cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_27d0ef688344_AWSをやめたDropbox、自社DCに移行した背景とメリット 27d0ef688344 0

AWSをやめたDropbox、自社DCに移行した背景とメリット

2018年8月31日 13:11 アスキー

 2018年8月30日、クラウドストレージサービス「Dropbox」を展開するDropbox Japanは、グローバルのストレージインフラやネットワークについての説明会を実施。AWSにあったシステムを自社データセンターに移した背景やそのメリットなどをDropbox Japanの保坂大輔氏が説明した。

エクサバイトに向け加速度に増え続ける超巨大システム

 Dropboxを支えるテクノロジーについて説明した保坂氏は、まずDropboxのサービスのスケール感について説明した。Dropboxが展開されている国は現在180以上で、登録ユーザー数も5億人以上になる。このうち1100万におよぶ有料ユーザーの80%以上はDropboxを業務で利用しており、個人向けサービスのイメージからは脱却しつつある。実際、日本でも関西大学やアディダスなどが万単位のアカウント数で運用しているという。

 顧客データも1エクサバイト(1EB=1000PB)と膨大な容量で、ファイル数も4000億以上。しかも加速度的に増えており、2012年40PBだったデータが2016年には約12倍の500PB、そしてそこから2年かからず現在の1EBにまで拡大しているという。もちろん、ファイル同士のすさまじいトランザクションをさばくネットワークに関しても、大容量で強固なものが必要になる。「もはや自らインフラを整備しないと、お客様の要望に応えられないところまで来た」(保坂氏)とのことで、2008年のサービス開始以来データセンターと併用してきたAWSをやめ、自社データセンターに移行する決定をしたのが2014年の話だ。

 成長を続けるAWSをやめ、自社データセンターに“先祖返り”したDropboxの選択は大きな話題となった。また、超巨大システムをオンラインでデータセンターに移行させるというプロジェクトは、「飛んでいる飛行機のエンジンを交換する」と言われるほど難易度の高いものだったが、2015年に無事完了。現在、1EBに上る顧客データはDropbox独自の「Magic Pocket」と呼ばれる独自ストレージシステムに格納されている。

自社サービスに向け、ストレージとネットワークをチューニング

 Magic Pocketが目指したのは、競争優位性を確保できる高いセキュリティとパフォーマンス、そして新しい技術への対応だ。AWSのようなクラウドからあえて自社設計・運用に移行した理由について保坂氏は、「AWSはあくまで汎用性を重視したサービス。Dropboxは自社サービスに向けて専用にチューニングしたかった」と語る。

 この1つの事例が、現在導入を進めているシングル磁気記録方式(SMR:Shingled Magnetic Recording)のハードディスクだ。SMRはデータを記録する際に、トラックを重ねるようにデータを書き込むことで、磁気ヘッドの幅を狭めずに、記録密度を向上させる技術。仕組み上、シーケンシャルな書き込みに特化しているが、Dropboxのファイルの利用状況を調べると、更新は最初のみに偏るため、容量向上のメリットの方が大きいという。エクサバイト級での規模のSMR技術の導入は初めてになるという。

 セキュリティに関しても、さまざまなベストプラクティスを実装している。多要素認証はもちろん、既存のハッシュに比べて強度の高いソルト付きハッシュを実装したパスワードを導入。また、侵入検知やフォレンジック、ロギング検知などを実施するほか、侵入テストやバグ発見の奨励金も出している。ファイルの暗号化はもちろんだが、認証もSCO2/SOC3、ISO270001、HIPPAのほか、個人情報を扱うためのISO27017・27018、Dropbox自体の事業継続性を証明するISO22301まで取得している。「GDBRに関しても施行前にほとんど対応している状況だった」(保坂氏)。さらにDropboxではデータはすべて4MBブロックに分散配置され、さまざまなレベルの障害に対応。ファイルとメタデータのサーバーも異なっており、多層化されたセキュリティ対策が導入されていることもあり、外部からの不正侵入や情報詐取はきわめて難しいという。

 Dropboxの特徴とも言える高い同期性能やデータの損失防止を実現するネットワークも自前で構築している。北米、アジア、欧州のネットワークを異なるキャリアの4本の物理ケーブルでつないでいるとのこと。ISPや企業とのピアリングを実現するPOPもグローバルに設置しており、2018年末までに12ヶ国で合計29のPOPを構築できる見込みだという。

 Dropbox Japan代表取締役社長の五十嵐光喜氏は、自社構築・運用について「お客様に対しての最大のメリットはパフォーマンス」と語る。

外部リンク

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_be408aa4eb48_なぜ日本のスポーツビジネスは稼げないのか? be408aa4eb48 0

なぜ日本のスポーツビジネスは稼げないのか?

2018年8月31日 13:08 アスキー

 日本再興戦略のKPIとして、現状5.5兆円を2025年15兆円へ拡大させようとしている日本のスポーツ産業。そのために企業はスポーツへどう向き合っていけばいいのか。企業のスポーツへの関わり方を早稲田大学スポーツ科学学術院の原田宗彦教授に話を聞いた。

――スポーツビジネスの課題はどこにあるのでしょうか?

 日本はスポーツで儲けるという仕組みができていないし、その発想もありませんでした。アリーナビジネスを例にとっても、地方では苦戦しているところがあります。たとえば日本はスタジアムで稼ぐという経験もなく、設計事務所にもノウハウがありません。

 チェコフットボールリーグ、スイスリーグなど欧州のサテライトリーグのスタジアムは、収益を生む仕組み、構造を持っています。スイスのヤングボーイズは、複合的なスタジアムになっています。レストランやショッピングモールが中二階にあり、ここからも収益を得ています。日本でこのようなスタジアムが作れるか、儲ける仕組みという点ではまだまだです。

 また日本のスポーツビジネスの課題として、企業がお金を出さないという点があります。楽天ぐらい出せば面白くなりそうですが、企業はどこも溜め込みすぎですね。欧州の人からも、”なぜ日本の企業はスポーツにお金を出さないのか、それでは市場が小さいままだ”とよく指摘されます。

――課題解決のためには?

