1年分の地球資源、今年人類は7ヶ月ほどで使い果たした模様

08.11 19:00 GIZMODO

国際シンクタンク「グローバル・フットプリント・ネットワーク(GFN)」は、「地球が1年間で生み出す資源の量」を使い切ってしまった日を毎年記録。2016年は8月8日がその日となり、年々ペースが加速しているそうです。

自然資源の総量を使い果たしたことについて、今のペースで消費し続ければ、子どもや孫のために残すべき自然資源は使い尽くされてしまうのだとか。その対策を、こちらの動画が伝えています。

GFNによると、15年に採択されたパリ協定で設定された目標を達成しようとする場合、まったく新しい生活スタイルを開発しないといけないとのこと。

襲われそう!人間の口をリアルに再現したスイカが話題

08.11 19:00 ねとらぼ

あるTwitterユーザーが、スイカを人間の口のように加工した画像を投稿。その画像がリアルと話題になっています。

実際の投稿はこちら。「兄貴の奥さんが作ったスイカがやべぇ」とコメントと共に、歯茎をむき出しにして今にも噛み付いてきそうな躍動感溢れるスイカの画像が添えられています。

お義姉さんは、「ネットで見て作りたくなったので作った」と説明。家族はスイカが出てきた時、あまりのリアルさに「『恐怖!人食いスイカ!』みたいなB級映画になりそう」と言ったそうです。

超リアル!ハリー・ポッターを色鉛筆だけで書いてみた

08.11 18:22 Heather Rooney

アーティストのHeather Rooneyが、色鉛筆だけでハリー・ポッターを描いた動画が公開。写真と見間違えるほどのリアルな質感で、「すごい!」「色の間のコントラストが素晴らしい」などのコメントが寄せられています。

3Dドラゴンも飛来!? 水のスライダーで遊ぶ映像がすごい

08.11 17:48 devinsupertramp

湖のほとりで、水着姿の若者らがウォータースライダーで遊ぶ動画が公開されています。ディズニー映画「ピートとドラゴン」のドラゴンも3D合成されて登場し、躍動感のあるファンタジックな映像となっています。

進化しすぎっw タオルを器用に使うオランウータン

08.11 15:00 ニコニコ動画

タオルを器用に使うオランウータンの様子が動画で公開。水に濡らし絞ったタオルで顔や体を拭いたり、台座を綺麗にしたりしています。ユーザーからは「おっさん入ってるだろ」や「俺より頭いい」といったコメントが。

詳細はスマートフォンから

画期的!衝撃でスピード違反を減らす道路システム

08.11 15:00 カラパイア

スウェーデンのEdeva AB社が開発したスピード違反車両を対象とした道路埋め込み型のシステム装置「Actibump(アクトバンプ)」が効果を上げているとのこと。

同システムは、スピード違反車両をセンサーで検知すると、道路の一部が一瞬にして陥没し、"ガツン"と違反車両に衝撃を与え、減速させるというもの。両脇に隙間があり自転車が巻き込まれないようになっています。動画はこちら。

導入コストも安いことからスウェーデンでは既に導入されており、速度超過車両が減ったそうです。デンマークや、チェコ、スロベニアやリトアニアでの販売も進んでいるといいます。

「赤しそ飲料ゆかり」の臨時販売が決定 デザインが話題に

三島食品は、品切れが続いていたふりかけ「ゆかり」のドリンク「赤しそ飲料ゆかり」を、8月17日12時からネットショップ限定で臨時販売します。

ふりかけのパッケージデザインを容器に採用して6月にリニューアル発売。ネットを中心に話題となり、品切れが続いていました。

今回の「赤しそ飲料ゆかり」の臨時販売は、125ml×30本の100ケース限定で一人2ケースまでとなっています。

湖面に咲く大輪の花!琵琶湖で花火見ながら夜釣りした

よしもと芸人YouTuberのマスゲンが、びわ湖大花火大会を見ながら夜釣りをしてみた映像を公開。釣果はイマイチのようですが、湖面いっぱいに広がる見事な花火が楽しめる動画です。

摩擦に頼らないブレーキ、2020年の実用化めざす

08.11 10:00 レスポンス

曙ブレーキ工業は、摩擦に頼らない「MR流体ブレーキ」の研究開発を東北大学流体科学研究所と共同で進めています。MR流体とは、磁気に反応して液体から半固体へと変化する機能性材料。

MR流体ブレーキは摩耗粉が発生せず、環境負荷軽減に貢献。また、MR流体が磁場に数msという速さで反応するため、俊敏かつ安定した制御が可能となります。

曙ブレーキでは約2年前から超小型モビリティを対象に研究開発を始め、2015年3月に試作品を完成させました。2020年の実用化を目指して実走や台上での試験、改良を重ねていくとのことです。

なにこれスゲェww 「リアルすぎるカレーTシャツ」爆誕

08.11 10:00 Pouch

デザイナーのヌケメ氏とドリタ氏が手掛けるブランド「TANUKI」。このブランドのアイテムは、リアルすぎる「カレーのTシャツ」をはじめとして、ユニークなデザインの商品が数多く揃っています。

「サイキック・カレー(Tシャツ)」は、ポケット部分にフワフワの白いご飯をほどこしており、全体には"リアルすぎる"カレーをプリント。ファーで作られているというご飯には、先の曲がったスプーンが刺さっています。

また、お弁当に入っているバランが描かれているキャップ「TANUKIバラン帽」や、ねじ曲げられたスプーンがデザインされた「サイキック・スプーン(ピアス)」などがラインナップ。

続きはアプリで、快適に LINENEWS