cat_17_issue_oa-bloomberg oa-bloomberg_0_f1bfbc92ff0f_オーストラリア市民は同性婚の合法化を支持-全国調査 f1bfbc92ff0f f1bfbc92ff0f オーストラリア市民は同性婚の合法化を支持-全国調査 oa-bloomberg 0

オーストラリア市民は同性婚の合法化を支持-全国調査

2017年11月15日 08:27 Bloomberg News

オーストラリア市民を対象とした全国調査で同性婚の支持が過半数に達し、議会が年内に同性婚を合法化する道が開かれた。

  オーストラリア統計局が15日公表した調査結果によると、1200万人強が参加した郵便投票で賛成は約61.6%だった。反対は38.4%。

  全国調査は議会を拘束しないが、ターンブル首相は議員が結果を尊重するだろうと述べていた。

外部リンク

cat_17_issue_oa-bloomberg oa-bloomberg_0_e6210a99dd12_ミレニアルは不運な世代、資産形成難しい e6210a99dd12 e6210a99dd12 ミレニアルは不運な世代、資産形成難しい oa-bloomberg 0

ミレニアルは不運な世代、資産形成難しい

2017年11月15日 06:48 Bloomberg News

21世紀の到来とともに成人を迎えたミレニアル世代。善きにつけあしきにつけ何かと話題になる世代だが、クレディ・スイス・グループは同情すべき世代だと考えている。

  クレディ・スイスは「グローバル・ウェルス・リポート」で、ミレニアルを「悪運につきまとわれた世代」だとし、資産形成がこれまでの世代よりも難しいだろうと指摘した。

  リポートはミレニアル世代について「金融危機の影響をもろに受け、総じて高い住宅価格と学資ローンの重荷に苦しみ、不均衡拡大にも直面する」と指摘。富の形成が難しいばかりでなくその不均衡も大きくなるだろうと予想した。

  まだ比較的若いことから資産が少ないのはやむをえないが、親世代が同年齢の時期に比べ所得、住宅所有の点で恵まれず、年金の見通しも前世代に比べ暗いと分析。「全体として、幸運な世代とは呼べない」と結論付けている。

外部リンク

cat_17_issue_oa-bloomberg oa-bloomberg_0_c3eefc10e807_"ウーバー嫌い”のタクシー王子、旧態依然の業界に変革を c3eefc10e807 c3eefc10e807 "ウーバー嫌い”のタクシー王子、旧態依然の業界に変革を oa-bloomberg 0

"ウーバー嫌い”のタクシー王子、旧態依然の業界に変革を

2017年11月15日 05:00 Bloomberg News

「初乗り410円」、「タクシーアプリ」、「定額運賃」。世界中を席巻している米ウーバーに代表される新興配車サービスを迎え撃つ日本のタクシー業界がここ数年で矢継ぎ早に打ち出した施策だ。その背後にいるのが「タクシー王子」の異名を持つ日本交通の川鍋一朗会長(47)だ。

  創業家の3代目で幼稚舎からの生粋の慶応ボーイ。米国で経営学修士(MBA)を取得して米マッキンゼーでコンサルタントとして活躍、妻の祖父は中曽根康弘元首相という華々しい経歴を持つプリンスは業界団体の全国ハイヤー・タクシー連合会会長も務める。黒船のように押し寄せる新興配車サービスに対抗すべく、ITの積極導入など旧態依然とされる業界改革に奔走している。

  業界をめぐる状況は厳しい。国土交通省の統計によると、2005年度を100とした15年度の国内旅客輸送量は鉄道が111、航空が102、乗り合いバスが101と増加する一方で、タクシーは68と大幅に減少した。需要が尻すぼみとなるなか、スマートフォンのアプリを使った配車サービスでは新規参入が相次いでおり市場は乱戦模様となっている。

  営業許可のない自家用車での配送サービス、いわゆる「白タク行為」が禁じられていることから13年に日本に上陸した米ウーバー・テクノロジーズはハイヤーの配車サービスを提供。メッセージアプリのLINEも同様のサービスを手掛けている。目的地やルートを限定してライドシェア(相乗り)を一部可能にしたサービス「ノリーナ」を展開する「ゼロ・トゥ・ワン」(横浜市)など新興企業も台頭している。

