アイドルと踊れる"自撮りAR"、フジテレビとNTTドコモが体験者募集

2017年7月13日 22:15 amanaimages

フジテレビとNTTドコモは、体験型コンテンツ「JidorAR(ジドラー)」を、音楽フェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」内の「NTTドコモ×フジテレビ 5Gステージ」にて、8月4日~6日に全3回提供します。チケット購入者から、体験者を募集しています。JidorARは、現実の映像に3Dモデルなどを投影する技術「AR」を活用したアプリです。

体験者は、3Dスキャナーで撮影した自分のアバターを専用のJidorARアプリにダウンロード。「NTTドコモ×フジテレビ 5Gステージ」でのライブに参加すると、スマホ越しにアイドルと一緒にステージで踊る自分の姿を見たり、撮影することができます。

ライブ前、体験者がJidorARアプリをダウンロードするためのWi-Fiスポットが用意されますが、この通信回線が「5G」。各回最大100名の参加者が、約300MBのアプリを一度にダウンロードすることで、高速・大容量の通信を疑似体験できるとしています。なお、ライブ中には5Gによる通信は発生しません。

"寿司出前ロボット"が初の実証実験 最大時速6km、歩道を自動走行

2017年7月13日 20:01 ねとらぼ

自動走行するロボットを使って寿司をデリバリーする実験が行われることが、ロボット開発を手掛ける企業、ZMPから発表されました。ロボット、ドローンを使った試みは、米国ではコンビニ商品の宅配、オーストラリアではピザの宅配などの分野で進められています。しかし、寿司を対象とした実証実験は世界初とのことです。

実証実験に使用されるロボットは、レーザーセンサー、カメラを使って周囲360度を認識しながら、最大時速6kmで歩道を自動走行することが可能です。8月から他企業との実証実験に着手する予定で、すでに宅配寿司チェーン「銀のさら」で知られるライドオン・エクスプレスが協力することが決まっています。

今のところ日本では、ロボットが歩道を自動走行することを想定した法制度が存在しません。まずは私有地内での実証実験を実施し、公道での実証実験の実現を目指すということです。

ルイ・ヴィトン、約30万円の高級"スマートウォッチ"発売

2017年7月13日 11:08 Engadget 日本版

ルイ・ヴィトンが初のAndroid Wear2.0スマートウォッチ「Tambour Horizo​​n(タンブールホライゾン)」を発表しました。3モデルをラインナップし、本体部分の税込価格は最安モデルで29万9,160円、最上位モデルで36万3,960円。オンラインショップ、一部直営店で販売されます。

Tambour Horizo​​nには公式アプリ「Louis Vuitton PASS」が備わっており、電話やメールの着信通知、スケジュール管理なども可能。「旅」をサポートするCity Guide機能やMy Flight機能も搭載されています。

全てのモデルに直径42mm、厚み12.55mmのステンレススチールケースが採用されており、背面には「LV」のロゴ入り。さらに専用の充電器が同梱されます。

KFC、数量限定で"特製スマホ"発売!中国30周年記念で

2017年7月13日 10:47 iPhone mania

ケンタッキーフライドチキン(KFC)は、今年で中国での営業開始から30周年となることを記念して、Huaweiとのコラボにより特製スマートフォン「Enjoy 7 Plus」を数量限定で発売しました。

背面にはカーネル・サンダースの顔が刻印。さらに好みの音楽でプレイリストを作り、KFCの店内でシェアできる専用アプリがプレインストールされています。価格は1,099人民元(約18,000円)で、5,000台の限定販売となっています。

「Windows Phone 8.1」のサポートが終了 シリーズ終焉か

2017年7月12日 19:54 iPhone mania

Microsoftは現地時間11日、携帯電話用OS・Windows Phone 8.1のサポート終了を明らかにしました。これはWindows Phoneの終焉を意味すると、米メディアThe Vergeが報じています。

同OSシリーズの最新版はWindows 10 Mobileですが、現在市場に出回っているWindows携帯の約80%がWindows Phone 7、Windows Phone 8、Windows Phone 8.1を搭載しているそう。今回のサポート終了によって、正式サポートが受けられるのは全体の約20%のみになると伝えられています。

Windows 10 Mobileのサポートはまだ継続するものの、2017年4月11日から提供されている「Windows 10 Mobile Creators Update」でも機能の大幅なアップデートはなく、同シリーズの先行きは不透明と言えるようです。

