cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_1ef5e3f69eea_23日にかけ平野部でも雪 東北、関東甲信で30センチ 1ef5e3f69eea 0

23日にかけ平野部でも雪 東北、関東甲信で30センチ

2018年1月22日 14:11 LINE NEWS編集部

発達する低気圧の影響で、西日本では22日夕にかけ、東北と関東甲信などでは同日昼ごろから23日明け方にかけて、広い範囲で雪が降り、平野部でも大雪となるところがあるため、気象庁は路面凍結による交通障害への警戒を呼び掛けました。

23日午前6時までの降雪量は東北と関東甲信は30センチ、北陸から中国にかけては20センチ、九州北部や四国でも10~15センチと予想されています。23日からは日本の上空に強い寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置が27日ごろまで続くとみられます。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_dc771903e7b3_関東、雪のピークは夕方から夜 交通機関は大きく乱れる恐れ dc771903e7b3 0

関東、雪のピークは夕方から夜 交通機関は大きく乱れる恐れ

2018年1月22日 08:40 LINE NEWS編集部

きょう22日は「南岸低気圧」の影響で、関東地方は平野部でも雪が降り積もり、大雪となる恐れがあります。午前中から雪のちらつく所もありますが、広い範囲で雪が本格的に降るのは昼頃からです。千葉県など海沿いのエリアは雨の所もありますが、都心周辺など平野部でも雨が降るより雪が降る時間が長いでしょう。

雪のピークは南岸低気圧が関東に最も近づく夕方から夜です。帰宅時間にはあちらこちらで雪が積もって、東京23区でもあすの朝にかけて「くるぶしが埋もれるほど」雪が積もってしまうかもしれません。交通機関は大きく乱れる恐れがあります。

大勢の帰宅困難者が出てしまう可能性もあり、代替交通手段の確保だけでなく、早めの帰宅が強く推奨されています。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_01523181599d_関東甲信の広範囲で大雪のおそれ 帰宅時は交通大混乱か 01523181599d 0

関東甲信の広範囲で大雪のおそれ 帰宅時は交通大混乱か

2018年1月22日 06:07 amanaimages

22日は、本州の南岸を低気圧が発達しながら通過する予想です。東京23区では5センチ、内陸では30センチの降雪が予想され、普段雪が降りにくい首都圏の市街地でも雪が積もり、大雪となるおそれがあります。また、今シーズンの初雪観測が発表されていない横浜市や熊谷市、甲府市でも、初雪が積雪となる可能性が高くなっています。

東京都心では、早ければ22日午前中から雪が降り始めますが、昼過ぎまでは積もるほどの降り方にはならない見込みです。降雪のピークは夕方から夜で、帰宅ラッシュと重なる予想。交通機関に大きな影響が出る可能性があり、場合によっては当日中の帰宅が困難な方が多くなる可能性があります。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_ddb242ffd058_関東甲信と東北、 22日昼から23日朝にかけて大雪警戒 ddb242ffd058 0

関東甲信と東北、 22日昼から23日朝にかけて大雪警戒

2018年1月21日 18:37 amanaimages

気象庁と国土交通省は21日、関東甲信と東北地方の太平洋側で22日昼ごろから23日朝にかけて雪が降り、東京23区など平野部を含め大雪になる恐れがあると発表しました。通勤通学時間帯の交通の乱れや車の立ち往生、凍結した路面での転倒などが予想され、同庁などは不要不急の外出を控え、厳重に警戒するよう呼び掛けています。

22日午後6時までの24時間降雪量は多い所で、関東甲信20センチ(東京23区3センチ)、中国と四国、北陸15センチ、九州北部と近畿、東海、東北太平洋側10センチ。その後、23日午後6時までの24時間降雪量は関東甲信の山沿いと東北太平洋側20~40センチ、関東平野部10~20センチ、東京23区5~10センチと予想されます。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_d8c9311839d1_22日は東京23区でも積雪か 東海や関東甲信では大雪に注意 d8c9311839d1 0

22日は東京23区でも積雪か 東海や関東甲信では大雪に注意

2018年1月20日 18:55 amanaimages

気象庁は20日、低気圧が22日に発達しながら本州南岸付近を東北東へ進むため、東海や関東甲信では雨や雪が降り、岐阜県や関東の山沿い、甲信では大雪になると発表しました。

東海や関東の平地、東京23区でも雪が積もる恐れがあり、同庁は交通の乱れに注意を呼び掛けています。23日から27日ごろにかけては冬型の気圧配置が強まり、日本列島の日本海側を中心に大荒れとなる見込み。暴風や高波、大雪に警戒が必要とのことです。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_eebf39fdae31_桜の開花、ほぼ例年並みか 気象会社が予想発表 eebf39fdae31 0

