cat_7_issue_internets @linenews_0_02332f694837_Googleマップナビの声を担当していたお姉さんが引退 02332f694837 0

Googleマップナビの声を担当していたお姉さんが引退

2016年5月16日 12:01 AppBank

「Googleマップの声が変わった」と気付きましたか?今まで女性の声だったのが人工音声に変更されました。

これまで案内してくれていた声の主は、通訳やナレーション、インバウンド向けのガイドなど仕事をされている野口美穂さん。今回、契約終了に伴いTwitter上で同アプリのユーザーに向け感謝メッセージを動画で投稿しています。

ネットでも大反響で、多くの感謝の声や応援が、野口さんのもとに寄せられました。また、その美貌に対して意外といった声もあがっており、それに「お世辞でも嬉しい☆*:.。. o(≧▽≦)o」といった回答も。

cat_7_issue_internets @linenews_0_0692e5d0df28_リラックスしたカピバラさんがおっさんみたいと話題に 0692e5d0df28 0

リラックスしたカピバラさんがおっさんみたいと話題に

2016年5月16日 11:53 ねとらぼ

長崎県西海市の長崎バイオパークが、だらけきったカピバラの姿を公式Twitterで公開し、1日で1万2000リツイートされるなど話題になっています。

「※カピバラだと思います。」と困惑気味のコメント共に、カピバラが完全に真上を向いて大股をおっぴろげる姿が投稿されています。

Twitterには「どこのオッサン?」「溶けてるw」などのコメントが相次いだほか「お腹には毛がはえてないんですね!」と普段見られないカピバラのお腹に興味を示す人も現れました。

cat_7_issue_internets @linenews_0_2982197de81c_15歳少年が古代都市を発見→"間違い濃厚"も称賛相次ぐ 2982197de81c 0

15歳少年が古代都市を発見→"間違い濃厚"も称賛相次ぐ

2016年5月16日 11:46 amanaimages

カナダの15歳少年が星座の位置から未発見のマヤ文明都市を発見し、カナダ宇宙庁や大学教授の後押しも手伝ってネット上では大きな話題に。しかし、他の専門家からは「ありえない」と否定されてしまいました。

否定した専門家は、「ロールシャッハテストみたいなやり方だ。だって土地がどこにでもあるように、星だってどこにでもあるんだから」と指摘。また、衛星写真から「都市」を見ると、今は使われていないトウモロコシ畑のようだといいます。

しかし、15歳の少年が自分の好奇心と行動力で研究を進めたことには学者たちも感心。ネット上でも残念という声とともに、「少年が頑張ったのは事実」「仮説立てて検証する事と行動力がすごいんだよ」と少年を称賛するコメントが相次いでいます。

cat_7_issue_internets @linenews_0_08375a38b1df_"法大チクワ部" アメフト監督のチクワ売りつけ問題が話題 08375a38b1df 0

"法大チクワ部" アメフト監督のチクワ売りつけ問題が話題

2016年5月15日 17:47 R25

強豪・法政大学アメフト部の監督が練習後、部員らに対し「チクワや缶詰などを食事として数百円で売っていた疑い」があると報じられ、ネットで話題を呼んでいます。

監督から部員への食品購入は「強制に近いものだった」との証言も出ており、部員が「食べたくない」と断ると、監督の機嫌が悪くなることもあったといいます。

ネットでは「不謹慎なことにクスッと笑ってしまう」「なぜちくわ?」などの声。また、「アメフト部じゃなくてチクワ部」「これが本当のちくわ部」など、おでんの具の"ちくわぶ"をかけて遊ぶ人が続出しています。

cat_7_issue_internets @linenews_0_a635f64fed22_Apple系ライターが内幕を暴露 "ポエマー優遇"を痛烈批判 a635f64fed22 0

Apple系ライターが内幕を暴露 "ポエマー優遇"を痛烈批判

2016年5月15日 16:17 gettyimages

30年近く続けていたWWDCの取材をAppleに拒否され、Twitterで"廃業宣言"をしたフリーライターの矢作晃氏が業界の内幕を暴露。注目を集めています。

中でも、Apple広報部が作成する報道関係者リストの最上位層「ティアワン」への優遇が話題。ビジネスクラスの航空券が提供されたり、発表前の製品が貸し出されるといい、日本のライターも5人いるとのことですが、書かれる記事は"ポエム"との批判も多く寄せられています。

ネットでは「いいポエムを書かないと取材許可が下りないとは過酷」「メーカー取材ものってこういうのついて回るよね」などの声。「まず叩くべき相手はポエム作家じゃなくてApple」という指摘もあがっています。

cat_7_issue_internets @linenews_0_76f4f727c0f7_"脱ゆとり"にゆとり世代から怒り噴出「失敗作じゃない」 76f4f727c0f7 0

