cat_5_issue_funny @linenews_0_a45ee69b0ae2_炊飯器で作ったハンバーグ、量を間違えて驚愕の大きさに… a45ee69b0ae2 0

炊飯器で作ったハンバーグ、量を間違えて驚愕の大きさに…

2017年8月20日 15:00 J-CASTニュース

ツイッター上に、「炊飯器でハンバーグ作りたかった... 量間違えた...」というツイートとともに、2枚の写真が投稿されています。"重量約1キロ"、"3合炊飯器目一杯"という驚異的な大きさのハンバーグに、ネット上では「私もこれ作ってみたい」「量間違えたどころじゃないwww」などの声が多くあがっています。

投稿者は、YouTuberのセイキンが炊飯器でハンバーグを作る動画を見て、自分の家でも挑戦しようと思ったそう。失敗の原因について、「セイキンさんと同じ分量で作ったら炊飯器の大きさが違うことに気付かず炊飯器いっぱいになってしまいました」と話しました。

cat_5_issue_funny @linenews_0_e6d19d67b121_まるでヨーロッパ?雨の日の東京駅の写真が美しいと話題に e6d19d67b121 0

まるでヨーロッパ?雨の日の東京駅の写真が美しいと話題に

2017年8月20日 10:00 ねとらぼ

写真家の太郎[Taro OTSUKA]さんがTwitterに投稿した、雨の日の東京駅の写真が美しいと話題となっています。雨でぬれた路面に反射した駅の姿は、まるで湖の上に建っているかのように錯覚するほどで、思わずため息が漏れる美しさです。

写真は色味の調整以外はしていないそう。「黒い路面タイルの上に水がつくことによって鏡面に反射」しているとのことで、断続的な小雨や夕立が上がった後の時間で、同様の風景が見られるかもしれないといいます。Twitter上では、「素晴らしい」「すごい幻想的」「ヨーロッパかと思った」など、多くの称賛が寄せられています。

cat_5_issue_funny @linenews_0_c69988ce1f5b_海中を自由自在に"飛び回る"翼 新型ウエットスーツが登場 c69988ce1f5b 0

海中を自由自在に"飛び回る"翼 新型ウエットスーツが登場

2017年8月20日 09:16 AFPBB

海の中を自由自在に"滑空"できる新型ウエットスーツの試作品が、モナコ公国の沖合の地中海で公開されました。フリーダイバーのピエール・フローラ氏が披露した「オーシャンウィングスは、ダイビング製品を製造販売するアクアラングが製作。「海の翼」という名称の通り、これを着れば海中を"飛び回る"ことができるそうです。

cat_5_issue_funny @linenews_0_4bd7fdf59d4e_まさに神秘的!超貴重な「虹の端っこ」が激写され話題に 4bd7fdf59d4e 0

まさに神秘的!超貴重な「虹の端っこ」が激写され話題に

2017年8月20日 07:00 ロケットニュース24

あるTwitterユーザーが17日、「生まれて初めて虹の端っこを見た」と、偶然目撃したという虹の先端部分を撮影して投稿。その貴重で神秘的な1枚に、大きな反響が寄せられています。

撮影された"虹の端っこ"は道路にぶつかっており、まさしく虹のスタート地点であることが見て取れます。Twitterユーザーからは、「初めて見ました」「癒される」「感動しました」「アメリカでは虹の端っこにお宝が埋まってるって信じられてるよ」など、様々な声が寄せられています。

cat_5_issue_funny @linenews_0_1b73a682a244_知りたくなかった…この世の人知れず恐ろしい"事実"とは 1b73a682a244 0

知りたくなかった…この世の人知れず恐ろしい"事実"とは

2017年8月19日 19:00 gettyimages

この世には、人知れず恐ろしい事実が潜んでいるそう。例えば、過去の話だと思われがちな"奴隷"。ほとんどの国家が違法としていますが今日、奴隷とみなされる人の数が約2,700万人おり、記録史上最大の数なのだとか。奴隷貿易が大西洋で行われていた時代の2倍以上にも上るといいます。

また、宇宙への進出も、過酷な環境や身体への影響を考えると、よいアイデアではないとのこと。多くの宇宙飛行士は地球へ帰還すると、視力低下や不眠症に悩まされているそう。宇宙に長期滞在すると、筋繊維や骨格が萎縮するのだとか。宇宙空間では、免疫機能がうまく働かない可能性も考えられています。

cat_5_issue_funny @linenews_0_f4da095da0df_動きと見た目が異次元!"ラスボス"感ある猫が話題に f4da095da0df 0

