cat_11_issue_oa-businessinsider oa-businessinsider_0_e9c3e8881f3d_深センに急増する日本人の“お勉強”視察団 e9c3e8881f3d 0

深センに急増する日本人の“お勉強”視察団

ハードウエアのシリコンバレーと言われ、注目が集まる中国・深セン。日本のテレビ番組で紹介される機会も増えたためか、視察団や観光客が増えている。残念ながら歓迎されない訪問者も。

有名どころをとりあえず押さえることしか考えていない、目的を欠いた状態で現地の企業を訪問する視察団を「スタンプラリー」と揶揄する声も聞く。

いくつかの企業やコワーキングスペースは、訪問時に協力費の請求や申込フォームによるセレクションなどの防衛策を始めた。

(関連記事:日本企業は「お勉強」海外視察を撲滅せよ。日本人は相手の時間奪う意識が希薄)

「ハードウエアのシリコンバレー」と呼ばれる中国・深セン。
写真:Shutterstock / fuyu liu

年間2000枚以上も売れるSIMカード
中国のインターネット事情は特殊で、グーグルやFacebookといったサービスが使えず、地図ソフトも中国のものを使う必要がある。タイなどに比べて英語も通じないし、VISAなどのクレジットカードが使えないところも圧倒的に多い。

そのため、僕がボランティアで主催するニコ技深圳観察会は「参加者は必ずブログを書いて感想や知見をシェアすること」をルールにしている。

過去の参加者達のおかげで、訪問のためのwikiやハウツー記事、中国でfacebook等が使えるSIMの買い方、Wechat Payの有効化方法、果ては銀行口座開設で使える中国語までネットに記載され、アップデートを続けている。

このサイト経由で2017年は2000枚以上のSIMが購入された。それだけ深センに来る人たちが増えているということだろう。

もともと、深センに来る人を増やしたくて始めた活動だ。来る人が増えるのはありがたい。でも最近、深センの人たちに迷惑をかけるケースが増え始めているのはなんとかしたい。

専用申し込みフォームにセミナー費用
僕の手元には、「何がやりたいか決まっていないのだが最近よく聞く深センに行きたい」という人達の視察依頼がよく届く。

視察団は●●総研、●●銀行といったシンクタンクや大企業のもの、●●協会などが広告代理店を介してオーガナイズするものなどの2種類があり、どちらも5〜20人ぐらいで通訳付き。期間は3日ほど。1日に午前1つ、午後2つほどの企業訪問を希望することが多い。

【2018年版】 中国滞在時に Twitter、 LINE、Instagram ができるプリペイドSIM/スマホの準備。このように、準備しないで中国に来ると大幅に動きが制限される。
参照:shao's diary

視察団のリクエストは「話題の深センの、とにかく有名なところに行きたい」。ドローンのDJI、アメリカ発で深センにラボがあるハードウエアアクセラレータHAX、メイカーフェア深センを始めたオープンソースハードウェア企業、Seeedの運営するコワーキングスペースXfactoryなどだ。つまり世間で名前をよく聞く会社だ。

最近、この3社とも「訪問専用の申込みページを設けて、訪問時はセミナー費を請求する」ようになった。

SeeedのXfactoryはコワーキングスペース、HAXはスタートアップの支援施設なので、ネットワークを広げるのは彼らの仕事の一つだ。

だが、HAXからは「その後何にもつながらない視察に来られても困る。こちらは手元のスタートアップを支援するのが仕事」、Seeedからは「訪問客が多すぎるし、自分たちはコワーキングスペースなので、そこで働いている会員達の邪魔になると困る」と、それぞれ同じような苦労話を聴いた。

Seeedの運営するXfactory。コワーキングスペースなので、頻繁に開くイベントを除いて、会員に仕事に集中できる環境をつくる必要がある。もちろん、メイカーフェアに出展しているような人ならまず大歓迎だ。

HAXの支援を受けたスタートアップWalkies labのCEO 藤本剛一氏は、HAXでこれまでで2組しかいない日本人のスタートアップだったこともあり、参加中に多くの視察対応を受けた。

今回の原稿を書く上で改めて話を聞いたところ、「8〜9割の視察団はきちんとしていた」と話しつつも、以下の3ポイントを苦言として挙げてくれた。

1. 事前に分かることを全く調べてきていないで質問する。深セン、HAX等について解説した書籍『メイカーズのエコシステム』や、HAXのページに書いてあることを質問する。
2. そもそも何をしに来ているのかわからない。質問もしない。聞いてるのかどうかもわからない。
3. HAXとあまり関係ない一般的なことをいきなり聞いてくる。なんで日本にはイノベーションが起きないのか、など。
いずれも、シリコンバレーやオランダなど、海外の企業視察を行う日本人に対してよくある不満だ。深センもそういう場所になったということだろう。

彼らが視察費を取るようにしたのは、利益目的というよりは一種のフィルターだと考えるべきだ。

実は、ここに挙げた例よりもさらに困る「トホホな人たち」が問題になっていて、視察費をとると、それをフィルタリングすることができる。

深セン蛇口の改革開放博物館に展示されている、深センを象徴するスローガンは「時間就是金銭 効率就是生命」だ。時間と効率は深セン側の価値観に合わせないと、実りある訪問は難しい。

急増する観光客。アポなし、遅刻……
視察団以外の自力で来る観光客も急増している。

電気街に部品を買いに来る、日本で売っていないガジェットを買いに来るなど、目的意識がある人たちが大半だが、「最近話題なので来た」という人たちも増え続けている。

通訳や現地コーディネーターを雇い、視察費を払える出張組と違い、中国は地図ソフトも移動も特殊なので、自力移動する観光客の訪問はトラブルが多い。

僕も仲間達と深センでニコ技深圳コミュニティというメイカースペース・コワーキングスペースを運営している。HAXやSeeedと比べられるようなものではないが、日本人が主催しているということで、日に数度も訪問希望者がある。

しかし、ノーアポでの訪問や迷子になることがきわめて多く、僕が見た範囲だと時間どおりに来られるのは5組に1組ぐらいと行った印象だ。

僕から必ず最初に送っている案内。これをまったく読まないか、読んでも理解できない人が困った訪問者になる。

誰でも海外で初めての場所なら混乱するものだし、他人に助けてもらうものだ。でも、1日に4回も5回も最寄りの駅まで迎えに行っているようでは仕事にならない。

また、学生や日本のスタートアップのアポイントは他より優先しているが、彼らは「気が変わった」「寝坊した」などでアポイントがキャンセルになることが多く、さほど頻度は高くなくても精神的にはつらい。

結局現在は、月に1度オープンデイを用意し、それ以外の訪問はお断りとしている。

深圳の華強北にある、僕たちが運営するコワーキングスペース。

特に興味があるテーマがないなら、個別の企業より街やショップを見にいく方が、興味のないスタートアップにスタンプラリーしに行くより深セン全体への理解ができると思う。

僕自身も2018年に初めて視察団の案内をすることになったが、スタートアップやコワーキングスペースを案内するのではなく、深センの街を産業構造含めて案内するプランとしている。

僕は「知られざる深圳シリーズ」という深センの紹介記事を書いている。そこでは、基本的にアポイントの要らない街と深センのエコシステムを紹介している。深センに観光客が増えるのは大歓迎だし、今後も面白い場所を紹介していきたい。

僕のFacebookには、開けられていないメッセージリクエストが溜まっていく一方だ。申し訳ないが、残念ながら処理できなくなってしまった。

「視察に行きたいが、相手に興味がない」不思議
不思議に思うのが、多くの視察団・観光客からDJI訪問の相談を受けるが、彼らがDJIのドローンを所有している話をほとんど聞かないことだ。

