cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_7dc75b1af3bd_日本海溝沿いでM7~8級大地震の危険、30年以内に 7dc75b1af3bd 7dc75b1af3bd 日本海溝沿いでM7~8級大地震の危険、30年以内に @linenews 0

日本海溝沿いでM7~8級大地震の危険、30年以内に

2019年2月26日 18:33 共同通信

政府の地震調査委員会(委員長・平田直東京大教授)は26日、東北-関東地方の日本海溝沿いの海域で、今後30年間にマグニチュード(M)7~8の大地震が起きる可能性が高いとする予測を公表しました。確率90%以上の場所もありました。2011年3月の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)発生を受け、同年11月にまとめた長期評価を改定しました。

平田委員長は「大震災があったので、しばらく大きな地震は起きない、とは考えないでほしい」と警戒を呼び掛けました。調査委はこうした地震で発生し、沿岸に達する津波の高さの予測も進めます。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_69c028084cab_北海道・厚真町で震度6弱の地震、昨年の地震と一連の活動 69c028084cab 69c028084cab 北海道・厚真町で震度6弱の地震、昨年の地震と一連の活動 @linenews 0

北海道・厚真町で震度6弱の地震、昨年の地震と一連の活動

2019年2月22日 03:16 共同通信

21日午後9時22分ごろ、北海道厚真町で震度6弱の地震がありました。気象庁によると、震源地は胆振地方中東部で震源の深さは約33キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5.8と推定されます。津波はありませんでした。気象庁は昨年9月に厚真町で震度7を観測した北海道地震の一連の活動で、当分続くとの見解を示しました。札幌市消防局によると、市内の70代男性がひざを痛めるけがを負いました。

昨年の地震では厚真町で震度7を観測。総務省消防庁によると、同町を中心に42人が死亡し、約760人が重軽傷を負いました。全域停電(ブラックアウト)も発生しました。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_9232490bc071_寒気流入 千葉で積雪5センチ、交通障害や凍結に注意 9232490bc071 9232490bc071 寒気流入 千葉で積雪5センチ、交通障害や凍結に注意 @linenews 0

寒気流入 千葉で積雪5センチ、交通障害や凍結に注意

2019年2月11日 10:09 共同通信

寒気や気圧の谷の影響で11日は千葉市で5センチの積雪を観測するなど関東の一部で雪が積もりました。気象庁は交通障害や路面の凍結、電線への着雪に注意するよう呼び掛けています。

気象庁によると、東日本の上空約1500メートルに氷点下6度以下の寒気が流入。伊豆諸島付近は気圧の谷になり、沿岸部を中心に雪が降りました。茨城県内でも雪が積もりました。12日午前6時までの24時間の予想降雪量は多い所で甲信20センチ、関東の平野部7センチ、関東北部の山沿い5センチ、箱根から多摩にかけて2センチ。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_c6b00dd41e02_関東で厳しい冷え込み、東京でも積雪の恐れ 交通の乱れに注意 c6b00dd41e02 c6b00dd41e02 関東で厳しい冷え込み、東京でも積雪の恐れ 交通の乱れに注意 @linenews 0

関東で厳しい冷え込み、東京でも積雪の恐れ 交通の乱れに注意

2019年2月9日 07:25 共同通信

気象庁は9日、上空の寒気や低気圧の影響で、関東では平野部を含め大雪となる恐れがあるとして、警戒を呼び掛けました。東京23区でも10日午前6時までの24時間に5センチの降雪が見込まれます。雪が積もり、大雪となる可能性があります。交通機関の乱れや道路の凍結、電線への着雪に注意を求めています。

気象庁によると、9日は東日本の上空約1500メートルに氷点下6度以下の寒気が流入。伊豆諸島付近に発生する低気圧が、発達しながら東寄りに進むとみられます。関東では厳しい冷え込みとなり、東京都心では午前6時でも気温が0.1度の低さでした。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_4761b72fd269_関東に寒波襲来、東京も大雪恐れ 交通障害に警戒を 4761b72fd269 4761b72fd269 関東に寒波襲来、東京も大雪恐れ 交通障害に警戒を @linenews 0

関東に寒波襲来、東京も大雪恐れ 交通障害に警戒を

2019年2月8日 22:08 共同通信

関東は低気圧や寒気の影響で9日の朝から夜にかけて広い範囲で雪が降り、平野部でも大雪になりそうです。東京23区でも9日夕までの24時間に多い地域で5センチの降雪が予想されています。気象庁は8日、交通障害や路面凍結、電線や樹木への着雪に警戒を呼び掛けました。

気象庁によると、東日本の上空約1500メートルに氷点下6度以下の寒気が流れ込むほか、伊豆諸島付近に低気圧が発生し、発達しながら東寄りに進むとみられています。9日午後6時までの24時間の予想降雪量は、多い地域で関東南部の平野部、箱根から多摩や秩父にかけての地域10センチ、関東北部8センチです。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_c478208aadd0_北海道で厳しい冷え込み、氷点下22度を記録 寒波襲来 c478208aadd0 c478208aadd0 北海道で厳しい冷え込み、氷点下22度を記録 寒波襲来 @linenews 0

