cat_11_issue_economic @linenews_0_58bdd5dbcbe6_羽田、昼発着枠増で日米交渉 実現すれば羽田⇔NY直行便も 58bdd5dbcbe6 58bdd5dbcbe6 羽田、昼発着枠増で日米交渉 実現すれば羽田⇔NY直行便も @linenews 0

羽田、昼発着枠増で日米交渉 実現すれば羽田⇔NY直行便も

2016年2月8日 11:15 鈴木幸一郎/アフロ

日米両国政府は9、10の両日、東京都内で羽田空港と米都市を結ぶ航空路線の発着枠拡大をめぐって交渉します。合意できれば、今秋にも羽田空港とニューヨークなどを結ぶ直行便の就航が実現する見込み。

日本の国土交通省は、午前6時~午後11時の昼間時間帯の発着枠を1日当たり10便(10往復)とし、当初計画より1便増やすことを提案します。

cat_11_issue_economic @linenews_0_17d24b597e95_ファミマ&ユニー、統合後は出来たて弁当・宅配ロッカーも 17d24b597e95 17d24b597e95 ファミマ&ユニー、統合後は出来たて弁当・宅配ロッカーも @linenews 0

ファミマ&ユニー、統合後は出来たて弁当・宅配ロッカーも

2016年2月8日 10:17 ニュースイッチ

9月に経営統合するファミリーマートとユニーグループ・ホールディングスが、新たなコンビニ像の構築を目指しています。

中食系は、「出来たて弁当」などのコーナーを設置。ファミマは弁当などを1時間程度でサテライト店に配送する実験を都内で行っており、この仕組みを本格化する可能性があります。店外ではカーシェアや宅配受け取りロッカー、電気自動車用のチャージスポットを配置。

両社は経営統合し、9月1日付で「ユニー・ファミリーマートホールディングス」となることが明らかになっています。

cat_11_issue_economic @linenews_0_f50b20929fe6_東電社長、値下げを示唆 新電力などの動き見て検討 f50b20929fe6 f50b20929fe6 東電社長、値下げを示唆 新電力などの動き見て検討 @linenews 0

東電社長、値下げを示唆 新電力などの動き見て検討

2016年2月8日 09:47 47NEWS

東京電力の広瀬直己社長(63)は7日までに共同通信のインタビューに応じ、ことし4月の電力小売りの全面自由化で、都市ガスや通信会社などが相次いで首都圏の家庭向け電力販売に参入することを受け、他社の動向次第では料金の引き下げを検討する考えを示しました。

東電は4月以降の新料金プランを発表しましたが、新規参入の電力会社より、使用量によっては割高との指摘も。柏崎刈羽原発が再稼働しなくても「(状況によっては)電気料金を値下げして対抗する」と述べました。

cat_11_issue_economic @linenews_0_53e3cf7debd0_3大メガバンク、"定期預金"金利引き下げへ 53e3cf7debd0 53e3cf7debd0 3大メガバンク、"定期預金"金利引き下げへ @linenews 0

3大メガバンク、"定期預金"金利引き下げへ

2016年2月6日 10:03 ロイター

日本銀行のマイナス金利政策導入を受け、三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行、三井住友銀行は、定期預金に付ける金利を引き下げ、一部の大口定期と小口定期の金利水準を同一にすることを決めました。

同3行は8日から、定期預金(満期1カ月~10年)の金利を最大0.06~0.075ポイント引き下げ、三菱東京UFJと三井住友は300万円未満の場合は1カ月でも10年でも金利が0.025%。みずほは預金額による金利差がなくなります。

これまでは銀行は、大口預金に対してより高い金利を付与して資金を集めてきましたが、日銀のマイナス金利再策の導入で預金収益が悪化するため、預金の増加を抑える施策に踏み切ります。

cat_11_issue_economic @linenews_0_eb8a763c0dd1_トヨタ、2年連続で最高益を更新 2兆3056億円 eb8a763c0dd1 eb8a763c0dd1 トヨタ、2年連続で最高益を更新 2兆3056億円 @linenews 0

トヨタ、2年連続で最高益を更新 2兆3056億円

2016年2月5日 17:05 ロイター/アフロ

トヨタ自動車が5日発表した2015年4~12月期連結決算(米国会計基準)は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比9.0%増の2兆3056億円となり、2年連続で過去最高を更新しました。

ガソリン安を背景に北米での新車販売が好調なため。円安効果で輸出採算も改善しました。売上高、純利益いずれも過去最高となっています。

なお、ダイハツ工業、日野自動車、中国合弁企業を含めたグループ総販売台数は、1万6000台減の763万2000台でした。

cat_11_issue_economic @linenews_0_7639a7437bec_マック、33カ月ぶり客数プラス 1月の既存店売上は35%増 7639a7437bec 7639a7437bec マック、33カ月ぶり客数プラス 1月の既存店売上は35%増 @linenews 0