 では企業はスポーツに関心がないのかというと、そうではありません。ですが、福利厚生やCSRの一環として捉えているようです。パナソニックのように、スポーツはもっと違う形で使えると理解できると、吹田サッカースタジアム(現パナソニック スタジアム 吹田)への投資のようにスタジアムを建てようなどの動きが出てくる。

 それでも、楽天やユニクロのように、数百億円を出して協賛するということはしない。まだ企業の中にスポーツが戦略として取り込まれていないからでしょう。アメリカの大企業にはスポーツマーケティング部があります。ポートフォリオを作って、何にいくら投資するとどれぐらいのリターンになるのかをきちんと計算し、把握しながらやっています。日本企業にはそういう部門すらありません。だからスポーツへの投資が活性化しません。

 一方で、東京オリンピックのようなものが来ると、一気に神輿に乗りますね。ワールドワイドオリンピックパートナー、東京2020オリンピックゴールドパートナーなど様々な種類のパートナーを合わせると58社を超えており、4000~5000億円程度集まっているのではないでしょうか。お金は出せるんです。ただ活用できていない、CSR的に社員にボランティアをしてもらうなど、社会貢献で終わってしまうケースが多いですね。

――スポンサー費用を出す以外に、企業のスポーツへの関わり方はあるのでしょうか?

 以前Jリーグの社長を集めて、スポンサーシップ、マーケティングなどを教えたことがあります。実業団の人が多数参加しました。そのような取り組みがあったからか、Jリーグにはスポーツビジネスのリテラシーや能力が高い人が増えてきたと感じます。業界全体が良い方向に進んだところで、DAZNの資金が入りました。現在、Jリーグの市場規模は欧州の5大リーグ(スペイン、イングランド、イタリア、ドイツ、フランス)にはまだまだ劣りますが、オランダのリーグには追いつきつつあります。一概には言えませんが、2018年のFIFAワールドカップでの日本の成績(16強)は、実はリーグの実力を示すランキングに符合しているような気がします。

――Jリーグはアジア戦略も進めていますね

 例えば香川真司選手を育てたセレッソ大阪はヤンマーがスポンサーになっていますが、ヤンマーは耕運機を製造販売しています。フィリピンでは4、5軒の農家で1台の耕運機を借りて使っていますが、セレッソはフィリピンに行って練習をして企業の知名度を上げているようです。

 また、日中韓をのぞいたアジアのサッカー大会「AFF Suzuki Cup」(東南アジアサッカー選手権)は、スズキのほかにヤンマーが公式スポンサーとなっています。決勝では5万人以上の観客が集まり、大統領や首相も来る大きなイベントになります。

――サッカーといえば、ヴィッセル神戸がアンドレス・イニエスタ選手をF.C.バルセロナから獲得したことが話題になりました。楽天がイニエスタ選手に払う年棒は30億円とも言われています。

 もうそれだけの効果は生まれているかもしれませんね。社員の会社に対するロイヤルティーの向上や、顧客企業へのホスピタリティサービスなどがあります。また、プレミアムチケットを活用して試合の後にイニエスタ選手と握手ができるようにするなどの施策が考えられます。これは正しいサッカーの使い方です。日本にはこれまで本当のVIPホスピタリティーはありませんでした。概念も、接待する場所もなかったのです。

 今回、ウィンブルドンのセンターコートに何の前触れもなくロジャー・フェデラー選手がユニクロを着て登場して話題になりました。この宣伝効果は大きいでしょう。広告効果はもう出ていると思います。

――この流れは続くのでしょうか? 全体のパイを大きくするためには、楽天やユニクロに続く企業が出てくる必要があるのでしょうか?

 わたしはJリーグの理事を長くやって来ました。今は退任していますが、サッカーが一番可能性があります。一方で、現在の日本サッカー界には”ガラスの天井”のようなものも感じます。DAZNは(ガラスの天井に)ヒビを入れてくれましたが、突き破ってはいません。

 選手の価値も低いです。2018年のFIFAワールドカップで負けた日本代表が負けたベルギーは、選手の年棒を合計すると930億円、一方の日本は93億円です。実に10分の1なんです。日本が海外並みに年棒を出すことができれば、海外に出ている選手は戻ってくるでしょう。国内リーグはもっと盛り上がりそうです。また、Jリーグには57チームあるが、それが適正なのか――これについても検証の必要がありそうです。

――オリンピックを始め大型スポーツが予定されていますが、企業が経済的な恩恵を受けるためにはどのようなビジネスマインドを持つべきでしょうか?

 DeNA(横浜DeNAベイスターズ)は、アメリカのドジャーズが始めたアクセラレータープログラムを開始しました。DeNAがデータや業界のネットワークなどの資産を提供してスポーツ産業の共創を図るもので、若い人に投資してベンチャーを育てることができます。このようなプログラムは企業がやっても面白いのではないでしょうか。

 バンコクでは、体育大学6校から学生を集めてスポーツメーカーを相手にプレゼンをしてもらうというコンテストをやっていました。日本では見られないことです。出てきたアイディアの9割は使えないが、それでいいんですよ。イノベーションとはそういうものですから。

 視野にアジアや世界に広げる、伸びているインバウンドをどうするか、高齢化社会をどうするか――このような課題や社会問題に対してソリューションを提供することは、とてもやりがいのあるビジネスだと思います。

外部リンク

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_097bd1dee868_選りすぐりのVRコンテンツが多数集結 097bd1dee868 0

選りすぐりのVRコンテンツが多数集結

2018年8月31日 13:04 アスキー

 これからのVR業界を牽引するVR作品やクリエイターを発掘し、認知度向上や活動支援を目的として開催されるVRクリエイティブアワード2018。2018年8月26日、東京都・渋谷のEDGE ofにて、本アワードの最終審査やデモイベントが開催された。本記事ではその様子をレポートする。

 今年で4回目となるVRクリエイティブアワード。当日はまず最終審査前に、それぞれのコンテンツの魅力やテーマについてのプレゼンが行われた。その後デモを順次に体験し、最後に受賞者が発表、という流れだ。まずは会場でデモを行っていたVRコンテンツをいくつか紹介しよう。

ハッピーおしゃれタイム

出典: YouTube

 ハシラスの水上智絵氏による「ハッピーおしゃれタイム」。通称「ハピおしゃ」として楽しまれているVRコンテンツだ。体験時はバックパックPCを背負い、HTC VIVEを装着。コントローラーを両手に持ち、かわいいアイドルになりきってゲームをプレイする。アバターの着せ替えや写真撮影ができ、設置されている施設によってはゲームプレイ後の撮影会で撮った写真の印刷まで可能だ。

 Steamなどのゲーム配信プラットフォームや大型VR体験施設に設置されているVRコンテンツは、シューティングやレース、ホラーアドベンチャーといったジャンルのものが多い。「ハピおしゃ」のような純粋に「かわいい」を楽しめるコンテンツは希少。少女マンガチックなビジュアルだが、女性だけではなく男性がプレイしても「自分がかわいい」という感覚を味わえる作品に仕上がっている。4人まで同時に体験できるのも嬉しいところで、2018年6月にはゲーム部分の追加要素や楽曲追加などのアップデートもされている。クオリティの高さや継続的なアップデートの可能性なども、ファイナリスト評価へ繋がったのだろう。当日のデモブースも盛況だった。

