Gear VR、利用者が100万人突破 映像コンテンツが人気

05.12 16:37 ゲームスパーク

Oculus VR社は、サムスンと協力して開発したHMD型VRデバイス「GearVR」のOculusプラットフォーム利用者が、4月に100万人を突破したと発表しました。

GearVRはサムスンの携帯端末Galaxyシリーズで利用できるVRデバイス。発表によると現時点で250以上のアプリケーションが登場しており、GearVRを利用する80%の人は映像コンテンツを楽しんでいるとのこと。

5月19日にはサムスンのフラッグシップ携帯端末「Galaxy S7 edge」がauとドコモより発売。両社とも発売日までに予約して購入することによって「Gear VR」がプレゼントされるキャンペーンが実施されます。

iPhoneのLEDを活用 可愛らしい「デスクライト」が登場

05.12 13:59 WIRED

イタリア人デザイナーのナッツァレーノ・ルスポリーニ氏は、iPhoneの懐中電灯機能を活用した可愛らしい「デスクライト」を3Dプリンティングで製作しました。

このアイテムは、「Ibat-Jour」と名付けられ、スマートフォン上に固定して使用します。ここ数年間、ルスポリーニ氏は白色のアクセサリーをつくり続けてきたといいます。

iPhone7、カメラ内蔵型の全面ディスプレイを採用か

05.12 11:12 iPhone mania

ニュースメディア「MacRumors」はiPhone7について、Touch IDやFaceTimeカメラ内蔵型の全面ディスプレイ採用をするのではないかと伝えています。

この噂が真実の場合、新型iPhoneではホームボタンが消滅。またディスプレイ素材については、本体全面にガラス素材が採用されるのではないかという予測もあります。

今年の9月に発売が予想されているiPhone 7。その本体サイズはiPhone6sと同じようだとフランスメディアの「nowhereelse.fr」が伝えています。

リングライト内蔵!キヤノンが世界初のマクロレンズ発表

05.12 09:51 GIZMODO

キヤノンは、EOS M用レンズ初のマクロレンズ「EF-M 28mm F3.5 Macro IS STM」を発表。このレンズは、世界で初めてLEDライトを内蔵しています。

LEDライトは、両側点灯と片側点灯の選択、明るさの強弱の切り替えが可能。正面から光を当てることで、影を出さずに細部を明るく撮影できるといいます。

マクロレンズとしては、0.7~1.2倍までの倍率でマクロ撮影が可能な「スーパーマクロモード」を備えます。発売時期は6月下旬で、価格は税別4万5000円。

インスタグラムが初のアイコン変更 アプリ内も刷新

05.12 02:36 ORICON STYLE

インスタグラムのアイコンが11日夜(米国時間同日午前)、サービス開始後として初めて変更されました。

グラデーションカラーに、白いラインでカメラレンズを描いたデザイン。同時にユーザーが写真・動画を投稿するコンテンツページも、白に統一されています。

インスタグラム共同創業者でCEOのケビン・シストロームは自身のアカウントで「新デザインは活気に満ちた多様性を表現。新たなクリエイティブのひらめきとなることでしょう」とコメントしています。

Facebook、保守系ニュース排除は本当か 上院が調査開始

05.11 21:35 gettyimages

Facebookがトレンド欄から保守系ニュースを外していたという報道を受け、米上院通商委員会(報道・消費者保護・ネット通信関連法管轄機関)がマーク・ザッカーバーグCEOに説明を求める書簡を送りました。

書簡ではトレンド欄担当社員らに出頭を命じ、記事を選ぶ手順や、表示されるコンテンツを操作していたという話の真偽などについて説明を求めています。Facebookは「説明するのを楽しみにしている」と声明を発表。

一部の英語環境で提供されているトレンドは、Facebookで人気が急上昇しているトピックなどを集める機能。Facebookの元契約社員を名乗る匿名の人物が、保守寄りな内容のニュースを排除していると発言し波紋を呼んでいました。

Appleがこの1年で買収した企業 次のイノベーションの種か

05.11 16:29 iPhone mania

最近、リリースされた製品やiPhoneの販売失速を受けて「イノベーション」がなくなったと指摘されるApple。しかし、ティム・クックCEOは「この1年で15件の企業買収を完了した」と語り、新製品やサービスの登場を示唆しています。

リンク先ではAppleがこの1年間で買収した企業を紹介。人の表情から感情を読み取るAI技術や、複数のカメラを使い高画質の写真を撮影可能にするカメラ技術など、様々な強みを持つ企業がそろっています。

またiPhoneビジネスの未来は"サービスに掛かっている"との意見も。実際、Apple Musicは1300万人以上のユーザーを獲得。Apple Payも「週あたり100万人の新ユーザを獲得」するなど、デバイスの売上ばかりに目を向けるのは止めるべきとの指摘もあります。

ドコモが2016夏モデルを発表 最新XperiaやGalaxyが登場

05.11 16:10 GIGAZINE

5月11日、NTTドコモが「2016夏 新サービス・新商品発表会」を開催。「Xperia X Performance」や「Galaxy S7 edge」などスマートフォン5機種をはじめ、国内最速の受信時最大375Mbpsを実現した「PREMIUM 4G」が発表されました。

6月中旬に発売予定の「Xperia X Performance SO-04H」は、従来のZシリーズからデザインを刷新し、アルミ背面を採用。カラーバリエーションは「ホワイト」「グラファイトブラック」「ライムゴールド」「ローズゴールド」の4色展開です。

サムスンのフラグシップモデルである「Galaxy S7 edge SC-02H」も登場。防水・防塵対応&前モデルから容量1.4倍増の3600mAh大容量バッテリー搭載など、実用面で大きく進化しています。発売は5月19日を予定。

スマホ向けゲームガジェット「ピコカセット」が出資者を募集

05.11 15:58 CNET Japan

スマートフォン用のゲームカセット型ガジェット「ピコカセット」の本格展開がスタート。現在クラウドファンディングサービス「Makuake」にて支援者を募っています。

ピコカセットは、スマートフォンのイヤホンジャックに挿すことでゲームがプレイできるというガジェット。往年のゲームカセット型となっており、8bitゲームを楽しめます。

第一弾に採用されたゲームは、80年代に大ヒットした「忍者じゃじゃ丸くん」。同プロジェクトでは、スマホの普及によって完全デジタル化されたゲームを、再び「おもちゃ」の形に戻すことを目指しているといいます。

チャットボット開発向け「API」、先着3000名に無料提供

05.11 10:00 amanaimages

株式会社ユーザーローカルは10日、チャットボット開発向けのプラットフォーム「人工知能ボットAPI」の事前登録受付を開始。開発者向けに先着3000名に限り無料で提供します。

対応するメッセージサービスは、「LINE BOT」「Twitterボット」など。APIがメッセージを受け取ると、形態素解析で内容に合わせた返信内容を人工知能で生成する仕組みで、自然言語による高度な会話を実現します。

主な機能は「全自動会話エンジン」「氏名自動認識API」「キャラクター会話API」の3つ。これらは、オンラインゲーム内のキャラクターや、ロボット開発にも活用できるとされています。

続きはアプリで、快適に LINENEWS