乳児用液体ミルク、新基準「特別用途食品」設けて販売へ

母乳の代わりとなる乳児用液体ミルクをめぐり、消費者庁は15日、「特別用途食品」として許可する基準を新たに設けることを決めた。国内で製造や販売をできるようにするための措置。

詳細はスマートフォンから