cat_16_issue_government @linenews_0_f7fffa058ecb_安倍首相、オランダのルッテ首相と会談 自由貿易推進で一致 f7fffa058ecb 0

安倍首相、オランダのルッテ首相と会談 自由貿易推進で一致

2019年1月10日 09:57 共同通信

安倍晋三首相は9日午後(日本時間10日未明)、オランダ南部ロッテルダムでルッテ首相と会談し、大阪で6月に開催される20カ国・地域(G20)首脳会合を見据え、自由貿易推進で協力する考えで一致しました。気候変動や海洋プラスチックごみなどの地球規模課題に連携して対応します。

安倍首相は会談後の共同記者会見で、米中両国の貿易摩擦を念頭に「グローバル化に対する不満が保護主義への誘惑や鋭い対立を生み出している」と指摘。「私たちリーダーは自由貿易が国民を豊かにする力の源だと理解してもらう責任がある」と訴えました。

cat_16_issue_government @linenews_0_5e8e679cc7c1_徴用工、韓国に政府間協議要請 請求権協定に基づき初 5e8e679cc7c1 0

徴用工、韓国に政府間協議要請 請求権協定に基づき初

2019年1月9日 19:00 共同通信

政府は9日、韓国最高裁が新日鉄住金に賠償を命じた元徴用工訴訟を巡り、日韓請求権協定に基づき初めてとなる政府間協議の開催を韓国側に要請しました。同社側に資産の差し押さえ通知が届いたことを確認したのを受けた措置。韓国側に解決へ向けて具体策を迫り、日本企業への不利益を避ける狙いがあります。韓国側がただちに協議に応じる可能性は低いとみられ、打開の道筋は不透明です。

秋葉剛男外務事務次官が9日夕、韓国の李洙勲駐日大使を外務省に呼び、韓国政府との協議を申し入れました。安倍晋三首相は差し押さえの動きに関し「極めて遺憾だ」と述べ、具体的な対応措置の検討を指示していました。

cat_16_issue_government @linenews_0_2883dee3b456_菅氏、日韓関係「厳しい状況」徴用工訴訟の資産差し押さえを批判 2883dee3b456 0

菅氏、日韓関係「厳しい状況」徴用工訴訟の資産差し押さえを批判

2019年1月7日 14:46 共同通信

菅義偉官房長官は7日の記者会見で、韓国最高裁が新日鉄住金に賠償を命じた元徴用工訴訟の原告側による資産差し押さえ申請を批判しました。「極めて遺憾だ。日韓関係に否定的な韓国側の動きが相次いでいることは大変残念だ。日韓関係は非常に厳しい状況にある」と述べました。

安倍晋三首相が対抗措置を検討するよう関係省庁に指示したことを踏まえ「関係省庁間で協力しつつ、国際法に基づき毅然とした対応を取るために具体的な措置の検討を深めていく」と強調しました。

cat_16_issue_government @linenews_0_66a6b026e585_安倍首相、徴用工訴訟で「具体的措置」関係省庁へ指示 66a6b026e585 0

安倍首相、徴用工訴訟で「具体的措置」関係省庁へ指示

2019年1月6日 10:45 時事

安倍晋三首相は6日放送されたNHK番組で、日本企業に元徴用工への賠償を命じた韓国最高裁判決を受け、原告側が資産差し押さえを申し立てたことについて「極めて遺憾だ。深刻に受け止めている」と述べました。

その上で、「国際法に基づき、毅然とした対応を取るための具体的な措置の検討を関係省庁に指示した」と明らかにしました。判決について首相は、「国際法に照らしてあり得ない判決だ」と重ねて批判。徴用工問題は1965年の日韓請求権協定で完全に解決済みだとの立場を強調しました。

同訴訟で原告側は2日、韓国国内にある新日鉄住金の資産差し押さえを裁判所に申し立てたと発表。原告側は「新日鉄住金は判決の履行に誠意を示していない」と強い遺憾の意を表明するとともに、「日本政府は判決に従わないよう企業に圧力をかけている」と批判しました。

cat_16_issue_government @linenews_0_d89fa84a09a7_安倍首相が年頭記者会見、北方領土問題「集中して交渉」 d89fa84a09a7 0

安倍首相が年頭記者会見、北方領土問題「集中して交渉」

2019年1月4日 17:23 共同通信

安倍晋三首相は4日、三重県伊勢市で年頭記者会見に臨み、5月1日の皇太子さまの新天皇即位に伴って改める新元号について「国民生活への影響を最小限に抑える観点から、先立って4月1日に発表する」と表明しました。4月1日に改元政令を閣議決定して今の天皇陛下が公布され、新天皇即位と同時に改元すると説明しました。皇位継承前の新元号公表は憲政史上初めてとなります。