僕らのコワーキングスペースもHAXも、オープンデイやイベントに合わせて訪問してくれる視察団なら大歓迎、駅まで迎えに行くぐらいの勢いなのだが、そうした人たちはあまり多くない。

僕宛ての個人的なアポイント依頼も、過去に僕が書いたものを読んだ人はせいぜい1割といったところ。

「申し訳ないが忙しいのでお会いできない」と回答すると、急に汚い言葉を投げつけてくる人もいる。アポイント依頼の2割ぐらいは外国人だが、急に汚い言葉を投げつけられたのは、なぜか全て日本人なので悲しい。

ヘビーユーザーはどのスタートアップでも歓迎される

M5Stackを訪問したときの様子。こういうケースが増えて欲しいと思っている。

DJIやAppleのような大企業と違い、スタートアップ企業の多くは、ヘビーユーザーと話すことを楽しみにしている。

例えばM5StackというHAXに支援を受けているスタートアップは、日本からヘビーユーザーが訪ねてきたとき、視察団35人分のTシャツを用意して一緒に写真撮影をリクエストしてきた。

インターネットの時代になって、コミュニティが大事になった。ヘビーユーザーと企業はすごく近しい存在になった。

企業がコミュニティを作るために、自分たちの手法をシェアする資料を公開し、イベントを開くことも盛んになっていくだろう。

日本のユーザーが大好きで、日本向けに優先出荷していたり、ヘビーユーザーと親しくしている深センの会社は、ほかにもいくつもある。

僕はそういうケースがますます増えることを願っている。もっともっと深センと深センのスタートアップのファンが増えて欲しい。

(文・写真、高須正和)

外部リンク

cat_11_issue_oa-businessinsider oa-businessinsider_0_0b3e30e2c1d0_売り手市場ってどこだ!100社エントリー、半数は就活苦戦 0b3e30e2c1d0 0

売り手市場ってどこだ!100社エントリー、半数は就活苦戦

大学3年生の途中から、学生たちは突然、表情が暗くなる。就活の話はタブーになる。

100社受けても、内定は2社。30社エントリーしても全滅。就職氷河期の話ではない。空前の売り手市場と言われるこの1、2年の話だ。

一方、会社のことを「よく知らなまま、内定をもらった」という学生や、「入社前にこれでいいのか」と悩む学生もいる。

売り手市場なのに、なぜ学生たちの表情は堅苦しく、疲弊しているのか。

売り手市場なのに、就活生は全然楽しそうじゃない。
REUTERS/Yuya Shino

売り手市場でも100社エントリー
PR会社に勤務する慶應大学経済学部出身の男性は、すでに売り手市場と言われていた2年前の就活で、100社近くエントリーした。

同級生たちは、銀行などの金融に内定していたが、自分の志望業界は倍率の高いメーカーや広告、マスコミに絞っていた。2017年3月のエントリー開始前は、前年2016年12月にアナウンサーの選考を受け、1、2月は就活の勉強会、広告業界向けの集団OB訪問などをし、3月にエントリーを始めた。

選考が進む中、同級生たちは6月に決まっていった。「そこからが一番きつかった」。メーカーの2、3次面接後、「お祈りメール」(選考不通過を知らせるメールで「今後のご活躍をお祈り申し上げます」などと締めくくられる)が増えて、「気がついたら選考中が10社ほどになってしまっていた」。

結局、就活は7月末まで続いた。

個人面接で30社全滅
2018年3月に学習院大学を卒業した篠田晴香さんは、2017年3月の解禁後に広告業界に絞って、コピーライターや制作職など、約30社にエントリー。どこも1次面接は通過して、2次の個人面接で落ちた。

「面接対策のようなことをしていなくて、感じたことを素直に話し、自分を出した」

就活を続けても、本気で行きたいと思える会社が見つからなかった。

「就活で疲弊していき、落ちていった」

周りは銀行志望が多かったので、就活も孤独。そんな中「30社弱に『お祈り』されると結構つらかった。こんなにがんばってアピールしたのにって」。

「就活は素でやりとりしてもダメで、関係が歪んでいるみたい。厚化粧している感じ」

その後、学習院大学で教える斉藤徹教授に誘われ、斉藤氏の会社「Looops」に就職し、SNSの関連仕事をしている。

ロボットがたくさんいて選ばれている

学生たちは“リクス”(リクルートスーツ)を来て、数十社とエントリーをしている。社数は変われど、買い手市場と同じシステムのまま。
撮影:今村拓馬

今就活中の学習院大学4年の前田真由美さん(23)は、2年生の時にアメリカに留学した。毎日夜遅くまで働く家族や兄の就活をしている姿を見て、就活や社会に出ることが怖くなり、3年生に進級する前に留学に出た。

留学中に、絵画に出合ったことで、「アートで社会を豊かにしたい」と業界、業種を絞って就活を始めた。

だが帰国後に参加したマイナビやリクナビの合同企業説明会は、「ひとりの人として」というより、「ロボットがたくさんいて、選ばれているみたい」と感じた。WEBテストや面接のたびに、ふるい落とされ、「売り手市場でも、どこでも(すぐに)採ってもらえない印象」だった。

「就活生たちは人と話をしたくなくなるみたいで、友人も『自分がどのステージにいるか、話したくない』と。内定先が有名企業じゃないと会話を濁したり」

就活の話題は仲間内でもタブーなのだ。

就活サービスは買い手市場のまま
そんな中、「学生視点の就活のサービスがほしい」と立ち上がった学生がいる。

学習院大学をこの春卒業した冨田侑希さん(22)。

自身は就活までに「やりたいことが見つからず」、数十社のインターンに参加した。

「テーブルゲームみたいなワークショップ、一方的な会社の説明で、どの会社を見ても働くイメージが持てなかった。動けば動くほど、不安が募った」という。ベンチャーのコンサルティング会社から内定をもらったが、会社も自分も「深く知らないまま」決まっていった。

学生たちが企業を知るのは、大手就活サイトやインスタグラムの広告からだ。だが、「本当にそれでいいのかな」という疑問が残った。

「(人手不足による)売り手市場で本来、学生は行きたいところに行けるはずなのに、買い手市場だった頃のサービスが残っている」

冨田さんは就活のあり方そのものを変えようと、知人ら学生100人に、就活の困りごとをアンケートした。「インターンに行ってもネットで聞ける情報しか知れない」「会社の雰囲気がわからない」という声が集まった。

就活に直結しない企業との接点

学年、時期不問の「Z-1チャレンジ」。
出典:dot

冨田さんが立ち上げたのは、学年・時期不問の企業と学生の交流・発表会「Z-1チャレンジ」(Z-1)。一緒に立ち上げた井手崇偉さん(24)は1年生のときに、外資系金融、メガバンクの企業訪問をしたが、その後、新興国やアメリカでのインターンや留学を経験、「自分の手で仕事をしたい」と就活はせずに、学習院大で学内ベンチャー「dot」を設立した。z-1はdotの事業だ。

Z-1では学生十数人が企業に集まり、テーマに沿ってワークショップする。インターンと似ているようだが、学年や時期は不問。3日間かけてビジネスモデルを仕上げ、プレゼンする。その後は、企業と学生が混ざっての懇談会だ。

狙いは就活ではなく、まずはイノベーション教育を広げること。参加者はLINEグループでつながり、学生・企業ともインターンや選考に関すること、日頃の会話もできる。

第1弾は動画マーケティング「Viibar」とアパレルレンタル「airCloset」の2社で3日間、合計20人の学生が参加した。リクルートスーツはなし。4チームに分かれた参加者がLINEグループをつくり、LINE上の個々のノートに、自分の意見を書いていく。ここでインターンが決まった学生もいる。

