cat_21_issue_horse-race @linenews_0_bf0810874b26_ニコニコ生放送で大井競馬場の全レースを生中継へ bf0810874b26 bf0810874b26 ニコニコ生放送で大井競馬場の全レースを生中継へ @linenews 0

ニコニコ生放送で大井競馬場の全レースを生中継へ

2016年5月10日 21:58 amanaimages

ドワンゴは18日より、「ニコニコ生放送」にて大井競馬場で開催される競馬レースを生中継すると発表しました。6月27日からは実況中継付きで全レースを生中継。

レース中継の画面上にコメントをリアルタイムに書き込んで応援できるのが特徴で、従来の動画配信とは異なるニコ生ならではのレース観戦が可能になるといいます。

これに合わせて「ニコニコ競馬チャンネル」が開設。レースの中継に加え、注目レースの予想番組、競走馬のセリの中継をはじめとした競馬関連番組の配信を行う予定です。

cat_21_issue_horse-race @linenews_0_4aa13ddc7c02_NHKマイルC メジャーエンブレム圧勝、2度目のG1V 4aa13ddc7c02 4aa13ddc7c02 NHKマイルC メジャーエンブレム圧勝、2度目のG1V @linenews 0

NHKマイルC メジャーエンブレム圧勝、2度目のG1V

2016年5月8日 16:44 スポニチ

「第21回NHKマイルカップ」が8日、東京競馬場11Rで行われ、ルメール騎手騎乗の1番人気、メジャーエンブレムが逃げ切って圧勝しました。勝ち時計は1分32秒8。

バラついたスタートからメジャーエンブレムが先行すると、直線半ばで後続馬を引き離し、見事な圧勝劇を披露。2015年12月の阪神ジュベナイルフィリーズに続く通算2度目のG1制覇で、全成績は7戦5勝、重賞は3勝となっています。

cat_21_issue_horse-race @linenews_0_cb60590ec077_武豊騎乗のラニは9着 米G1ケンタッキーダービー cb60590ec077 cb60590ec077 武豊騎乗のラニは9着 米G1ケンタッキーダービー @linenews 0

武豊騎乗のラニは9着 米G1ケンタッキーダービー

2016年5月8日 09:40 スポニチ

米国競馬の3冠レース第1戦、第142回ケンタッキーダービー(G1、ダート2000メートル)が7日、ケンタッキー州のチャーチルダウンズ競馬場で行われ、1番人気のナイキスト(牡3)が制しました。日本から参戦した武豊騎乗のラニ(同)は9着。

後方から5番目の外でレースを進め、4角では大外から脚を伸ばすも「最後はさすがに脚が止まった」と武。「想定していた通りのレースになったけど、スピード負けだね完全に」と振り返りました。

ラニは3月26日に行われたドバイ国際競走のUAEダービー(G2、ダート1900メートル)に参戦し、日本馬として初めて勝利していました。

cat_21_issue_horse-race @linenews_0_86f2d5c708d5_桜花賞馬ジュエラーが骨折 オークスでの2冠の夢散る 86f2d5c708d5 86f2d5c708d5 桜花賞馬ジュエラーが骨折 オークスでの2冠の夢散る @linenews 0

桜花賞馬ジュエラーが骨折 オークスでの2冠の夢散る

2016年5月5日 13:10 デイリースポーツ

4月10日に行われた桜花賞をミルコ・デムーロ騎手とのコンビで制したジュエラー(牝3歳)が、左前脚の第1指骨を剥離骨折したことが分かりました。

藤岡健一調教師は「きのう(4日)の調教後に歩様が乱れました。残念ですがオークスには出られません」と説明。全治には3カ月を要する見込み。

同馬は2015年11月に京都でデビュー。桜花賞では、シンハライトとのゴール前の激戦を2センチ差で制して1着に。22日に開催されるオークスでの2冠制覇が期待されていました。

cat_21_issue_horse-race @linenews_0_4705ae4f2880_サブちゃん、愛馬Vで武豊にムチャぶり 「まつり」熱唱も 4705ae4f2880 4705ae4f2880 サブちゃん、愛馬Vで武豊にムチャぶり 「まつり」熱唱も @linenews 0

サブちゃん、愛馬Vで武豊にムチャぶり 「まつり」熱唱も

2016年5月1日 17:00 デイリースポーツ

1日の天皇賞・春は、2番人気のキタサンブラックが、脅威の粘りで逃げ切り勝ち。勝利者インタビューのお立ち台にとともに上がった北島三郎オーナーは「オレは歌わないけど、ここはユタカ君が歌いますので…」とムチャぶり 。

武豊騎手は「いやいや、それは無理ですから」と両手を広げて焦った様子を見せました。結局は北島が観客の手拍子に合わせて「まつり」のワンフレーズを熱唱。京都競馬場は大いに盛り上がりました。

