cat_21_issue_horse-race @linenews_0_0bd3a2ee001b_藤田菜七子、早くも重賞に挑戦へ 21日のフラワーCに騎乗か 0bd3a2ee001b 0

藤田菜七子、早くも重賞に挑戦へ 21日のフラワーCに騎乗か

2016年3月10日 12:54 東スポ

競馬界のニューヒロイン藤田菜七子が、21日のGIIIフラワーC(中山芝内1800メートル)に初騎乗する可能性が浮上しています。

騎乗する予定馬は6日のGII弥生賞で10着のシャララ。管理する田村康仁調教師と菜七子の師匠である根本康広調教師が10日、明らかにしました。

菜七子は、19日の中京(馬名未定)も騎乗する予定。また抽選の結果次第ですが、24日の浦和(ドリームジェダイ)にも出場するとしています。

cat_21_issue_horse-race @linenews_0_34e567869ed4_16年ぶりJRA女性騎手の菜七子 「プロの評価」は 34e567869ed4 0

16年ぶりJRA女性騎手の菜七子 「プロの評価」は

2016年3月8日 16:34 共同通信

5日、中山競馬場でJRAデビューを飾った、16年ぶりのJRA女性ジョッキー・藤田菜七子(18)。堂々2位の成績を残し、師匠の根本調教師は「彼女が乗ると馬の伸びが違う。それがセンスじゃないですか」と称賛しました。

"大井の帝王"的場文男騎手にも「あの子、乗れる。7000勝できる」との誉め言葉をもらったといい、「とてもありがたいお言葉です」と満面の笑みを浮かべていました。

過去のJRA女性騎手6人では、増沢由貴子氏が最長18年間で34勝をあげたものの、男女同条件のJRAで女性が活躍するのは難しいとの声も。ただ、海外ではハンデなしで通算3704勝、重賞132勝を達成した女性騎手もいます。

cat_21_issue_horse-race @linenews_0_984c4782bd0d_菜七子、17日のオープン戦で始球式 鎌ヶ谷・日ハム戦 984c4782bd0d 0

菜七子、17日のオープン戦で始球式 鎌ヶ谷・日ハム戦

2016年3月7日 08:51 スポニチ

JRAの女性ジョッキー藤田菜七子が、17日に千葉・鎌ケ谷で行われる日本ハム-ソフトバンクのオープン戦で始球式デビューすることがわかりました。

JRA競馬学校は日本ハム2軍の球場と近い千葉・白井市にあることで、同学校の騎手課程生徒と日本ハムの新人選手との交流会を行ってきた間柄。今年1月には菜七子も参加したことで日本ハム側のオファーを受けた形です。

菜七子は始球式について「届くか心配。これから練習したい」と話しました。

cat_21_issue_horse-race @linenews_0_f682405ba2fd_藤田菜七子、JRA初白星ならず デビュー2戦目は9着 f682405ba2fd 0

藤田菜七子、JRA初白星ならず デビュー2戦目は9着

2016年3月6日 12:08 スポニチ

JRA16年ぶり、7人目の女性ジョッキー・藤田菜七子が6日、中山競馬第2レースに出場。6番人気のホシノブーケに騎乗し、結果は9着となりました。

同レースで2着に入線したハヤブサレディゴーには、憧れと語っていた武豊騎手が騎乗。注目の"初対決"は武に軍配が上がりました。

藤田は3日、川崎競馬場で騎手デビュー。5日のJRAデビュー戦では、ネイチャーポイントに騎乗し、惜しくも2着に終わっています。

cat_21_issue_horse-race @linenews_0_c6e866d88462_菜七子、JRAデビュー戦Vならずも 見せ場つくった2着に大歓声 c6e866d88462 0

菜七子、JRAデビュー戦Vならずも 見せ場つくった2着に大歓声

2016年3月5日 16:31 共同通信

16年ぶり7人目のJRA女性ジョッキー・藤田菜七子(18)が5日、中山2RでJRAデビュー。3番人気ネイチャーポイント(牡3)に騎乗し、惜しくも2着となりデビュー戦Vは逃しました。

しかし、1着のペニーウェディングに3/4馬身差まで迫っての2着には、スタンドから大歓声が沸き起こりました。

レース後、菜七子は「"ハナに行け"と言われていましたが、周りが速かったので中団からの競馬に切り替えました」と、臨機応変に作戦変更したことを告白。「馬が頑張ってくれましたね」とパートナーをねぎらいました。

cat_21_issue_horse-race @linenews_0_cda58f5af2b5_16年ぶり女性騎手の菜七子、デビューVならず 最高2着も大人気 cda58f5af2b5 0