  川鍋会長は日本のタクシー業界は地場の零細が多く、特に地方では経営的に死に体の会社も増えるなど課題は多いと前置きしたうえで、自社や業界の最近の取り組みについて「タクシーを進化させようとしてやっている」と述べた。「タクシーがちゃんとしていて、ある程度リーズナブルでちゃんと使える素敵なアプリがあればみんなライドシェアをほしがらないと思う」とも話した。


アプリ子会社上場も視野

  川鍋氏が今最も注力しているのが日本交通の子会社として立ち上げた「JapanTaxi」だ。タクシーのIT化を目指す同社の配車アプリ「全国タクシー」では連携する全国のタクシー会社の計4万7000台を呼ぶことが可能。クレジットカードなどを事前に登録すれば支払い手続きを目的地到着前に済ますこともできる。ダウンロード数は約380万と配車アプリとして国内最大だ。

  ジャパンタクシーは6月、トヨタ自動車などが出資しスパークス・グループが運営する未来創生ファンドから5億円を調達した。しかし「やりたいことに対しては全然足りない」とし、来年にも「完全にベンチャーの世界観にのっとった形」で追加の資金調達を予定しているという。

  調達した資金は主にテレビCMなどアプリの認知度向上と、他言語対応や決済機能を強化するために来春の導入を目指す新型車載用タブレット端末の費用に充てる考え。川鍋氏は時期は未定とした上で、「エグジットのチャンスを投資家に与えるため」にジャパンタクシーの上場も視野に入れていることを明らかにした。

  ウーバーは13日、ソフトバンクグループなどから最大10億ドル(約1137億円)の出資提案を受け入れると発表、ソフトバンクも14日、最終的な合意はしていないものの出資を検討していることを明らかにした。中国の配車サービス滴滴出行も第一交通産業と組んで訪日中国人を対象にしたタクシー配車サービスの導入を計画している。ソフトバンクは滴滴出行の親会社にも出資している。

行動データ

  配車サービスは事業の副産物として、「誰がいつどこに行った」という個人情報にひも付けられた行動データを得ることになる。川鍋氏は「国家安全保障上、ローカルな移動のデータはローカル企業が所有権を持ってきちっと管理していかないと危ない」と考えており、そのため今後の資金調達では「日本と運命を共にしてくれるような企業」からの出資を求めているという。

  トヨタは10月、約20年ぶりとなる新型タクシー専用車両を発売。電動スライドドアを採用し、屋根が高く床がフラットなため車いすやベビーカーがそのまま乗車できるのが最大の売りだ。次世代タクシーの開発ではトヨタのエンジニアが日本交通の営業所に何十人も訪れ、デザインや機能を練ったという。

「現代の油田」

  川鍋氏は、トヨタが新しい道路や車線規制の状況などタクシーが得るさまざまな情報を使ったリアルタイム地図の作製にも関心を示していると指摘。タクシーの「物理的な移動量がお金になる」とし、自動運転時代の到来が近づくなかで路上から得る情報は「現代の油田」だと強調した。

  東京ハイヤー・タクシー協会の資料によると都内でのタクシーの月間輸送人員数は約3000万人。一方で、ブルームバーグが入手した最近のデータによると国内でのウーバーの利用回数は月約5万回と規模はまだ小さい。米国では割安なウーバーだが、日本ではハイヤーを利用するために通常のタクシーより割高なことも影響している。だが、競合関係にあることに変わりはない。

  「ちなみに、私のウーバーのアカウントはバン(凍結)されているんです」と川鍋氏は語る。同社には日本語や英語で電子メールを送り凍結解除を求めたものの返信はないという。ウーバーはアカウント凍結に関するブルームバーグの取材に対し、個人のアカウント情報については回答を控えるとコメントした。

  高い技術力を持つウーバーを否定するものではないとしながら、同社の企業文化については「EVIL(邪悪)」であり、「大嫌い」と話した。そうしたやり方では「どんなにテクノロジーやお金があっても徳は残らない」とし「ウーバーを反面教師としてハーバードのケーススタディーなどで取り上げるべき課題だ」と指摘した。

