cat_7_issue_oa-buzzfeed oa-buzzfeed_0_u82xksyj9g82_鳥山明も絶賛!ヤムチャが主役の公式外伝、誕生秘話を聞く u82xksyj9g82 0

鳥山明も絶賛!ヤムチャが主役の公式外伝、誕生秘話を聞く

2017年1月28日 17:01 バズフィード

もしドラゴンボール大好きな男の子がヤムチャに生まれ変わったとしたら――そんなドラゴンボールの「if」の世界を描いた漫画が大きな反響を呼んでいます。

タイトルは「ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件」。

集英社のWebマンガ誌「少年ジャンプ+」に読切作品として前編が公開されています。

平凡な男の子が不運な事故をきっかけに、悟空が少年時代のヤムチャに生まれ変わってしまうというストーリー。

その後の展開を知っている主人公は、サイバイマンの自爆に巻き込まれ、死亡してしまう未来を変えるために奮闘します。

公開直後から大きな話題となり、Twitterには「何度観ても噴き出して笑っちゃう」「かませじゃないヤムチャにドキがムネムネだよ」「どっかの同人ネタかと思ったらジャンプ+じゃないですかw」「主人公と一緒に答え合わせを共有できるのっていいですね」などの反響が寄せられています。

「転生ヤムチャ」はどのようにして生まれたのか、集英社の担当編集者に話を聞きました。


――『ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件』はどのように企画されたのですか?

飲んでいるときの馬鹿話からスタートしました。

編集部のみんなと飲んでいるときに、「ジャンプで“なろう”小説みたいな異世界転生物をやるなら、どんな形があるだろう?」という話になり、「やっぱりドラゴンボールの世界に転生したら燃えるよね」と盛り上がりました。

――なぜヤムチャだったんですか?

「最弱であるヤムチャだと逆転劇としていいよね」と。

サイヤ人じゃない、恋人や配偶者がいない、他の地球人と違ってフェードアウトが早い、情けない死に方…などから、ギャップが生まれて面白そう…という感じです。

――今回はヤムチャ一択だったのでしょうか?他のキャラクター候補がいれば教えてください。

クリリンでループもの…というアイデアもありました。

――鳥山先生の反応はどうでしたか?

企画段階でご相談しました。

NG が出ると思っていたのですが、おおらかな心で許していただけたようです。

また、ネームをお見せしたら、改善のアイデアもいただけました。

完成した原稿も「面白い」と言っていただけて、大変うれしかったです。

――改善のアイデアはどんな内容だったんですか?

「主人公の死に方を面白くして欲しい」というのがあったほか、主人公のキャラ設定など、読者の入りやすさを意識された指摘がありました。

――配信にいたるまで、大変だったことはありますか?

特にはないです。鳥山先生にもご快諾いただいたので。

ただ、TVアニメ『ドラゴンボール超』でも「ヤムチャ回」があるというのが執筆中に分かったので、そのタイミングに合わせるのが大変でした。

――作者の方は以前から「悟空の代わりに赤ん坊のベジータが地球に送り込まれてたら…」などのパロディ漫画をピクシブに公開して話題となっていましたが、集英社からスカウトしたのでしょうか?

編集部にドラゴン画廊・リーさんに注目しているスタッフがいて、教えてもらいました。

その後、Twitterで問い合わせて、企画概要をお伝えしたら描いていただけることになりました。

――ネットで大きな反響がありましたが、どう思われましたか?

正直、驚きました。ここまで反響があるとは…。Twitterなどで「公式がコレをやるのかよ!」というツッコミがあって面白かったです。

アニメとタイミングを合わせられたのも良かったと思います。

また、ネットでの「ヤムチャいじり」がひとつの文化になっているというか…ヤムチャ愛されてるな、と思いました。


――作品はどれぐらい読まれたんですか?

普通の読切の倍以上、連載陣と比べても圧倒的で、その週で一番読まれました。

――今後、ドラゴンボール以外の外伝が掲載される可能性はありますか?

可能性はあります。『NARUTO-ナルト-』とかも良さそうですよね。

ただ、その前に、まず「ヤムチャ」の続きを読者の皆さんにお届けすべく頑張ります。

外部リンク

cat_7_issue_oa-buzzfeed oa-buzzfeed_0_1hux8016kcit2_上司のしょうもないツイートを歌にしたら、意外な結果に 1hux8016kcit2 0

上司のしょうもないツイートを歌にしたら、意外な結果に

2017年1月27日 20:38 バズフィード

突然ですが、上司のツイートを見て「しょうもなっ」と思ったこと、ありませんか?

懲らしめたい…。でも、上司だから「しょうもなっ」なんて言えない…。そんな人も多いのではないでしょうか。

そこで考えたのが「上司のしょうもないツイートを歌にする」という方法です。

歌にしたら、きっと恥ずかしがるはず!