冨田さんは「Z-1は失敗しても評価が下がらなくて、チャレンジする学びの多いもの。企業側も褒めてくれる、いい環境づくりをする。通常の就活の座談会は、採用に直結しているので、お互いに知りたいことを知ることができない」。

大手の倍率増、学生・企業の情報処理が追いつかない
ディスコのキャリタスリサーチの武井房子上席研究員は、「売り手というと、どんな学生も希望のところに内定が決まりそうですが、むしろ安心して活動が遅れたり、何とかなるだろうという学生がいるのも事実」と話す。

「3年の秋から冬に1dayインターンシップに行き、そこから正規の選考に進む。2月中に企業研究し、エントリーは本命企業数社、という学生もいますが、平均のエントリー数は20〜30社台」

一方で、「目標、志望が定まらないと、就活は長引く。通年選考の企業も就活の2クール目は、「ストライクゾーンに合致する学生の幅が狭くなる」(武井さん)と早く決まる学生と長期化する学生の2極化を指摘する。

2018、2019年のどちらの就活生も、半数近くの学生が苦戦している。
出典:ディスコ、キャリタスリサーチの4月1日時点の就職活動調査

売り手市場にも関わらず、企業と学生のマッチングが進まない背景に、就活時期の短期化も影響していると指摘する。武井さんは、今は3月に説明会、6月に選考解禁と短期化し、「学生も企業も3カ月で、学生じっくりと企業を見るのが難しいのかも知れない。売り手市場で、企業からのアプローチも多いので、あまり考えずに行ってみるという学生もいる。学生は、情報が多すぎて処理ができない」と話す。

企業も売り手市場で採用確保が難しくなっているため、「あまり学生のことを知らなくても内定を出てしまうこともある」という。

また近年、大手の倍率は氷河期時代よりも上がっているという。

「氷河期は、あんな大手は無理だろうと思って、エントリーしなかった学生がするようになって、分母が大きくなっている」(武井さん)

学生にも企業にも幸せな形になっているとはいいにくい今の就活システム。買い手市場時代のままでは、限界も見えてきている。

(文、撮影・木許はるみ)

編集部より:初出時のお名前等に誤りがありました。「井出崇偉さん」としておりましたが、正しくは「井手崇偉さん」となります。また、斉藤氏の会社名について、正しくは「Looops」となります。関係者各位にお詫びして訂正致します。 2018年4月23日13:15

外部リンク

cat_11_issue_oa-businessinsider oa-businessinsider_0_6aef1c7eac75_デジタル時代に子どもの集中力を高める5つのコツ 6aef1c7eac75 0

デジタル時代に子どもの集中力を高める5つのコツ

私がウエストバージニア州の小さな街で子ども時代を過ごしていたころ、放課後や週末のエンターテイメントはとても限られていました。友人の家に遊びにいくか、テレビを見るか、本を読むことぐらいしかありません。

私はいつも本を読んでいました。何時間も、ときには一日中、何の邪魔も入らずに、読書に没頭したものです。本に集中すること以外に、選択肢はなかったのです。

一方、現代の子どもたちは、注意を奪うものに取り囲まれています。自ら望んで注意を向けるもの(テレビ、ビデオゲーム、友人からのテキストメッセージなど)もあれば、望まないのに注意を奪われてしまうもの(アプリの通知、隣の部屋で電話をする母親の声、家族からのテキストメッセージ)もあります。あのころのように、何からも邪魔されずに何時間も読書に没頭する子どもなど、もはや別世界の話のように思えます。

最近、ブルッキングス研究所の研究チームが、頻繁に邪魔が入ると、子どもの実行機能が阻害されることを明らかにしました。実行機能とは、ハーバード大学 Center on the Developing Childの定義によれば、「計画、注意の集中、指示の記憶、複数のタスクの遂行を可能にする心理作用」のことです。

今回私たちは子どもたちの実行機能を向上させたり、集中力を高めたりする方法を知るために、この論文の執筆者でもあるブルッキングス研究所のKathy Hirsh-Pasek氏とClaire Cameron氏にお話を伺いました。

1. スクリーンを見る時間を制限する
米国小児科学会は、2歳から5歳の子どもにとっては、”高品質”の番組でも、1日1時間以上見ることは望ましくないとしています。「子ども向け番組に関するまともな研究は、PBS(公共放送サービス)に関するものしか存在しない」とバッファロー大学院教育大学の幼児教育専門家であり、近刊の『Hands On, Minds On』の著者でもあるCameron博士は言っています。

同じ時間だけスクリーンを見ていても、内容によってその影響は異なります。ある研究で、スポンジ・ボブを見ていた未就学児は(ゆったりとしたペースの番組を見て、絵を描いて過ごした子どもに比べて)注意力が散漫になっていることがわかりました。
子ども向けアニメ番組の多くがそうであるように、スクリーンのめまぐるしい変化が子どもたちの集中力を阻害します。ですので、子どもに見せるなら、セサミストリートやミスターロジャーズのような番組にすべきです。

一方、年長の子どもに、テキストやブラウジング、チャット、ゲームを制限させるのは簡単なことではありません。とくに、子どもが自分のスマートフォンを持っているならさらに困難となります。それでも、保護者が子どもに制限を課すことは可能です。

テンプル大学の心理学教授であるHirsh-Pasek氏は、夕食時などに、親と子どもの両方がスクリーンを見ることを禁止する時間を設け、子どもが宿題に取り組む時間はスマートフォンを遠ざけておくことをすすめています。また、米国小児科学会は、家の中に(たとえばベッドルーム)、「メディア禁止区域」をつくることを提案しています。

10代の子どもに関していえば、自分たちでルールを決めることを奨励すべきだとCameron博士は言っています。

親と子の相互の合意にもとづいたルールをつくるようにします。親から一方的に押し付けるものではなく、対話によってつくりあげるルールです。スクリーンを見てはいけない時間を設定すべきですが、どの時間が都合がいいかについては、子どもたちの希望を聞いてあげてください。
また、年長の子どもには、少なくとも集中すべきときには通知やアラートをミュートするように指導すべきです。「ノイズを遮断するために」とHirsh-Pasek博士。

2. マルチタスキングに関して話し合う
現代の子どもたちのようなデジタル・ネイティブ世代なら、自然とマルチタスクができるようになっていると思うかもしれませんが、実際、98%の子どもはそうではありません。子どもたちに、ほとんどの人がマルチタスクが苦手であることを示す研究を教えてあげましょう。

「結論を言えば、『スーパータスカー』は私たちのたった2%しかいません」とHirsh-Pasek氏。

残りの人たちはマルチタスクをすると能力が低下してしまいます。生産性が30%も落ちるのです。
ですので、子どもたちに読書をするときには、スマートフォンやテレビ、ビデオゲームを遠ざけておくほうが早く読めることを教えてあげてください(マルチタスクのコストについてはPsychology Todayがうまく概説しています)。

3. 計画(および再計画)
無分別な衝動は実行機能の大敵です。「大人も衝動的です」とHirsh-Pasek氏。

私たちは、ただ気になるからという理由で、メールが届くそばから返信しようとします。
しかし、子ども(大人も)は、立ち止まって今何をすべきかを考えることで、よりよい結果を出せるようになります。それは、短期的にも長期的にも当てはまります。「2歳になる孫娘がいますが、まず考え、3つ数えてから行動に移すように言い聞かせています」とHirsh-Pasek氏は言います。