  自動車評論家の国沢光宏氏は「物価の安い日本の中でタクシーの運賃だけがめちゃくちゃ高い」と指摘する。国が運賃を規制しているほか、業界団体のロビー活動の力が大きいために何も変わらず、結果として競争力のない産業の一つになっていると話した。どんな業界でも価格競争がまず必要だとし、もう少し運賃を安くするとともに「プラスアルファの魅力を付けてほしい」と期待を示した。

外部リンク

cat_17_issue_oa-bloomberg oa-bloomberg_0_69cf17a2218a_4兆円有機EL市場狙う日本勢、周辺技術で高シェア 69cf17a2218a 69cf17a2218a 4兆円有機EL市場狙う日本勢、周辺技術で高シェア oa-bloomberg 0

4兆円有機EL市場狙う日本勢、周辺技術で高シェア

2017年11月15日 01:00 Bloomberg News

米アップルの新型「iPhone(アイフォーン)」への採用で、有機EL(OLED)の本格普及に向けた号砲が鳴った。パネルで優位に立つ韓国、関連投資を拡大する中国に挟まれた日本はディスプレー製造に関わるコア技術や新素材で既に高シェアを握り、量産化でさらなる収益獲得を狙っている。

  液晶は、発光に背面から光を照射するバックライトが必要だ。一方、有機ELの最大の特徴は樹脂材料に電流を流すことで自ら発光する点にあり、画質の良さや薄型化が可能という利点を持つ。1980年代から有機ELの開発は続けられてきたが、製造が難しく、プラズマや液晶が先行して普及。アップルの新スマートフォン(スマホ)への搭載が取り沙汰されるようになった2015年以降、有機EL市場の拡大機運が再燃し、サムスン電子など韓国勢が液晶から有機ELパネルへ一気にかじを切った。

  アドバンスト・リサーチの黒澤真シニアアナリストは、「蒸着タイプのOLEDパネルで韓国勢に遅れをとった日本勢の生きる道は『部材』と『装置』。必要不可欠な部材のほとんどで日本勢が高シェアを握っており、2020年以降の有機ELテレビの大型化でより一層活躍の場は広がっていく」と予想する。

  IHSマークイットは7月、スマホ向け有機ELの出荷額が17年に227億ドル(約2兆4800億円)に達し、214億ドルの液晶を初めて上回ると予測した。21年までにはテレビ向け需要の拡大も加わり、年平均で22%成長、400億ドルを超すとみる。

  有機ELパネルをつくる製造ラインで使われるエキシマレーザーアニール(ELA)装置で70%以上のシェアを持つのが日本製鋼所だ。95年に世界に先駆けELA装置の製品化に成功、納入実績が評価され、15年以降はアップルのサプライヤーである中国企業の新規製造ラインでの採用が相次いだ。レーザー・プラズマシステム室企画管理部の大津英彦部長によると、ELA装置の売上高ピークは16年3月期の326億円。しかし、「iPhone新機種の発売をきっかけにエンドユーザーの間で有機ELに対するニーズが高まれば、パネルメーカーから次の製造ラインを作ろうという動きになっていく」とし、20年にかけ需要は再度伸びると読む。

  丸三証券の佐原孝輔アナリストは、テレビ需要の拡大などで有機ELの製造ラインが大規模化すれば、周辺装置も含め1台当たり単価が上昇し、日製鋼の収益は拡大基調をたどるとみる。

  スマホの発色や照度をチェックする光学測定機器メーカーのコニカミノルタは、ディスプレー向けシェアで50%超とトップ。センシング事業本部企画部の小松洋子課長は、顧客の需要を受け有機EL向け製品群を拡充してきたとし、「光学測定機器を含む計測機器事業の売上高を向こう3年間で2倍にする」との目標を明らかにした。