今回、協力してもらったのはバンド「虹色侍」の2人

ずまさん(左)とロットさんによる即興作曲を得意とする京都のバンドです。

上司のツイートから作曲して、そのツイートに動画で返信してもらえないか頼んでみました。

「全然やりますよ! 70曲くらい作れますよ!」と、ずまさん。

確実に上司の反応を見るため、あらかじめ歌を投稿してもらう時間帯を決め、その時間に嘘の会議を開くことにしました。

そして、むかえた当日

嘘の会議のはじまりです。

「Twitterの活用がもっとうまくなりたい。だから、実際に(上司の)Twitterアカウントを見ながら、その解説をしてほしい」

そう頼んで、講座をひらいてもらいました。

歌が投稿されたら、確実に気づいてもらうためです。

「何気ないツイートも大事だよね」

嘘の会議だとはしらず、上司は真面目に自分のツイートの解説をしてくれました。

そのとき、歌が届きはじめた!

最初に届いたのは「おしっこガマンしちゃう伊藤さん」という歌です。

「なんだこれ! このタイミングですごくない?」

歌を聴きながら笑いが止まらない上司。

「何気ないツイートをしていると、こういうこともあるんだねえ」

まったく気づいていない様子です。

その後も、絶え間なく歌は届きつづけました

レゲエ調の肉まんの歌や

体重が増えたことをバラード調にした歌

一行日記が役に立たないことを熱くうたった歌など

10曲以上の力作が届きました。

「なんだこれ(笑) すげえ、いい歌じゃねえか」

「なに話してたのか忘れちゃったよ(笑)」

あ、懲らしめるつもりだったのにめっちゃ喜んでる…。

上司のしょうもないツイートを歌にして気づいたこととは

「おい、こんなの届いたんだよ」


その後もネタバレせずにいたら、上司はニコニコしながらみんなにも歌を聴かせはじめました。

そのとき、なぜか一緒にうれしくなっている自分に気づいたのです。

最初は、懲らしめるつもりではじめたこの計画。でも、もう「しょうもないツイートをしてもいいじゃないか。あたたかく見守ろう」という気持ちにいたったのでした。

なお、上司はこの記事の公開をもってすべてを知ることになります。

外部リンク

cat_7_issue_oa-buzzfeed oa-buzzfeed_0_vevcclkk2434_節分の豆まき、ピーナッツじゃだめなの? 鬼に聞いた vevcclkk2434 0

節分の豆まき、ピーナッツじゃだめなの? 鬼に聞いた

2017年1月27日 17:19 BuzzFeed

もうすぐ節分、豆まきで投げるのは…?

社内チャットで聞いてみると…

やっぱりみんな「大豆」をまくみたい

で、なぜこんなことを聞いたかというと…

うちではいつも「落花生」投げてました...

▲こんなかんじ

そう落花生、ピーナッツです。地元北海道では当たり前だったのですが、東京に来てからはこの話をするたび怪訝な顔をされてます。

「ピーナッツって、そもそも豆なの? 煎ってないし、邪道じゃん」

いやいや、大豆を投げるより良いこともたくさんあるんだってば!

ということで

投げ比べてみた。

ちょうどいいところに鬼がいました。

まず、落花生のほうが痛くない

▲左が落花生、右が大豆。

鬼「まず、圧倒的に一握りの豆の数が違うよね。あと、大豆はクッション性がゼロ」
鬼退治という意味では、より痛い大豆のほうがいいのかもしれませんが…

そして掃除がラク

投げてから気付いたんですが、大豆のほうの後片付けがわりと地獄。大豆は割れたり皮が取れたりと、オフィスの一角が豆くずまみれになってしまいました。

まいた後でもキレイに食べられる

大豆と違って、床に落ちた豆でも落花生なら清潔に食べることができます。食べ物が無駄になりません。

ほらほら、いいことばっかりでしょ!

鬼にも、まくひとにも優しく、食べ物を無駄にしない落花生の豆まきって、イイでしょ?

年の数だけ食べ……え、どうカウントすればいいの?

鬼「たくさん食べたい時はさやごとで、そうでもない時は豆1つずつで数えればいいんじゃないかな…」

外部リンク

cat_7_issue_oa-buzzfeed oa-buzzfeed_0_1hv0hp051ip82_40代で始めたダンスで世界が変わったおばあちゃん 1hv0hp051ip82 0

40代で始めたダンスで世界が変わったおばあちゃん

2017年1月27日 17:01 バズフィード

着物姿で豪快に踊る3人のおばあちゃんたち。笑顔で楽しそうに、そしてカッコよく踊る姿が印象的だ。

出典: YouTube

youtube.com
24K Magic - Bruno Marsをおばあちゃんが踊ってみた
11月末に公開したこの動画は、瞬く間に世界中で話題を集め、1月には100万再生を超えた。

