シーホークスのDEベネット、国歌演奏で起立しないと表明

08.15 15:39 AFPBB News

【AFP】米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)、シアトル・シーホークス(Seattle Seahawks)のDEマイケル・ベネット(Michael Bennett)が、人種差別や不寛容社会への抗議を喚起するためとして、試合前の国歌演奏で起立しないことを表明した。

 現在フリーエージェント(FA)となっているQBコリン・キャパニック(Colin Kaepernick)が昨季、多くの物議を醸しながら示した抗議行動にならい、ベネットは13日に行われたプレシーズンゲームのロサンゼルス・チャージャーズ(Los Angeles Chargers)戦において、試合前の国歌演奏でひざまずくことを選択した。

 この前日には、オークランド・レイダース(Oakland Raiders)のRBマーショーン・リンチ(Marshawn Lynch)も、アリゾナ・カーディナルス(Arizona Cardinals)とのプレシーズンゲームで、膝をついたまま国歌演奏に耳を傾けていた。

 一連の抗議行動は、バージニア(Virginia)州シャーロッツビル(Charlottesville)で12日、白人至上主義者をはじめ、ネオナチ(Neo-Nazi)やクー・クラックス・クラン(KKK)などの過激団体が集会を開いたことによって発生した暴動を受けたものとなっている。

 31歳のベネットは、自身の抗議行動が米軍を軽視するものだと批判する声に対して、「まず第一に、私が軍を敬愛していることを理解してもらいたい」とすると、「父は軍人だ。それに自分はみんなと同じようにホットドッグが大好きだし、米国人らしくフットボールを愛している。しかし、人種差別や暴動、それに迫害は大きらいだ」と反発した。

「自分はただ、人々には平等の権利があることを望んでいるだけだ。そしてこうした行動によって、そのメッセージを訴え続けていけるようにしたい」

 抗議計画について事前にシーホークスの経営陣には通知していなかったものの、ベネットは批判に直面しようとも行動を続けていくと心に誓っており、「私のことを家で批判する人は大勢いるだろう。しかし、彼らは自分たちが弱者の立場になり得ることを理解しようとしていないんだ」と語った。

「私を批判したいならそうさせておけばいい。なぜなら、彼らには私の信条が理解できないからだ。しかし、私は攻撃の対象になったとしても、自分が信じることのために闘い続けていくことを人々に示していく。平等のため、迫害されている人々のため、そして社会を変えるために闘い続けよう」

 サンフランシスコ・フォーティナイナーズ(San Francisco 49ers)の元QBとして活躍していたキャパニックは昨季、警察のマイノリティー(少数派)に対する扱いに注意を引くため抗議行動を展開した。

 それ以降、キャパニックは所属チームを見つけることができない状態に陥っており、多くの選手や評論家からは、同選手が抗議行動の報復を受けてリーグから締め出されているという批判の声が続出している。

 オフシーズンにはキャパニックと一緒にトレーニングを行い、権利を喚起するための運動を繰り広げていたベネットは、13日の試合後、「私がはたらきかけることによって、誰もが自由にコミュニティーに入って互いに助け合えるようにしていけることを望んでいる」と語った。

「違う性別、違う人種、違う宗教の人たちと話し合って互いの違いを理解していくことだ。そして一緒のコミュニティーで暮らし、社会を変えようと努力し、自分の周囲を変えていく。おかしいと思うなら、変え続けていくんだ」 【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

「人間のフォアグラ」、急成長市場に製薬会社が熱視線

08.15 15:16 AFPBB News

【AFP】肥満により西側諸国の人びとのウエストサイズが膨れ上がる中、「人間のフォアグラ」とも呼ばれる自覚症状がないものの命取りになりかねない疾患が、製薬大手に数十億ドル規模の利益をもたらす可能性があるとして注目を集めている。

「非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)」と呼ばれるこの疾患は、肝臓に脂肪が蓄積することで発症する。製薬大手ギリアド・サイエンシズ(Gilead Sciences)の研究所で働くセシル・ラビオン(Cecile Rabian)氏がAFPに語ったところによると、NASHは米国の肝臓移植希望者が最も多く有してる症状であり、「欧州でもすぐにそのような状況になると考えている」という。

 調査会社グローバルデータ(GlobalData)は、2026年までにNASHは250億ドル(約2兆8000億円)を超える規模の市場を下支えする可能性があると予測。特に、NASH治療薬が売り出される初期段階では米国、欧州、日本を顧客基盤とし、年45%もの大幅な成長が見込まれるという。