桜の開花、ほぼ例年並みか 気象会社が予想発表

2018年1月20日 06:50 ウェザーニュース

ウェザーニュースが、2018年の桜開花予想を発表しました。3月の後半から暖かい日が多くなり、開花は西日本と東日本で例年並み、北日本では例年並みかやや早いと予想しています。

主な都市の開花予想日は東京23区と福岡が3月22日で、名古屋市3月25日、大阪市3月27日、金沢市4月4日、仙台市4月6日、札幌市4月29日。同社によると、昨年12月以降、日本列島には強い寒気が断続的に流れ込んでおり、厳しい寒さで花の基になる芽が休眠から目覚めて成長しているとみられます。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_84cec0bc6176_22日は関東で"雪"のおそれ 交通への影響に注意を 気象庁 84cec0bc6176 0

22日は関東で"雪"のおそれ 交通への影響に注意を 気象庁

2018年1月19日 19:23 共同通信

週明けの22日は、本州の南岸を低気圧が東に進むため、関東甲信など太平洋側で雪になる恐れがあります。気象庁は19日、雪による交通への影響に注意するとともに、今後の気象情報を確認するよう呼び掛けました。

気象庁によると、低気圧が本州の南岸に沿って東に進み、22日夜には関東甲信の南の海上に到達する見込み。このため、九州以東の太平洋側では雨や雪になる恐れがあります。「南岸低気圧」が接近すると、関東甲信では雪が降ることが多いとのこと。また23日以降、日本列島付近は西高東低の冬型の気圧配置が強まる見通しです。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_ed7dff7a276f_週明け天気が崩れ東京で雪も、その後強烈な寒波が襲来 ed7dff7a276f 0

週明け天気が崩れ東京で雪も、その後強烈な寒波が襲来

2018年1月19日 13:50 tenki.jp

週明け22日(月)は本州の南岸を進む低気圧の影響で、全国的に天気が崩れる見込み。関東でも雪や雨の予報で、東京で雪が降る可能性があります。雪の場合は積もる可能性もあり、首都圏では交通に大きな影響が出ることも考えられます。

その後日本付近は冬型の気圧配置となる見込みで、24日(水)から26日(金)には本州を中心に数年に一度あるかないかというレベルの強い寒気が流れ込むとの予報です。日本海側では大雪となるおそれがあるほか、九州や四国、近畿などの太平洋側でも雪が降る可能性も。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_c73aaa94fda3_春の暖かさ、九州で20度超 17日も高温と気象庁 c73aaa94fda3 0

春の暖かさ、九州で20度超 17日も高温と気象庁

2018年1月16日 17:42 共同通信

日本列島は16日、晴れて3月から4月並みの最高気温となる地域が多かったようです。気象庁によると、高気圧の縁を回るように南から暖かい空気が流れ込み、大分県豊後大野市では20.5度を観測して1月の観測史上最高を更新。熊本県水俣市で20.9度、宮崎市で21.0度を観測しました。

主要都市の最高気温は東京13.7度、名古屋13.9度、大阪14.9度、福岡18.6度。17日は前線を伴う低気圧が西から東へ通過し、雨が降る所が多いそうですが、最高気温は16日とあまり変わらない見込み。積雪が多い地域は雪崩に注意が必要だといいます。

cat_16_issue_natural-disaster @linenews_0_40f65e7a86d1_今季最強の冬将軍、14日朝も北陸や近畿北部などでは大雪の恐れ 40f65e7a86d1 0

今季最強の冬将軍、14日朝も北陸や近畿北部などでは大雪の恐れ

2018年1月13日 17:52 tenki.jp

新潟市など市街地にも大雪をもたらした今季最強の冬将軍。日本海側では、広い範囲での大雪のピークは過ぎたものの、14日の朝にかけて局地的に雪の降り方が強まるとみられています。特に北陸や近畿北部、山陰では短い時間に一気に雪が降り積もって、大雪となる恐れがあるとのこと。

また、雪雲は太平洋側にも流れ込む予想で、大阪や名古屋も雪が降る可能性があり、近畿中部では平地でも雪の積もる所があるといいます。車の立ち往生やスリップ事故など交通障害に注意が必要です。日中は雪のやむ所が多いですが、除雪作業は二人以上で行うなど、細心の注意を払いましょう。

続きはアプリで、快適に LINENEWS