動きと見た目が異次元!"ラスボス"感ある猫が話題に

2017年8月19日 19:00 ねとらぼ

躍動感みなぎる猫の写真がTwitterに投稿され、その"異次元すぎる動きと見た目"が話題になっています。写真は猫じゃらしと戯れている様子と思われますが、猫のぶれる動きは完全に別物。二足歩行のまま両前足を横に振って俊敏に動くような見た目をしており、異様な迫力と謎の"ラスボス"感があります。

なお、投稿者がツイートや画像の無断転載は禁じているものの、コラージュ画像の素材として使用するのは可としたことで、Twitterではその猫のポーズを生かしたユニークな"コラ画像"が投稿されています。

cat_5_issue_funny @linenews_0_fc66fae599c6_「ケーキみたい」小田急線の車窓から見える"地層"が話題 fc66fae599c6 0

「ケーキみたい」小田急線の車窓から見える"地層"が話題

2017年8月19日 13:00 Jタウンネット

小田急小田原線の電車の窓から、露出した地層が見えるところがあり、その写真が「ケーキみたい」とTwitter上で反響を呼んでいます。投稿者によると、同線の新百合ヶ丘駅と柿生駅のちょうど中間にその場所があるそうで、新宿に向かって右側に見えるとのこと。

この地層について、Jタウンネットは、神奈川県立生命の星・地球博物館で主任研究員をしている笠間友博氏を取材。同氏は各層の特徴を解説しつつ、露出した地層をそのまま放置すればグレーの層は酸化されて黄色っぽくなってしまうため、保存するのは難しいとしています。

cat_5_issue_funny @linenews_0_3844025ba8f4_地球よりも2倍古い?生命期待される「TRAPPIST-1」の惑星 3844025ba8f4 0

地球よりも2倍古い?生命期待される「TRAPPIST-1」の惑星

2017年8月19日 13:00 sorae.jp

2017年2月に生命の存在の可能性もある、7つの地球型惑星が見つかったことで話題となった惑星系「TRAPPIST-1」。アストロフィジカルジャーナルに報告された新たな研究により、それらの惑星の年齢が54〜98億年で、地球の年齢よりも最大で2倍ほど古い天体であると発表されました。

天文学者のAdam Burgasser氏は、「今回の研究はTRAPPIST-1の進化において、非常に重要なものとなります。なぜなら、このシステムは数十億年も維持され続けていたことになるからです」「この惑星系は、ともに形成されて発展したものでしょう。そうでなければ、とうの昔に崩壊しているはずです」と語っています。

「TRAPPIST-1」の7つの地球型惑星のうち、3つは表面に水の存在し得る「ハビタブル惑星」に相当するとされています。

cat_5_issue_funny @linenews_0_0026d52c492f_13年前になくした婚約指輪、"ニンジン"から見つかる 0026d52c492f 0

13年前になくした婚約指輪、"ニンジン"から見つかる

2017年8月19日 10:00 GIGAZINE

13年前に畑作業の最中に失った婚約指輪が、ニンジンと共に引き抜かれるという出来事が起こりました。ニンジンはまだ小さい時に指輪の輪の中に入り、そのまま成長したようで、まるで指輪をはめているかのような姿だったとのこと。

指輪の持ち主は、カナダに住むメアリー・グラムズさん。1951年に夫からもらったものだそうですが、大切にしていた贈り物をなくしたとは打ち明けられず、夫は2012年に他界してしまったそう。

しかしこの度、メアリーさんの義理の娘が畑でニンジンを収獲している時に、指輪が巻きついているのを発見したといいます。思い出の品を取り戻したメアリーさんは「これからも指輪をはめていく予定です。まだ私の指にぴったりですから」と語りました。

cat_5_issue_funny @linenews_0_655c3807aa79_ハードオフで「幽霊が写るカメラ」が販売!? "幽霊"の正体とは 655c3807aa79 0

ハードオフで「幽霊が写るカメラ」が販売!? "幽霊"の正体とは

2017年8月19日 07:00 ねとらぼ

「ハードオフでヤバいの売ってる…」と、"幽霊が写るインスタントカメラ"をTwitterユーザーが紹介しています。投稿された画像には、富士フイルムのインスタントカメラに添えられた「電池にて起動確認。数枚テスト撮影しましたが幽霊が写るため(3枚ご確認下さい)現状でのお渡しとなります」という、不穏な説明文が。

カメラを販売するハードオフの店長によると、「現像された写真の左斜め上に、白っぽいモヤのようなものが薄っすらと写ります」とのこと。何回撮っても同じモヤが写るため、幽霊の正体はカメラ本体の不具合と考えているそうです。これを持ち歩けば、いつでもどこでも手軽に"心霊風写真"を撮影できるかもしれません。

続きはアプリで、快適に LINENEWS