"三太郎"新CMの着信音に賛否の声「ならさんといて」

2018年3月15日 08:32 J-CASTニュース

auの人気CM「三太郎」シリーズ。3月9日から放送されている「着信音」編では、出演者が、突如鳴るiPhoneの着信音にあわせて踊るという内容となっています。楽しげな様子に、Twitterでは「auの突然踊り出すCM楽しすぎて着信音あの音に変えた」と好意的な意見も出ているものの、CMで着信音を使うことに対して否定的な意見もあがっています。

Twitterでは「実際に鳴ったのかと思って その度にいちいち反応してしまう」「CMで着信音ならさんといてくれ」といった声も。また、この着信音については、CM放送以前から「最近のホラー映画やゲームよりも、iPhoneの着信音の方が怖いですよね」「iPhoneの着信音怖い。他人のが鳴っても ドキッとする」など"怖い"と感じる意見があがっていました。

ドイツ国旗の黄色、実は金色だった 駐日ドイツ大使館の投稿が話題

2018年3月14日 20:52 gettyimages

駐日ドイツ大使館が9日、Twitterでドイツ国旗の色について「皆さんドイツ国旗の色、ご存知ですか?上から黒・赤・金(黄色ではないんですよ!)です」と投稿し、ネット上で話題になっています。投稿では続けて「170年前の今日である1848年3月9日、当時のドイツ連邦が黒・赤・金(黄色ではない)に決定しました」と説明。

Twitterでは「ずっと、黄色だと思ってた!」「私も初めて知りました…」といった声が寄せられています。「世界の国旗図鑑」によると、ドイツ国旗の黒・赤・金は、19世紀始めのナポレオン率いるフランス軍との戦いに参戦した学生義勇軍の黒いマント、赤い肩章、金ボタンに由来し、自由と統一の象徴とされているとのこと。それぞれ「勤勉」「情熱」「名誉」を表しているといいます。

打ち込んだテキストが街になる「君の街フォント」に絶賛の声

2018年3月14日 19:40 ねとらぼ

打ち込んだテキストが"街"になるという「君の街フォント」が「すてき!」「実際に使ってみたい」と注目を集めています。どのアルファベットも"家"をモチーフにしたデザインになっており、例えば「I」なら縦長のビルのような家、「U」なら真ん中がくぼんだ家、といった具合に可愛くコミカルな形にアレンジされています。

また「子音」が屋根、「母音」が土台になっており、例えば「き」なら、「K」と「I」の組み合わせで、屋根から煙突がつき出た建物になります。製作者はMiRO(@miro_mocmoc)さんで、多摩美術大学の作品展「できごとのかたち展」にて展示したもの。Twitterでは、手紙のデコレーションにしたいといった意見もありました。

"立体的に見えるかもしれない絵"が話題に「混乱しております!」

2018年3月14日 17:20 ねとらぼ

漫画家・イラストレーターの水鳥なやさん(@mina_naya)がTwitterに投稿した、"立体的に見えるかもしれない絵"が「見えるかもしれない」どころじゃないと大変な人気になっています。公開されている絵は4作品で、その内3作品はノートの見開き2ページに渡ってイラストを描き、ノートを少し閉じて一定の角度から見ることで立体的に見える仕組みとなっています。

残りの1作品は、タブレットの上に切り絵を配置する仕組み。まるで魔方陣から召喚されて飛び出してきたかのような構図で、ホログラム映像と見紛うほどの立体感になっています。これらの作品にネット上では、「どこまで絵でどこから立体なのか混乱する」「すげぇクオリティー」「混乱しております!」といった声があがっていました。

作品は過去にも話題になっており、あまりの出来栄えに見惚れてしまう人や驚きの声をあげる人が続出していました。

稲村亜美の始球式で"騒動"、主催連盟のHPが改ざん被害

2018年3月14日 14:28 J-CASTニュース

タレント・稲村亜美の始球式をめぐる騒動で揺れる「日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟」の公式サイトが、何者かによって改ざんされたことが分かりました。13日夜に、サイト上に「誹謗中傷につきまして」と題した文書が無断で掲載されたとのこと。

文書では「現在、多数の関係者様への誹謗中傷がなされています」として、特定の法律事務所に対応を依頼したと説明。その上で、「悪質なものにつきましては法的手段をとります。皆様のご理解をよろしくお願いいたします」と伝えていました。連盟側は14日昼に指摘を受けて文書の存在を把握し、早急に削除。今回の改ざんに対しての対応は「検討中」としています。

