JR新潟駅の"乗換案内ボイス"にドキッとする紳士続出

JR新潟駅の新幹線乗換アナウンスが色っぽいと話題に。「艶のある美声」「ドキドキした」などともだえる男性を続出させています。

声の主は声優の誠樹ふぁんさん。美声声優として知られており、催眠音声、成人向けゲームの声優といった幅広いジャンルで活躍しています。

声の正体に気づいたファンからは「どおりで新潟駅行くとドキドキしたはずだ…」「遠いけど行ってみる!」などと悶絶の声。また、正体に気づいていない人からも「すごく可愛くてセクシーなアナウンス」などと称賛されています。

「キーボードを叩く音がうるさい」匿名ブログに共感集まる

11.26 09:40 amanaimages

24日、はてな匿名ダイアリーに寄せられた「キーボードの打鍵音がうるさい君へ届けこの思い」という投稿が話題に。投稿者は職場の同期のキーボードを叩く音が不快だと綴り、特にEnterキー入力時の「ッターン!」 という音が最も嫌だと嘆いています。

この投稿にネット上では共感の声が続出。「前職に机が揺れるほど キーボード叩いて振動がこっちまで伝わってくるのが辛くて当時の上長に席変えて貰うよう直談判したことある」「これがストレスで会社辞めた」など経験談が多数寄せられています。

一方で、「気にしすぎ」との指摘も。そのほか「仕事できない人が鳴らす打鍵音は5割増しでうるさく感じる説」「先日そんな感じの同僚がついにエンターキーを壊しましたよ」など、様々な声があがっています。

環境省が萌えキャラを募集 ネットは「白ける」の声

11.26 07:30 R25

環境省が、地球温暖化対策のための"賢い選択"を促す国民運動「COOL CHOICE」の認知度向上を目的として、11月21日より"萌えキャラ"のデザインの募集を開始しました。

キャラクターのコンセプトは、ぐうたらで不摂生な女子高生「君野イマ」と、パラレルワールドからあらわれた知的でしっかり者の「君野ミライ」。採用されたデザインは3D化され、COOL CHOICEに関する普及活動など様々な場面で活用されるとのこと。

これについて、ネットでは「白けちゃう」「環境省は萌えキャラがターゲットとしている層をわかってやってるんだろうか」など疑問の声。一方で「同時に脚本も募集して、ストーリーに対する付加価値を加えたらどうかな?」と賛成派の意見もありました。

田舎は大学より"出身高校"が重視される?ツイートが話題

11.25 19:55 amanaimages

結婚を機に地方に移住したというある女性が、出身大学は尋ねられないのに「どこの高校出身?」と聞かれることに驚いたことをツイート。ネット上で話題を呼んでいます。

ツイートを見たユーザーからは「地元みたい」「田舎って高校を見るよな―確かに」「高校が超重要。特に高齢の方たちの中では」など共感の声が続々。中には地元の銀行は"出身高校"によって面接を飛ばせると明かす人も。

田舎での"高校重視"については以前からネット上で議論されているといい、ある人は、地方では上位の公立高校と比較できる私立がなく、成績順で高校に入っていくと説明。そのため、「大学で比べるより、高校で大体の目安にする方が簡単で誰にでもわかる」としています。

「恋愛が面倒」な若者が急増?NHK番組の特集内容が話題

11.25 19:44 amanaimages

24日放送のNHK「クローズアップ現代+」では、「恋人いらないってホント?出現!"いきなり結婚族"」とする特集を放送。「恋愛が面倒」「セックスを嫌悪している」といった若者が急増していると伝え、ネット上で話題になっています。

恋愛プロセスを飛ばして「いきなり結婚」を目指す若者もいるとする指摘も。番組では、契約結婚をテーマにしたTBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」を取り上げ、原作を連載する漫画家・海野つなみ氏も登場。

ネット上では、「『恋愛』の先に『結婚』があるってのが、前の世代までが見ていた共同幻想に過ぎない」「『恋愛は皆がするもの』という認識が間違っていただけ」といった声のほか、「別に恋愛結婚を否定している訳ではない気がする」とする見方も。