首相は北方領土問題に関し、「今月中旬に河野太郎外相が、下旬には私がロシアを訪問し、集中して交渉を行う。プーチン大統領との間で、できるだけ交渉を進展させたい」と意欲を語りました。日中関係の発展や、北朝鮮による日本人拉致問題の解決に努める方針も示し、「戦後日本外交の総決算を行う」と述べました。

7月の参院選にあわせて衆院解散・総選挙を行う可能性については、「そういう声が一部にあるということは承知しているが、私自身の頭には片隅にもない」と否定しました。

cat_16_issue_government @linenews_0_148da8fbc7cf_新元号4月1日に公表、安倍首相が年頭記者会見で表明 148da8fbc7cf 0

新元号4月1日に公表、安倍首相が年頭記者会見で表明

2019年1月4日 14:30 共同通信

安倍晋三首相は4日、年頭記者会見を行い、平成に代わる新たな元号を4月1日に公表することを正式に発表しました。

cat_16_issue_government @linenews_0_a9d8ed2396f4_在日米軍「ロシアと敵対せず」安倍首相、プーチン氏理解に期待 a9d8ed2396f4 0

在日米軍「ロシアと敵対せず」安倍首相、プーチン氏理解に期待

2019年1月1日 21:43 共同通信

安倍晋三首相は1日放送のテレビ朝日の番組で、ロシアとの平和条約交渉で焦点の一つとなる北方領土での在日米軍の扱いに関し「日本や極東の平和と安全を守るために在日米軍の存在があり、決してロシアに対して敵対的なものではない」と強調しました。番組は先月27日に収録されました。

プーチン大統領は昨年末の記者会見で、北方領土の一部を日本に引き渡した場合の米軍展開に懸念を示しています。首相はインタビューで「決してロシアに敵対的なものではない」と強調し、「今までもプーチン氏に説明してきた。必ず理解いただけると思う」と述べました。説明の時期には触れませんでした。

北方領土に住むロシア人については「『出て行ってください』という態度では交渉は成り立たない。日本人と一緒に住んで仕事をすればもっと豊かになる、と感じていただくことが極めて重要だ」と述べました。

cat_16_issue_government @linenews_0_85819e11e625_ロシア軍、北方領土に防衛線か ミサイル増強構想判明 85819e11e625 0

ロシア軍、北方領土に防衛線か ミサイル増強構想判明

2018年12月30日 22:09 共同通信

ロシア軍が2020年までに千島列島や北方領土に地対艦ミサイルを増強し、全域を覆って防衛線をつくる構想があることが30日分かりました。共同通信がロシア当局の内部文書を入手しました。米国に対抗する核戦力の拠点となっているオホーツク海を守る上で、北方領土を戦略上、重視していることを裏付ける内容。実行に移されれば、日本との平和条約交渉への影響は必至です。

ロシア当局筋は文書が今年夏以降に作成されたと説明。記載されている軍備計画をプーチン大統領が承認したのかどうかは不明ですが、千島列島における軍備増強などは、直近のロシアメディアの報道と符合します。

cat_16_issue_government @linenews_0_39297ff3548f_韓国軍の火器管制レーダー照射の動画を公開 防衛省 39297ff3548f 0

韓国軍の火器管制レーダー照射の動画を公開 防衛省

2018年12月28日 18:37 amanaimages

韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射したとして、防衛省は28日、哨戒機が駆逐艦を撮影した動画をホームページで公開しました。同省は少なくとも2回、数分間にわたり照射され、1回目は約5キロの距離だったと説明。レーダー照射を否定する韓国側の主張を退け、自衛隊の対応が適切だったと周知する狙いがあります。

正当性をアピールするため任務中の動画を公開するのは極めて異例。韓国国防省は「深い憂慮と遺憾を表明する」との声明を出し反発しました。防衛省によると、公開した動画は約13分。P1哨戒機から3回にわたり、無線でレーダー照射を確認したと伝えました。

cat_16_issue_government @linenews_0_587880b69298_出直し選は年明けに判断、松井知事 「大阪都構想」実現に向け 587880b69298 0

出直し選は年明けに判断、松井知事 「大阪都構想」実現に向け

2018年12月26日 19:07 時事

大阪府の松井一郎知事は26日の記者会見で、「大阪都構想」実現に向けた知事と大阪市長の出直しダブル選について「僕も吉村洋文市長も予算編成作業がある。職務を遂行する中で判断する。ありとあらゆる可能性を排除しない」と述べました。来年度予算編成後に判断することで、任期途中での辞職に対する批判を避ける狙いがあるとみられます。

松井氏は、都構想の是非を問う住民投票について、来夏の参院選と同日実施を目指し、公明党に協力を求めていますが、公明は拒否しています。地域政党「大阪維新の会」代表でもある松井氏は、昨年4月に現在の府市両議員の任期内に住民投票を行うことを維新と公明が約束したとする文書を公開し、「信頼関係を崩したのは公明党だ」と強く非難。来年1月の公明府本部主催の新年会合も欠席します。

続きはアプリで、快適に LINENEWS