これは実行機能の「セルフコントロール」に関する部分であり、社会的および学術的な意味合いを持っています。年長の子どもには、「運動場でボール遊びをしたい? では、どうすれば参加できるか少し考えてみよう。思い通りにいかないときは心を落ち着けて深呼吸をしてから、どうすればいいか考えるようにして」と話すとHirsh-Pasek氏は言っています。

そうすることで、子どもたちは、外部からの刺激に突き動かされて行動するかわりに、自分の意志で行動できるようになります。また、計画が狂った際にも、柔軟な思考が可能となります。

4. 実践、実践、実践
ハーバード大学のThe Center on the Developing Childが、保護者が一緒になって子どもたちの実行機能を育成するための活動を紹介しています。赤ちゃんから十代の子どもまで、年齢層ごとに推奨する遊びが載っていて、たとえば小さな子どもが情報を記憶したり、次のステップをプランしたりするのに役立つ、Simon SaysやGo Fishといった遊びが紹介されています。単純なクラッピングゲームやライミングゲームも、記憶力や実行機能を育てるのに役立つでしょう。

研究者やハーバード大学は、年長の子どもたちには集中力の持続を必要とする「昔ながらのアナログな活動」「武道やダンス」「楽器演奏」「演劇」などを推奨しています。

「放課後に演劇に取り組めば、その時間はスマートフォンを触らずに過ごすことになります。それは、次々とやってくるテキストメッセージを無視する能力を鍛えていることでもあります」とCameron氏。

十代の子どもは自分自身にこう尋ねるべきです。

私がこのデバイスを使っているのか、デバイスが私を使っているのか?
「誰かがテキストメッセージを送ってきたからといって、今すぐ見なければいけないわけではありません」とCameron氏。

しばらくの間でもスマートフォンを見ないでおけたら、その時間にもっと楽しくてもっと有益なことに取り組めます。
スクリーンから音が鳴るたびに集中力を切らしてしまうのではなく、決められた時間にテキストメッセージをまとめてチェックすることを教えれば、子どもたちが自己管理能力を高めるのを手助けできます。

5. 親自身がロールモデルになる
「夕食のときは保護者もスマートフォンを手放してください」とHirsh-Pasek氏。その場の会話に集中してください。あなた自身が長時間スマートフォンをいじらず、読書や仕事、個人プロジェクトに没頭する姿を見せてあげて’ください。くれぐれも、テキストメッセージにかまけたりしないように。

デジタルな誘惑に満ちた世界は、親であるあなたにとっても新しいものです。ただでさえ持続が難しい注意力を維持したり、ソーシャルメディア中毒に陥らないようにしたりするのは、けっして簡単なことではありません。

「デジタルな誘惑を衛生問題の一種と考えるとうまくゆく」とHirsh-Pasek氏は言っています。

保護者としての私たちの仕事は、ノイズを取り除いてあげることです。子ども部屋に入って、足の踏み場もないほど散らかっていたら、片付けるのを手伝ってあげるはずです。汚れ一つ無い部屋にする必要はありませんが、清潔な部屋にする必要はあります。この散らかった世界で成功するために必要な道具を、子どもたちに与えてあげてください。
Image : Elena Scotti/GMG via Lifehacker US

Leigh Anderson- Lifehacker US[原文]

(訳:伊藤貴之)

ライフハッカー[日本版]より転載(2018年4月3日公開の記事)

外部リンク

cat_11_issue_oa-businessinsider oa-businessinsider_0_f986d14f45b6_生誕200年を記念した0ユーロ紙幣が大人気 f986d14f45b6 0

生誕200年を記念した0ユーロ紙幣が大人気

2018年4月22日 15:00 Reuters/Wolfgang Rattay

・カール・マルクスが生まれたドイツのトリーアでは、その生誕200周年を祝っている。
・その一環として、マルクスの顔が描かれた0ユーロ紙幣が3ユーロ(約400円)で販売されている。
・新たに建てられたマルクス像には、中国政府が資金を出している。
カール・マルクスの生誕地であるドイツの都市トリーアは、哲学者の生誕200年を記念した0ユーロ紙幣を販売している。

市はさまざまな記念品を用意しているが、マルクスの顔が描かれた紙幣を売るというまさに資本主義的な動きは、注目を集めている。

トリーア市内で手に入るこの紙幣は —— 見た目は本物のユーロ紙幣そっくりだが、法に定められた貨幣ではない —— 3ユーロで販売されている。

その紙幣の見本がこちら:

「これは、マルクスの資本主義への批判を逆手に取ったものだ。マルクスは0ユーロ紙幣のモチーフにぴったりだ」ロイターによると、トリーアの観光局の責任者Norbert Kaethler氏は語った。

同観光局によると、すでに5000枚が販売されていて、2万枚を増刷する計画だという。

『共産党宣言』や『資本論』で知られるマルクスは、1818年にトリーアで生まれ、共産主義の父となった。

この0ユーロ紙幣の他、トリーアではマルクスのようなひげをたくわえ、『資本論』を翼に挟んだゴム製のアヒルも記念品として売られている。

また、一部の信号にはマルクスのイメージが使われている。新たなマルクス像も建てられていて、その資金は中国政府が出している。重さは3トンだ。

マルクスのイメージが使われた信号機(トリーア、2018年4月13日)。
Reuters/Wolfgang Rattay

[原文:The birthplace of Karl Marx released €0 notes to celebrate his 200th birthday — and is selling them for €3]

(翻訳、編集:山口佳美)

外部リンク

cat_11_issue_oa-businessinsider oa-businessinsider_0_849e38f2f95b_北は「正式な核保有国への手続き」と米専門家 849e38f2f95b 0

北は「正式な核保有国への手続き」と米専門家

2018年4月22日 14:25 REUTERS PICTURES

北朝鮮が4月21日から、核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を中止し、北部の核実験場を廃棄すると発表したのを受け、アメリカでは、トランプ大統領がすかさず「非常に良いニュースで、大きな進展だ」とツイートした。

しかし、金正恩朝鮮労働党委員長が4月27日に予定されている韓国との南北首脳会談、さらに、過去に実現できなかったアメリカ大統領との会談を控え、「会談をスムーズに運び、金委員長にとって歴史に残る成果にするための発表で、会談後、元に戻せる」と指摘する専門家もいる。

今回の発表は“非核化”宣言ではない

金正恩氏はこの後、韓国、アメリカとの首脳会談を控えている。
REUTERS PICTURES

政治ニュース専門サイト「Axios」によると、ジョージ・W・ブッシュ政権の米国家安全保障会議(NSC)メンバーが、こう指摘しているという。

「首脳会談が近づく中、核・ミサイル実験を中断することぐらい、何でもない。(会談が終わったら)元に戻すことはできる。(一時しのぎの)目薬みたいなものだ」
米戦略国際問題研究所(CSIS)の韓国部長ビクター・チャもAxiosにこう語った。

「北朝鮮はこれまでの交渉で、実験を中止すると言明していた。今回の発表は、その約束を正式なものにしたものだ。発表は、核による先制攻撃をしない、核兵器・核技術の移転をしないというのに触れている。つまり、責任ある核兵器保有国家になる場合に条件となってくる項目だ。従って、今回の発表は“非核化宣言”ではない。これは、北朝鮮が、責任が持てる核兵器保有国家になることができるという宣言だ」
「それを信じる人はいないが、北朝鮮がそれでトランプを説得することができれば、それこそ、彼らが欲しているものだ」
つまり今回の発表は、北朝鮮側としては手続きを踏んだ意味があるもので、「ひょうたんから駒」ではない、その見返りに欲しているのが、米朝首脳会談の成功という見方だ。