おうち de VTuber 撮影スタジオ

出典: YouTube

 メディアアーティスト・坪倉輝明氏による「おうち de VTuber 撮影スタジオ」は、ソーシャルVRプラットフォーム「VRChat」上に作成されたバーチャル撮影スタジオだ。昨今のバーチャルYouTuber(VTuber)ブームはすさまじく、2017年末からおよそ4000人以上のVTuberがデビューしている。しかし3DでVTuberの動画を撮影するのはまだ技術的なハードルが高く、それらのハードルを専門的な知識がなくともクリアできるように制作された。VR空間上に存在しているため、広い場所や大がかりな設備などを必要とせず、複数人で協力して番組を制作できる。

 デモ展示では実際にHTC VIVEを装着、VRクリエイティブアワードの開催場所「渋谷EDGE of」のデモ会場からVRChatの当該ワールドにログインし、そこで機能の説明を受けられた。このワールドは公開されているため、さまざまな人々が会場からだけではなくオンラインで訪れていた。このワールド内には更衣室(使用中の3Dアバターをほかのアバターにチェンジしたり、それを鏡でチェックできる部屋)や撮影セット、カメラ操作用のコントロールパネルなどがセットされており、その場でカメラのフェードイン・アウトなどもできる。実際にこれを使用して撮影された番組もいくつか公開されているので、興味がある人は調べてみてほしい。昨今のVTuberブームやVRChatにおける「バーチャルアバターを使うことの民主化」はこうした場所からさらに進んでいきそうだ。

ムー 未知との交信VR

出典: YouTube

 こちらはあの有名オカルト雑誌「ムー」のVRコンテンツ。開発はダイナモアミューズメントが担当し、最大5人でプレイできるVRアトラクションだ。当日はデモブース前のテレビでビデオメッセージ(という体裁の体験説明)を受け、HTC VIVEを通してムーのUFOチャネリング実験に参加する。椅子に座って丸いテーブルを囲み、片手にコントローラーを持ってプレイすることになる。

 参加者がUFOチャネリングに成功すると、舞台はUFOの中、そして南米のジャングルへ。さまざまなUMA(未確認動物)が出現する。VR内では手に持っているコントローラーがタブレット(か大きめのスマートフォン)となり、ムーの次号を飾るスクープ記事の写真を撮影する。VR内の光がタブレットに反射する様子や影との連動など、細かい箇所で「現実っぽさ」を削がないための配慮がされており好印象だ。さらに椅子の下には振動を発生させるための装置が仕組まれており、これがワープ時の体験に貢献している。ユニークかつムーならでは、そして懐かしさも感じるVRコンテンツに仕上がっていた。

Elastic Arm Illusion

出典: YouTube

 こちらは打って変わって実験的な展示。名古屋市立大学芸術工学研究科の小鷹研究室(森光洋氏・小鷹研理氏)によるものだ。体験者は仰向けにマットレスの上に横たわり、湾曲した棒(VIVEトラッカーが取りつけられている)を手に持つ。次にHTC VIVEを装着し、準備は完了だ。スタッフが棒を持って体重計測器に乗り、体験者の腕を引っ張り上げる。VR内で映し出されている映像ではこれに連動して体験者自身の腕が伸びるのだが、どういうわけか不思議と「腕が自然に、まるでゴムのように長く伸びる」ということをすんなりと受け入れてしまう。

 仕組みはこうだ。体験者の腕が引っ張られると、その体重がスタッフの方に移動し、足下の計測器と連動してVR内の腕が伸びる。小鷹氏いわく、体重移動に加えて「両手より片腕の方が物理的なレベルで遠くまで伸ばせる(身体を傾けるなど)」ことを利用して、この錯覚を生み出しているとのこと。なんとも不思議な体験である。小鷹研究室ではこうした身体の錯覚や「普段自分たちが意識する、しないに関わらず持っている身体の“輪郭”」を崩す実験を研究やVR作品を多数発表している。興味がある人はぜひ公式ウェブサイトなどをチェックしてみてほしい。

 ここまで取り上げたのは全12作品中4作品だが、ほかにもディープラーニングで自分の顔の動きを任意の画像の人物の顔と連動させてコントロールできる「XPression」、VR空間内で会議やコミュニケーションを取れるビジネス向けサービス「NEUTRANS BIZ」、Gear VRを使用して恐竜たちのいる世界を体験できる「ABAL:DINOSAUR」、そしてバーチャルアバターでの配信を可能とする「バーチャルキャスト」など、注目のVRコンテンツが多数展示されていた。

新製品や高解像度液晶ディスプレーも

 会場にはゴールドスポンサーを務めるジャパンディスプレイ(JDI)やInsta360(Shenzen Arashi Vision)、そしてプラチナスポンサーであるHTC NIPPONのデモブースも設置されていた。

 こちらはJDIのデモブース。803ppi、1001ppiといった非常に高精細な液晶ディスプレーを使用しており、従来のスマートフォンの300~500ppi前後と比較するとそれぞれ1.5倍から2倍近い画素数を実現している。まずはスマートフォンを利用するタイプのVRゴーグルを装着して360度動画を視聴、その後803ppiや1001ppiのディスプレーで同じ動画を視聴する。これがかなりキレイで、特に1001ppiのものではディスプレー上に網目模様が見えてしまう現象(スクリーンドア効果)をほとんど感じられないほど。2018年度中のメーカー納入を目指しているとのことで、今後にも期待が持てそうだ。

 同時に展示されていたInsta360のブースでは、新型のプロ向け360度カメラ「Insta360 Pro 2」が設置されていた。8K解像度で3Dの360度動画を撮影でき、地上距離300m(空中ならなんと3km)のリモートコントロールが可能となり、高ビットレートでの撮影や強力なブレ補正など、さまざまな機能向上が図られている。お値段は約68万円と簡単に手が出せるとは言い難いものの、この高機能ぶりはさすがの一言。さまざまな場面で抜群の威力を発揮するだろう。