 疫学研究では、米国人の12%、欧州人の6%がすでにNASHを患っていると報告されている。

■異常な脂肪の蓄積

 NASHにより肝臓が傷つき、肝硬変に至ることもある。肝臓に脂肪が異常に蓄積されて病気の第1段階に入ると、まず肝臓が慢性的に炎症を起こした状態になる。

 カモやガチョウの脂肪肝はフランス料理で珍味とされるフォアグラになる。フォアグラは渡り鳥には自然にみられる現象だが、家禽(かきん)に無理やり餌を詰め込んで作り出される状況は論争の的にもなっている。

 人では、炎症により肝臓細胞がゆっくりと破壊されて組織が傷つき、線維症とよばれる状態になる。その結果、肝臓がんあるいは肝硬変に至ることもある。

 大手製薬各社は2015年以降、NASH治療薬の開発に力を入れてきた。

 米・アイルランドを拠点とする製薬大手アラガン(Allergan)は昨年、米カリフォルニア(California)州のバイオ医薬品会社トビラ(Tobira)を17億ドル(約1890億円)で買収。また最近、スイス製薬大手ノバルティス(Novartis)と共同で治験を行うと発表している。

 糖尿病治療への取り組みで知られるデンマークの製薬大手ノボノルディスク(Novo Nordisk)を含め、その他多くの企業がNASH治療薬の開発に関心を寄せている。

■糖尿病の経口薬市場に匹敵する規模に

 この治療薬開発競争を先導するのはギリアド、米インターセプト(Intercept)、仏ジェンフィ(Genfit)の3社だ。

 ジェンフィのNASH治療薬エラフィブラノール(Elafibranor)の治験の最終段階の暫定結果は2019年半ばに判明する予定だ。同薬は肝機能の要となる遺伝子を制御する働きを持つ肝細胞核にある二つの受容体に働きかけるもので、肝細胞の炎症や劣化を少なくとも緩和する効果が期待されている。

 ジェンフィのジャンフランソワ・モウニー(Jean-Francois Mouney)最高経営責任者(CEO)は、2019年末から2020年初めには欧米の市場でエラフィブラノールの販売許可が得られることを期待している。

 さらにモウニー氏は、NASHをめぐる市場がいずれは糖尿病の経口薬市場に匹敵する規模になるだろうと述べた。経口糖尿病治療薬の使用には、米国では年1万3000~1万5000ドル(約140万~165万円)、欧州ではその約半分の費用がかかる。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

ウッズは逮捕時に5種類の処方薬を摂取、報告書で判明

08.15 13:30 AFPBB News

【AFP】男子ゴルフのタイガー・ウッズ(Tiger Woods)が、今年5月に飲酒または薬物を使用した上で車を運転したとして逮捕された際、麻薬性鎮痛薬のヒドロコドン(hydrocodone)を含む5種類の処方薬を摂取していたことが判明した。パームビーチ郡保安官事務所(Palm Beach County Sheriff Office)が14日、薬物中毒に関する報告書で明らかにしている。

【写真】今年5月にタイガー・ウッズが逮捕されたときの様子

 ウッズの尿検査ではバイコディン(Vicodin)という商品名で販売されているヒドロコドンのほかに、強力な鎮痛剤ヒドロモルフォン(hydromorphone)、筋弛緩(しかん)薬のアルプラゾラム(alprazolam、商品名:ザナックス〈Xanax〉)、睡眠導入薬のゾルピデム(zolpidem、商品名:アンビエン〈Ambien〉)、大麻樹脂のテトラヒドロカンナビノール(THC)という4種類の処方薬が検出された。

 41歳のウッズは今年5月29日の早朝、米フロリダ(Florida)州ジュピター(Jupiter)の自宅付近の路肩で、メルセデス・ベンツ(Mercedes Benz)の中で眠っていたところを警察に発見されて逮捕されていた。

 メジャー通算14勝を誇るウッズは、後日発表した声明の中で、当時の状態について処方薬を混合摂取したことによる副作用だったと説明。先日には危険運転での罪を認め、更生プログラムに入れば有罪は免れることになっている。

 腰の痛みや炎症を抑えるために行っていた投薬治療に対処するプログラムを今年6月に終えているウッズは、逮捕された際に自分がどこにいるか話すことができなかったほか、飲酒検査の歩行テストでもふらついていた。警察官に対しては、今年4月に受けた腰の手術の痛みを抑えるため、バイコディンとザナックスを服用していたことを明かしていた。

 PGAツアーで通算79勝を記録しているウッズは、4回目の腰の手術以降プレーから遠ざかっており、メジャータイトル獲得もロッコ・メディエイト(Rocco Mediate)との19ホールに及ぶプレーオフを制した2008年の全米オープン選手権(US Open Championship)が最後となっている。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

仏国民の「気持ち冷めた」、マクロン大統領就任100日直前

08.15 13:24 AFPBB News

【AFP】エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領(39)就任100日の節目が間近に迫るなか、フランス国民の間には同氏に対する失望感が広がっており、支持率の下落にも歯止めがかからない状態となっている。