見返りにアメリカは何を持っていけるのか

日米首脳会談を終え、トランプ大統領は4月19日、「北朝鮮や貿易について徹底的に話し合った。よいことが起きるだろう」とツイートした。
REUTERS PICTURES

さらにチャ氏は、「最も関心がある問いは、北朝鮮が先手を打って示した妥協に対する見返りとして、アメリカが何を持っていけるかということだ」と、トランプ政権の出方が今後の焦点になるとしている。制裁措置解除なのか、平和交渉や国交正常化なのか、北朝鮮がのどから手が出るほど欲しがっているものがあるが、トランプ大統領のツイートからは、まだ方向性が見えていない。

トランプ大統領は北朝鮮の発表に先立つ4月19日、米朝首脳会談の見通しについて、強硬姿勢を見せていた。

「もし会談が成功しないと思ったら、会談には行かない。会談にこぎつけても、生産的なものでなければ、途中で立ち去るだけだ。北朝鮮が非核化するまで、最大のプレッシャーをかけ続ける」(日米首脳会談後の共同記者会見より)
こうしたトランプ氏の発言から、北朝鮮が実験中止という発表で先制し、アメリカと韓国政府にシグナルを送ったとすれば、北朝鮮が「一枚上手」だ。

Axiosのマイク・アレン氏は、

「金正恩氏は、トランプ大統領の『アート・オブ・ディール(トランプのビジネス書の題名、邦題「トランプ自伝―不動産王にビジネスを学ぶ」)』から学んだのかもしれない。トランプに勝ちを持たせろ、少なくともトランプが勝ったと思うようなもの、あるいは勝ちになりそうなものを、という教訓だ」
と指摘した。同書には、トランプ大統領がビジネス交渉の際、話題作りなどで優位な立場になるように先制攻撃を仕掛け、取引を有利に運んできた様子が書いてある。今回は、金正恩が先手を打ったわけだ。

祖父も父も成し遂げなかった“偉業”

北朝鮮は2017年11月29日にも弾道ミサイルを発射した。
REUTERS PICTURES

「金正恩は、賢明な一手を打った」

マサチューセッツ工科大学(MIT)の政治学准教授ヴィピン・ナランも、CBSニュースにこう語った。

「発表は、将来相手を出し抜く余裕を持たせてあるものだ。逆戻りできないという事柄は、一つも含まれていない。非核化の文言もいかなる形でも含まれていない」
金氏は発表を決定した20日の党中央委員会総会で「国家核戦力建設という大事業を短い期間で完璧に達成した」とし、核実験場は使命を終えたとした。総会で採択された決定書によると、核実験中止を

「世界的な核軍縮のための重要なプロセスだ。我が国は、核実験の全面中止のための国際的な志向と努力に合流する」
としている。

一方で、アメリカのメディアによれば、金正恩氏はアメリカ大統領と会談する初の労働党委員長となる。祖父・金日成、父・金正日も達成できなかった「偉業」を成し遂げることに、北朝鮮が、全力で成功に導こうとしているのは必至だ。

トランプ大統領に表面的に花を持たせたとしても、「偉業」を成功させるための戦略を、北朝鮮首脳と初会談する米大統領となるトランプよりもかなり真剣に練っているのがうかがえる。

(文・津山恵子)

外部リンク

cat_11_issue_oa-businessinsider oa-businessinsider_0_8ffc4a421fba_アースデイ、地球の美しさと脆さを知る31枚の写真 8ffc4a421fba 0

アースデイ、地球の美しさと脆さを知る31枚の写真

2018年4月22日 11:15 Mathieu Belanger/Reuters

今日4月22日はアースデイ。地球環境のことを考える日を祝して、地球の最も美しく、ときに胸が張り裂けそうになる写真を集めてみた。

地球環境の未来を、私たちは破滅的で暗いものに描きがち。しかし、世界はまだ美しさに満ちている。

美しく、触れると壊れてしまうような写真だけでなく、壮観な写真も集めてみた。

地球の気温は上昇している。気候変動を抑制しようと科学者や政治家が努力しているにもかかわらず。

蒸気や様々な排出物を放出する発電所。オーストラリア・ウロンゴン。
Thomson Reuters


激しい暴風雨、干ばつ、水不足が増えている。

大きな井戸から水を汲み出すために多くの人が並ぶ。2003年、インド西部グジャラート州の村。世界の人口は約70億人、国連は食糧事情の不安定さと水不足を懸念している。
Amit Dave/Reuters


2013年、ブラジル史上最悪の干ばつによって、イツンビアラ水力発電所のダムは干上がった。湖底に残された貝殻。

Ueslei Marcelino/Reuters


2017年のハリケーン「ハービー」による洪水。海面の上昇とともに、ハリケーンによる被害はより大きくなっている。

ハリケーン「ハービー」が過ぎ去った後、冠水した交差点の真ん中で無事を喜ぶ2人。水位はまだ上がり続けていた。2017年8月30日、テキサス州ヒューストン
Getty Images


マイアミのような沿岸都市は、海に沈み始めていく。

道路が水浸しに。2013年11月5日、フロリダ州マイアミビーチ。
Zachary Fagenson/Reuters


2004年9月にダカールに押し寄せたイナゴの大群など、作物を食べ尽くす害虫の増加は、食糧供給を脅かす。

Pierre Holtz/Reuters


かつてないレベルのスモッグが、中国やインドの人口が密集した都市を厚く覆っている。

REUTERS/China Daily


海や河川には農業排水や化学物質などが大量に流れ出している。人間や生態系に害を及ぼしている。

石油採掘施設「ディープウォーター・ホライズン」が引き起こしたメキシコ湾原油流出事故の現場。作業船の周りに原油が浮いている。2010年6月2日。
REUTERS/Sean Gardner/Files


中国東部の安徽省合肥市にある巣湖。大量発生した緑色の藻は、アクリル絵具のようだ。2009年。

REUTERS/Stringer


まるで抽象画のよう。

REUTERS/China Daily


問題は藻の大量発生だけではない。河南省洛陽市の化学工場から出た赤い染料で汚染された川。河川への不法投棄は世界各地で大きな問題。

REUTERS/China Daily

出典 : International Business Times


2007年、湖北省武漢市の湖ではひどい汚染と例年にない暑さで大量の魚が死んだ。

REUTERS/China Daily

出典 : Business Insider


ホッキョクグマは他の多くの種と同様、深刻な危険に晒されている。共食いするしかない。

Iain Williams/Reuters


クジラも汚染、生息地の破壊、乱獲など様々の脅威に晒されている。

アルゼンチンの海岸に打ち上げられたゴンドウクジラ。2009年9月14日、
Reuters


しかし、自然を愛する人々にとって、世界はまだ驚きに満ちている。

サンパウロの空を厚い雨雲が覆い尽くす。2009年5月4日。
Reuters


素晴らしい地球の恵みを精一杯受け止めている。

ブラジル中西部マットグロッソ州を流れるシングー川で、頭を水につけるヤワラピティ(Yawalapiti)族の少年。2012年5月9日。
Ueslei Marcelino/Reuters


