魚のように泳げる人工エラ「Triton」の製品化が中止

04.07 17:34 CNET Japan

クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で30万ドルもの資金を集めた、魚のように水中を泳げる人工エラ「Triton」の製品化キャンペーンが中止されることが明らかになりました。

製品の実現性に疑問を持たれ、実証ビデオを公開するなどしたものの疑いを晴らせなかったとのこと。集めた資金はすべて支援者に返金し、改めて新たなキャンペーンを立ち上げるといいます。

実証用として公開された動画はこちら。Tritonを装着した男性が長時間水中に滞在する姿が映されており、実際に製品が機能することを主張する内容となっています。

Facebook「ライブ動画」に新機能を追加

04.07 17:34 週刊アスキー

米フェイスブックは6日、Facebookアプリ上で生放送を配信できる「ライブ動画」に新機能を追加しました。

グループメンバーやイベント内でライブ動画の作成・閲覧が可能になったとのこと。視聴者はリアクション機能「超いいね!」「うけるね」「すごいね」「悲しいね」「ひどいね」を選んで配信中の動画に付けることが出来ます。

視聴中のライブ動画に友達を招待する機能や、興味のあるトピックに関連した動画が見つけやすくなる専用のメニューも実装されています。

スマホに貼るだけで「水没故障を防ぐ」シールが登場

04.07 11:00 Engadget 日本版

スマホの液晶画面からサイドまでを覆うことで、水没故障を大幅に減らせるという「スマホの防水対策シール」が15日に発売。スマホ修理業者が開発し、2015年12月に販売された「スマホ防水シール」を改良した製品です。

0.09ミリの極薄フィルムで曲面や段差にもなじみ、タッチ操作性を損なわないとのこと。新製品では補助フィルムの粘着力を変更したほか、切り込みを増やすことでシワを減らす工夫を施したといいます。

シールはiPhone6、6S用で、価格は税別1,280円。アマゾンなどの大手通販サイトで購入できます。

MSの「Surface Phone」常識を超えたスペックとの噂

04.07 09:49 GIZMODO

現在のスマホ市場は、iPhoneユーザーとAndroidユーザーに二分。IT業界の巨人であるマイクロソフトもWindows Phoneをリリースしていますが、いまいちぱっとしない状況が続いています。

マイクロソフトには以前から、好調の「Surface」シリーズの小型モデル投入を望む声があり、10月に「Surface Phone」が正式発表されると噂。リークによれば、最上位機種は、8GBのRAMを備え、500GBのストレージを採用するモンスターマシンとのこと。

しかし、同シリーズのSurface ProやSurface Bookなどは、値段が一般的な機種と比べると高めに設定されており、Surface Phoneもかなり高価になる可能性があるといいます。

未来キタ!校長がVRで挨拶するカドカワ「N高校」入学式

04.06 21:36 CNET Japan

カドカワは6日、2016年より開校する高等学校「N高等学校」の入学式を東京都内で開催。生徒のみ閲覧できるニコニコ生放送でも中継されました。初年度の入学者は1482人。最年長は86歳の女性とのことです。

奥平校長は「皆さんは先の見えない海に向かって新しい挑戦に船出した。一緒にがんばっていきましょう」とあいさつ。校長の姿は沖縄の校舎からVR中継され、出席者はサムスンの「GearVR」を装着して耳を傾けました。

N高校は、生徒それぞれが強化したい課目を自由に選択できるのが特徴の通信制高等学校。プロによる課外授業では、プログラミングの基礎を学んだり、作家から小説の書き方を学んだりすることもできるといいます。

WhatsApp「誰も解除できない」完全な暗号化を実装

iPhoneロック解除問題でアップルとFBIとの戦いがくすぶり続けるなか、全世界で10億人を超えるユーザーがいる「WhatsApp」が完全な暗号化を実装しました。

全てのメッセージが暗号化され送信されるため、読むことができるのはメッセージを送った相手だけ。暗号はエンド・ツー・エンド通信の完全なもので、5日時点でWhatsAppの全メッセージに施されています。

この暗号化はサービスを運営する「WhatsApp」さえも解除できないため、仮に政府が通信記録の提出を要求してきても、協力することは出来ないといいます。

Twitterに新ボタン登場! DMでのツイート共有が簡単に

Twitterは5日、iOS/Androidアプリにダイレクトメッセージ(DM)でツイートを共有できる新ボタンを追加しました。

DMはユーザー間でプライベートなメッセージを送る機能。これまでは、各ツイートを長押しして表示されるメニューから「ダイレクトメッセージで共有」を選択する必要がありました。

新たに実装されたDMボタンは、ツイートの下に表示。このボタンを押して送りたい人を選べば、すぐにツイートをDMとして共有できます。

iPhone、削除した長文をシェイクで復元できる裏技

04.06 11:20 gettyimages

メールなど長文を書いているときに間違えて消してしまった文章でも、iPhoneではある方法を使うことで復元することができます。

その方法は、iPhoneをシェイク(振る)するというもの。数回振ると「取り消し」の選択肢が表示され、これをタップすると復元されます。

また、シェイクすることで一気に文字を消すことも。iOS 9では誤作動を防ぐために、機能のオンオフが設定できるようになっています。

Amazonの音声端末が大ヒット 次世代のプラットホームか

04.06 09:40 GIGAZINE

Amazonが開発したスピーカータイプの音声アシスタント端末「Amazon Echo」。話しかけると、まるで人間と会話しているような流暢な言葉で返答する同製品は、英語圏で大ヒット商品になっています。

Amazon幹部によると、ベゾスCEOがEchoの強烈な支持者として開発チームをバックアップ。ユーザーの声を聞き取ってから応答するまでの平均待ち時間を1秒に抑えるなど、応答速度をはじめ繊細で高度な音声認識・発声技術が必要だったといいます。

Echoは話しかけるだけで、天気を教えてくれたり、簡単な調べ物、Uberの配車やピザの注文などが可能。Appleの共同創業者ウォズニアック氏も「Echoが次にくるプラットフォームだと思うな」と夢中だとか。

Apple、Magic Mouseにも「感圧タッチ」搭載か

04.06 08:01 iPhone mania

Appleが、Magic MouseにもForce Touch(感圧タッチ)の搭載を考えていることが、新たに取得した特許から明らかになりました。

従来のマウスでは「クリックしたかどうか」しか判断できませんが、このマウスでは力の強弱や長押しなど、さまざまなインプットを判別できるようになるとのこと。

昨年10月には、Magic Mouse 2が発表。充電式になっているほか、シンプルなジェスチャーでWebページをスワイプしたり、文書をスクロールすることができます。

続きはアプリで、快適に LINENEWS