NHK「プロフェッショナル」にHIKAKINら出演へ

2018年3月14日 13:53 ITmedia NEWS

NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」の3月19日放送分に、YouTuberのHIKAKINや、プロゲーマーの梅原大吾氏が出演します。放送はNHK総合テレビで19日午後7時半から。

テーマは「時代が生み出した新しい仕事のプロたち」で、73分の拡大スペシャル版。新しい仕事の代名詞とも言えるYouTuberを代表し、日本トップYouTuberのHIKAKINにテレビとして初密着するほか、日本人として初めてプロゲーマーとなった梅原氏にも取材。ビッグデータの分析者「データサイエンティスト」なども取り上げます。

「魔法中年」が世界を救う!? 予告編風の漫画に反響

2018年3月14日 13:53 ねとらぼ

Twitterに投稿された、魔界からの世界征服に対し「魔法中年」なる熟年男性たちが立ち向かうという、予告編風の漫画が話題です。同作を手掛けたのは、漫画家の稲荷家房之介(@inariya_fusa)さん。「かっこいいです!!」「続きが見たい」といったメッセージが寄せられています。

「部長」なるスーツ姿の熟年男性キャラは、ライトセイバーのごとく発光する傘を持ち、目の前に魔法陣を発生させています。さらに、なにやらカッコいいポーズを決めている「課長」や、ふぐの競り中に激戦の予感を察知する魚屋さんまでもが登場。先の展開が気になりますが、稲荷家さんは「時間を作ってちょっとづつ続きを描いていきたい」としています。

「樹脂で作ったクジラ」美しさに惹かれる人続出 海外にも拡散

2018年3月14日 11:27 ねとらぼ

造形作家・山田勇魚さんによる"樹脂で作ったクジラ"に魅了される人が続出。山田さんの紹介ツイートが拡散され、海外のTwitterアカウントでも紹介されています。

透明なブルーのボディが特徴の樹脂製のクジラ。作品名は、山田さんが2016年1月に東京藝術大学修了展で発表した「輪廻」です。透明樹脂でつくられた6頭のクジラの内部に、六道輪廻の世界観を表現したそうです。

クジラの中にはそれぞれ別のものが沈んでおり、それぞれ意味も異なるそう。廃艦が沈んだクジラは、「多くの戦没者と共に沈んだ戦艦の魂が、鯨の姿となって港に帰っていくというストーリーで【帰港】というタイトルをつけました」とのことです。

就活ファッション?"同じ格好"の女性たちの写真が話題に

2018年3月14日 09:06 amanaimages

「ベージュのトレンチコートを着たポニーテールの女が沢山いて怖い」とのつぶやきとともにTwitterに投稿された1枚の写真が、「クローンか?」「怖すぎる」などと話題になっています。横断歩道を渡っている7人の女性全員が同じような格好をしており、大手化粧品メーカー「コーセー」の施設が付近にあることから、"就活ファッション"ではないかとの指摘もありました。(画像はイメージ)

コーセー広報によると、現在同社は総合職の採用説明会を行っており、写真の女性たちが説明会の参加者である可能性は高いとのこと。ただし、就活ファッションについては指示しておらず、「同じような服装でなければ不利だと考える人がいるとしたら、それは当社の考えとは矛盾しています」と述べています。

「女の子とロボット」の交流を描いた不思議な世界観の漫画が話題

2018年3月13日 22:20 ねとらぼ

レトロな食堂で女の子とロボットが出会う、不思議な漫画の世界観に引き込まれる人が続出しています。投稿者は、Twitterでイラストなどを公開している山北東(@north_mountain9)さん。作品では「今日は絶対ラーメン食べる」と心に決めた女の子が、昭和な雰囲気を感じる食堂にやってきますが、疲れから間違えて「工業用油 800ml」の食券を購入してしまいます。

女の子が落ち込んでいると、ロボットが「ぼくもまちがえて買っちゃって。よかったら交換しませんか」とみそラーメンの食券を見せてくれました。「ありがとうございます」と感謝する女の子は、泣きながらラーメンをかみしめていました。Twitterでは「松本零士さんが描きそうな話」「ロボットは女の子のためにわざと間違えてラーメンの食券を買ったのでは?」などの声があがっています。

続きはアプリで、快適に LINENEWS