ブルーノ・マーズ本人もTwitterで言及し、海外からも「かっこいい!」「素敵なおばあちゃんたち」など多数のコメントが寄せられている。

ブルーノ・マーズ本人が「ありがとう、レディース!」

「こんなに反響があるなんてびっくりしました、日本より海外からの反応の方が多いくらいじゃないでしょうか。ブルーノ本人も見てくれてるなんて、あらためてすごいことですよねぇ……」

この動画に出演するダンサーのひとりが、61歳のTORIさんだ。ストリートダンスの分野で「還暦を過ぎてもダンスは楽しめる」を自ら証明し続けている。

TORIさん(中央)とダンスユニット「BAMBOO SHOOT」のムッシュさんとたちフラワーさん
「体力的にも時間的にも無理しないで、自分の好きなペースで楽しくやれてるのがいいんじゃないですかねぇ。仕事の合間に練習してますし、疲れたら休む。上手くやらなきゃ、ちゃんとやらなきゃ、って思わないこと。全然ストイックじゃないです(笑)」


「やっぱり、ダンスは楽しい。楽しいからずっと続けられてるんだと思います」

ダンス入門は、子育てを終えてから

TORIさんが本格的に踊り始めたのは、子育てが一段落した40代後半の頃だった。興味を持ったきっかけは、さらに10年ほど前にさかのぼる。

TORIさん
子どもが通っていた小学校で、週1回開催していた母親向けのエクササイズに参加するうちに、身体を動かす楽しさに目覚めた。「やってるうちに体操じゃつまらなくなってきちゃって」。

いつかきちんと「ダンス」を習いたい――数年間あたためてきたその思いを実現すべく、家から自転車で通える範囲のダンススタジオを探し、扉を叩いた。

ダンスと一口に言っても、バレエやコンテンポラリー、社交ダンスなどさまざまだ。広く入門クラスを受ける中で、TORIさんが特に気に入ったのがストリートダンスだった。

中でも、弾けるように身体を動かすポッピンと呼ばれるダンスに“出会った”時に「私がやりたいのはこれだ!」と感じた。道が決まった。

最初は毎回のレッスンを楽しむ程度だったが、徐々に熱は高まっていく。もっとうまくなりたい。今できないことを、来週までにできるようにしたい。

昨日よりも今日、今日よりも明日。毎日自宅で練習する日々が始まった。

スクールで出会った年下の仲間たちとチームを組み、外部のイベントやダンスバトルに参加するようになった。

今やダンサーとして、企業CMなどにも出演している。「ずっと趣味ですよ、趣味の延長。自分がやりたいように続けてきたら今に至る、です」と控えめに語る。

「敬うというか、なめんなよ。」

出典: YouTube

youtube.com
2013年、振付師ユニット「HIDALI」の作品「敬老の日」に出演。表参道の路上でキレキレに踊る姿がカッコいい

年を重ねること、肉体と向き合うこと

年を重ねていくことは、肉体が衰えていくことでもある。身体をフルに使うダンサーとして、どんな風に向き合っているのだろうか。

「思うように身体が動かないことなんて、今も昔もたくさんあります(笑)。始めた頃に比べたら長く踊れなくなってきますしねぇ。当然、若い子の方が身体は動くし体力あるけど、そこを比べるだけがダンスじゃないので」

「世界的なダンサーに限らず、周囲の人を見てても思うんですが、歳を重ねた味って絶対あるんですよ。テクニックだけで決まるわけじゃない」

「ダンスは純粋なスポーツと違って、アートでもあるんです。なので、年を取ることは必ずしも悪いことではないと思ってます」

自分自身のことを話す時は控えめなTORIさんだが、ダンスの話になると目が輝く。魅力や楽しさを言葉を選びながら語ってくれる。

「ダンスの面白さってなんですか?」と聞くと、こんな返事が返ってきた。

「行き着く場所がないところ。やればやるほど深みにハマっちゃうんですよ、一歩進んだと思ったらまた戻って……その繰り返し」

「何か新しいことができるようになったら、また新しい目標が少し先に見えている。気付いたらちょっとずつ先に進んでいるのが楽しいです」

「楽しさと難しさが半々くらいですね。うーん、でも、難しさも含めて楽しいかも。何年やってても、できないことがあると悔しいし、上手な人を見たらああいう風になりたいって思う。そういう気持ちも含めてずっと楽しい」

ダンスは若者のもの?

