"痴漢冤罪防止アプリ"が支援募集中 弁護士が行動をガイド

02.06 20:56 GIZMODO

スマホアプリ開発を手がけるDOJASS BROTHERSが、"痴漢冤罪防止アプリ"を開発すべく、クラウドファンディングサイト・CAMPFIREで支援を募集しています。

アプリの内容は、弁護士のガイドが表示されるとともに、周囲の様子を記録するための動画が撮影できるというもの。「相手の女性にあなたが犯人だと思う理由を尋ねてください」「微物検査をして欲しいと自分から申し出てください」といった具体的なアドバイスが提供されるといいます。

リリース時期は3月を予定しており、まずAndroid版の配信を行うとのこと。iOS(iPhone)版は、支援の金額により開発可能か判断するといいます。

サバンナでは便利?動物の"縄張り"調べるGoogle検索が話題

02.06 20:53 ねとらぼ

Google検索の、"動物の縄張り"を調べる機能が注目を集めています。例えば、「縄張り 猫」で検索すると「0.07-0.28平方キロ」といったように、その動物の縄張りの範囲が表示されるのだとか。

また、「縄張り ネコ科」で調べると、トラやジャガーなど、ネコ科の動物たちの縄張り範囲が一覧で表示されるそう。他にも、「イタチ科」「マングース科」「サイ科」「オオアリクイ科」「ハイエナ」「ヒグマ」「ナマケモノ」など、様々な動物に対応しているようです。

以前には、スマホが"水準器"になる機能が話題となっていたGoogle。検索画面で「水準器」と調べると、検索結果の最上位に水準器(バブルレベル)のカードが表示され、すぐに確認が可能となっています。

Appleイベントの招待状が流出?"ワイヤレス充電"を示唆か

02.06 16:38 iPhone mania

Appleのスペシャルイベントの招待状とされる画像が流出したと、海外で注目を集めています。招待状は通常、イベントの1週間ほど前にメディア関係者らに発送されるもので、最近では、デザインやキャッチコピーでイベントの内容を示唆するのが通例となっています。

Twitterに公開された招待状とされる画像には、電波を思わせる波状のAppleロゴや、「We’re getting down to the wire(仕上げにかかっているところです)」という、"ワイヤレス充電"とかけたと思わせるフレーズが。一方、具体的な情報が少ないことから、画像は偽物ではないかとの指摘も多く挙がっているようです。

アプリ版「ファイアーエムブレム」初日の売上は約3億円と推定

02.06 16:26 ねとらぼ

2月2日に配信を開始した任天堂のゲームアプリ「ファイアーエムブレム ヒーローズ」。配信初日だけで290万ドル(約3億円)を稼いだと、アプリストアの分析・調査サービスサイト「Sensor Tower」が推定値を発表しています。

「ポケモンGO」の初日1020万ドルや、「スーパーマリオ ラン」の840万ドルには及ばないものの、「クラッシュ・ロワイヤル」の140万ドルは上回っており、好スタートを切ったと考えられているよう。また、ダウンロード数も初日だけで200万と、クラッシュ・ロワイヤルと同等だったと分析されています。

任天堂は、今後は年に2~3本のペースでスマホ向けゲームを展開する見通し。当初は「どうぶつの森」を3月にリリース予定でしたが、2017年度中への延期を発表しています。

じわじわ拡大中?「電子マネー・スリ」を防ぐには

02.06 07:46 RBB TODAY

アメリカでは2016年上半期の6カ月間に420万ドルもの被害が出るなど、ひそかに拡大している電子マネー・スリ。そのやり口は、高精度のカードリーダーをこっそりかざして、財布の中のカードから電子マネーやカードの情報だけを盗み取り、ECサイトで数百円程度の少額の決済を行うというものだそうです。

電子マネー・スリは、多数の人から少しずつ盗んでいくため、被害そのものに気づきにくいのだとか。対策としては、財布に入れておくと電波を遮蔽するスキミング防止カードや、電波を遮断する素材を使用した財布を使うのが良いようです。

米国、車椅子などを使う人のためのルート検索マップを開発

02.05 21:24 Techable

ワシントン大学の研究プロジェクトは2月、シアトルを対象に、車椅子やベビーカーを利用する人にとって便利な独自のオンラインマップ「AccessMap(アクセスマップ)」を公開しました。

シアトル市運輸局のオープンデータなどを統合し、道路の高低差や段差、舗装の状態、障害物の有無などを細かく反映。"段差のある縁石は避ける"など、移動における制約条件を設定すると、それぞれの条件を考慮した最適ルートを自動で検索できる仕組みとなっています。

インド、1000以上の村に無料Wi-Fiを提供する計画明らかに

02.05 16:20 amanaimages

インド政府は、1000以上の村にWi-Fiを無料提供する計画「Digital Village(デジタルビレッジ)」というパイロットプロジェクトを発表しました。

当プロジェクトは、1050の村に教育や医療サービス、インターネットを提供するもの。政府は8月をめどに、村にWi-Fiホットスポットを提供する特製の電波塔を建設する予定ですが、このプロジェクトには初期段階だけで6,200万ドル(約69億8,000万円)かかるそうです。

なおインドの駅やカフェなどでは、Googleが公衆無線LANを提供しているサービス「Google Station」が導入されています。

電子マネーがついた機械式腕時計、セイコーから登場

電子マネー機能がついた機械式腕時計を、セイコーウオッチが4月21日に500本限定で発売します。店頭で読み取り装置にかざすだけで買い物代金の支払いが可能。

セイコーが展開している「WIRED」ブランドの腕時計本体に、ソニーの「wena wrist」を組み合せています。「wena wrist」は腕時計のバンド部分に非接触IC技術を採用したもので、「楽天Edy」などの電子マネーが利用できます。

また1度の充電で約1週間使えるほか、生活防水にも対応。さらに、アプリと連携させれば、一日の歩数や消費カロリー、目標歩数までの達成度などの計測もできるとのこと。価格は5万3,000円(税抜)です。

Google、"材料や味付け"でレシピを検索できる機能を実装

02.05 15:56 gettyimages

Googleの2日(米国時間)付けの発表によると、スマートフォン版Google App内の検索機能において、味付けの好みなどから同じ料理の中でも最適なレシピを見つける機能が実装されたそうです。

「ヘルシー」や「ベジタリアン」といった大まかなカテゴリを選び、その後に表示される具体的なソースの種類や食感といった味付けなどを選択して、絞込み検索ができるとのこと。なお、いつ日本から利用できるかは現段階では不明となっています。

ACプラグ付きで便利!iPhoneの充電用アダプター付きケース

クラウドファンディングサイト・Indiegogoで、ACプラグ付きの充電用のアダプターが内臓されたiPhoneケース「EZ Charger Case Pro」が登場しました。

充電器が内蔵されているので、そのままコンセントに差し込んで充電することが可能。充電器を内蔵しながらも、本体厚は0.85インチ(約2.2センチ)で薄型設計となっています。

同チームは現在、製品化に向けてIndiegogoで出資者募集のキャンペーンを実施中。5日時点では、49ドルの出資(+送料)で「EZ Charger Case Pro」を1つ入手可能となっています。

続きはアプリで、快適に LINENEWS