 そしてこちらはVIVEブース。プレゼン会場である2Fに設置されているこの大がかりなセットは、足を使ってプレイするVRゲーム「キック&ブランコ」だ。両足にVIVEトラッカーを取りつけ、足を振ってプレイする。ブランコの座る部分にもVIVEトラッカーが取り付けられており、これで位置をトラッキングする仕組みだ。(ほぼ)手を使わずに遊べるVRゲームというのはなかなか斬新で、また傍目から見ても興味を惹くブースになっていた。

 筆者も実際にプレイしてみたが、これがなかなか楽しい。いわゆる「靴飛ばし」の要領で足を振り、VR内では飛ばした靴を的に当てる。いくつかの的に当てたあとは連打モードに入り、両足をひたすらブンブン振って的に靴を当てまくる。コントロールが難しいのではないかと思ったものの、補整が効いておりサクサクとプレイできた。途中からは地上を離れて文字通りの「空中ブランコ」モードとなり、これまた足を振って移動する。現実では数十センチ下に地面がきちんとあるにも関わらず、VR×ブランコという組み合わせは思いのほか“効く”ようで、自分が宙に浮いているかのような感触を味わえた。

気になる最優秀賞はあのコンテンツに

 一般参加者によるデモ体験を終え、最後に賞の発表時間となった。審査員特別賞はABALによる「ABAL:DINOSAUR」。シンプルにVR体験のクオリティの高さを評価されての受賞だ。

出典: YouTube

 また、本イベントの後援である一般財団法人・大川ドリーム基金による大川ドリーム賞にはSynamonの「NEUTRANS BIZ」が輝いた。審査員の一人、筑波大学学長補佐・准教授の落合陽一氏は「使用できそうなシーンは多く、ニーズは非常に高いと思われる。個人的にも買いたいくらい」と好評価。

出典: YouTube

 そしてプラチナスポンサーを務めるHTC NIPPONからHTC VIVE賞を贈られたのは、ダイナモアミューズメントの「ムー 未知との交信VR」。事前の発表では賞品として「VIVEっぽいもの」とだけ記載されていたが、これがなんと日本では未発売の一体型VRヘッドセット「VIVE Focus」。技適を通過したところであり、年内の発売が予定されている。代表として壇上に上がった小川直樹氏は「これ(VIVE Focus)を使って開発していきたいですね」とコメントした。

 優秀賞は「ハッピーおしゃれタイム」と「hearing things #Metoronome」の2作品が受賞。前者は記事中で紹介した通り、VRでかわいいアイドルになりきれるコンテンツ。後者はサウンドアーティストのevala氏による、メトロノームを多数利用して作り出される“音の心象風景”を“耳で視る”、かなりアーティスティックな体験ができる作品だ。方向性は真逆だが、いずれも審査員からの評価は高かった。

出典: YouTube

 そして、栄えある最優秀賞は「バーチャルキャスト」と「VRM - 3D avatar file format for VR」のセットでの受賞。いずれもバーチャルキャスト社によるもので、VRでのライブコミュニケーションサービス、そしてVR向けの3Dアバターの標準ファイルフォーマットだ。プラットフォーム・企画が統一されることによる今後の発展や広がりを高く評価されての受賞となった。

 今回のVRクリエイティブアワードのファイナリスト作品は完成度の高いエンタメ系VRコンテンツあり、アートやクリエイティブ・学術としての作品あり、とVRコンテンツの多様性を示す結果となった。昨今のVTuberブームや施設型VRの加熱、一体型VRヘッドセットによるVRのさらなる普及などを通して、来年はどのような光景が見れるのだろうか。今から次回開催が楽しみでならない。

外部リンク

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_9f7f04fb79af_2トップ戦略や初音ミクモデルが記憶に残る「Xperia A」 9f7f04fb79af 0

2トップ戦略や初音ミクモデルが記憶に残る「Xperia A」

2018年8月31日 12:55 アスキー

※この記事はXperiaの歴史を紐解いたものです。

 2013年初頭に発売された「Xperia Z SO-02E」の勢いを受けて、同5月に「Xperia A SO-04E」が発売されました。

 読み方としては、「エクスペリア エー」ではなく「エクスペリア エース」。ドコモが“2トップ戦略”として強力にプッシュしたモデルとして印象に残っています。

 フラットで鋭角的な「Xperia Z SO-02E」と違い、サイドから背面にかけてなだらかにつながるラウンドフォルムを構成する手にフィットする持ちやすいデザインを採用。

 ディスプレー位置を本体のちょうど真ん中に配置したことで、タテ画面にしてもヨコ画面にしてもディスプレーが見やすく、使いやすい左右対称のシンメトリーデザインという特徴でした。

 ボディーは高強度のガラス繊維強化ナイロン樹脂をフレーム素材として、1つのフレームからでも体積を確保できるコアフレーム構造に、Xperia Z以降の特徴であるアルミ素材を使用した電源キー、音量キー、カメラキーを採用しています。

 サイドのパーツは、カラーバリエーションにあわせてそれぞれ異なる色や質感、背面のカメラリングにもアルミ素材を使用してカラーにあわせてるなど、一見シンプルなデザインに見えながらも細かい演出を盛り込んでいます。

 また、ディスプレー正面の下部にあるSONYロゴ直下にLEDイルミネーションを搭載。着信時に点灯したり、電池残量やアルバムで表示している画像に応じて色を変えて光るというギミックがありました。

 スペックはディスプレーが約4.6型(720×1280ドット)であり、Xperia Zの高解像度ディスプレー(5型、1080×1920ドット)とは異なります。SoCはSnapdragon S4 Pro APQ8064(1.5GHz、クアッドコア)、メモリーは2GB、内蔵ストレージは32GBで、ストレージが一段と大容量化したことがトピックス。OSはAndroid 4.1、バッテリー容量は2300mAhでした。さらに背面のカバーを取り外し、バッテリーの交換も可能。本体サイズは、約67×131×10.5mmに、重さは約141g。

 メインカメラは積層型構造CMOSイメージセンサー“Exmor RS for mobile”を採用した1310万画素カメラを搭載し、専用のカメラキーを備えたことでカメラ起動から撮影までがスムーズになりました。

 静止画と動画を切り替える必要がなく、撮りたい方のアイコンをタップすれば撮影・録画ができる「モードレスUI」や、1秒間に最大15枚の速さで枚数制限なく撮影できる「連写モード」を備えています。フロントカメラは31万画素と低めです。まだセルフィーが重要視されていなかったことがわかります。

 WALKMANアプリに「ClearAudio+モード」、「サラウンド(VPT)」、「マニュアルイコライザー」、「Clear Phase」、「ダイナミックノーマライザー」」といった充実のオーディオ機能を搭載。