マック、33カ月ぶり客数プラス 1月の既存店売上は35%増

2016年2月4日 20:52 ロイター/アフロ

日本マクドナルドホールディングスは4日、1月の客数が前年同月比17.4%増と33カ月ぶりに増加したと発表。既存店売上高は35.0%増と2ヵ月連続でプラスでした。

使用期限切れの鶏肉や、異物混入問題の影響で家族連れを中心に続いていた客離れにひとまず歯止めがかかった格好です。客単価は15.0%増と2カ月連続で伸びました。

新メニューも加わった「おてごろマック」が好調だったとのこと。また、不採算店の閉鎖や改装なども寄与しました。

cat_11_issue_economic @linenews_0_ebd999ac1b4b_マイナス金利、個人預金はならない 日銀総裁が拡大否定せず ebd999ac1b4b ebd999ac1b4b マイナス金利、個人預金はならない 日銀総裁が拡大否定せず @linenews 0

マイナス金利、個人預金はならない 日銀総裁が拡大否定せず

2016年2月4日 18:11 ロイター

黒田日銀総裁は4日午後、衆院予算委員会に出席。日銀のマイナス金利政策の導入を受けても、個人の預金金利がマイナスになる可能性はないとの見解を示しました。

黒田総裁は今後、マイナス金利幅をさらに拡大する可能性について、経済情勢次第としながらも「その可能性も当然否定しない」と明言しました。

欧州では日銀を大きく上回る年1%程度のマイナス金利を採用しているケースがあることを紹介。そうした国でも「個人向け預金はマイナス金利になっていない」と説明しました。

cat_11_issue_economic @linenews_0_fe7242714a31_シャープ、1080億円の最終赤字 中国市場の減速が影響 fe7242714a31 fe7242714a31 シャープ、1080億円の最終赤字 中国市場の減速が影響 @linenews 0

シャープ、1080億円の最終赤字 中国市場の減速が影響

2016年2月4日 16:54 産経ニュース

経営再建中のシャープが4日発表した2015年4~12月期連結決算は、売上高が前年同期比7.1%減の1兆9430億円。本業のもうけを示す営業損益が290億円の赤字、最終損益は1080億円の赤字でした。

主力の液晶事業は、スマートフォン向けの液晶パネルが中国市場での減速の影響で不振が継続。ただ通期の営業損益は100億円の黒字としていた業績予想を据え置きました。

シャープは4日、取締役会を開き、台湾の鴻海精密工業に再建支援で優先交渉権を与える方針を決定。2月中の交渉合意を目指します。

cat_11_issue_economic @linenews_0_d35a5873fe0a_経営不振のシャープ、台湾のホンハイ傘下で再建方針決定 d35a5873fe0a d35a5873fe0a 経営不振のシャープ、台湾のホンハイ傘下で再建方針決定 @linenews 0

経営不振のシャープ、台湾のホンハイ傘下で再建方針決定

2016年2月4日 12:50 ロイター/アフロ

シャープは4日、取締役会を開き、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業に再建支援で優先交渉権を与える方針を決めました。2月中の交渉合意を目指します。

鴻海はシャープを事実上、買収。事業売却はせず、「シャープ」ブランドを維持し、雇用も確保しながら再建を目指す方針。鴻海の支援総額は7000億円で、成長資金として5000億円を投じます。

官民ファンドの産業革新機構の支援を受けて経営を立て直す検討を進めてきたシャープ。鴻海が出資額を革新機構案の約2倍に引き上げたことから、一転して外資の下で再建を目指すことになりました。

cat_11_issue_economic @linenews_0_9b91b8562937_TPPに署名、参加12カ国が巨大経済圏に 9b91b8562937 9b91b8562937 TPPに署名、参加12カ国が巨大経済圏に @linenews 0

TPPに署名、参加12カ国が巨大経済圏に

2016年2月4日 09:15 時事ドットコム

環太平洋連携協定(TPP)交渉に参加した日本や米国など12カ国は4日、ニュージーランドのオークランドで協定に署名。昨年10月に大筋合意したTPPは最終合意となり、協定文書が確定しました。

今後は、議会承認などの国内手続きを本格化させます。協定が発効すれば国内総生産(GDP)で世界の約4割を占める、巨大経済圏が誕生します。

日本からは高鳥修一内閣府副大臣が出席。TPP交渉を主導した甘利明前経済再生担当相は1月下旬、金銭授受問題で引責辞任しました。