氾濫した水田を楽しいウォータースライダーに変えたインドネシアの子どもたち。

Beawiharta Beawiharta/Reuters


海と大地は多様な生き物を育んでいる。例えば、ホッキョクグマや、

Mathieu Belanger/Reuters


ハイイロアザラシ。

イギリス北部ノーサンバーランド沖にあるファーン諸島近く。2013年11月17日。
Nigel Roddis/Reuters


ムクドリの群れが空に美しい姿を描く。

イスラエル南部の都市近くの農場の上を飛ぶムクドリの群れ。2014年2月12日。


ときには空を埋め尽くす。

ギリシャ北部の農場の上を飛ぶ何千羽ものムクドリ。2011年1月3日。
Yannis Behrakis/Reuters


アイスランドのエイヤフィヤトラヨークトル火山の上空に現れたオーロラ。私たちが広大な宇宙の中の小さな存在であることを思い起こさせてくれる。

噴煙の上を美しく舞うオーロラ。2010年4月。
Lucas Jackson/Reuters


地球は息をのむほど美しい。

Reuters


宇宙から見るとなおさら。

Scott Kelly/NASA/Flickr


撮影は国際宇宙ステーション(ISS)に1年間長期滞在した宇宙飛行士のスコット・ケリー氏。

Scott Kelly/NASA/Flickr


想像を超えるほどの美しさ。

Scott Kelly/NASA/Flickr


地球は変化している。

Reuters


だが、地球を守るために多くのことも行われている。

Chip Somodevilla/Getty Images


今日はアース・デイ。まずはこうした変化を知ろう。

Andri Tambunan/Getty Images


願わくば、一緒に美しい地球を守っていこう。

Majid/Getty Images


手遅れになる前に。

NASA Earth Observatory


[原文:Soak in the beauty and fragility of our dynamic planet with these stunning photos]

(翻訳:Setsuko Frey、編集:増田隆幸)

外部リンク

cat_11_issue_oa-businessinsider oa-businessinsider_0_8962e53f5ff0_今リーダーに求められる「コンパッション」とは 8962e53f5ff0 0

今リーダーに求められる「コンパッション」とは

グーグルやアップル、ヤフーなどが導入していることで注目を浴びたマインドフルネス。日本でも認知度が上がってきたが、そのマインドフルネスと“コインの裏表”と言われるのがコンパッションだという。

世界の成功者や有能なリーダーたちが実践するコンパッションとは何か。コンパッションに基づいた社会活動家であり、ハーバード大学名誉研究員、僧侶でもあるジョアン・ハリファックス博士と、MiLI(マインドフルリーダーシップインスティテュート)代表の荻野淳也さんに聞く。

ジョアン・ハリファックス博士(左)とMiLI代表の荻野淳也さん(右)。
撮影:今村拓馬

グーグルの調査結果「生産性向上には心理的な安全性」が重要
——日本でマインドフルネス (ジャッジメントをせずに、今に注意を向けている状態) は市民権を得つつありますが、コンパッションに関してはまだ認知されていません。そもそもコンパッションとはどのようなものでしょうか。

ジョアン・ハリファックス博士(以下、ハリファックス):コンパッションとは「人に注意を与えて、寄り添う」能力のことで、相手と共に「いる」、相手のために「いる」ことです。同時に、相手に対して心を寄せる、相手にとって自分がどう役立つかを感じる、という意味合いも含まれています。

荻野淳也さん(以下、荻野):コンパッションを日本語で「慈悲、思いやり」と訳されることがありますが、少しニュアンスが違うと感じています。コンパッションにあたるぴったりした日本語がなく、「相手に寄り添う」が近いと思います。

——なぜ今、リーダーに「相手に寄り添う能力」が求められるのでしょうか。

75歳。今でも毎年、標高3キロ以上の山道を225Km、医療キャラバンを連れて徒歩でネパール奥地へ。医療と支援物資を届けている。
撮影:今村拓馬

ハリファックス:リーダーが持っているべき資質として、次の3つがあると考えています。

1つ目はその場にしっかりいられる能力。目の前に起きていることを受け止めて、逃げないことです。

2つ目は相手を大切にし、相手に関心を持つこと。

3つ目は、相手にとって最善の結果になるよう貢献することです。これらを実践するには、真の勇気と強さ、繊細さが必要なのです。これらのベースになるのが、コンパッションです。

荻野:実は今、コンパッションは生産性の点からも注目されています。

2012年にアメリカのグーグル本社で、生産性の高いチームはどのような要素を持っているのかという調査が行われました。さまざまな要素があるなか、最も因果関係があったのがサイコロジカル・セーフティ(心理的な安全性)だったのです。ポイントは、これをリーダーがいかにつくるかということです。

これまでの日本のリーダーは、どちらかというと売り上げや利益を伸ばすため、管理型・コントロール型でした。人が本来持っている能力や創造性を削ぎながらやってきたのです。けれども、そこには心理的な安全性は生まれず、社員がいきいきと、本来持っているクリエーティビティーは発揮することは難しい。

リーダーがコンパッションを持つことで、組織は心理的な安全性のある場所になります。

ハリファックス博士は、世界的IT企業の創設者など世界的リーダーからも信頼されている。
撮影:今村拓馬

——マネジメントする側にとっては、自立できない社員が増える、利己的な部下が増えるのではないかという懸念もあります。リーダーはコンパッションをどう発揮すれば、組織にとって有効なのでしょうか。

ハリファックス:相手の言いなりになって自分が疲弊することを、私たちは“愚かな人のコンパッション”という言葉で呼んでいます。それは本来のコンパッションではない。

意外に思われるかもしれませんが、実は最もコンパッションに溢れた対応は、はっきり「No」と言うことです。リーダーが相手に寄り添うとき、「この人を助けよう、何か役に立とう」という明快な意図を持っていれば、厳しく強く対応することもあります。

責任を持って仕事をやり遂げることを相手に期待するのも、コンパッションの一つです。信頼さえあれば、厳しいことを言われたとしても「やっても無駄」「自分には力がない」という気持ちにはなりません。

——コンパッションを経営やリーダー育成に取り入れている企業の例があれば教えてください。

荻野さんは日本でマインドフルネスを広めた第一人者。企業向けの研修も多く実施している。
撮影:今村拓馬

荻野:マインドフルネスと合わせてコンパッションをリーダー育成に取り入れている企業の1つは、アメリカのリンクトインです。CEOのジェフ・ウェイナーは、創業時から自分の経営はコンパッションスタイルだと言い切っています。彼は調査会社Glassdoorのサーベイで、全米No.1の従業員支持率100%という結果(2015年)を出した。リンクトインがコンパッションマネジメントを実践して事業も成長させているのを見て、他のシリコンバレーの経営者たちも取り入れ始めました。

——トレーニングによって、その力を身につけることはできますか?