TORIさんは自分の歩みをさらりと話すが、自分に置き換えて考えると、例えば20代後半の今からダンスを始めようと思ったとしても、なかなか勇気が出ない気がする。

なんとなく「ダンスは若くてイケイケな人がやるもの」「自分には似合わない」という印象があるからなんだと思う。自分は「そういうタイプ」じゃないし、「そういう年」でもない……と尻込みする気持ちがどうしても先に立つ。

「そうですよね、私も同じ。最初は周りの目が気になってました。ストリートダンスって、ただでさえ年配の人が少ないジャンルですし。こんなに年が離れた子たちと一緒になって踊るの、世間の常識からしたら変かな? って」

「でも、意外と自分が思ってるほど周りは気にしてないですよ。本当にそう思います。何かを始めるのに遅すぎるってことはないですし、迷うほど敷居は高くない。とりあえずやってみよう、って私なら言いますね」

「気づいたらもっとおばあちゃんになってた、がいいな」

常に楽しみながら、新しい目標を見つけているTORIさん。これから挑戦したいことを聞くと「ベーシック(基本)からもう一度学び直したい」と迷わず答える。まだまだできるようになりたいことはたくさんある、と話す。

「あとね、楽器やってみたいです。ベースとか。かっこいいから」。――いつかバンドを組む日も来るかもしれない。

「ダンスを始めてよかったことはたくさんあります。新しい人や新しい音楽に出会えた。でも一番は、人の目を気にしなくなったことかな。やりたいことはやればいいじゃん! 始めてみたらいいじゃん! と思えるようになりました」

「何歳までに何をやりたいとかは、全然ないです。このまま続けていって、気付いたらもっとおばあちゃんになってた……って感じがいいな」

外部リンク

cat_7_issue_oa-buzzfeed oa-buzzfeed_0_1jyit480lugc4_糖質制限マンに朗報! 松屋がライスを豆腐に変更可能に 1jyit480lugc4 0

糖質制限マンに朗報! 松屋がライスを豆腐に変更可能に

2017年1月27日 12:13 バズフィード

松屋が定食のライスを「温豆腐」なるものに変更するサービスを提供している。糖質94%オフ、カロリー74%オフという凄まじいダイエット効果をもたらすという。

さっそくいただいてみる。牛丼やカレー類には適用されないので、まず定食を選ぶ。「豚バラ肉と長ネギの生姜焼定食」は最高だ。

そしてすかさずライスをチェンジ。プラス50円だが、糖質94%オフは魅力的すぎる。

こんなふうにやってくる。いつもご飯がいた場所には、「温豆腐」が置かれている。見た目はまるでサラダが2皿あるようで、とてもヘルシー。

これが温豆腐!やわらかく茹でた白菜も乗っていて熱々。冷たい冷奴的なものだとテンションも上がらないが、これならいいね。

白菜がやさしい。鍋の白菜みたいでどんどん食べられる。

味の濃い生姜焼きによくあう。ライスの代わりに豆腐って全然ありじゃないか。

温豆腐はほど湯豆腐のようなものなので、当然ポン酢がぴったり。

じゃじゃっとかけていただくと、やっぱり美味しい。サラダと白菜と豆腐と生姜焼き。糖質をまともにとらずにお昼ごはんを食べることができた。

湯豆腐みたいなものだから、「ゴマドレッシング」っていうオプションもありだ。いろいろな楽しみ方ができそう。

松屋フーズによれば、この温豆腐チェンジサービスは全国78店舗に限定して展開されているそうだ。たとえば東京都内、山手線沿線では池袋南口店、新宿大ガード下店、高田馬場4丁目店など。

でも、ここまでするなら、もう松屋とか行かなくていいんじゃない?って思いました。

追記:1月27日時点で温豆腐を提供する店舗リストはこちら。

なお、これらの店舗は予告なく変更する可能性がある。

外部リンク

cat_7_issue_oa-buzzfeed oa-buzzfeed_0_1ibkbqhkkimno_Googleの翻訳アプリが新しい遊びを提供? ”珍”和訳 1ibkbqhkkimno 0

Googleの翻訳アプリが新しい遊びを提供? ”珍”和訳

2017年1月26日 17:12 バズフィード

Google翻訳のアプリがアップデートされました。新しく追加された機能を使うとおもしろい!

アップデートされたアプリでは、スマホのカメラを使って、英語のテキストをリアルタイムで和訳してくれます。日本語のテキストも英語にもできます。

iOSとAndroidのどちらにも対応しています。

やり方は簡単。アプリを起動して、カメラのアイコンをタップするだけ。初めは、カメラのアクセスを求められ、翻訳ファイルのダウンロードが必要です。

早速、いろいろな英語を和訳してもらいました。

MacBook AirとLINEは?

アマゾンクーデター!

BuzzFeedのステッカーでは?

BuzzFeedのTシャツは?

トランプ米大統領は1月11日、記者会見でBuzzFeedを「できそこないのゴミの山」と呼びました。

正確に訳してくれる単語もある

めちゃくちゃです

文章はまだ難しいよう

Twitterには、こんな画像も

「完全な佐賀」

え、下ネタ!?

身近なもので試してみては?

