小中高生の3割がネットで小遣い稼ぎ 高校生では7〜8割

02.23 22:13amanaimages

ある意識調査で、携帯電話・スマートフォンを持つ小中高生の30.7%がネット上で小遣い稼ぎをした経験があると回答。高校生に限れば、男子で79.6%、女子で68.9%と、ネット上では、大人とは違う"経済圏"が広がっているようです。

内容は「ポイント交換」が76.8%と大半を占めており、中には「経験や知識の販売」「ブログでアフィリエイト収入」と子どもとは思えない方法も。1カ月あたりの金額は、平均で1万855円となっています。

ネットでは「中学生の国家からの独立が始まる」「商魂たくましいなw」など、大人顔負けの方法で稼ぐ子ども達に称賛する声が、多く集まっています。

日テレ「笑点」を8Kで上映 ネットは「なぜそれ?」

02.23 11:10ねとらぼ

日本テレビは、初の8K番組として「笑点」を制作したことを発表しました。8Kは現行ハイビジョンの16倍という高精細の映像です。

番組内容は、通常の「笑点」と同じ演芸コーナーと8Kにちなんだ大喜利。3月8~9日に日テレホールにて開催される日本テレビ技術展「デジテク2016」にて上映されます。

ネットでは、「みんなのしわがきれいに見えるって誰得…」「技術の無駄づかい」などと、なぜ番組を笑点に選んだのかと疑問を呈する人や、「女性が出演する番組がNGになり、消去法で選ばれたのかも」という憶測も。

"春のパン祭り"でフランスが沸く?話題ツイートに疑問の声も

02.22 12:26ナリナリドットコム

ツイッターのあるユーザーが発した、「広告代理店の人に聞いた話ですが、『ヤマザキ春のパン祭り』はフランスで有名らしい。あの白いお皿を作る町は春の大量受注で好景気に沸く」というツイートがネットで話題になっています。

皿の強度も高いらしく、ネットでは「人類絶滅後に日本から発掘される皿の相当数があの皿になんのかな」「こんなに評判良い皿とは」などの反応が寄せられました。

一方、2ちゃんねる初代管理人である西村博之氏は自身のブログで、「気になったので調べてみました」とツイートの真偽を検証し、「作り話の可能性が高い」と結論付けています。

欧米では「コーラが薬」は常識?下痢や吐き気が治るらしい

02.22 11:38amanaimages

カンボジアを旅行中、お腹を下してしまったという筆者は、一緒に観光していたベルギー人から「コーラを飲みなよ」とアドバイスされたそう。半信半疑で試してみると、なんと数時間後には体調は無事回復したそうです。

欧米では、風邪や下痢、胃腸の不良にコーラを飲むのが主流とのこと。一部の国では医者もオススメする治療法でもあるということです。

ネットでは、「ひどい風邪のときにはいい」「けっこう効く」と、実際に調子が悪いときに飲んでいるという人や、「ドクターペッパーの方が効きそう…」という声も。

和歌山の山奥に暮らす"新型ニート"が話題

02.21 11:20amanaimages

和歌山県の山間部で地元の人たちの仕事を手伝いながら、わずかの収入で幸せそうに生活している若者たちを紹介した記事が話題に。「山奥ニート」と呼ばれる彼らは、暮らしの様子をブログなどを使って発信しています。

ひと月の生活費は2万円ほどしかからず、「月に最低5日働けばいい」とのこと。彼らはブログで「バイトをしているけど、やっぱり僕らの精神に一番近いのは『働いたら負け』のニートだ」と語っています。

ネットでは、「都会でニートを続けるよりかよっぽどいい」「こんな生き方もアリだあね」などの好意的な意見や、「月2〜3万で年金とかどうしてるのだろう?」という疑問の声も。

レシピのネット無断転載、料理研究家らが困惑

02.21 10:25amanaimages

料理の材料や調理法を書いた料理研究家らのレシピが、インターネット上のブログなどに無断で転載されるケースが増加。料理教室などで教えたレシピが不特定多数に公開されることに、料理研究家らの間では困惑が広がっています。

レシピは著作権保護の対象にならないケースが多いものの、「プロやメディアが公開したレシピを、一般人が盗作してあたかも自分で開発したかのように掲載している例があまりに多い」との指摘も。

ある弁護士は、「同じものをつくれば誰でも基本的に同じ表現になるだろうという表現物や、頭の中で思いついたアイデア自体は保護の対象にはならない」と説明しています。

知りたいことはSNSで検索 若者たちは友達の言葉を鵜呑みに?

02.20 11:44amanaimages

若者を対象にしたある調査によると、「最近よく利用する検索サービス」はGoogle(33%)がトップで、次いでTwitter(31%)、Instagram(24%)。Googleが61.9%でトップだった大人に比べ、若者はSNSを検索に利用していることがわかりました。

使い分けについては、Twitterは「速報」「検索エンジンでもヒットしない情報」など、"最新の情報"を探すときに利用。Instagramは髪型や洋服、食べ物、観光地など、画像によって情報を得たいときに利用するといいます。

一方、SNSで検索することには問題点も。友人などが情報源である場合が多いSNSについて、若者は友達の言葉とあれば影響されやすく、真偽を確かめることなく信じ込みやすいと指摘されています。

痴漢も青ざめる…まさかの「双方驚く」痴漢捕獲法が話題に

02.20 10:03amanaimages

あるTwitterユーザーが「とんでもない方法で痴漢を捕まえてしまった」という話を紹介。「痴漢も絶句」「私も絶句」というまさかの方法に、ネットでは「すごい」と話題になっています。

最近乗馬をはじめたというこのユーザー。エレベーターを待つ間、お尻に力を入れて締めるトレーニングをしていると、何やらお尻に違和感。振り返ると男の人が硬直しており、その中指がお尻の割れ目で「がっつりホールド」されていたそうです。

ネットでは「すげえ」「予想外の方法すぎてワロタ」「真剣白刃取りかw」といったコメントのほか、「笑い話になってるけど痴漢よくない」という真面目な意見も寄せられました。

写真の「デカ目補正」2000回かけるとどうなる?実験結果が話題

02.19 22:30ねとらぼ

スマホなどでも簡単に行えるようになった写真の「デカ目補正」ですが、2000回繰り返したらどうなるのか。人気テキストサイト「Numeri」のpatoさんが実験した結果が話題となっています。

補正10回を超えた辺りから様子がおかしくなり、回数を重ねるごとに眼球の下側が垂れ下がっていきます。1000回に到達すると目の下に謎のコイン状の物体が発生し、それ以降は全く変化が無くなってしまったとのこと。

目があまり開いていない細目の写真でも実験。中々変化がありませんが、100回を超えるとまぶたの位置に勝手に目を作り始めるというホラーな展開に。500回目で再びコイン状の物体が出現し、その後は変化が止まったといいます。

Facebook「インスタント記事」全メディアへの開放を発表

02.19 21:35RBB TODAY

米Facebookは、「インスタント記事」の機能を全てのメディア媒体各社に提供することを発表しました。4月12日に開催予定のエンジニア向けイベント「F8」にあわせて開始するとのこと。

「インスタント記事」は、Facebookアプリ内のニュースフィード上で、ニュース記事を表示できる機能。通常記事より10倍以上速く読み込まれるほか、動画の自動再生、音声キャプションの埋め込みにも対応します。

広告記事の掲載やバナー等の埋め込みも許可されており、パブリッシャーは収益の100%を得ることができるそう。広告販売を委託することも可能で、その場合は30%がFacebookの取り分になるといいます。

続きはアプリで、快適に LINENEWS