 撮影した写真や映像、閲覧しているウェブサイトといったコンテンツをかんたんにワイヤレスで転送して映し出す、NFCによるワンタッチシェアリングといった連携も得意となり、テレビやワイヤレススピーカーとの親和性が向上しました。

 ソニー製ブルーレイディスクレコーダーやnasneに録画された番組をリアルタイムに試聴したり、録画番組を転送して外に持ち出しても見られる「ワイヤレスおでかけ転送」で、通勤中や出張先、旅行先でもXperia Aで楽しめます。

 もちろんトレンドであった、防水(IPX5/IPX8)/防塵(IP5X)機能、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線などすべて搭載。当時ドコモが推していた、スマホ向け放送局「NOTTV」にも対応していました。

 また、初音ミクとのコラボレーションモデルとして「Xperia feat. HATSUNE MIKU SO-04E」も登場しました。Xperia Aのミントカラーをベースに、背面に初音ミクのグラフィックを施して、壁紙やオリジナルウィジェットから、内蔵コンテンツまでを初音ミク仕様にしたモデルでした。

 ほかにも、初音ミク仕様のきせかえツールやオリジナル着信音、初音ミクに起こしてもらえる目覚ましアプリといったコンテンツに加え、ミクカラーのイヤホンや専用のパッケージなど、ファン垂涎のアイテムとしても記憶に残るモデルだったのです。

外部リンク

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_c17ba59513ba_6コア+GTX1050を搭載した真正クリエイターズノート c17ba59513ba 0

6コア+GTX1050を搭載した真正クリエイターズノート

2018年8月31日 12:36 アスキー

 HPは7月18日にビジネス向けの「プレミアム」PCであるところの「Elite」シリーズの新製品を発表した.コンシューマー向けの「Envy」や「Spectre」と同様にコンバーチブル型や2in1とバラエティーに富んだラインアップである.

 その中で、新しいカタチとして、15型、テンキーなし、GeForce搭載という、「プレミアムノート」らしい新モデル「EliteBook 1050 G1」が登場したので、製品版を試用してみた.

15型の完全クラムシェルで高速化を目指したクリエイターズモデル

 今回発表となったエリートさんたちは4機種5モデル.「EliteBook x360 1030 G3」は、8GコアのUプロセッサー(4コア)を搭載した、液晶回転型ノートで13.3型のフルHDまたは4Kのタッチ液晶を搭載したモデル.4G-LTEモデムも選べる.既発売の7Gモデルは「EliteBook x360 1020 G2」という12.5インチのマシンである.

 2機種めは「Elite x2 1013 G3」で、キーボード着脱式のタブレット型で、背後にスタンドがある、いわばSurfaceスタイルである.液晶は13インチの1920×1280ドットと3対2比率でこちらも4G-LTEモデムを内蔵したモデルがある.前モデルは「Elite x2 1012 G2」で12.3インチだ.ちなみに、現行のEliteシリーズの10~13型モデルはこれら新機種にクラムシェル型も入れると9つ(!)ある.

 3機種目が一体型デスクトップの「EliteOne 1000 G2 All-in-One」である.

 Eliteシリーズの名称の法則がなんとかくわかったところで、4機種目の「EliteBook 1050 G1」という名称から、2in1(x360やx2)ではない、クラムシェル型で、15インチでこのタイプの第一世代ということがわかる.

 これまでのEliteBookの15型は「EliteBook 850 G5」で、8GコアのUプロセッサーにフルHDまたは4K液晶を搭載してテンキー付きキーボードというスタイルながら、なんとRadeon RX540を搭載して、LTEモデムも内蔵できるという、15としてはなかなか攻めているノートだった.

 HPの14~15型には、実はEliteBookの上位モデルとして「ZBook」というワークステーションがあり、当然Quadroシリーズを載せている.

テンキーレス+US配列キーボードに 4K液晶はノンタッチ・ノングレアで三重丸!!

 というわけで、今回の「EliteBook 1050 G1」は、まずCPUが8GのHプロセッサーである.UではなくTDP45Wのi5-8300Hまたはi7-8850Hつまり6コア12スレッドも選択できることとなった.

 GPUはRadeonではなくGeForceのGTX1050を搭載.通常型と思っていたのだが、今回試用機で調べるとMAX-Qデザインとなっていた.

 なにより試用してみたくなったのは、テンキーレスというデザイン.現行のHPノートの14型以上では唯一で、なおかつ、このモデルはUS配列のキーボードのみ発売するということである.まさに私のために企画されたようなキーボード設定なのだった.

 キーボード全体の幅は約287ミリで、リターンキーの右側に1列のファンクションキーが並ぶ、最近のプレミアム15型ノートではおなじみの配列である.US配列なのでスペースバーも右シフトキーもBSキーも長くてキモチがいい.

 キーストロークも十分で、ノートにしてはクリック感もあり、とても打ちやすい、上質なキーボードである.

 タッチパッドはもちろんマシンの左右センターにあり、11.5×7.3センチと広くて、こちらはクリックのストロークは短めで音も静かで高級感がある.  液晶はi5搭載モデルは15.6型のフルHDで、i7では4Kだが、ともにノンタッチでノングレアとこれも、「Windowsにタッチはいらない」「ディスプレイはノングレアがあたりまえ」な自分好みの設定なのだ.すばらしいですHPさん.

 液晶の左右のベゼルは約6ミリの狭額縁だが、上部は20ミリあるので、ちょっとレトロ感がある.そのかわり、シャッター付きのWEBカメラと、WindowsHello対応のIRカメラも搭載しているので、顔認証でログインが可能だ.

 インターフェースは左側にタイプA×2とケンジントンロック、右側は電源端子とタイプC×2とHDMI、ヘッドセット、SDカードリーダーと必要十分が揃っている.キーボードの右手前には指紋センサーが、またタッチパッド部の中央にNFCと、センサー類もすべてそろう.

 本体のサイズは360×254×18.9ミリで、GTX搭載15型ノートとして、最近の最小記録を持つRazer Blade 2018 が355×235×16.8ミリであるからして、横幅は5ミリしか違わないが、奥行きは19ミリも広い.重量も2.2キロは日本人のモバイルとしてはキツいので、ぜひダイエットしていただきたい部分だ.

 逆にスペックですばらしいのは、メモリが最大32GB、SSDが4TBまで選べるところだ.写真やビデオの編集といった、このマシンのユーザーの想定からすると、とてもいい設定なのである.

 全体のボディデザインも直線基調でシャープな印象がいい.ただ、はたして今「シルバー」なのかというのがちょっとあるのと、液晶ヒンジの両サイドの斜めの切欠きがちょっと気になる.

