、しっかり競馬を楽しむことができました。


2016年の羽田盃馬、タービランス!!

強かった!!

相性のいい、仲野光馬ジョッキーとリンゴカン!!

大外一気ってやつですな!!

大記録目前!! 

7100勝ジョッキーの的場文男さん!! 

シブすぎ!!

津乗健太

外部リンク

cat_18_issue_oa-chibanippo oa-chibanippo_0_26dd39e0e813_レッサーパンダ「風太」 15歳誕生日へプロジェクト始動  26dd39e0e813 26dd39e0e813 レッサーパンダ「風太」 15歳誕生日へプロジェクト始動  oa-chibanippo 0

レッサーパンダ「風太」 15歳誕生日へプロジェクト始動 

2018年3月26日 10:47 ちばとぴ&千葉日報

 愛らしい立ち姿で人気者になったレッサーパンダ「風太」の15歳の誕生日を盛り上げようと、千葉市動物公園(千葉市若葉区)は新たに「風太15(フィフティーン)プロジェクト」を始動させた。地域住民やファンらでつくる実行委員会がイベント内容を企画。誕生日だけでなく、約半年間にわたり記念式典や写真展などを開き、節目の年を盛大に祝う。現在、写真展に使う写真を募集している。

 風太は2003年7月5日、日本平動物園(静岡市)で誕生。04年に千葉市動物公園に引っ越してきた後、背筋をピンと伸ばす愛らしい立ち姿が話題に。現在も子どもや孫に囲まれ園内で元気に過ごしている。

 同プロジェクトは風太を長年にわたり応援し続けたファンからの要望で実現。風太ファミリーの情報発信やグッズ販売を行う民間団体「風太ァズ」代表で実行委メンバーの中野志保さん(39)=東京都港区=は「ただ立つだけでなく、レッサーパンダの繁殖や認知度向上に貢献した。風太の存在意義を多くの人に知ってもらいたかった」と話す。

 同園によると、プロジェクト第1弾として6月1日から同園の動物科学館2階で風太の生い立ちを振り返る写真展を開催。7月の誕生日当日には飼育担当者とファン有志が風太へフルーツをプレゼントするほか、同月8日に記念式典を実施する。

 9月以降も歴代飼育担当者によるトークショーなどを行う予定。同園は「ファンとも話し合い、園外でもさまざまなイベントを開く。風太の15歳をみんなで祝ってほしい」と呼び掛けている。

 同園は、写真展で使用する風太の写真を募集中。名前と住所、電話番号、作品タイトル、撮影時期、コメントなどを記入し、4月15日までに同園へ郵便か電子メール(dobutsu.ZOO@city.chiba.lg.jp)で送る。同プロジェクトで活用する寄付金も随時受け付けている。問い合わせは同園(電話)043(252)7566。

外部リンク

cat_18_issue_oa-chibanippo oa-chibanippo_0_ad62a60c09e6_発酵文化の魅力発信 「酒蔵まつり」に5万5000人来場  ad62a60c09e6 ad62a60c09e6 発酵文化の魅力発信 「酒蔵まつり」に5万5000人来場  oa-chibanippo 0

発酵文化の魅力発信 「酒蔵まつり」に5万5000人来場 

2018年3月26日 10:38 ちばとぴ&千葉日報

 「発酵」をテーマにした町おこしに取り組む神崎町の中心部で25日、町内最大級のイベント「酒蔵まつり」が開かれた。千葉県内最小人口(6202人=1日現在)の同町に約5万5千人が訪れ、新酒の試飲や酒蔵見学などを堪能。発酵文化への理解を深めた。

 同まつりは、300年以上の伝統を持つ二つの老舗蔵元、「寺田本家」と「鍋店」神崎酒造蔵がそれぞれ独自に開催してきた催しを統合し、2009年に始まった。今年で節目の10年目を迎えた。

 両蔵元での新酒の無料試飲会のほか、機械と手で絞ったもろみの食べ比べ、微生物の発酵熱を利用した酵素風呂の足湯など、来場者は普段体験できないことを存分に楽しんだ。一部歩行者天国となった道路には、約200の露店が並び、発酵食品や地元産品などをPRした。

 東京都千代田区の坂本薫さん(28)は「3年前から毎年来ている。活気がある祭りの雰囲気の中で飲むお酒は最高」と話し、友人と乾杯していた。

 寺田本家の寺田優社長(44)は「この祭りを通して、発酵が生活の隅々に浸透していることを知ってもらいたい」と笑顔。鍋店の大塚完社長(62)は「日本一の酒蔵イベントだと思っている。来年以降も多くの人に来てもらいたい」と話した。

 同町では、利根川を使った水運業が盛んだった江戸から明治期にかけて、酒やみそ、しょうゆなどの醸造業が盛んだった。