ハリファックス博士:もちろん可能です。実は、テクノロジーに溢れた現代社会では、「人と人がつながっていない」ことが当たり前に起きています。目の前にあるガジェットとはつながっているのに、目の前にいる相手に対して「共にいる」ことをしていない。

深く相手を理解し、相手を見抜くこと。相手に寄り添うには、自分自身が今ここにいる、つまりマインドフルネスの状態でいられるようにトレーニングをすること。自然にできる人もいますが、ダライ・ラマ法王でさえ毎朝3時に起きて、コンパッションのトレーニングをしているそうです。

荻野:企業でマインドフルネスやコンパッションのセミナーをしてきて感じているのが、日本のリーダーたちにこそ、トレーニングが必要だということ。彼らは日常的に意識的に、また無意識的にも「ジャッジメント」をしている状態です。当然ビジネスですから、意思決定をしなくてはならない。例えば一瞬で「この人は仕事ができるのか、できないのか」という判断を無意識にしています。

一方、マインドフルネスな状態やコンパッショネートリーダー(コンパッションを体現しているリーダー)のあり方は、正反対です。意思決定はしなければなりませんが、衝動的、無意識に反応するのか、意識的に複数の選択肢の中から反応するかは大きな違いを生み出します。まず「今」にしっかりといて、自分、相手、周囲の状況を観察し、自分が何をできるかを考え、その上で数ある選択肢の中からジャッジをする。

私たちはつい、自分の狭い了見、つまりバイアスのかかった固定概念の中でジャッジをしてしまいます。いったん自分と相手に心を向ける時間をとることで、自分の固定観念を外したジャッジメントができるようになります。

対談は博士が来日していた期間に、東京・白金にて実施。
撮影:今村拓馬

—— 成果を出すことに追われていて、まだマインドフルネスやコンパッションの効果に懐疑的な人も多いと感じます。

荻野:その気持ちもわかります。ただ、日本でも今、イノベーションや働き方改革が求められていますよね。狭い了見にこだわっていてはいけません。

それには、「今」にしっかりいて、コンパッションに基づく視点で人やものを見る。それがイノベーションやブレークスルーにつながると思うのです。博士も、マインドフルネスとコンパッションは“コインの裏表”と表現されています。マインドフルネスを実践すると、自己認識を高め、「自分らしくある」ことができるようになりますが、それだけでは足りない。チームで成果を出すには、メンバーに寄り添い、安心な場作りのベースとなるコンパッションもセットで必要なのです。

(文・富岡麻美、撮影・今村拓馬)

---------------------ジョアン・ハリファックス博士:僧侶・医療人類学者(PhD)。ティックナットハン禅師、バーニーグラスマン老師に師事。医療者・介護者のための瞑想を用いた支援プログラムに携わり、社会活動のセンターとしてウパヤ禅センターを設立。ダライ・ラマ14世らによって始められた科学者と仏教者の対話を推進する、マインド&ライフ・インスティチュートの理事も務める。2018年より、日本でもマインドフルネスとコンパッションの変革リーダープログラム「AWARE」を開始。

荻野淳也:一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート(MiLI)代表理事。外資系コンサルタントやベンチャー企業役員を経て現職。リーダーシップ開発、組織開発の分野でトレーニング、エグゼクティブコーチングに従事。グーグル本社で開発されたマインドフルネスベースの人材開発プログラムを日本で初めて開催。リーダーや組織の本質的な課題に対し、リーダーや組織の変容を支援している。

外部リンク

cat_11_issue_oa-businessinsider oa-businessinsider_0_0c2a5c019912_マラソンを完走するための12のアドバイス 0c2a5c019912 0

マラソンを完走するための12のアドバイス

2018年4月22日 07:00 Elise Amendola/AP Images

・ボストン・マラソンで優勝したデジレ・リンデン(Desiree Linden)選手は、アメリカ人女性として1985年以来初めてこの大会を制した。
・リンデン選手は、マラソンを完走するためのいくつかのアドバイスをくれた。
・マラソンは過酷だ。だが、リンデン選手のアドバイスを自身のトレーニングに生かせば、レースで良い成績が残せるだろう。
ボストン・マラソンで優勝したデジレ・リンデン選手は、歴史にその名を刻んだ。アメリカ人女性として1985年以来初めて、ボストン・マラソンを制したのだ。

リンデン選手は2012年のロンドン・オリンピック、2016年のリオ・オリンピックにもアメリカ代表として出場している。

2017年に行ったBusiness Insiderのインタビューで、リンデン選手は当初、マラソンは「常軌を逸した」競技だと思ったと語っている。しかし、オリンピックを目指す長距離走者のためのプログラム「Hansons-Brooks Original Distance Project」に参加してから、リンデン選手はマラソン界にその名をとどろかせてきた。

リンデン選手がBusiness Insiderに教えてくれた、マラソンを完走するためのいくつかのアドバイスを紹介しよう。

---------------------マラソンを走ると決めた理由を明確にしよう

Reuters//Lucas Jackson

「多くの初心者は『マラソンはかっこいい』と思っています」リンデン選手は言う。「"やっておきたいことリスト"に載せたいのでしょう」

リンデン選手は、初めからフルマラソンに参加するよりも、まずは5キロや10キロといった短い距離で試してみることを勧めている。

「しっかりとした準備が整っていなければ、好きにはなれないでしょう」リンデン選手は言う。「マラソンと恋に落ちるチャンスを自分自身に与えてください。それは、レースに向け、忍耐強く、時間をかけて準備を積み重ねることで生まれるものです。そのプロセスが好きになれれば、一生を通じて走り続けることができます。本当に素晴らしいことです」


思い切って、申し込もう

Noemi Bruzak/AP

マラソンを完走したことのないランナーにとっては、大会に申し込むことで大きなモチベーションが得られるだろうとリンデン選手は言う。

申し込みをし、レースの参加費を払うことで、決心が固まるだろう。


自分にあった靴を選ぼう

Michael Pereckas/Flickr

「見た目がかっこいいとか、値段が手ごろとか、目の前にあったからといった理由だけで選んではいけない」とリンデン選手は言う。

自分にあった靴を選びたいなら、ランニング・シューズに詳しい店に行くことをリンデン選手は勧めている。

Hansons-Brooks Original Distance Projectのメンバーであるリンデン選手は、Hansons-Brooksのシューズを履いている。


トレーニングでは、今に集中しよう

Pilar Olivares/Reuters

「家を出たら『OK、この一歩、この1マイル、この瞬間を楽しもう』と思うことです」リンデン選手は言う。「やり残したことがどれだけあるかなど、人は後ろ向きな考えをしがちです。今、この瞬間に集中することが常に助けになります」


でも、やり過ぎはダメ

Kayana Szymczak / Stringer / Getty Images

トレーニングに一貫性は持ちたいものだ。リンデン選手は、トレーニングのやり過ぎや距離の伸ばし過ぎは、マラソン・ランナーに災いをもたらすと言う。

「一番避けたいのは、レースの8~10週間前に怪我をすることです」


健康的な食事でエネルギー補給を

Shutterstock/Sakarin Sawasdinaka

長距離走者にとって、十分なカロリーの摂取は必要不可欠だ。

「選択肢がどんなに限られていても、食べられるものは何でも食べます」リンデン選手は言う。

それでも、マラソンを走りたいランナーは「冷蔵庫や台所に置いておくものをしっかり見極める」べきだと言う。

リンデン選手は基本的に加工食品は避け、できる限り新鮮な自然食品を取るようにしている。

そして、レースの数日前からは、白米といった「シンプルな炭水化物」に切り替え、レース当日に胃の調子が悪くならないようにしているという。


睡眠時間をたっぷり取って、からだの回復を助けよう

Phalinn Ooi/flickr

「睡眠は、回復の一番の手段です」リンデン選手は言う。「回復の最良の手段は、ベッドです。良く眠りましょう。それが次の日に向けて、からだを回復させます」

科学もこれを支持している。

2017年のセントルイス大学の医科大学院の論文は、「アスリートにとって、睡眠不足は怪我のリスクを高めるだけでない。睡眠は、怪我からの回復にも欠かせない」と指摘している。


大きなレースの前には、深呼吸でリラックスしよう

AI Project/Reuters

「スタートラインに立つと、興奮せずにはいられません。これから大きなレースが始まるのだし、レース中に起こり得るさまざまな可能性を思えば、当然のことです」リンデン選手は言う。「ただ、こうした気持ちを抑えて、リラックスと集中をすることが必要です」