外部リンク

cat_7_issue_oa-buzzfeed oa-buzzfeed_0_r1g59k96wjlf_おっさん女子とは何者か?「私はパンケーキよりホッピー」 r1g59k96wjlf 0

おっさん女子とは何者か?「私はパンケーキよりホッピー」

2017年1月26日 11:01 バズフィード

「おっさん女子」

▲イメージ画像

それは、どこか“おじさんっぽい”女性を指す。数年前、ネットから生まれたスラングだ。

一般的な定義は、ズボラでおじさんのような生活を送る女性が呼ばれる。また、自らのことをそう呼ぶ。

なぜ彼女たちは「おっさん」を自称するのか? そこにどのようなメリットがあるのか?

少ない情報と多くの疑問を持ったBuzzFeed Newsは、実際におっさん女子に接触した。

私が「おっさん女子」になった理由

彼女の名前は荻原千佳さん。Twitterでおっさん女子(@chio_081)を公言しており、「おっさん女子の『キャリア系女子宣言!』」というブログも書いている。

▲ハンドルネームに「おっさん女子」

▲ブログも運営している

荻原さんは現在、26歳。都内のIT企業で広報を務めている。彼女が「おっさん女子」になったきっかけとは?

「4年前に篠原涼子さん主演の『ラスト・シンデレラ』というドラマがあったんです。39歳の主人公がおっさん化していくドラマなんですけど、それを観た後輩が『これ、千佳さん(荻原さん)じゃん!』って言われたのが初めてでした」

▲主演は篠原涼子さん。ほか三浦春馬さん、藤木直人さん、大塚寧々さんなど

「大学生のときからおじさんたちと飲む機会が多かったんです。そうすると、食べるものとか、飲むものとかがおじさんぽいものになっていったんです」

「同世代の子たちと飲みに行っても、エイヒレとかあん肝とか頼みづらくて。“赤提灯系”の小汚い居酒屋とかも行かないじゃないですか。だったら、いっそのこと『私はおっさん女子です』と自称した方が楽なんです」

飲みに行った際、おっさん女子と前置きしておくとビールやホッピー、紹興酒など食べたいもの、飲みたいものが頼みやすくなるという。

彼女の名刺の裏には「おっさん女子」とある。広報という仕事柄、名前を覚えてもらうきっかけにもなるそうだ。

▲「趣味はお酒! 自他共に認めるおっさん女子です」とある

好きな酒の肴は? という問いに、「あん肝とか塩辛。いまはうなぎの肝串にハマっています」と答える。

現在は彼氏と同棲しており、飲みに行く機会は減ったそうだが、以前は自宅には寝に帰るだけだった。

飲みに行ったら一軒だけでは帰ることはなく、はしご酒。週末には朝まで飲み明かすこともあった。

自宅で飲むときは、モルトやグリーンラベル、イオンのプライベート商品など(まいばすけっとで購入する)。

たまに贅沢をするときはプレモル、一番搾り。もちろんロング缶だ。甘いカクテルは飲めない。

酒が好きだったら「おっさん女子」なのか?

ここまで聞いていると「お酒が好きな女子=おっさん女子」というイメージがある。

それ以外に定義はあるのだろうか。

「私も銀座とかおしゃれな店に行きます。おいしいものが食べられたらいいんです。ただ、おしゃれなだけであまりおいしくない。しかも高い店ってあるじゃないですか? それこそ『THE女子会』みたいな。そういう店は嫌なんですよ」

「だったら、新橋の高架下でワイワイ飲んだ方が好き。スイーツとか全然行きたくないです。甘いものが嫌いなわけじゃないですが、わざわざ何時間も並んで食べるのは理解できない。私はパンケーキより生ホッピーが飲みたいです」

疑うわけではないが、おすすめの店を聞いてみた。

好きな店①「元希」(神田)

▲生ホッピーが飲める

好きな店②「たこ八」(銀座)

▲たこ焼きとおでんが名物

「あとズボラかどうかも定義だと思います。私、本当に面倒くさがりでマスカラするのも面倒なんです。お酒飲んだ後、落とすのが大変じゃないですか。化粧水もよっほど乾燥していないとつけません」

「料理も適当で…。冷蔵庫の残り物でサッとつまみを作るくらい。インスタにあがっている料理みたいにわざわざ材料を買って作る気はしないです。一応ほかの人の写真に『いいね』はしておきますが」

荻原さんは外食をしても写真はあまり撮らず、SNS上にアップすることもあまりない。「みんな撮っているし、一応撮っておくかくらい」とのこと。

余談だが、インスタで元彼から「お前肉ばっかりアップしているな」とコメントが来て速攻でブロックしたらしい。

おっさん女子の悩みとは?

