cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_cff4fbf80614_9月は秋らしさ進む、猛残暑終息へ 気象庁が1か月予報発表 cff4fbf80614 cff4fbf80614 9月は秋らしさ進む、猛残暑終息へ 気象庁が1か月予報発表 @linenews 0

9月は秋らしさ進む、猛残暑終息へ 気象庁が1か月予報発表

2018年8月30日 17:07 共同通信

気象庁は30日、1か月予報(対象期間:9月1日〜9月30日)を発表しました。9月30日にかけての平均気温は全国的に平年並み。夏の高気圧はあまり勢力を強めないため、残暑はそれほど厳しくならないとのこと。特に台風21号が去った後は、秋らしい日が多くなるといいます。

9月後半は寒気が流れ込んで、気温の下がる日があるかもしれないそうです。降水量は全国的に平年並みか多く、台風や秋雨前線の影響を受けて雨の量がまとまることもあるため、注意が必要です。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_c09b84f173fb_関東、30日から再び猛暑の予想 南寄りの暑い空気流れ込む c09b84f173fb c09b84f173fb 関東、30日から再び猛暑の予想 南寄りの暑い空気流れ込む @linenews 0

関東、30日から再び猛暑の予想 南寄りの暑い空気流れ込む

2018年8月29日 18:57 gettyimages

30日の関東地方は、強い日差しに加えて、南寄りの暑い空気が流れ込んできそうです。朝から気温は高く、すでに30度くらいの所があるといいます。暑い時間帯が長くなりそうです。

最高気温は29日よりも高く、多くの所で30度以上。内陸では35度以上の猛暑日になる所がある見込み。31日は東京都心などを含め、さらに暑くなる可能性があります。8月も終わりになりますが、各地で厳しい残暑になりそうです。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_fc65b94f16ba_東北南部と北陸は大雨警戒、近畿も急な雨や突風注意 気象庁 fc65b94f16ba fc65b94f16ba 東北南部と北陸は大雨警戒、近畿も急な雨や突風注意 気象庁 @linenews 0

東北南部と北陸は大雨警戒、近畿も急な雨や突風注意 気象庁

2018年8月28日 09:29 gettyimages

東北地方南部と北陸では28日、停滞する前線の影響で所により激しい雨が降りました。気象庁は大雨による土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒し、落雷や突風、ひょうに注意するよう呼び掛けました。

近畿でも暖かく湿った空気が入り、大気の状態が不安定になるため、急な強い雨や落雷、突風に注意が必要。29日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、北陸120ミリ、東北南部日本海側100ミリ、同太平洋側60ミリとなっています。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_9ba41023a3dc_東京都世田谷区付近で1時間に約110mmの猛烈な雨か 9ba41023a3dc 9ba41023a3dc 東京都世田谷区付近で1時間に約110mmの猛烈な雨か @linenews 0

東京都世田谷区付近で1時間に約110mmの猛烈な雨か

2018年8月27日 21:33 gettyimages

気象庁のレーダー解析によると、27日21:00までの1時間に、東京都世田谷区付近で約110mmの猛烈な雨が降った模様です。気象庁は東京都に記録的短時間大雨情報を発表し、今後の雨に対して警戒するよう呼びかけています。周辺地域では、土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫、落雷や突風といった天候の急変に厳重な警戒が必要です。また、悪天候に伴う交通機関への影響なども懸念されますので、今後の警報や注意報、気象情報に留意してください。

■記録的短時間大雨情報
・約110mm:世田谷区付近(~27日21:00)

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_88e0d2e313de_東京の目黒川で「氾濫危険情報」、気象庁と都が警戒呼びかけ 88e0d2e313de 88e0d2e313de 東京の目黒川で「氾濫危険情報」、気象庁と都が警戒呼びかけ @linenews 0

東京の目黒川で「氾濫危険情報」、気象庁と都が警戒呼びかけ

2018年8月27日 21:10 amanaimages

東京都によると、東京の目黒川は目黒区青葉台の観測所で氾濫の危険性が非常に高まり、自治体が「避難勧告」などを発表する必要があるとされる、「氾濫危険水位」に達しています。東京都と気象庁は、急激に川の水位が上がり、川の氾濫の危険性が非常に高まっているとして「氾濫危険情報」を出して厳重に警戒するよう呼びかけています。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_aedd53b37e57_関東広域で雷雨、群馬では危険な「アーチ雲」も出現 aedd53b37e57 aedd53b37e57 関東広域で雷雨、群馬では危険な「アーチ雲」も出現 @linenews 0

