実写の生肉で会話する謎LINEスタンプ「肉くん」登場

10.13 08:38 ねとらぼ

LINEクリエイターズスタンプで、実写の生肉で会話できる謎のLINEスタンプ「肉くん」が発売されました。イラストではなくまさかの全部実写で、完全に"ただの肉"。販売価格は120円(税込)です。

スタンプでは、生肉の「肉くん」がさまざまなポーズで「やあ 肉だよ」などフランクなコミュニケーションを取ってくれます。スタンプは全40種類。

製作者の吉永龍樹さんは「よく審査通ったな…」とコメント。Twitterでは「素敵です、買います」「神スタンプの予感」といった反応が寄せられています。

出版社の定期的な"原稿料&印税0円で書籍化"の依頼に憤り

10.12 22:01 gettyimages

あるTwitterユーザーが、出版社から「貴方の漫画が面白いので原稿料0円印税0円ですけど本出しましょう。宣伝になりますよ!」というメールが定期的にくることを明かし、内心怒っているとツイートしました。

ほかのユーザーからは、「こういうの積極的に晒すべきじゃね?」「それ仕事ちゃうからな…」「お金も禄に払えない出版社に出版されても、宣伝にならない感しかない」といった同調の声が。

その一方で、「別にそれでも出したい人がいれば何の問題もない気がするが。被害者誰もいないじゃん」「"自費出版しませんか?"というオファーよりは喜んでいんじゃね」といった意見もあがっています。

"老化"は想像以上にきつい?若いうちに本を読むべき理由

10.12 20:41 gettyimages

あるTwitterユーザーが4日、「これまでに聞いた、若いうちに本を読んでおいた方が良い理由の中で、一番納得したのは『老眼になると読むのがつらいから』でした」と投稿し、話題になっています。

ほかのユーザーからは、「わかりすぎてつらい」「いままさにそれを実感してます」などの共感の声が。また、「あとね…歳取ると、登場人物覚えてられないし、時間空けて話の後半読むと前半忘れてたりするんだよ…」と、"老化あるある"を展開する人も。

そのほか、「電子書籍は字を大きくできるのがありがたい」「老眼になるとネット(PC画面)しか見えない」など、年を取ることで電子書籍やパソコンの方が見やすくなるという声もあがっています。

アマゾンのコンビニ展開計画 ネットでは"賞賛と期待"の声

10.12 18:56 WSJ日本版

米紙ウォールストリート・ジャーナルは11日、米アマゾン・ドット・コムがコンビニの展開を計画していると報道。具体的には、農産品、牛乳、肉製品など生鮮食品を販売する小規模な実店舗の設置を目指しているといいます。

注文は主に、モバイル端末または店舗周辺に備えるタッチスクリーン端末の利用を想定しているとのこと。また、買い物のスピードを重視する顧客向けには、オンラインで受注した商品を車まで届ける"ドライブイン拠点"を間もなく打ち出す予定だとしています。

ネットでは、「すげーな」「なんでもありだなw」「次から次へとやりよるな」「アメリカでの話とは言え、Amazon手を伸ばしすぎてる…」といった賞賛の声や「日本でもこういうの始まるの期待」などの声もあがっています。

中国で"女性社員と上司のキス"を義務づける会社が問題に

10.12 15:50 amanaimages

中国ではこのたび、男性上司と女性従業員が"キス"することを義務付けている会社の存在が明らかになり、物議を醸す事態に。目的は、従業員同士の絆を深めるためだといいます。

問題となっているのは、ネットに流出した1本の動画。女性従業員が横1列に並んで上司の男性とキスする様子が映し出され、相手によっては一度だけでなく、立て続けに二度、三度とキスを繰り返しています。

中国のネットユーザーからは「これはセクハラじゃ済まされない」「ここまで来ると何かの怪しい宗教と同じだろ」などの声が。また、欧米でも「嘆かわしい」「悪夢だ」といった批判の声があがっているようです。