北島は「涙が出ます。本当に皆さんありがとうございました」と、喜びを表していました。

cat_21_issue_horse-race @linenews_0_32913685a834_キタサンブラックが天皇賞・春を制す サブちゃん歓喜 32913685a834 32913685a834 キタサンブラックが天皇賞・春を制す サブちゃん歓喜 @linenews 0

キタサンブラックが天皇賞・春を制す サブちゃん歓喜

2016年5月1日 16:18 共同通信

「第153回天皇賞・春」が1日、京都競馬場で行われ、武豊騎手騎乗のキタサンブラックが制しました。同馬は演歌の大御所・北島三郎の持ち馬(名義は大野商事)。北島はこれで2度目のG1制覇です。(写真は2015年10月)

"平成の盾男"武豊はこのレース7勝目。好スタートからハナを奪ったキタサンは、そのまま先頭をキープして直線へ。一度はカレンミロティックに差されるも、もう一度差し返し、ハナ差の接戦を制しました。

鼻差の2着は13番人気のカレンミロティック、3着は3番人気のシュヴァルグランが入りました。

cat_21_issue_horse-race @linenews_0_bf5839ffd703_菜七子が待望のJRA2勝目!後方からの差し切りV bf5839ffd703 bf5839ffd703 菜七子が待望のJRA2勝目!後方からの差し切りV @linenews 0

菜七子が待望のJRA2勝目!後方からの差し切りV

2016年4月30日 18:33 東スポ

新人女性騎手の藤田菜七子が30日、東京競馬場の8Rで待望のJRA2勝目を挙げました。

レースは前走からコンビを組むリンガスヴィグラスでの差し切りV。後方2番手からメンバー最速の脚で豪快に突き抜けました。

レース後には、「前走よりは良かったが、やはりスタートはゆっくり。それでも東京だし、後ろからゆっくり行くという気持ちで乗りました」「東京で勝てて本当にうれしいです」と語り、菜七子スマイルを見せています。

cat_21_issue_horse-race @linenews_0_57a8e56d733a_菜七子、東京1Rで落馬 頭部打撲などで騎乗見合わせ 57a8e56d733a 57a8e56d733a 菜七子、東京1Rで落馬 頭部打撲などで騎乗見合わせ @linenews 0

菜七子、東京1Rで落馬 頭部打撲などで騎乗見合わせ

2016年4月23日 13:07 スポニチ

注目のJRA新人女性騎手・藤田菜七子が23日、東京1Rでエレナバレーに騎乗。3コーナーで落馬するアクシデントに見舞われました。土曜は計7鞍に騎乗予定でしたが、4R以降の騎乗は見合わせることに。

落馬後は自力で医務室へ。右腕を痛がっていたため、レントゲン検査を受けた結果、右上腕三頭筋損傷、頭部打撲と診断されました。

藤田は13日に船橋で落馬も、中央では初の落馬。この日が東京初騎乗で「東京は楽しみにしていました」と目を輝かせていましたが、ほろ苦い東京デビューとなりました。

cat_21_issue_horse-race @linenews_0_9868076c0803_JRA騎手、熊本地震の犠牲者に黙とう 9868076c0803 9868076c0803 JRA騎手、熊本地震の犠牲者に黙とう @linenews 0

JRA騎手、熊本地震の犠牲者に黙とう

2016年4月23日 12:12 東スポ

23日朝、開催中のJRA3場(東京、京都、福島)では1R発走前のパドック内で騎乗騎手全員が集まり、熊本地震の犠牲者に対し黙とうを行ないました。

東京競馬場では午前9時35分に、蛯名、戸崎圭、ルメール、柴田善、藤田菜七子…パドック中央に腰に喪章をつけた各ジョッキーが集結。JRA関係者とともに並び、1分間目を閉じ、祈りをささげました。

cat_21_issue_horse-race @linenews_0_08c2c7820398_ローマンレジェンド引退 東京大賞典など重賞4勝 08c2c7820398 08c2c7820398 ローマンレジェンド引退 東京大賞典など重賞4勝 @linenews 0

ローマンレジェンド引退 東京大賞典など重賞4勝

2016年4月22日 17:18 デイリースポーツ

2012年の東京大賞典など重賞4勝を挙げたローマンレジェンドが引退することが22日、明らかになりました。27日に登録を抹消され、今後は京都競馬場の誘導馬になる予定。

藤原英昭調教師は、「今まで厩舎を支えてくれて、よく頑張ってくれました。愛着のある馬でしたが、ファンの皆さまに見てもらえるなら、馬も幸せでしょう」とコメント。通算成績は29戦10勝(地方5戦1勝)でした。