 5月の大統領選で勝利した元投資銀行家のマクロン氏は、英政治・経済誌「エコノミスト(The Economist)」の6月の表紙で、水面を歩く「欧州の救世主」として描かれた。しかし、最近のある世論調査では、その支持率は36%と急落していることが示された。

 保守系の日刊紙「フィガロ(Le Figaro)」には13日、仏国民のマクロン氏への「気持ちは冷めた」との見出しが躍った。

 現職の仏大統領の人気がこれほど早くに落ちるのは、1995年のジャック・シラク(Jacques Chirac)氏以来のことだ。

 5月7日の選挙で勝利し、国内の根強い分断を克服すると約束したマクロン氏だが、就任後は労働改革や歳出削減、さらには妻ブリジット(Brigitte)さん(64)の「ファーストレディー」としての公的な地位の創設などをめぐり世論の反発に直面している。

 さらに、同国史上最年少の大統領となったマクロン氏だが、公務員の給与増に歯止めをかけると明言しているため、対象となる人々からの支持はとりわけ低い。

 仏調査会社Ifopのジェローム・フルケ(Jerome Fourquet)氏は、「(マクロン氏は)現実的に物事を考え、自身が下した決断の政治的代償を負うべきだ」とコメントしている。

 マクロン政権は、欧州連合(EU)が定める財政赤字内に収めるため、歳出から45億ユーロ(約5800億円)を削る計画を明らかにし、その一環として防衛費の削減も明言。これをめぐって先月、仏軍トップのピエール・ド・ビリエ(Pierre de Villiers)統合参謀総長と公の場で口論となった。この数日後、ビリエ氏は辞任している。

 この一件を受け、ある仏紙は「エマニュエル・マクロンと仏国民のハネムーン期間は終わった」と書いた。

 夏季休暇明けのマクロン氏には、労働改革に対する抗議が待ち受けている。複数の労働組合はストライキやデモ行進を呼び掛けており、また急進左派政党「France Unbowed」も集会を計画している。

 仏議会では今月、労働規制緩和を議会での承認を経ずに政令で規定できるとした法案が可決された。従業員との直接交渉において、企業側の要件緩和を目指すものだ。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

オフィスビルにピューマ、消防士らが救出 ブラジル

08.15 12:22 AFPBB News

【AFP】職場のコンピューターのそばでくつろぐ猫、そしてデスクの下には野生のピューマ!?──ブラジルの最大都市サンパウロ(Sao Paulo)近郊のイタペセリカダセーハ(Itapecerica da Serra)で14日、オフィス内にピューマがいるのを発見した従業員が地元の消防署に通報する出来事があった。

▼動画はこちら

出典: YouTube

 消防士らがフェイスブック(Facebook)とツイッター(Twitter)に投稿している写真にはピューマがデスクの端から顔をのぞかせる様子が捉えられている他、動画にはピューマが消防隊員らにうなったりほえたりする声も収められている。

 サンパウロ州消防当局は、山火事が絶えず発生しているため、ピューマが生息地から出てきたのだろう、とフェイスブックに投稿している。

 ピューマは捕獲された後、野生動物の救助活動を専門に行っているNGOに引き渡された。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

オバマ氏が寛容訴えたツイート、230万超の「いいね!」

08.15 11:58 AFPBB News

【AFP】米バージニア(Virginia)州シャーロッツビル(Charlottesville)で白人至上主義者らと反対派が衝突し死傷者が出た事件を受け、バラク・オバマ(Barack Obama)前大統領がツイッター(Twitter)で人々に寛容を呼び掛けたところ、14日までに230万を超える「いいね!」を集めている。ドナルド・トランプ(Donald Trump)現大統領が直後に白人至上主義者の直接の非難を避けて批判を浴びたのと対照的に、史上3番目の人気ツイートとなっている。

【写真】白人至上主義者らの集会で車が人混みに突っ込んだ現場

 オバマ氏はツイッターで、南アフリカの故ネルソン・マンデラ(Nelson Mandela)元大統領が述べた「肌の色や出自、信仰の違いで他人を憎むように生まれついた人などいない」という言葉を引用した。

 ツイッターの分析サイト、ファブスター(Favstar)によれば、オバマ氏のこの投稿は14日時点で230万以上の「いいね」が付き、その後も増えている。

 この数は、米人気歌手アリアナ・グランデ(Ariana Grande)さんが今年5月に英マンチェスター(Manchester)のコンサート会場で発生した自爆攻撃を受けて書き込んだ「心の底から、とても残念に思う」、有名タレントのエレン・デジェネレス(Ellen DeGeneres)さんが2014年の米アカデミー賞(Academy Awards)授賞式で自撮り(セルフィー)した写真に次いで史上3番目に多い。リツイートも98万回されている。