16年ぶり女性騎手の菜七子、デビューVならず 最高2着も大人気

2016年3月3日 18:29 共同通信

JRA16年ぶり、7人目の女性ジョッキー・藤田菜七子(18)が3日、川崎競馬場でデビュー。計6鞍に騎乗しましたが、最高位は5Rの2着で、ファンも待ち望む初白星は5日の中央競馬以降に持ち越しとなりました。

この日の入場者は前日の重賞(エンプレス杯)があった6,395人を上回る7,214人を記録。売り上げでも昼間の普通開催日では8億、9億が相場のところ、10億円台を突破しました。

川崎競馬の関係者は「前日の時点でマスコミは67社、150人以上の取材申請がありました。通常のパドック前は常連さんが大半なのですが、きょうは若い方も見られていますね」と"菜七子フィーバー"に舌を巻いていました。

cat_21_issue_horse-race @linenews_0_672f8a245f8f_新女性ジョッキー・菜七子、初戦は8着「あっという間」 672f8a245f8f 0

新女性ジョッキー・菜七子、初戦は8着「あっという間」

2016年3月3日 13:24 スポニチ

JRA16年ぶりの女性ジョッキーとなった藤田菜七子が3日、公営・川崎競馬場でデビュー。初戦となった1Rはコンバットダイヤに騎乗し、9頭立ての8着に敗れました。

レース後、菜七子は「あっという間にレースが終わった感じです」「結果が出せなくて本当に申し訳なく思っています」とコメント。騎乗馬を管理する工藤伸調教師は「無事に回ってきてくれてよかった」と話しました。

川崎競馬場は"菜七子"フィーバーとなっており、正午すぎの時点で入場者は約3000人超え。場内の焼きそば店では、店員が「正月開催並みの行列です」と嬉しい悲鳴を上げていたといいます。

cat_21_issue_horse-race @linenews_0_f4e41bbd7129_新女性ジョッキー・菜七子、川崎で"ひな祭り"デビュー f4e41bbd7129 0

新女性ジョッキー・菜七子、川崎で"ひな祭り"デビュー

2016年3月3日 08:43 スポニチ

JRAで16年ぶり、7人目の女性ジョッキーの藤田菜七子(18)が3日、南関東・川崎競馬場でデビューを迎えます。初陣は午前11時20分発走の1Rで、計6鞍の騎乗が予定されています

川崎競馬場には延べ60社、140人以上が集結するほどの注目ぶり。平日の入場人員は平均で3000~4000人といいますが、これを上回るファンが詰めかけると予想されています。

中央では今週末がデビュー。土曜(5日)は中山2、4Rの2鞍、日曜(6日)は中山2Rの1鞍を予定しています。

cat_21_issue_horse-race @linenews_0_17780d34e6fc_中山記念、ドゥラメンテが制す M・デムーロはJRA通算500勝 17780d34e6fc 0

中山記念、ドゥラメンテが制す M・デムーロはJRA通算500勝

2016年2月28日 19:23 スポニチ

G2・中山記念は28日、中山競馬場11Rで行われ、M・デムーロ騎乗の1番人気ドゥラメンテ(牡4)が直線で抜け出し、約9カ月ぶりの復帰戦を飾りました。

昨春の2冠馬ドゥラメンテは、これが通算3度目の重賞制覇。アンビシャスは首差まで迫るも及ばず2着。そこから1/2馬身差の3着にはリアルスティールが入りました。

M・デムーロ騎手は史上最長の5開催日連続重賞V。さらに、現役では武豊騎手に次ぎ2番目の早さとなるJRA通算500勝も達成しました。

cat_21_issue_horse-race @linenews_0_c216c3755425_面白い名前の競走馬ランク 1位は「モグモグパクパク」 c216c3755425 0

面白い名前の競走馬ランク 1位は「モグモグパクパク」

2016年2月24日 15:36 gooランキング

面白い名前の競走馬をgooランキングが調査。JRAに登録されている牡馬では、「モグモグパクパク」が1位に輝きました。名前の由来は"よく食べている"からだそうです。

2位に入ったのは、今年1月に初出走した「ホンマカイナ」。3位に選ばれた「オレニホレルナヨ」は、妹の馬名が「キミニヒトメボレ」だといいます。その他にも、「ホメテノバスコ」「ネコタイショウ」「マズイマズイウマイ」などがランクイン。

カワイイ名前の牝馬ランクでは1位「トキメキユキチャン」、2位「カタオモイ」、3位「アンズチャン」という結果に。ちなみにアンズチャンは2015年11月で15戦5勝、獲得賞金は約9,296万円と活躍しており、最後の直線での脚力に定評があります。

続きはアプリで、快適に LINENEWS