両者動かない剣道動画に素人「何もしてない」 専門家は絶賛

11.25 11:56 J-CASTニュース

竹刀を構えたまま、お互いに一切動かず終了した剣道の試合の動画が注目を集めています。80代と70代の、いずれも7段の高段者同士の試合。激しい打ち合いが繰り広げられるのかと思いきや、2人はほとんど動かず、引き分けに終わりました。

この動画に素人からは「何もしてねえじゃねえかw」「真面目にやってるんだよね?」と理解できないという声が多数。一方で、「こんなにレベル高い勝負はなかなか見られない」「先に動いた方が負けるってやつだな」といった意見も。

なお試合が行われた埼玉県入間市の剣道連盟の荒井恵久会長は、J-CASTニュースの取材に「良いものを見せてもらったな、という思いです」と振り返っています。

スカイツリーが雪で消失?「イリュージョンだ」と驚きの声

11.25 09:03 ねとらぼ

あるTwitterユーザーが、初雪となった11月24日の朝に撮影されたという「スカイツリーが消えた」写真を投稿。普段は見えているはずの場所から完全に消えており、「すごい」「イリュージョンだ!」「スカイツリーが行方不明に」と驚きの声があがっています。

同じアングルで別日に撮影されたものと比較すると、まるで写真を加工したかのように周囲の建物群を残して、見事にスカイツリーだけが消えているのがわかります。

一方で「距離の問題だなぁ」という指摘も。スカイツリーは普段、その高さのおかげであらゆる場所から見えていますが、実際には周囲に見える建物よりもかなり遠くに位置しているため、雨や雪によっては霞んで見えなくなることがあるようです。

日本の大学生、大丈夫?雪で「自主休講」ツイート続出

11.24 22:52 J-CASTニュース

24日、関東甲信越で雪が降り、11月に東京都心で初雪が観測されたのは1962年以来、54年ぶり。 異例の初雪を受けTwitter上では、よほど大学を休みたがる学生が多いのか「自主休講」がトレンドになってしまいました。

自主休講とは、大学等の講義を自分の都合で欠席すること。人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」になぞらえて「自主休講は恥だが役に立つ」と投稿するなど、この日は雪を理由に講義を休むことにしたと宣言する人が続出しました。

しかし自主休講の多くは「サボリ」要素が強いこともあり、同ワードがトレンド入りすると「自主休講がトレンド入りするとか日本の大学生やばい」「日本の学生大丈夫なんですかね...」といった声が多くあがりました。

外務省の"やわらかツイート"、内容がやわらかくないとの声

11.24 22:24 amanaimages

Twitterの外務省アカウント「外務省やわらかツイート」が24日、都心で降った54年ぶりの雪に乗じてツイート。語った内容が"ちっともやわらかくない"と話題になっています。

都心で11月に初雪が降るのは1962年以来ということで、1962年の出来事を紹介。そこでは「キューバ危機」を取り上げ、「米ソ間の対立が核戦争にまで発展しかねないという緊張感が一気に高まった」などといったツイートをしています。

これに対しTwitter上では「やわらかとは」「内容がやわらかくない、外務省やわらかツイート」「全然柔らかくない」といった声が多くあがっています。

なぜ?気象庁の研究者がTwitterで"雪の結晶写真"を募集

11.24 20:20 amanaimages

東京都内で初雪を観測した24日、Twitterで気象庁の研究者・荒木健太郎氏が"雪の結晶の写真"を募るツイートをし話題になっています。

荒木氏は「#関東雪結晶のタグ付きで撮影時間・場所などいれて投稿いただけると嬉しいです」と、結晶の一覧画像と共にツイート。スマホで撮影できることから、関東地方にいる多くのユーザーから「#関東雪結晶」のハッシュタグとともに、写真が次々と投稿されました。

なお、雪の結晶を集めたのは、研究のためとのこと。雪の結晶が、雪を降らせる雲の構造などを理解する上で重要だと分かってきたものの、関東甲信地方は積雪を観測できる地点が少なく、雪の結晶のデータがほとんど無いため研究が進んでいなかったそうです。

続きはアプリで、快適に LINENEWS