 一方、トランプ大統領は当初、白人至上主義者の名指し非難を避けたため激しい批判を浴び、14日になって「偏狭の名の下で暴力を広める者」を糾弾する発言を行った。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

昆虫が原料の食品、スイスのスーパーが販売へ 欧州初

08.15 10:22 AFPBB News

【AFP】食品安全法が改正されたスイスで来週、昆虫を原料とする食品が初めて店頭に並ぶことになった。スーパーマーケットチェーンが14日、明らかにした。

 スイス第2のスーパーマーケットチェーン「コープ(Coop)」は、たんぱく質が豊富なゴミムシダマシの幼虫を材料に使ったハンバーガーとミートボールの販売を開始すると発表した。

 声明によると、スイスのスタートアップ「エッセント(Essento)」が製造するこれらの商品は、ジュネーブ(Geneva)やベルン(Bern)、チューリヒ(Zurich)などの一部店舗で8月21日から購入できるという。

 スイス食品安全当局の報道官がAFPに語ったところによると、欧州で昆虫を原料とする人間向けの食品の販売が認可されたのはスイスが初めてだという。

 スイスの食品安全法は今年5月に改正され、コオロギやバッタ、甲虫であるゴミムシダマシの幼虫など3種類の虫を材料として使った食品の販売が可能となった。

 同国の法律は、長年、動物の餌として使用されていたこれらの虫について、人間の食用に適しているとみなすには、4世代にわたって厳しい管理の下で飼育されなければならないと定めている。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

ゾウで人命救助、洪水被害のネパールで

08.15 09:31 AFPBB News

【AFP】モンスーンによる洪水と土砂崩れの被害が発生しているネパールで13日、チトワン国立公園(Chitwan National Park)に取り残された観光客らの救助のため、ゾウが出動した。

▼動画はこちら

出典: YouTube

 ネパールでは、通常6月末から8月末まで続くモンスーンによる今年の死者は、確認されただけで100人を超え、すでに昨年を上回っている。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

グアムへのミサイル発射計画、金委員長が「議論」

08.15 09:18 AFPBB News

【AFP】北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は15日、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長が米領グアム(Guam)島周辺にミサイルを撃ち込む計画について説明を受けたと報じた。

 金委員長は14日にミサイル部隊を担当する戦略軍を視察した際、「計画を長時間検討し」、計画について指揮官らと「議論した」という。

 KCNAによれば、金委員長は「米帝国主義者らは無謀な軍事的緊張を自ら作り出して大騒ぎし、自分で自分の首を絞めた」と非難。その一方で、「みじめなつらい瞬間を味わっているヤンキー(米国人)たちの愚かな振る舞いをもう少し観察」したいとして、グアム島周辺へのミサイル試射計画を先送りにする意向も示唆した。

 さらに金委員長は「現在の緊張を和らげ、朝鮮半島(Korean Peninsula)の危険な軍事衝突を阻止するため、米国はまず適切な選択を行い、行動でそれを示さなければならない。朝鮮半島周辺に戦略核兵器を大規模に配備して挑発しているのだから」と述べ、米国に対し、北朝鮮への「傲慢(ごうまん)な挑発を即刻停止」し、これ以上挑発しないよう求めた。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

T・スウィフトさん、セクハラ裁判で勝訴 痴漢被害

08.15 09:18 AFPBB News

【AFP】米人気歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift)さん(27)が写真撮影中に元ラジオ司会者から体を触られたと訴えた裁判で、米コロラド(Colorado)州デンバー(Denver)の連邦裁判所は14日、スウィフトさんの主張を認める判決を下した。スウィフトさんには、損害賠償として求めていた1ドル(約110円)が支払われることになった。

 裁判でスウィフトさんは、2013年にデンバーのペプシ・センター(Pepsi Center)で行われたコンサート前、当時ラジオ司会者だったデービッド・ミュラー(David Mueller)氏と一緒に写真を撮影した際、ミュラー氏にスカートの下から臀部(でんぶ)を触られたと主張していた。

 判決後、スウィフトさんは声明を出し、裁判所に謝意を表するとともに、弁護団は「私や、性的暴行の被害に声を上げられないでいる人のために戦ってくれた」とたたえた。今後、同じような被害に遭った人の声が聞かれるようにしたいとして、性的暴行の被害者を支援する複数の団体に近く寄付する考えも示した。

 ミュラー氏は、スウィフトさんの主張は事実ではないとし、それによって職を失ったとしてスウィフトさんを提訴していた。しかし、この訴えは先週、ミュラー氏にはスウィフトさんに損害賠償を求められる証拠がないとして、裁判所から棄却されていた。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク