「コーヒーを飲み過ぎる」のは遺伝子が原因?

2016年9月5日 19:00 ライフハッカー

いつもコーヒーを飲み過ぎてしまう…。その原因は遺伝子のせいなのかもしれません。コーヒーと人の相性は、遺伝子に起因する可能性があることを、コーヒーの消費に関連する新たな遺伝子を発見した研究グループが明らかにしました。

研究グループはイタリアとオランダでゲノム解析による研究を行い、「PDSS2」という遺伝子が、カフェインの消費に関係していることを発見。この遺伝子を持っている人は、そうでない人と比べコーヒーを飲む量が少なかったのだそう。

チームラボによる「未来の遊園地」11月から名古屋で開催

2016年9月5日 15:00 リセマム

名古屋市科学館で2016年11月12日から2017年2月12日まで、「チームラボアイランド 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」が開催されます。

同展は、チームラボがこれまでに発表してきたアート作品と遊園地を一度に体験できるイベントで、2014年に日本科学未来館で開催した際には約47万人を動員しています。

アート作品「クリスタル ユニバース」の映像はこちら。

「鼻毛をむやみに抜いてはいけない」理由

2016年9月5日 15:00 gettyimages

うっかり出ていると恥ずかしい鼻毛。鼻毛を抜くグッズなども沢山でていますが、実は鼻毛にはとても重要な役割があります。しっかり知っていないと、日常生活でのデメリットや健康上の危険を伴うことも。

鼻毛には、外から入って来る異物や細菌をキャッチし、体内へ容易に侵入させないフィルターの役割があります。鼻毛を抜くと細菌やウイルスが頻繁に鼻の粘膜に達し、様々な感染症やアレルギーにかかりやすくなってしまいます。また指や毛抜きで鼻毛を抜くと、毛穴を傷めていっそう細菌が入りやすくなる危険も。

ダイエットがムリなら…?産後太りの上手な"着やせテク"

2016年9月5日 10:05 パピマミ

妊娠中に太ってしまうのは自然なこと。しかし産後はダイエットをしようにも、育児に影響が出るため後回しになりがち。そんなときは、"ゆるゆる"の中に細いラインを見せるオフショルダーのトップスが着やせ効果バツグンなんだとか。

また、トップスとボトムスの色を対照的にすると、気になる下半身がひと回り小さく見えるそう。上半身が太って見えるときは、ひざ下のふんわりスカートなどを着用して、視線を下の方へ誘導するような格好をすると◎。

「産後太り」は、赤ちゃんをすくすくと健やかに育てるための「大切なエネルギー」だと言われています。赤ちゃんを愛情こめて育てることに大きくカロリーを消費しているので、無理に減量する必要はないそうです。

舌を30秒ほど引っ張る!? 「しゃっくりの意外な止め方」

2016年9月5日 10:05 Doctors Me

普段不意に出るしゃっくりですが、場合によっては何日間、何ヶ月間止まらずに不眠症や体調不良を招く恐れもあるそうです。そんな、しゃっくりの意外な止め方をご紹介。

その方法は「人さし指を両耳に強く入れて30秒ほど押す」と「舌を30秒ほど引っ張る」やり方。他にも、水をグラス一杯飲んだり、限界まで息を吸って、止める、吐き出したりするのも良いのだとか。

横隔膜が痙攣することが原因でおこるしゃっくり。笑いすぎ、食後のゲップによって誘発されることが多く、また辛いものを食べた時や、お酒を飲んだ時になりやすくなるそうです。

どう使い分ける?扇風機とサーキュレーターの違いとは

2016年9月5日 07:03 amanaimages

どちらも風を送る道具である「扇風機」と「サーキュレーター」。扇風機は、基本的に扇風機からの風に当たることで涼しさを感じるものですが、サーキュレーターは空気の循環や、風を遠くまで強く送るためのものです。

扇風機は、広範囲で近い距離内に強い風が当たるような作りになっているそう。部屋の中の湿気の少ない空気と湿気の多い空気が入り混じって、結果的に洗濯物を乾すこともできるのだとか。

サーキュレーターは上下の温度差を均一化するため、広い部屋のエアコン風が当たらない方向に空気を送りたい場合などに便利。冬の暖房時には、暖かい空気が上に溜まるので特に効果的だそうです。

世界一の高身長国オランダ、要因は遺伝子ではなく栄養?

2016年9月5日 07:02 gettyimages

世界200カ国での調査研究による2014年のデータでは、男性の身長が最も高い国は「オランダ」で、平均男性身長182.5cm。研究者らは医療、衛生、栄養が主な要因であると考えているようです。

オランダはずっと背が高かったわけではなく、以前は平均身長の低い国だったとのこと。"乳製品を毎日のように食べる"といった、栄養や衛生環境などの改善が身長へ影響を与えたとしています。

2014年に発表された「健康な食事」に関する世界ランキングでは、最も栄養価が高く、豊かで健康的な食事を取っている国としてオランダが第一位に。高身長の背景には「健康な食事」も関係しているのかもしれません。

「最近熱っぽい」その症状、ストレスが原因の病気かも

2016年9月4日 19:00 gettyimages

最近寝不足でなんとなく熱っぽい…。もしかするとその症状、精神的ストレスや睡眠不足が原因の「ストレス性高体温症(心因性発熱)」かもしれません。

慢性的なストレスが原因で体温が37度以上の高体温状態が続き、体のだるさ、めまい、悪寒、頭痛などの症状が見られる状態のこと。炎症が原因ではないため、処方された解熱剤でも熱が下がらないといいます。

発熱が続く場合、まずは休養し、たっぷりと睡眠をとるのを心がけると良いそう。物事の優先順位を決めて時間効率を上げ、休む時間を確保することが大切だといいます。

一生の思い出を作る「子どものイベント写真」撮影のコツ

2016年9月4日 19:00 ウーリス

子どもの成長の記録として、記念となる写真はスマホではなくきちんとカメラで残しておきたいもの。パッと見て、いつの写真なのか分かるようにしておくため「入学式」などの看板を隠さないように撮影するといいそうです。

毎回イベントのときに、同じ背景と同じ構図で撮影するというテクニックも。幼い頃撮ったような写真と同じような構図で撮影すれば、成長を比較することができ、大人になってから振り返るのも楽しそうです。

また少し離れたり余白を多めに取ったりして、背景がたくさん入るように撮影すると、場所の魅力がより一層際立つそう。できるだけ背景に人が写らないようにしておくとベストだといいます。

現代人の集中力持続時間は「金魚」以下だった!?

2016年9月4日 15:01 TABI LABO

過去にある企業が、人々の集中力持続時間について検証を行ったところ、2000年頃は平均12秒だったのに対し、2013年は平均8秒まで減少したとのこと。ちなみに金魚の集中力持続時間は9秒だといいます。

また、興味を持った物事から関心を失ってしまうまでのスピードも格段に短くなっていたそう。その一方で、現代人は複数の作業を同時にこなす能力が、昔より向上していると捉えられているようです。

集中力を高めるには、音楽を聞いて「α波」を引き出すことが大切。一般的にクラシックや自然音、ヒーリングミュージックなどを聞くとα波が出るといいます。

続きはアプリで、快適に LINENEWS