自分を甘やかしてはダメ —— マラソンを完走するのは簡単なことではない

Chris Ratcliffe / Stringer / Getty Images

「どんなレースであれ、マラソンはきつい」リンデン選手は言う。「きついのはたまたまではありません。そもそも、きついものなのです。それでも素晴らしい経験をもたらしてくれるのです」

リンデン選手はマラソンの32キロ地点の前後から「頭」ではなく「心」で走り始めると言う。

「沿道の声援もエネルギーに変えることができます」リンデン選手は言う。


走り続けるのがしんどくなっても、自分の回復力を信じよう

Charles Krupa/AP Images

リンデン選手は、多くの人がマラソンを走ることで自身について学ぶと言う。

「思ったよりも自分はタフだったというのは、よく聞く話だ」リンデン選手は言う。「そこから立て直していける」


くじけそうになったら、トレーニングを思い出そう

Kelvin Kuo/AP Images

トレーニングは自分をどこまで追い込むことができるかを知り、その知識を42.195キロに生かすことだと、リンデン選手は言う。

「きつくなってきたら、『毎日やってきたことだし、そのときは大丈夫だった』と考えて、コツコツ努力し続けることです」


レースが終わったら、回復のために時間を取ろう

Michael Dwyer/AP Images

「回復はフィニッシュラインを超え次第、始まります」リンデン選手は言う。

彼女は、レースが終わったら3分以内にエナジーバーやバナナ、ベーグルを食べることを勧めている。大半のマラソン大会は、食べ物を提供するブースを設けている。

その後は、十分な休息を取ろう。リンデン選手の場合、レースの後2週間はトレーニングを全くしないという。その時間が、次への目標に向かう原動力になるのだと、彼女は語っている。


[原文:The winner of the Boston Marathon explains how to complete a marathon, from signing up to crossing the finish line]

(翻訳、編集:山口佳美)

外部リンク

cat_11_issue_oa-businessinsider oa-businessinsider_0_06974951cd05_飛行機の機内食って「おかわり」頼めるの? 06974951cd05 0

飛行機の機内食って「おかわり」頼めるの?

機内食を食べたのに、まだお腹が満たされない。そんなときは、おかわりを頼んでしまいましょう。無料です。

「Travel & Leusure」の記事によると、大半のエアラインが、余っていれば喜んでおかわりをくれるそう。もちろん、余りがあるかないかはその時々によって変わるので、1回目にチキンとパスタで悩むのは仕方ありません。でも、もしそれで足りなければ、次をもらえる可能性があるということを覚えておいて損はないでしょう。

余りがあったとしても、すぐに売り切れてしまうかもしれないので、おかわりの希望は早めに伝えてください。

おかわりの頼み方
1度に2食分をくれることはまずありませんが、客室乗務員がリクエストとして、あなたの希望を覚えておいてくれるはず。そして、全体へのサービスが終わったら、残りがあるかどうかを知らせに来てくれるでしょう。

筆者は昨年、サンフランシスコからイタリアへの14時間のフライト中にこれを試してみました。予約時に貝類アレルギーがあることを申告したため、周囲の人たちがオムレツを食べる中、私は不思議な朝食を出されたのです。どんなアレルギーの人にも対応するためなのでしょうけど、トマト3切れだけって…。

ディナーの提供まで眠ることにしましたが、とにかくお腹が空いて眠れません。そこで客室乗務員に伝えたところ、残りのオムレツを持ってきてくれました。

お腹が空いて仕方ない時は
機内食はお世辞にもおいしい選択肢とは言えないことがほとんどですが、それでもないよりはましです。それに、やたらと高いプリングルスにお金を出すのは納得できません。

とはいえ、飛行機に乗るといつもお腹が空いてしまうという人は、自分でハイプロテイン食を持ち込むことをお勧めします。私はトレイルミックスを持って行くことが多いのですが、機内だけでなく現地のホテルでお腹が空いたときにも便利です。

搭乗前に時間があったら、できるだけ空港で食事を済ませておきましょう。そのうえで、機内食のおかわりが必要なら、客室乗務員に頼んでみてください。

Image: Nina Lishchuk/Shutterstock.com

Source: Travel & Leusure

Emily Price - Lifehacker US[原文]

(訳:堀込泰三)

ライフハッカー[日本版]より転載(2018年3月23日公開の記事)

外部リンク

cat_11_issue_oa-businessinsider oa-businessinsider_0_6aa9bec98303_専門家は懐疑的 北朝鮮、核実験とミサイル発射実験を中止 6aa9bec98303 0

専門家は懐疑的 北朝鮮、核実験とミサイル発射実験を中止

2018年4月21日 13:55 Reuters

・北朝鮮の金正恩委員長は核実験とミサイル発射実験を中止すると発表した。北朝鮮の朝鮮中央通信が4月21日(現地時間)朝、伝えた。
・中止は4月21日から実施される。
・北朝鮮と韓国は、27日に南北首脳会談を開催する予定。
韓国の聯合ニュースによると「4月21日から、北朝鮮は核実験とICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験を中止する」と朝鮮中央通信が伝えた。

また聯合ニュースは「北朝鮮は、核実験の中止の証として同国北部の核実験場を閉鎖する予定」と伝えた。

北朝鮮はさらに、核実験場は「核実験の中止の実効性を確かなものとするために廃止される」と発表した。

アームズ・コントロール・アソシエーション(Arms Control Association)によると、北朝鮮の直近の核実験は2017年9月、また直近のICBM発射実験は同年11月。

だが北朝鮮は朝鮮半島の緊張緩和につながる動きを示したものの、すでに保有している核ミサイルや核兵器の廃棄については触れていない。専門家は懐疑的な見方を示した。

「北朝鮮の核開発や実験は一定のレベルに到達している。事実、北朝鮮はすでに11月に、核抑止力を完成させたと言っている」とマサチューセッツ工科大学(MIT)のヴィピン・ナラング(Vipin Narang)教授はTwitterに投稿した。

「発言を正確に捉えることが重要だ」とナラング教授は続けた。

「実験場の閉鎖は、例えば大気圏内(や他の場所)での核実験を排除するものではない。そしてミサイル発射実験はまだ、衛星の打ち上げに見せかけて継続することができる」

北朝鮮は以前にも同様の発表を行ったが

北朝鮮は寧辺の核施設の原子炉冷却塔を破壊。2008年6月。
Nuclear Threat Initiative/YouTube

2008年、北朝鮮は核開発プログラムの廃棄に合意し、プルトニウムを抽出していた寧辺の核施設の原子炉冷却塔を破壊、その様子を中継した。だが2013年、北朝鮮は「方針の見直しと核開発プログラムの再開」を発表した。

今月27日には南北首脳会談の開催が控えている。

韓国大統領府は、今回の北朝鮮の発表は朝鮮半島の非核化に向けての「意味のある進展」と語った。ロイターが伝えた。

北朝鮮も南北首脳会談を前に、同様の提案や象徴的な動きを行っている。韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩委員長の間の専用ホットラインの再開、トランプ大統領との会談への同意などだ。

トランプ大統領は今回のニュースを称賛し、「大きな前進」のサインと呼んだ。

「北朝鮮は全ての核実験の中止と主要な実験場の閉鎖に同意した」と大統領はTwitterに記した。

「北朝鮮と世界にとってとても良いニュース。大きな前進だ! サミットが楽しみだ」

次期アメリカ国務長官のマイク・ポンペオ氏は、3月末に秘密裏に北朝鮮を訪問、トランプ大統領と金委員長の会談の準備を行った。

[原文:North Korea says it will 'stop nuclear tests and launches of intercontinental ballistic missiles' — but experts aren't entirely convinced]

(翻訳、編集:増田隆幸)

外部リンク