  スマホ向けディスプレーメーカーが現在抱える悩みは、有機EL製造ラインの歩留まりが改善しない点だ。顧客がラインの微調整を続ける中、コニカミノは検査回数や項目増加などのプラス効果を得ている。計測機器事業の16年3月期売上高は267億円だった。

  iPhone新機種「X(テン)」では採用されなかったが、来年以降の次期機種での採用予測があるのが折り曲げ可能なフレキシブル有機ELディスプレーだ。これに使われるポリイミド樹脂で先行するのが宇部興産。液状ポリイミド製品「ワニス」は、セ氏500度以上の高温焼成下でもきれいな膜を形成できる。11年に携帯電話生産で世界最大手の韓国サムスンと提携し、合弁会社が開発した有機ELディスプレーは15年夏投入のサムスンのスマホ「ギャラクシーS6 エッジ」に搭載された。

  宇部興のポリイミド営業開発グループリーダーを務める下川裕人氏は、「サムスンとの合弁でポリイミド製品と言えば宇部興産、と言ってもらえるようになった」と話す。同社では素材別の収益実績や将来見通しを公表していないが、ポリイミド製品群の18年売上高は10年と比較し、1割増えると予測。今後はサムスン以外にもワニスを供給する方針だ。

  SMBC日興証券の竹内忍シニアアナリストは、「中国勢は採用実績のある部材を使いたいという傾向が強い。『ワニス』が既に業界標準となっているところが最大のアドバンテージ」と分析。今後は、フィルム製造など付加価値の高い川下分野まで宇部興が手掛ける可能性もあり、「将来的に業績インパクトも大きくなっていく」との見方を示した。

  有機EL関連銘柄の株価の年初来パフォーマンスをみると、日製鋼は14日時点でプラス55%、宇部興がプラス33%。それぞれが属する東証機械株指数のプラス28%、化学株指数のプラス32%を上回っている。

外部リンク

cat_17_issue_oa-bloomberg oa-bloomberg_0_bad1bf7ffc09_米テスラは「人種差別的行為の温床」従業員が訴訟 bad1bf7ffc09 bad1bf7ffc09 米テスラは「人種差別的行為の温床」従業員が訴訟 oa-bloomberg 0

米テスラは「人種差別的行為の温床」従業員が訴訟

2017年11月14日 14:31 Bloomberg News

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのアフリカ系米国人の従業員は、同社で広くまん延する深刻な嫌がらせを受けているとして、同社を相手取り提訴した。従業員は同社の生産拠点が「人種差別的行為の温床」となっていると主張している。

  この従業員は嫌がらせを受けたテスラのアフリカ系米国人労働者100人余りの1人であるとして、判事に集団訴訟の認定を求めている。また、一般的および懲罰的な損害賠償金に加え、テスラに嫌がらせの防止・是正策を講じるよう求める命令も請求している。

  同従業員はカリフォルニア州のアラメダ郡地裁に13日提出した訴状で、「テスラはEV革命の最先端を行く革新的企業として頭角を現しているが、テスラ工場の業務運用において一般的なのは、公民権運動以前の人種差別だ」と主張した。

  テスラは全世界で約3万3000人の従業員を抱えているが、ダイバーシティー(多様性)に関する統計を公表したことはない。カリフォルニア州フリーモントにある同社唯一の自動車組立工場には1万人余りが勤務している。

  今回の訴訟は、4月23日から10月31日までフリーモント工場に勤務したマーカス・ボーン氏が起こした。ボーン氏は従業員や監督者が日常的に同氏やアフリカ系米国人の同僚の周りで差別用語を使ったと主張。同氏は人事部とイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)に対して書面で苦情を申し立てたが、「態度がポジティブでない」として10月後半に解雇された。

  テスラはこれまでのところ訴訟についてコメントしていない。

  法律事務所カリフォルニア・シビルライツ・ロー・グループのラリー・オーガン弁護士は、同事務所が人種的嫌がらせに苦情を訴えていた他のアフリカ系米国人の従業員の代理としてテスラを今年提訴した後、ボーン氏が連絡してきたと説明した。