 これはかなり好みの問題になるのだが、玄人のみなさんに好んでもらうという意味では、ボディは黒で、直線デザインにしたほうがいいと思います.

6コアCPUにGTX1050でハイレベルノートの速度なのである

 試用したマシンはi7-8850Hにメインメモリ32GB、SSD2TBという上位モデルである.ベンチマークテストの結果は、CPU速度をみるCinebenchのCPU値が1104と、6コアでも最上位のi9に近いスコアを叩き出した.速いのである.ちなみにOpenGLは119と、こちらもGeForceが効いた値なのだ.

 3DMarkのFireStrikeは5347と、GTX1050のMAX-Qとしてはいい値である.ちなみに7Gの4コア+GTX1050のノンMAX-Qとほぼ同じ値で、その上だと、8Gの6コア+GTX1050Tiで約6700となる.

 試用機のSSDは1TB×2構成だったが、マルチシーケンシャルのリードが3120、ライトが961でこれもPCIe接続の平均的な値がきちんと出ている.

 バッテリーベンチはおなじみBBenchで液晶輝度最大、最も高いパフォーマンスで、連続駆動時間が3時間45分だった.搭載しているバッテリーは約97Whと大きいので、4K液晶ながら、よく持っているほうである.

 充電時間は、BBenchで同じ条件で、50%までが40分、70%までが57分、90%までが84分と、不自由のない値である.ちなみにACアダプターは19.5W7.7Aの150W出力で、Spectre 15と同じもので、バッテリー容量が大きいぶん時間はかかるということである.

プレミアムノートとして完璧なつくり プログラマーもクリエイターも注目すべし!!

 重さの実測は2098グラムで、これだけはちょっと減量するか、バッテリーが100Wh近いので、「バッテリー半分だけど1500グラムですモデル(そんなに軽くならないと思うが)」なども選べると、ありがたいのである.ほかのエリートさんのようにLTEモデムも選択できるとありがたいですよね.

 オレ的には、ノングレアの4K液晶も、US配列のテンキーレスキーボードも非常に好感が持てる仕様で、なおかつ、6コア12スレッドのHプロセッサーにGTX1050もきちんと速度が出ており、まさにクリエイターにピタリのマシンである.

 Elitebookはお仕事用ノートという位置づけなのだが、これだけGTXが回るマシンなので、仕事だけでなく、趣味の写真現像や重めのゲームも、これ1台で全部やりたいアナタやワタシにもいいマシンなのであ~~る.

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_d2ed1160f588_映画館で慌てないApple Watchのディスプレーを消す方法 d2ed1160f588 0

映画館で慌てないApple Watchのディスプレーを消す方法

2018年8月31日 12:24 アスキー

 真っ暗な映画館の中で、急にApple Watchのディスプレーが点灯してしまい、焦ったことはありませんか。暗さあってこその環境では、ディスプレーの光が会場の雰囲気を台無しにしてしまうことも。その当事者にならないためにも「シアターモード」を覚えておきましょう。

 「シアターモード」とは、Apple Watchの画面が手首の動きによって自動的に点灯するのを防ぐ機能で、Apple Watchのマナーモードのような存在です。ボタンを操作するまで画面は点灯しないので、映画館など暗さを保つ必要のある場所で、意図せず周りの迷惑をかける心配がありません。シアターモードをオンにすると、自動的に消音モードもオンになるので、アラームが鳴るのも防げます。

 設定はとても簡単。画面を上にスワイプしてコントロールセンターを開き、シアターモードのアイコンをタップするだけ。オフにしたいときも同様にコントロールセンターでシアターモードのアイコンをタップします。

●「シアターモード」の設定方法

①画面を上にスワイプしてコントロールセンターを開きます

②仮面のアイコンをタップします

③シアターモードでは画面上部に仮面のアイコンが表示されます

※この記事は、Apple Watch Series 3 セルラーモデル(watchOS 4.3.2)、iPhone X(iOS 11.4.1)で検証して作成しています。

外部リンク

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_79b4b780422f_立ち上げたいアプリを、iPhoneが自動で選んでくれる機能 79b4b780422f 0

立ち上げたいアプリを、iPhoneが自動で選んでくれる機能

2018年8月31日 12:07 アスキー

 ユーザーが必要とするツールを、iPhoneが先回りして教えてくれたら便利ですよね。Siriの進歩によって、かなり近いことができるようになっています。「Siriからの提案」機能です。

 iPhoneは、ユーザーがアプリを使用する頻度や時間帯を、耐えず学習しています。学習した情報をもとに「この人は、この時間には、このアプリを起動しそうだな」と、iPhoneがアプリを推奨してくれるのが「Siriからの提案」機能です。「Siriからの提案」でアプリを立ち上げてみましょう。

 ホーム画面を右方向にスワイプ。

 ウィジェット内に「Siriからの提案」が表示されます。

 立ち上げたいアプリのアイコンをタップ。

 アプリが立ち上がりました。

 大体の場合、よく使うアプリが出てくるので、非常に便利なのですが、必要ないと思う方もいるかもしれません。必要ない場合は、オフにもできます。再びホーム画面を右方向にスワイプ。

 「Siriからの提案」の下にある「編集」をタップ。

 ウィジェットの設定画面が表示されます。

 「Siriからの提案」左側にある赤いアイコンをタップ。

 「削除」をタップ。

 「Siriからの提案」が非表示になりました。

外部リンク

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_98b9d74498f1_恥じらいの制服姿が神かわいい佐野水柚2nd DVDリリース 98b9d74498f1 0

恥じらいの制服姿が神かわいい佐野水柚2nd DVDリリース

2018年8月31日 10:31 アスキー

 青森県出身の童顔Gカップ! いま人気が高まっている佐野水柚さんが、2nd DVD「Only Miyu」(発売元:スパイスビジュアル、収録時間:60分、価格:4104円)の発売記念イベントを8月25日、ソフマップAKIBA 4号店 アミューズメント館で開催した。

 幼く見えて巨乳というだけでなく、背が高くてスタイルも抜群。まだまだ伸びしろが期待できる佐野さんだが、2nd DVDは6月に都内のスタジオで撮られたとのこと。

――どんなシーンが見られますか?

【佐野水柚】 キッチンで裸エプロンっぽい衣装になったり、昔の制服を引っ張り出してきて楽しむシチュエーションがあったり。シャワーを浴びつつ、セクシーに魅せるシーンもあります。

――お気に入りのシーンは?