"脱ゆとり"にゆとり世代から怒り噴出「失敗作じゃない」

2016年5月15日 16:13 R25

馳浩文科相が10日、「ゆとり教育を全否定するものではない」とした上で、「ゆとり教育と決別する」と発言。これに対し、"ゆとり世代"と思われるユーザーから、不快感をあらわにする声が続出しています。

Twitter上では「失敗作扱いするんだったら無償で教育し直してくれ」「わたしたちは欠陥品ってことよな」「私はゆとり教育好きだけど、別に望んで受けた訳じゃない」などの声。

さらに、"決別"や"再生"などの表現を使うことは失礼とし、「教育を受けた生徒や施した学校が失敗なんじゃない。失敗したのは政府や文科省の政策です」といった声も投稿されています。

cat_7_issue_internets @linenews_0_53fa0b8fe3a4_USJと間違う人も...派手すぎる"大阪のゴミ処理場"が話題 53fa0b8fe3a4 0

USJと間違う人も...派手すぎる"大阪のゴミ処理場"が話題

2016年5月14日 17:10 Jタウンネット

Twitterで5月8日、義父が大阪のゴミ処理場を「USJ」と間違えるという内容のツイートが投稿され話題に。建物の外観があまりに派手すぎるため、投稿者も「あんなの間違えて当然だ」と、付け加えています。

話題となったのは「大阪市環境局舞洲工場」。カラフルな外観は、オーストリアの芸術家、フンデルト・ヴァッサー氏のデザインによるもの。同氏は、画家であると共に建築家でもあり、自然と調和した建築をめざしていたと言います。

ネット上では、「なんだ、このSF映画みたいな建物は」「え。これ、ゴミ処理場なの?」「派手だね〜」といった声のほか、「この間、間違えて降りたところだwwww」などの声も。

cat_7_issue_internets @linenews_0_d527bf7f072f_TL戦慄…隣室からの騒音に抗議→実は空室だった d527bf7f072f 0

TL戦慄…隣室からの騒音に抗議→実は空室だった

2016年5月14日 13:11 amanaimages

あるTwitterユーザーが隣室からの騒音などで抗議しようと思ったところ、まさかの恐怖体験をしたとネットで話題になっています。

隣室からギター音や、女性の声に嫌気がさした投稿者が抗議しようと大家に電話。しかし、隣室は誰も住んでおらず空室とのこと。投稿者は隣人と挨拶したこともあり「冗談抜きで怖い」とツイート。

ネットでは「突然のホラー展開わろたwww」「落ちが怖すぎるんですけど」など怖がる一方で、「過去の合い鍵」「誰か勝手に合カギ作って住んでない?」など不法侵入では?という声も寄せられています。

cat_7_issue_internets @linenews_0_a9bf02e97610_「13日の金曜日」に「仏滅」重なり、ネットがお祭り騒ぎ a9bf02e97610 0

「13日の金曜日」に「仏滅」重なり、ネットがお祭り騒ぎ

2016年5月14日 12:01 シネマトゥデイ

殺人鬼ジェイソンが有名な映画「13日の金曜日」。今年の5月13日はまさに"13日の金曜日"でしかも仏滅と重なりました。これは3年に1回あるかないかという偶然。Twitter上ではちょっとしたお祭り騒ぎになりました。

芸人の厚切りジェイソンは自身のTwitterで、おなじみのホッケーマスクと共に「さー」とツイート。フォロワーから「待ってました♪」「おめでとうございます。厚切りジェイソンさんの日ですね」と反応が寄せられました。

また、ワーナー ブラザース ジャパンはジェイソンの写真と共に「この日を待ってた」とツイート。人気アニメ「おそ松さん」では松野一松がジェイソンにふんした回があったため、一松ジェイソンのイラストも多く登場しました。

cat_7_issue_internets @linenews_0_c5d2e94781f1_ある男性がTwitterを退会した理由が「恐ろしい」と話題 c5d2e94781f1 0

ある男性がTwitterを退会した理由が「恐ろしい」と話題

2016年5月13日 21:59 gettyimages

彼女に内緒でTwitter上で女性と連絡を取り合っていた男性が、Twitterを退会した理由が「恐ろしい」とネット上で話題となっています。

彼女に連絡を取っている相手を「誰?知り合い?」と問い詰められるも、「職場の同僚」と嘘を付いていた男性。しかし、実はその相手は彼女が管理する"42番目"のサブアカウントで、浮気の意思が完全に筒抜けだったとのこと。

ネット上では、「怖すぎでしょ」「こういう話聞くと女性恐怖症になりそうで怖い」「ツイッターじゃなくこの彼女と終わらせたいw」「もう何も信じられねぇ・・・」といった声が寄せられました。

続きはアプリで、快適に LINENEWS