格安SIMの通信速度、リアルタイムで比較できるツール登場

2017年7月12日 19:45 iPhone mania

ITアドバイザリー事業などを手掛けるGogashaは10日より、MVNOの通信速度状況をリアルタイムで表示し、ブランドごとに比較できるWebツール「SIMW(シムゥ)」を公開しました。

現在対応しているのは、「OCNモバイル ONE」「IIJmio(SIMカードタイプD)」「mineo(ドコモ回線を利用するDプラン)」「楽天モバイル」「BIGLOBE SIM」「FREETEL」の6ブランド。今後、対応ブランドは随時追加していく予定だといいます。

通信速度の計測に関しては、各ブランドのSIMカードが入ったiPhone6sを使い、Safariブラウザ上で10~15分間隔でスピードテストを行っているとのこと。今後はアプリ化し一般公開することで全てのブランドの日本全国の通信状況を可視化していく予定です。

LINE、音声スピーカ「WAVE」先行体験版の予約受付を開始へ

2017年7月12日 18:07 CNET Japan

LINEは、音声AIプラットフォーム「Clova」を搭載したスマートスピーカ「WAVE」の先行体験版の予約受付を7月14日に開始します。価格は税別1万円。

WAVEは音声でコミュニケーションが出来るデバイスで、ニュースや天気情報を教えてくれるほか、EC、カレンダー、翻訳などのサービスも利用可能。また、LINEとも連携し、新着トークの通知や内容の読み上げ、トークの返信などを音声でコントロール出来るといいます。

今秋に正式なバージョンが発売される予定で、先行体験版は音楽機能に絞ったものになるとのこと。なお、正式版の登場後には、先行体験版の機能はアップデートされ、正式版と同じになる予定です。

Nintendo Switchでニコニコ動画が視聴可能に 13日より開始

2017年7月12日 16:47 CNET Japan

ドワンゴは12日、Nintendo Switchで動画サービス「ニコニコ動画」を視聴できるソフト「niconico」を、13日に無料配信すると発表しました。

同社ではこれまでもニンテンドー3DSをはじめとするゲーム機向けにniconicoを配信しており、新たにNintendo Switchに対応する形に。TVモードやテーブルモード、携帯モードの全てのモードで使用可能となっており、ニコニコ動画をコメントとともに視聴できます。

プレーヤー画面を小さくした状態で他の動画を探せる「ながら見機能」やコメントを全画面に割り込ませる「はみだしコメント」機能も搭載。また、トップ画面には放送中のアニメやゲーム実況動画の一覧が表示され、試聴していた動画が終わった場合は関連動画を自動再生します。

タカラトミー、心を持つロボット「COZMO」を秋に発売

2017年7月12日 08:29 MdN Design

株式会社タカラトミーは11日、感情表現に優れるAIを搭載した小型ロボット「COZMO」(コズモ)を9月23日から発売すると発表。価格は2万6980円(税別)で、全国の玩具専門店や、同社公式ショッピングサイト「タカラトミー モール」などで発売されます。

「COZMO」は米Anki社の製品で、アメリカのクリスマス商戦で大ヒットするなど人気を誇るロボット。喜怒哀楽などの感情をベースに、しぐさや声、表情、動きを組み合わせて1000以上の感情表現が可能。人とコミュニケーションをとることもできます。

最善の動作を「AIに自力で考えさせる」研究 成果を発表

2017年7月11日 22:58 ねとらぼ

Alphabet(Googleの親会社)傘下のDeepMindが、AIに人体の動きを学習させる研究成果を発表しました。人型や4足歩行型のCGモデルを用い、障害物を越えるための動作をAI自身に考えさせて進ませる様子を、YouTubeで公開しています。

研究者は歩行やジャンプなどの基本動作パターンをAIに与え、前進するよう指示。AIは可能な動作でいかにして途中の障害物を越えるか、試行錯誤しつつ進んでいきます。最初はモデルが転んだり足場から落ちたりと散々ですが、やがて上手に進めるようになり、学習の成果が少しずつ見えてきます。

単に「前進せよ」という命令が与えられただけで、AIは自分で前進する方法を学び取っています。試行錯誤の末、時には人間にはなじみのない不気味な動きを会得することもあるようです。

続きはアプリで、快適に LINENEWS