外部リンク

cat_17_issue_oa-bloomberg oa-bloomberg_0_0ff4b9770fab_ビットコインのヘッジ手段は中国株か、暫定的に浮上 0ff4b9770fab 0ff4b9770fab ビットコインのヘッジ手段は中国株か、暫定的に浮上 oa-bloomberg 0

ビットコインのヘッジ手段は中国株か、暫定的に浮上

2017年11月14日 14:18 Bloomberg News

  ビットコイン下落に備える潜在的なヘッジ手段として、中国株が浮上しつつある。ブルームバーグの集計データによれば、中国株の主要指数であるCSI300指数とビットコインの相関係数(20日間)は13日にマイナス0.76。世界の主要資産の中で負の相関が最も強く、2010年以降で最大となった。ただ両者の関係は不安定で、正の相関と負の相関を繰り返してきていることに注意しなければならない。

外部リンク

cat_17_issue_oa-bloomberg oa-bloomberg_0_a075cf5f0fcd_日米欧英の中銀トップ、フランクフルトに集いパネル討論会 a075cf5f0fcd a075cf5f0fcd 日米欧英の中銀トップ、フランクフルトに集いパネル討論会 oa-bloomberg 0

日米欧英の中銀トップ、フランクフルトに集いパネル討論会

2017年11月14日 13:27 Bloomberg News

世界の主要中央銀行4行のトップが14日、フランクフルトに集まり政策の伝え方について話し合う。米ゴールドマン・サックス・グループのエコノミストらはこうした金融当局の取り組みに賛意を示すものとみられる。

  欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁はホスト役を務める「中央銀行コミュニケーション会議」で、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長、日本銀行の黒田東彦総裁、イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁と共に中銀が発するメッセージが政策の効果と評判にどのような影響を与えるかについてパネル討論会を開く。

  2日間のこの会議で意見を述べる予定のジャン・ハッチウス氏らゴールドマンのエコノミストはすでにこの問題に取り組んでおり、15年にわたり4行のイベントと市場の反応について調べている。

  ハッチウス氏の同僚、ニコラス・ファウセット氏はリポートで、全般的に各中銀は「政策メッセージのコミュニケーションにかなり成功している」と指摘。「意図せぬコミュニケーションのエピソードを個々に特定するのは難しくはないが、市場がセントラルバンカーに注意深く耳を傾け、成長見通しではなく主に金融政策のガイダンスに焦点を絞っていることが分かった」と記した。

  中銀側からの想定外のコメントで市場が動揺することもある。2013年の「テーパー・タントラム」は米金融政策の変更を示唆したと受け取られたほか、ドラギECB総裁が今年「リフレ圧力」に言及したことでユーロが上昇した。

  ゴールドマンによれば、米金融当局とECB、イングランド銀行による政策決定と記者会見はそれぞれのイベントを挟んだ期間における主要資産価格の大きな変動につながる傾向があり、イベントに続く数日間、金融環境に対する効果が継続すると判明。これら3中銀に比べ日銀のイベントに対する反応は小さめだという。

外部リンク

cat_17_issue_oa-bloomberg oa-bloomberg_0_4f55c0e189e0_ムーア氏から40年前に「性的暴行」を受けた、米女性が訴え 4f55c0e189e0 4f55c0e189e0 ムーア氏から40年前に「性的暴行」を受けた、米女性が訴え oa-bloomberg 0

ムーア氏から40年前に「性的暴行」を受けた、米女性が訴え

2017年11月14日 13:24 Bloomberg News

米南部アラバマ州上院補欠選挙の共和党候補、ロイ・ムーア氏から約40年前の16歳の時に性的暴行を受けたと主張する女性が13日、ニューヨーク市で記者会見を開き当時の状況を説明した。同氏を巡っては、他に4人の女性が10代の時にわいせつ行為などを受けた疑いも報じられている。

  この会見の数時間前、共和党のマコネル上院院内総務はワシントン・ポスト紙に被害を訴えた女性たちが本当のことを語っていると思うと述べた上で、ムーア氏(70)は選挙戦から撤退すべきだと断じた。

  ビバリー・ヤング・ネルソンさんはグロリア・アルレッド弁護士と共に会見に臨み、16歳の時に、ムーア氏から車の中で胸を触られ、やめるよう言ってもさらに首をつかまれてわいせつな行為を迫られたと語った。