▲「ネイルも面倒だから」と話す

おっさん女子にも悩みはあるようだ。

「飲みに行ってサワーとかモヒートとか頼むと相手が『え?』となる瞬間がありますね。私だってそれくらい飲むよって」

「あと連れて行ってもらう店のランクが下がっているような。汚くて安い店だったらなんでもいいでしょ? と思われている。そういうわけじゃないんですけどね。あと『おっさん女子なんでしょ!?』と飲みにいったらなかなか帰らせてもらえないことはあります」

「そのぶん『私はこういう人です!』と主張しているので、本当に気があう人とだけ繋がっていられるメリットはあります」

結局のところ、ギャップ狙いなのでは?

▲服にもお金はかけない。トップスはセール品で2500円。靴はGUで1500円

ここまで読んで「全然おっさんじゃないだろ」と思う人もいるだろう。

詰まるところ、自らを「おっさん」と呼ぶことで、ハードルを下げる狙いがあると記者は思っていた。

「たしかにギャップ狙いとかはよく言われますね。『おっさんじゃないじゃん』とか『ハードル下げているだろ』とか。けれど、決して見た目から自称しているわけではありません。中身がそうですよって」

「そのうえで無理だと思って私から離れてくれてもいいです。昔から付き合っている友だちだったら私が『おっさん女子』と名乗っていても違和感ないと思います。記事が掲載されたあと、賛否はあるだろうし、叩かれてもしょうがないかなって思います」

外部リンク

cat_7_issue_oa-buzzfeed oa-buzzfeed_0_1iexqpt9rwvg8_SNSが私の恋にもたらした「ある問題」 1iexqpt9rwvg8 0

SNSが私の恋にもたらした「ある問題」

2017年1月26日 05:01 バズフィード

※この記事は、エッセイを一部編集して短くしたものです。オリジナルはこちら

私と彼が別れたのはピザ屋の駐車場だった。

彼は結婚したがっていた。安定した仕事に就き、子どもを持ち、犬が走り回る裏庭のある家に住みたいと言っていた。私は21歳になったばかりで、安定して暮らすのはまだ早いと思っていた。 都心に住み、海外に移住するのも悪くない。

車の中でテイクアウト用のピザを食べながら私は言った。

「なにかがうまくいっていない」

「ピザソースが注文と違ったの?」彼はそう言って私を見た。心から気遣うような表情をしている。自分が彼が好きなのは、こんな表情をするからなのだと私は思った。

「ううん。ピザじゃないの。私たちのこと」

私たちは涙を浮かべながら、果たせない約束をした。

何年かしたらまた……と誓い合ったのだ。 私はその約束に、必要以上にしがみついてしまった。

元カレの様子をFacebookで調べてしまう

3カ月後の深夜、彼のFacebookのプロフィールをクリックした。

元気かどうか知りたいだけだと自分に言い聞かせる。やりたい仕事が見つかったかどうか確認するだけ。

私はそうやっていつも、もっともな理由を挙げて過去を振り返ってきた。

彼らの最初の写真は、パーティーで撮影されたものだった。

女性が赤い紙コップを手にしていて、彼はほろ酔い気分でかすかにほほ笑んでいた。

私は以前、その笑い方をよくからかっていた。彼の手は女性のウェストに巻き付けられていて、私はパソコン画面をじっと見ながら、彼がかつて自分のウェストに同じように手を添えた時の感触を思い出すまいとした。

2人はただの友だちかもしれない。私たちが付き合っていたころからの知り合いだろうか? 2人はもう一夜をともにしたのだろうか?

パソコンをパタンと閉じた。今夜はこれ以上つらい思いをしたくない。しかし彼は夢に出てきた。

目覚めると愛し愛される感覚があまりにもリアルに蘇った。それがもう現実ではないなんて信じられない。

Twitterには彼の今があった

私は、ベッドわきのスマートフォンをひっつかむと、彼のツイートを読み始めた。

彼のツイートを読んでいると、その声がありありと思い起こされた。投稿する前に自分の冗談に満足して笑い声をあげる彼を想像して、思わず笑みがこぼれる。彼の声が聞こえてくるような気がする。ベッドでひとりぼっちなのを一瞬、忘れてしまうくらいだ。

半年後、関係性の変化を見た。Facebookで

別れてから半年後、Facebookでまた別の写真を見つけた。赤い紙コップを持っていた例の女性と野球場で一緒に写っている写真だ。胃がぎゅっと締め付けられた。その女性はこれからも彼の人生に繰り返し登場することになるのだろう。

私はスクロールして、2人が一緒に写っている写真を見た。どの写真でも、2人は飲み物を手にしている。

彼女はスポーツ好きなのだろうか。それとも私みたいに、球場で売られているばか高いビールとホットドックが楽しみなだけなのだろうか? 2人は楽しんでいるのだろうか?