北海道で厳しい冷え込み、氷点下22度を記録 寒波襲来

2019年2月8日 10:11 共同通信

北海道では西高東低の冬型の気圧配置が強まり、極めて強い寒気が流れ込み、8日未明に置戸町で氷点下22.7度を記録しました。気象庁は日中でも気温が低いとして、屋外での活動や水道の凍結、農作物の管理に注意するよう呼び掛けました。

気象庁によると、8日は北海道全域で厳しく冷え込み、札幌市の中心部で午前8時前に氷点下12.5度を観測。同市では「さっぽろ雪まつり」が開催中で、観光客も十分な寒さ対策が必要です。また、日本海側では昼ごろを中心に雪を伴った西寄りの風が強く、海はしける見通し。気象庁は大雪による交通障害や雪崩、船体着氷にも警戒するよう呼び掛けています。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_81dfa944237f_寒気抜け大雪のピーク越える 気象庁、路面凍結に注意呼び掛け 81dfa944237f 81dfa944237f 寒気抜け大雪のピーク越える 気象庁、路面凍結に注意呼び掛け @linenews 0

寒気抜け大雪のピーク越える 気象庁、路面凍結に注意呼び掛け

2019年1月27日 07:23 共同通信

東日本や西日本の大雪はピークを越えたものの、冬型の気圧配置が続いているため、気象庁は27日、日本海側の山沿いを中心に引き続き大雪や路面凍結による交通障害への注意を呼び掛けました。

気象庁によると、東日本の上空約5千メートルにあった氷点下39度以下の強い寒気は日本の東に抜けました。冬型の気圧配置も27日午後には次第に緩む見込み。積雪が多い所では雪崩への注意が必要としています。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_002e34633d75_日本海側、引き続き大雪に警戒を 太平洋側平野部も積雪か 002e34633d75 002e34633d75 日本海側、引き続き大雪に警戒を 太平洋側平野部も積雪か @linenews 0

日本海側、引き続き大雪に警戒を 太平洋側平野部も積雪か

2019年1月26日 22:11 共同通信

東日本から西日本の日本海側を中心に27日も大雪になる恐れがあるとして、気象庁は26日、路面凍結による交通障害などに警戒を呼び掛けました。太平洋側の山地でも大雪となり、平野部で雪が積もる恐れもあります。

気象庁によると、日本付近は冬型の気圧配置が強まり、東日本の上空約5千メートルには氷点下39度以下、西日本上空には氷点下36度以下という、平年よりも6~14度低い強い寒気が流れ込んでいます。大気の状態が不安定で、東日本の日本海側では落雷や竜巻などにも注意が必要といいます。

27日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北陸70センチ、関東甲信60センチ、中国と東海30センチ、近畿25センチ、九州北部10センチ。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_9274bf589f1d_熊本・和水で震度5弱、けが人なし 連続強震で気象庁が警戒訴え 9274bf589f1d 9274bf589f1d 熊本・和水で震度5弱、けが人なし 連続強震で気象庁が警戒訴え @linenews 0

熊本・和水で震度5弱、けが人なし 連続強震で気象庁が警戒訴え

2019年1月26日 18:37 共同通信

26日午後2時16分ごろ、熊本県和水町で震度5弱の地震がありました。気象庁によると、震源地は熊本地方で、震源の深さは約10キロ。地震の規模はマグニチュード(M)4.3と推定されます。津波はありませんでした。この影響で九州新幹線計4本が一時停止し、計11本に最大約30分の遅れが出ました。

県や消防などによると、県内で人的被害は確認されていません。和水町職員は「揺れの時間は非常に短く、棚から物が落ちるようなことはなかった」と話しました。和水町では今月3日にも震度6弱を観測。気象庁は記者会見で「今回の地震は震度6弱の地震の震源付近で発生した。引き続き注意してほしい」と呼び掛けました。

なお九州電力によると、熊本県和水町で震度5弱を観測した地震で佐賀県の玄海原発、鹿児島県の川内原発に異常は確認されていません。停電も確認されていません。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_3cacefe33fae_熊本県熊本で震度5弱の地震が発生、最新状況のライブ配信 3cacefe33fae 3cacefe33fae 熊本県熊本で震度5弱の地震が発生、最新状況のライブ配信 @linenews 0

熊本県熊本で震度5弱の地震が発生、最新状況のライブ配信

2019年1月26日 14:43 ウェザーニュース

26日午後2時16分ごろ、熊本県で震度5弱の地震がありました。気象庁によると、震源地は熊本地方で、震源の深さは約10キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は4.4と推定されます。この地震による津波の心配はないということです。現在最新状況のライブ配信を行っています。