  ムーア氏の選対本部長はアルレッド弁護士が「魔女狩り」を主導していると非難した。共和党上院議員からは、ムーア氏は選挙戦から撤退すべきだとか、支持を撤回するとの声が聞かれ、中には、ムーア氏が当選した場合は上院は除名などの措置を講じるべきだと主張する議員もいた。マケイン共和党上院議員は「彼は断じて米上院議員になるべきではない」と語った。

  一方、ムーア氏は引き続き疑惑を否定。ネルソンさんの会見について、アラバマ州で記者団に対し、「これは全くの誤りだ。彼女が言ったことを私は絶対にしていないし、彼女と面識さえない。彼女について何も知らない」と発言した。また同氏は地元ギャラントでのイベントで自分の容疑について、「政治工作であり、現実とは無関係だ」と語った。発言のもようはテレビ局WBRCが放映した。

  さらにムーア氏はマコネル氏に対し、ツイッターで反撃。辞任すべきなのはマコネル氏であり、保守派を裏切った以上、交代させる必要があると述べた。
  
  アラバマ州でのムーア氏支持率は後退したものの、急落はしていない。ワシントン・ポスト紙の報道後にオピニオン・サビとJMCアナリティクスが共同で実施した世論調査によれば、女性と福音主義者の支持率は低下した。世論調査の一つによると、ムーア氏と民主党候補ダグ・ジョーンズ氏の支持率は拮抗(きっこう)しており、別の調査ではジョーンズ氏が若干リードしているものの誤差の範囲だった。

外部リンク

cat_17_issue_oa-bloomberg oa-bloomberg_0_165cf28785cd_新入社員の初任給は10年超ほぼ横ばい、米の半分 165cf28785cd 165cf28785cd 新入社員の初任給は10年超ほぼ横ばい、米の半分 oa-bloomberg 0

新入社員の初任給は10年超ほぼ横ばい、米の半分

2017年11月14日 05:00 Bloomberg News

デフレ脱却を目指す安倍政権は賃上げを企業に働き掛けているが、日本の大学を卒業した新入社員の初任給は10年以上、ほとんど変わっていない。

  経団連の調査によると、2017年の大学卒(事務系)の初任給は21万2873円と07年比で3.8%増。年間では約260万円となり、全米大学・雇用者協会(NACE)が調査した米国の大学卒の半分に過ぎない。米は同年比8%増。

  厚生労働省の16年の調査を基に同年代の賞与を加えて計算すると、大学卒の年収は約290万円となる。大学院に通ったとしても大きな違いはなく、年収は約310万円にとどまる。

  年功序列の給与水準や福利厚生など給与に直接反映されない要素もあるが、日本全体の賃金の伸び悩みを示した結果だ。厚労省の調査によると、16年の賃金は前年と比較して横ばいだった。

外部リンク

cat_17_issue_oa-bloomberg oa-bloomberg_0_63d7bac1665d_米GE、長期目標に連動した現金賞与取りやめへ 63d7bac1665d 63d7bac1665d 米GE、長期目標に連動した現金賞与取りやめへ oa-bloomberg 0

米GE、長期目標に連動した現金賞与取りやめへ

2017年11月14日 04:54 Bloomberg News

米製造業大手のゼネラル・エレクトリック(GE)は幹部を対象とした長期目標に連動した現金賞与を取りやめ、株式による賞与を増やす方針だ。ジョン・フラナリー最高経営責任者(CEO)による大幅な経営改革の一環。

  GEの投資家向けプレゼンテーションによれば、3年間の目標に連動した長期業績連動報酬が廃止される。GEの幹部およそ1000人がこのプログラムに参加している。

  フラナリーCEOは13日の投資家会議で、幹部は報酬全体の半分を株式で受け取ることになるとし、株式の比率が従来の約20%から高まると説明した。プレゼンテーションによれば、同CEOの年間の株式報酬は全て業績に連動する。またGEは、年間賞与の決定に利用する判断基準の数を減らす。    

外部リンク