関東広域で雷雨、群馬では危険な「アーチ雲」も出現

2018年8月27日 18:50 ウェザーニュース

関東地方は前線の南下と気温の上昇で大気の状態が非常に不安定になっており、午後になって広いエリアで積乱雲が発達。特に群馬県から栃木県、埼玉県にかけて活発な雨雲が見られ、宇都宮では17時30分までの1時間に23.5mmの雨を観測しました。

群馬県伊勢崎市からは突風や激しい雨の前兆となる「アーチ雲」の報告が届き、その後、雹が降り出してきました。埼玉県からも雹の報告が届いています。アーチ雲が見えると突風や激しい雷雨などの前兆となることがあるといいます。今夜遅くにかけては東京都心を含む各地で激しい雨や落雷、突風、雹などの恐れがあるので、注意が必要です。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_11d96572283e_青梅など東京でも37℃超 名古屋は猛暑日の年間最多記録更新 11d96572283e 11d96572283e 青梅など東京でも37℃超 名古屋は猛暑日の年間最多記録更新 @linenews 0

青梅など東京でも37℃超 名古屋は猛暑日の年間最多記録更新

2018年8月27日 17:49 amanaimages

27日は、関東から西の各地で日差しが届き、特に関東や東海で気温が上昇。猛暑日の所が多くなりました。15時の段階で全国で最も気温が上がったのは埼玉県越谷と三重県桑名で37.8℃、猛暑日の地点は93地点に達しています。

また、名古屋は36.7℃で今年33日目の猛暑日。1995年の記録を上回って、単独1位に。東京は35.8℃と3日連続の猛暑日で、8月下旬以降としては統計開始以来3回目のことです。28日は、前線の南下に伴い、関東は暑さが一服。猛暑日の所はほとんどなくなります。暑さが続くのは西日本が中心となる見込みです。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_abeb80e38f57_週末につづき厳しい暑さに、天気の急変や雷雨も注意 abeb80e38f57 abeb80e38f57 週末につづき厳しい暑さに、天気の急変や雷雨も注意 @linenews 0

週末につづき厳しい暑さに、天気の急変や雷雨も注意

2018年8月27日 09:19 amanaimages

秋雨前線の南側にあたる西日本や東日本は気温が上がり、週末につづき厳しい暑さとなりそうです。東京や名古屋、大阪など35度以上の猛暑日となる予想です。

また西日本や東日本などは、気温が上がる影響でニワカ雨や雷雨の可能性も。特に関東甲信地方、北陸地方では平野部を含むエリアで天気の急変に注意が必要です。モクモクとした雲や黒い雲が近づくと、天気急変のサイン。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_bd7167748fad_関東から九州は猛暑に注意、埼玉・熊谷市は39度予想 気象庁 bd7167748fad bd7167748fad 関東から九州は猛暑に注意、埼玉・熊谷市は39度予想 気象庁 @linenews 0

関東から九州は猛暑に注意、埼玉・熊谷市は39度予想 気象庁

2018年8月26日 11:33 amanaimages

関東から九州にかけては26日、高気圧に覆われて晴れました。気象庁によると、日中の最高気温が35度以上の猛暑日になる所が多いとみられ、予想気温は埼玉県熊谷市で39度、さいたま市と甲府市、大分県日田市で38度、東京都心と岐阜市、京都市、熊本市で37度。

気象庁は大半の都府県に高温注意情報を発表し、水分や塩分を取ったり、冷房を使ったりして熱中症を防ぐよう呼び掛けています。関東では25日に37~38度台を観測した地点が続出しており、連日の猛暑に特に注意が必要です。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_28c898a8e11b_水戸で11年ぶりの37℃超、東京は35.6℃で22日ぶりの猛暑日 28c898a8e11b 28c898a8e11b 水戸で11年ぶりの37℃超、東京は35.6℃で22日ぶりの猛暑日 @linenews 0

水戸で11年ぶりの37℃超、東京は35.6℃で22日ぶりの猛暑日

2018年8月25日 18:44 ウェザーニュース

25日は前線の南側に入り日差しがしっかりと届いた関東から西のエリアで気温が上昇。特に関東で厳しい暑さになりました。全国で最も気温が上がったのは群馬県の伊勢崎で38.9℃を観測。東京は35.6℃と8月3日以来、22日ぶりの猛暑日、茨城県水戸は37.6℃まで上がって、11年ぶりの37℃超えとなりました。

8月最後の日曜日となる26日も同じような気圧配置が続き、関東から西の各地で気温の上がりやすい状況となります。35℃以上の猛暑日の所が続出し、8月終わりとは思えないような暑さが予想されます。