【佐野水柚】 スタジオの屋上で撮ったのですが、ブルーの水着で体操するシーンです。地面が日差しで熱くなって大変。スタッフの方々に水をかけてもらいながら頑張りました。

――恥ずかしかったのは?

【佐野水柚】 制服のシーンですね。全体的にセリフは少ないのですが、このシーンは「着ちゃったけれど、どうかな?」と自分がコスプレを楽しむ感じ。ちょっと緊張しちゃいました。

――若く見えますもんね。

【佐野水柚】 顔が童顔なので、本当の年齢を言っても「うそ!」と言われるんです。年齢に見合った色気を出せるようにしたいです。

 8月28日で27歳を迎えているのだが、フォロワー5000人達成記念で、この制服ショットをTwitterに公開中。「密かにスクショしてた」という貴重な1枚は、見ておくべきだろう。撮影会にも多く参加していて、9月には大阪での開催も。関西地区の人は要チェック。

■プロフィール
佐野水柚(さの・みゆう)
生年月日:1991年8月28日
出身地:青森県
血液型:O
サイズ:T164、B90(Gカップ)・W58・H86
趣味:音楽鑑賞、カラオケ
特技:ピアノ

外部リンク

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_2055b54a7b43_人気のスタートアップ商品を勝手にランキング 2055b54a7b43 0

人気のスタートアップ商品を勝手にランキング

2018年8月30日 16:43 アスキー

 最近、仕事で街に出る以外は、家に引きこもりがちな日々をすごしております。とは申しましても、物欲だけは衰えず、ネットショッピングサイトからの請求が増すばかりです。

 次に購入しようと狙っているのは「乾湿両用 集塵機」。これって、工事現場や木工作業で発生する、オガクズや埃、場合によっては液体さえ吸い込む、いわゆるハイパワー版掃除機のこと。このごろは、購入する商品の消費電力が増しつつあるのが謎です...(笑)

 そんななか、大手ネットショッピングサイトのAmazonに、スタートアップ企業の商品専用の「Amazon Launchpad」なるカテゴリーがあるのはご存知でしょうか。ただ、いまだに特設サイトなのか、amazonのトップページからは直接はとべず、「トップ>すべてのカテゴリー」のページにジャンプ、そのリスト中の「家電・カメラ・AV機器」のセクションの長いリストの下から3番目に何故かひっそりと存在します。

 この「Amazon Launchpad」、2015年7月に米国版サイトに特設ストアとしてオープンし、米国に続いて英国、ドイツ、中国、フランス、2016年12月にインドでも開始されました。日本語版のオープンは9カ国目の2017年の1月です。小心者な筆者としては、レビュー(評価)が十分に集まり、商品供給量や価格もこなれたりと、「今こそがスタートアップ商品群が旬!」と勝手にエキサイトしています。

 ちなみにスタートアップ企業をまとめたサイトと「Amazon Launchpad」の違いは、掲載に審査があるため、商品が届かなければ確実に返金されることや即日~30日で商品が届くこと、商品群を横断しての人気/満足度のランキングがみられること、購入者のレビューがあるていど参考になることなど。

 というわけで、今回は「Amazon Launchpad」で評価が高い/話題のスタートアップ商品を勝手にランキング。世界で人気のスタートアップ商品のトレンドを感じていただければ幸いです!

ランキングは星の数、ユニーク度、ストーリー性。ただし野次馬ですが...

 ランキングは購入者が評価した星の数、いままでにないユニーク度、そして商品開発におけるストーリー性で評価していきます。ただし!過去の自腹レビューと違い、実際に商品を購入していないので、勝手な妄想、野次馬ランキング。ポジティブに表現するなら「トレンド分析」でしょうか…(汗)

 それでは、ランキングをどうぞ!

第5位 紛失防止タグ「Tile Mate 」(スマートスピーカー対応)

 ご存知、スタートアップ商品で不動の地位のキーホルダーサイズの紛失防止タグ。いままでの商品と違うのは、「Google アシスタント」や「Amazon Echo」などのスマートスピーカー日本語版に対応しているところ。ちなみに、Amazon primeで即日配送にも対応しているのも素直に嬉しいです。

出典: YouTube

第4位 真空低温調理器】ミディアムレアのお肉が作れる BONIQ ボニーク

 とにかく、プロモーションビデオを見るだけでヨダレがでそう…。低温…、といっても、牛ステーキなら60℃~の温度で45分ほど加熱調理する道具です。なんと、スタートアップ時に1300万円の資金を獲得した商品。おそらく、多くの人が待ち望んでいたプロダクトというべきか、食欲は偉大なモチベーションというべきか…。たしかに、調理道具って意外に高価なモノが人気なんですよね。

出典: YouTube

第3位 デジタルムービープレイヤー まごチャンネル

 なんといっても商品全体のストーリー感が素敵です。スマホなどで撮影した孫の動画や写真を、おじいちゃんやおばあちゃんの家のテレビで再生させる機器。デザインもキュートです。本体に通信機能を内蔵しているため、設置場所にインターネット回線がなくても利用可能(ただし月額使用料あり)。

 「孫の写真をアップロード」→「プレイヤーに通知」→「再生される」→「再生されたことをスマホに通知」という確認ができ、実家に電話などをするキッカケになるストーリー性も素晴らしい!

出典: YouTube

第2位 littleBits STAR WARS R2-D2 ドロイド・キット

 友人の子供のプレゼントに…、というよりも自分が欲しいです(笑)。シンプルなロボットキットも魅力ですが、なじみのあるキャラクターやサウンドの力は偉大です…。

出典: YouTube

第1位 ソネングラス

 一般的なガラス製のジャーにみえますが、ソーラーチャージ付きのLEDライト。マイクロUSBで充電できるほか、蓋を締めることで防水仕様にもなります。失業率が40%を超える南アフリカで作られ、社会問題の解決の一端をになっているところも素敵です。創業者の「電気のないところで暮らしている人々のために」「火事を起こさない安全なランプ」という発想からこの商品は生まれたそう。

出典: YouTube

 素晴らしい発想と実現力があれば、大手Amazonがスタートアップのマーケッティングを担当してくれる…。いやはや、すごい時代になりましたなぁ。

外部リンク

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_f7f8e9f7b466_「GEMINI PDA」用外付けカメラモジュールが到着 f7f8e9f7b466 0

「GEMINI PDA」用外付けカメラモジュールが到着

2018年8月30日 16:28 アスキー

 昔、筆者も愛用していたPDA「PSION」のレジェンドたちが関わっているというPLANET COMPUTERS社の「GEMINI PDA」が、クラウドファンディングで資金調達を始めたのは昨年の初めごろだっただろうか。

 Indiegogoでのバッキングのタイミングを逃した筆者がGEMINI PDAを手に入れたのは2018年の初めだった。そして3月には早速、今回の主題である「GEMINI EXTERNAL CAMERA MODULE」(以降カメラオプションと記述)を発注した。

 ややこしいネーミングが付けられているが、簡単に言ってしまえば、ネットミーティング用などの内部カメラのみで、外部カメラを搭載せずに出荷したGEMINI PDA専用の「後付け外部カメラ組み立てユニット」のことだ。取り付けと組み立て作業は、もちろんGEMINI PDAを手に入れたユーザー自身が行うこととなる。俗に言うCSU(Customer Setup Unit)だ。

 最初から外部カメラを標準搭載した形で出荷しなかったのには、さまざまな理由が考えられそうだ。物理的なキーボードレスが当たり前のスマホ&タブレット時代、やはりキーボードが最大の特徴である往年のPDAライクな商品だけに、外部カメラの是非はなかなか正解の見つからない課題だったと想像できる。

 まあ、いずれにせよオプション提供という形で発表されたので、筆者のような本体だけをすでに所有しているユーザーにもラッキーだった。しかし、筆者の個人的な最大の問題は、3月に発注したカメラオプションの当初出荷予定が3月から連休前、連休後、6月初め、7月初め……と、毎月のようにどんどん遅延したことだった。

 あまりのスケジュール遅れに、ついに辛抱できなくなって同社に問い合わせたところ、忘れていたのか、その時点でやっと気が付いたのか、海外通販でよく目にする「来週出荷する」という想定内の返事。そして到着を楽しみにしていたが、相変わらず全く来る気配はなし。

 しびれを切らしてまたもや問い合わせると、7月10日ごろ香港から出荷したので10日ほどで着くという。しかし、その後もブツは相変わらず来ない。再度チェックを入れると、なんと香港を出るには出たが、トラッキングできない安価な国際便で配送し、日本到着まで運が悪いと最大50日かかるという超楽しい返事が返ってきた。

 そして、最終的には出荷1ヵ月後の8月中旬にやっとブツを受け取った。超簡素な黄色い封筒に入れられたカメラオプションを取り出すと、パッケージのいちばん上に、カメラ取付後、現在のGEMINI PDAに取り付けられているカバーと交換するための「カメラ窓の開いた金属カバー」が見える。

取り付け説明書は非常にわかりやすく 取り付け作業自体もカンタン

 パッケージの中身は、カメラ窓付き金属カバー以外に、取り付けのための説明書、500万画素のカメラモジュール、カメラコネクター、レンズカバーの全部で5点だ。小さく精密なカメラ関係のパーツを先に見てしまうと、組み立てにちょっとビビってしまうが、同梱の説明書を見ると、極めて順序良く懇切丁寧に解説されているので安心した。

 この手のCSUは昔から何度も経験したが、極めて秀作な部類に入る説明書だ。早速、説明書に沿って組み立てを開始した。最初の作業は、現在のGEMINI PDAのカバーを剥がす作業だ。既にGEMINI PDAのユーザなら何度かSIMやmicroSDカードを入れたり出したりしてこの作業は理解しているはずだ。専用の「COVER REMOVAL TOOL」を使ってカバーを引きはがす。

 カメラオプションを取り付けるのは、GEMINI PDAのほぼ中央。microSIMスロットのすぐ左上側だ。実際に取り付ける500万画素の「カメラモジュール」は指先に乗るほど小さなサイズで、レンズにはブルーの保護シールが貼られている。

 レンズと反対側の背面には短いフラットケーブルが出ており、GEMINI PDA本体基板に接続するためのコネクターが付属する。コネクターをGEMINI PDAの基板上にある30ピンのコネクターにカチッと音がするまで押し込んで接続できればOKだ。

 レンズが定位置に落ち着いたら青い保護カバーを取り、続いて「カメラコネクター」でカメラモジュールをガッチリとGEMINI PDAのフレームに固定する。カメラコネクターのレンズ周囲を保護する丸い円周部分にも青いシールが貼られているので、新しいレンズ窓のある金属カバーを取り付ける前に剥がしておく。

 ここには金属カバーを取り付けた後、最後に「レンズカバー」を貼り付けるために粘着テープが貼られている。続いてカメラ窓付の金属カバーをカチッと音がするまで押し込んで固定する。最後に、カメラ窓の丸い穴に落とし込むようにレンズカバーを貼り付けることができれば、組み立て作業は終了だ。

 あとは、GEMINI PDAを再起動させれば自動的に外部カメラを認識して使えるようになる。ただし、残念ながらGEMINI PDAのカメラオプションは、一般的なスマホのようなスレート形状のままでは使えない。

外付けカメラでの撮影時にはGEMINI PDAの液晶を開く必要あり

 外部カメラを使って被写体を撮影するには、シャッターボタンやファインダー機能、そのほかさまざまな設定操作は液晶画面上で行うため、クラムシェル型の液晶画面を必ず開く必要がある。しかし、キー入力が命のPDA型スマホであっても、筆者的にはカメラ機能はやはり必要な機能だろうと考えている。

 500万画素という現代では非力なイメージのデジカメ機能でも、無いよりは遥かに良い。今回は、キットに付属の組み立て説明書や自宅近隣の風景を、カメラ機能をアドオンした「GEMINI PDA(500万画素)」、筆者のメインスマホである「HUAWEI P20 Pro(1000万画素として設定)」「NOKIA 8110(200万画素)」「Jelly Pro(800万画素)」の4台を持ち歩いて撮影してみた。

 ドキュメント撮影に関しては、ビジネス的には何とか使えるレベル。風景や物撮りでは、画素数なりの差が感じられるのは止むを得ないだろう。ビジネスエリアで活躍が望まれるGEMINI PDAなら、もらった名刺を事後すぐに撮影したり、ホワイトボードの議事録を撮影したり、商品サンプルのイメージを記録する程度のことに使うのが妥当だろう。

 筆者的には、昨今のスマホ機能に加えて、議事録書きや原稿ネタのハイライトをキーインしたり多少の長文も入力できるフルキーボードを搭載しつつ、堅牢でどこにでも片手で持ち歩けるという往年のPDAの良さに撮影機能が付加されることで、ますます楽しくて実用的なGEMINI PDAに成長したと感じている。贅沢を言えばきりがないが、ひとまずは今のカメラ品質に納得して使い続けようと考えている。

外部リンク