2人が飲み物片手に穏やかな笑みを浮かべて並んでいるのを見ても、私はまだ、彼が私との関係を終えたのだとは考えられなかった。

何年かたったらまた……その約束が心に浮かぶ。あの時は、彼と一緒にいたいとは思わなかった。けれど、だからといって、死ぬまで離れ離れになるなんて。

私の方が選ばれると思いたい。会ったこともない彼女にそう思う

私はまだ彼のことを愛しているのに、彼が別の誰かと恋に落ちるなんて耐えられない。彼が私に囁いた言葉を彼女に言ったり、私に向けた眼差しを彼女に向けたりするなんてありえない。

妄想で頭をいっぱいにしながら、私は彼女を気の毒に思った。かわいそうに。あなたの彼は、元カノのことをまだ愛しているのよ、と。おかしなもので、胸の痛みが軽くなるなら、ありえないことでも信じてしまえるものなのだ。

「あの子」のこともすぐに調べられてしまう

ネットで調べると、彼女のことがいろいろとわかった。美しく賢いこと。社交的で、笑顔がとても優しそうなこと。彼女のことを嫌いになりたいのに、嫌えなかった。

子どもたちと一緒に写っている写真があり、その中で彼女は楽しそうにほほ笑んでいた。外出の準備に時間をかけたりなどしなさそうな女性だ。

私は、彼女のFacebookをチェックしてから自分のページに戻り、一歩身を引いて、なるべく先入観を持たないようにしながら、互いを見比べてみた。

共通点は何で、相違点は何なのだろうと考えた。私の顔の方が、角張っていてくっきりとしている。私は笑っている写真が少ない。彼女の方がお金に余裕があるようで、私はと言えば、古着を着て食生活もつましく見える。

私と彼女には違いがあったが、圧倒的な共通点もあった。それは、互いに家族や友だちを大切にし、同じ男性を愛していることだ。

「交際ステータス」が代わるとき

私はそれから、2人が写真で互いをタグづけし合い、交際ステータスが代わっていくのを見守った。

Twitterでからかい合う様子を見て、どんな冗談なのかとあれこれ推測しては苦しんだ。彼女が彼の姉や妹と友だちになり、母親と一緒に写真を撮ったことを知った。

旅行先での写真を見て、彼女の横に立つ彼が付けている腕時計が、私がプレゼントしたものであることに気がついた。2人は、私たちがキスをした車でドライブに出かけた。そう、私たちが別れた車だ。

2人の関係が、私たちが辿った道を辿り、通らなかった道を通るのを目撃した。

2人は喧嘩するのだろうか? 私をいらつかせた彼の行動に、彼女もいらつくのだろうか? 彼女も、大きな庭と安定した仕事を求めているのだろうか。

Facebookで2人を追いかけるのは、やめようと思えばいつでもやめられたが、どうしてもやめられなかった。

2人の関係がこの先どうなるのか知りたかったのだ。2人がうまくいくかどうかを確かめたかった。うまくいかないことを期待していたのかもしれない。

それでも、私は彼に連絡を取らなかった。

私は都会で暮らしたかったし、遠くへも行ってみたかった。要は何も変わっていなかった。

そして、大きく歯を見せて笑っている彼の写真を見るのが好きだった。彼の「変な顔」や、突然写真を撮られて困っている表情が好きだった。彼を見ていると、人を愛するのがどんなことなのかを思い出すことができた。そして、人を愛することができる自分が好きだった。

私と彼は、互いにまったく違う方向へとどんどん進んでいたのに、それでもなぜか、私は彼に引き寄せられていた。彼を身近に感じられるのが嬉しかった。実際には手の届かない存在だったのだけれど。

自分がストーカーだったとは思わないが、もしかしたらそうだったのかもしれない。

画面上で顔を見ていれば、彼がある意味、まだ自分のものだと思えたのかもしれない。自分はひとりきりではなく、愛されているのだ、と。そして彼も私のことを、同じようにFacebookで眺めているに違いない、と。

時間とともに、彼のFacebookを見る頻度は減っていった。傷跡は残っているけれど、痛みを生じさせるのは思い出であり、それ以外の何ものでもない。

やがて、彼のことを考えずに1時間が過ぎるようになり、それが数時間となり、1日、1週間、1カ月と長くなっていった。

今では、彼のFacebookを開いてもさほどつらくない。彼が仕事で成功すれば誇らしいし、彼の知り合いが亡くなったとわかれば悲しくなる。彼が恋をしていてよかった。

赤い紙コップを手にするあの子が、彼のように素敵な男性を見つけられたのを嬉しく思う。

もしかしたら、今の彼は、昔とは違うのかもしれない。

笑う時に鼻を鳴らしたりしなければ、ピザを半分に折って食べたりもしないのかもしれない。私は彼のことを何も知らないのかもしれない。

それでも、彼のFacebookを開けば、自分が人を愛せること、愛される価値のある人間であると思い出すことができる。誰かを心から好きになったら、その思いは決して消えない、と気づかされるのだ。