男性だらけのサークルに女性が入った結果→サークル壊滅

10.12 15:26 amanaimages

あるTwitterユーザーが昔、バイクのツーリングサークルに所属し、定期的に旅行に行ったりしていたそう。メンバーは男ばかりだったそうですが、ある日若い女性が加入。その半年後にサークルは壊滅したと投稿し話題に。

投稿者は、女性が悪かったというわけではなく「男女間の友情を成立させることができない人間が多かったってだけの話です」と綴っています。

ネットでは「女性がいると途端にギラギラする人いるからなあ」「これは下心が露骨にでちゃって駄目なパターンか」と納得する声が寄せられる一方「女ばかりの趣味の集まりに男が参加して崩壊するパターンはあまり聞かない」という声も。

ケンタッキーの公式Web動画がカオス過ぎると話題に

10.12 12:39 R25

日本ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が3日に新商品の発売を記念したWeb動画「TARESSENCE(タレッセンス)」を公開。その内容がネットでは"迷作"と話題になっています。

動画は「80年代の音楽や映像の合成技術などを忠実に再現し、その世界観を現代の最新デバイスで体験することを目指した」という内容。当時のMVや映画でよく見られたような映像をVHS画質で組み合わせるなど、こだわりがみられます。

ネットでは「公式が病気すぎるw」「クソワロタwケンタッキーどうしたww」という声の一方で「あまりのくどすぎるインパクトに試聴後なにも残らない(原文ママ)」「動画1分すぎたあたりから苦痛だった(笑)」という感想も。

1万円じゃムリ…?「ケンタギドラ」作者、依頼に悲鳴

ネットで話題になったケンタッキーフライドチキンの骨で作りあげた「キングギドラ」の骨格「ケンタギドラ」。その作者がテレビ番組の制作会社から作成依頼があったことをTwitterで明かし、その内容が話題になっています。

制作会社からクイズ番組で使用したいとオファーがあり、制作費については「大変恐縮ですが一律1万円で御相談をさせて頂いております」と記載。作者は「俺の技術はそんなもんか。悔しくて涙が出る」と心境を告白しました。

ネットでは「いくらなんでも安すぎだろ?職人を舐めている」「1万円じゃ材料費にもならない気がする」と作者に同情する声の一方「正直なところ、1万円でと頼まれて『オレの技術は1万円にしかならんのか』となる心理は理解できない」という声も。

「新人社員が4時間で退職した」 報告ツイートが話題に

10.11 14:10 amanaimages

Twitterで、「平成28年9月28日に入社してから4時間もの長きに渡り当社に貢献してくれた事務職女性の退職が決まって職場が騒然としております」という報告がネットで話題になっています。

このツイートに、「なんの冗談。。。」と驚く人や、「よっぽど酷い職場だったか、雇用時の説明に嘘があったか。どっちだろう」と勘ぐる人も。さらには、「入社日8時半に始業、10時の休憩でそのまま帰って二度と帰ってこなかった弊社の新人より頑張ったである」という声も。

名古屋で見られる「右折フェイント」に旅行者ら恐怖

10.11 09:55 amanaimages

ある交通ジャーナリストが、各地方の道路で見られる「独自ルール」について解説。右折車線を走行し、交差点直前で直進車線に戻る「右折フェイント」は名古屋のごく一部で見られ、他県からの旅行者や転勤者は恐怖に感じているといいます。

同ジャーナリストは、こうした独自ルールについて、「"便利なルール"として(地元に)根付いてしまっていることが問題」と指摘。改善には、「自治体や警察が中心になって、継続的に訴えるしかありません」と語っています。

ネットでは、「愛知に住んでた頃右折フェイント結構やられたわ」という経験談や、「名古屋のドライバーは運転がうまいんだと思う これでも成立してる」という声も。

続きはアプリで、快適に LINENEWS