冬でも気分UP♪ "定番デニム×派手色ニット"のコーデテク

12.15 12:58 Woman Insight

ついつい暗い色ばかり選びがちな冬は、定番デニムに"派手色ニット"を合わせるとグッと新鮮に!この冬の大本命"赤ニット"は、カゴバッグやオールスターを合わせてパリジェンヌ風に着こなすと◎です。

メンズライクな雰囲気のある"グリーンニット"は小物をモノトーンで統一し、とことんボーイッシュに。オーバ-サイズの"ピンクニット"はスキニーと合わせて、海外セレブ風に着こなしましょう。

くっきりした暖色の"イエローニット"は顔回りにおくことで、華やかで明るい印象に!モノトーンやベーシックカラーと合わせれば、派手さを押さえ、おしゃれに着こなすことができます。

コーデのマンネリ化を解消、今は「赤ソックス」が可愛い♡

12.15 07:08 Sign

冬コーデに合わせる靴下といえば「黒」や「白」が定番ですが、今季は"赤ソックス"にチャレンジ!暗めのアイテムが多くなる冬のファッションに、華やかさを与えてくれます。

デニムやスニーカーなどカジュアルアイテムに合わせると、女性らしさがアップ。逆に、レディライクなアイテムに合わせると、適度なモード感を与えてくれて甘くなりすぎない印象に。

また赤ソックスは、黒タイツの上から履いてもおしゃれだとか。いつものコーデに加えるだけで、足元にアクセントを作ってくれるそうです。

G-SHOCKに新シリーズ「ミリタリーブラック」が登場!

G-SHOCKは12月16日より、新作「ミリタリーブラック」シリーズを発売。ブランドの歴史を色濃く受け継ぐDW-5600や迫力のビッグケースが特徴のGA-100など、ベーシックな3モデルで展開します。

デザインはワントーンのブラックで仕上げ、洗練された印象に。通常のナイロン生地よりも強度に優れる素材をバンド表面に採用し、バンドの留め具である遊環部にはステンレスを使用するなど、アウトドア環境でも安心です。

パーティーに大活躍!? 切り絵のような"つけま"がスゴい

12.14 15:05 ISUTA

切り絵のような"つけまつげ"の販売予約が、ヴィレッジヴァンガードオンラインストアにてスタート。ロンドン発ブランド「PAPERSELF」のアイテムです。

ひとつひとつに繊細な"絵柄"が施され、まるで切り絵アートのような美しさ!驚くほど軽い仕様になっていて、着け心地も抜群なのだそう。

「ローズ」や「シカと蝶」「ティーパーティー」など、ラインナップも豊富。好みの長さにカットして、目じりや下まぶたのキワに付けてもキュートです。

子どもっぽくならない!大人可愛い「ベレー帽」のかぶり方

12.13 22:49 ANGIE

今季のトレンドのベレー帽は、一歩間違えると子どもっぽくなってしまうことも。浅めにちょこんと乗せるようなかぶり方も可愛いですが、大人っぽく見せるには「帽子を後ろに傾けてかぶる」ほうがしっくりくるかもしれません。

ダウンヘアの場合は、前髪を出さないほうがすっきり見えるそう。前髪ありの場合は、大胆にアシンメトリーに分けて斜めに流すのが良さそうです。

また小さいサイズを選ぶとバランスが取りづらいため、自分の頭に対して大きめを選ぶと◎。柔らかいものは形を上手く整えるのが難しいので、ハリ感があるものをチョイスしましょう。

太って見えない♪ "ボリュームニット"のスタイルアップ術

12.13 07:05 closet

ボリューム感のあるニットがトレンドですが、組み合わせ次第では太って見えることも…。デニムは、タイトなものを合わせて上下のシルエットにメリハリをつけましょう。肌見せ面積が少ないタートルネックは、袖をロールアップさせるとすっきり!

ぽってりとした見た目になりがちなシャギーニットは、ボトムにコンパクトなミニ丈のものを持ってきて、全体のボリュームを抑えると◎です。

ニットとボトムを同色系のカラーでまとめるのも◎。長めのネックレスとあわせると縦ラインが強調されて、すっきり見えます。

ジャスティン・ビーバー愛用のダウンウエア「KRU」が上陸

12.12 15:03 Fashionsnap.com

ジャスティン・ビーバーやトラビス・スコットなどが愛用している、スイス発のダウンウエアブランド「KRU(クルー)」が日本に上陸。12月21日から「RESTIR BOUTIQUE」で取り扱われます。

今回、販売されるのはカモフラ柄のダウンジャケット「STRATO K2」。1型3色で展開されます。

マンネリ解消に♪ 知っておきたい「マフラーの巻き方」

12.12 13:29 closet

毎日のように使うマフラーは、いつも同じ巻き方になってしまいがち。巻き方を変えれば手軽に印象をチェンジでき、もっとオシャレに見せることもできるといいます。

人気の"ぐるぐる巻き"は、大きめのマフラーでゆるめに巻きつけるのがコツ。デコルテ部分に重みが増すので、肌見せで抜け感を出しましょう。片方だけを肩にかけた"シンプルクロス"は、こなれて見えるのが特徴です。

また、"1周巻き"は子どもっぽく見えてしまうので、大人っぽいアイテムを選ぶと◎。ストールやマフラーを巻かないで、あえて垂らすとクールな印象に。 縦ラインが強調され、細見え効果も期待できるそう。

もうすぐ閉店「プランタン銀座」売りつくしセール最終回

12月31日で閉店する「プランタン銀座」で、14日から"売りつくしセール"の最終回がスタート。本館5Fがすべて売りつくしになるほか、シューズやカシミヤニットなど、お買い得品が登場します。

30日には、"最後の福袋"も発売。「バナナ・リパブリック」や「サマンサベガ」など、各ブランドからも発売されます。

プランタン銀座は、仏プランタン社との商号・商標契約の終了に伴い営業を終了しますが、「マロニエゲート銀座」と名称を変え、2017年3月にリニューアルオープンする予定です。

低身長さんも!"ニットワンピ"でスタイルをよく見せるワザ

12.10 17:06 DAILY MORE

1枚で冬のオシャレが完成する"ニットワンピ"ですが、太って見えたり、野暮ったく見えたりすることも。メリハリをつけ、バランス良く着こなすには、ベルトを使ってウエストをマークしたり、シャツをレイヤードしたりするといいそうです。

低身長さんは、短めのアウターを合わせて目線を上に集めると、すっきり見えるとか。また足元は、ヒール靴でさらにスタイルUP。

旬なカラーは断然"ブラウン"。大人な色なので、バッグやキャップなど小物はカジュアルなものを選ぶと着こなしやすくなります。

続きはアプリで、快適に LINENEWS