------------------------------

この記事は英語から翻訳されました。翻訳:遠藤康子/ガリレオ、編集:中野満美子/BuzzFeed Japan

外部リンク

cat_7_issue_oa-buzzfeed oa-buzzfeed_0_tru4d8j4t5k3_マックの新商品「三角いちごチョコパイ」を食べてみた tru4d8j4t5k3 0

マックの新商品「三角いちごチョコパイ」を食べてみた

2017年1月25日 20:00 バズフィード

1月25日、マクドナルドから「三角いちごチョコパイ」が登場しました。

冬の人気メニューとして愛されてきた「三角チョコパイ」シリーズが、今年2月に発売10周年を迎えます。


今回、同シリーズに「三角いちごチョコパイ」(120円)が2月中旬までの期間限定で仲間入りしました。

「ポッキーのいちご味だ!」

さっそく編集部で食べてみることに。

一口食べるといちごの風味が口いっぱいに広がり、甘酸っぱいクリームとサクサクしたパイ生地が絡まって美味しい。

他の編集部員にも食べてもらったところ、「ポン・デ・リングのいちご味だ!」「千歳飴のいちご味にも似てる」「若い味がする」といった感想がありました。

バレンタイン限定パッケージに胸キュン。

「三角チョコパイ黒」は昨年11月からチョコクリームを増量して販売中、3月中旬の販売終了まで続きます。

バレンタインシーズンに合わせて「三角チョコパイ 黒」と「三角いちごチョコパイ」のパッケージを組み合わせるとハートのマークが表れるので、一緒に買うとより楽しめます。

マックフルーリーからも新商品が登場。

「三角いちごチョコパイ」と同時に、「マックフルーリー」シリーズに「マックフルーリー オレンジショコラ」が登場しました。2月中旬までの期間限定販売で、値段は290円です。

同商品は、チョコレート好きの定番“ショコラオランジュ”をイメージして作られたもの。

カカオの風味とオレンジの香りが広がるオレンジチョコソースと、サクサク食感のチョコフレークが合わさった大人の味わいです

外部リンク

cat_7_issue_oa-buzzfeed oa-buzzfeed_0_r1ivhjjrly5w_気分最悪、絶不調の日。自傷行為の代わりに、18歳は…… r1ivhjjrly5w 0

気分最悪、絶不調の日。自傷行為の代わりに、18歳は……

2017年1月25日 05:01 バズフィード

18歳のアメリア・ホールは大学生。彼女は何年も自傷行為をし、鬱と闘ってきました。

自傷行為の衝動にかられた夜、いつもと違う行動をとった

Twitter「今日は久々にものすごく最悪な気分になった。けれど、自傷行為をする代わりに、美しい絵画を肌の上に描いた」

自分を傷をつけるのではなく、大好きなフィンセント・ファン・ゴッホの「夜のカフェテラス」を足の上に再現することにしたのです。

美しいと思えない自分の体。でも誇りあるものを作りたい

「最悪なことばかりでも、自分の体を傷つけることには何の意味もないと学ぶのに少し時間がかかった」とアメリアは語りました。

「あの瞬間、私は、自分の体を変化させようとしたのです。美しいと思えない自分の体を、絵画のキャンバスに変えようと思いました」

「絵を描くこと自体は、特に難しい決断ではありませんでした」と言うものの、3時間に及ぶ制作過程の中で、描くのを諦めようかと考えたと付け加えました。

「すべて洗い流して、とりあえずベッドに戻りたいと思いながら座っていたのを覚えています」

「でも、作業を続けることに本当に喜びを感じました。というのも、特に最悪な日に、自傷行為の傷跡以外にも見せられる素晴らしいものが自分にあったからです」

鬱は治らないけれど

「作品が完成しても、いい気分になったわけではありません。憂鬱な気分を吹き飛ばせたわけでもありません」

「それでも、ネガティブな気分を芸術に昇華できると感じました。自分のネガティブな感情を破壊的行為ではなく、何か創造的なことをすることに注げたのです。自分が描いた絵を見られるのは、素晴らしいことだと思いました」

Twitterの反応は

彼女の作品には、たくさんの「ハートマーク」がつきました。これは予期できないことだったといいます。

「Twitter上の知らない人が、『私のことを誇りに思う』『素敵なアイデアだと思う』などとと私にメッセージを送って来てくれました」

Twitter「自傷行為よりもずっといいし、美しい。あなたは素晴らしいです。驚くべき作品です」

Twitter「あなたのことは知らないけれど、私も同じように苦しみました。あなたを誇りに思います。あなたは自分のことを誇りに思っていいと思います」

※この記事は英語から翻訳・編集されました。

外部リンク