cat_7_issue_digital @linenews_0_28ddccce7988_「MacBook Air」ブランド、現行モデルで廃止の可能性 28ddccce7988 0

「MacBook Air」ブランド、現行モデルで廃止の可能性

2016年4月14日 08:29 iPhone mania

Appleの薄型ノートPC、MacBook Airが現在発売中のモデルをもって、廃止される可能性あると報道。今後は薄型軽量のMacBookと、高性能なMacBook Proに統合されるといいます。

以前より刷新と統合が噂されていたMacBookシリーズ。3月のスペシャルイベントで何も発表されなかったことから、6月のWWDCで何らかの発表があると見込まれています。

薄型化されたMacBookの発表が予想されるなか、Appleは接続用端子を「重ね付け」することで拡張性を高める特許を取得。端子がひとつでも、複数の周辺機器を接続できるとされています。

cat_7_issue_digital @linenews_0_d4162569d702_Apple、iCloudサービスを中国企業のサーバーに移行か d4162569d702 0

Apple、iCloudサービスを中国企業のサーバーに移行か

2016年4月14日 07:39 GIGAZINE

AppleはiCloudデータセンターのサーバーを、自社運営のデータセンターへ切り替えを計画しており、移行先として中国「Inspur」のサーバーを検討中であると、台湾メディアDIGITIMESが報じています。

Appleは現在Amazon Web Services(AWS)に依存しており、多額のコストが掛かっているとのこと。自社データセンターを構築することにより、これを回避するようです。

この件に関して両社ともにコメントは未発表。ほかのメディアによると、DIGITIMESは以前にも正確な情報を伝えたことがあり、今回の件も信ぴょう性が高いということです。

cat_7_issue_digital @linenews_0_24e993da8f5f_史上最薄の新型Kindle Oasis発売 付属カバーで数ヶ月駆動 24e993da8f5f 0

史上最薄の新型Kindle Oasis発売 付属カバーで数ヶ月駆動

2016年4月14日 00:23 Engadget 日本版

アマゾンが13日、電子書籍リーダーKindleの最上位モデル、「Kindle Oasis」を発表。現在すでに予約注文を受け付けており、Amazon.co.jpでは4月27日から発売します。

Kindle史上最も薄くて軽い、最薄部3.4mm・本体重量131gを実現。ディスプレイは6インチサイズで、フロントライトLEDを60%増やし、明るさUP。応答速度も向上しているといいます。

さらに歴代Kindleで初めて、追加バッテリーを内蔵したカバー(3色)が付属。カバーを装着していれば「数ヶ月」充電不要に!内蔵ストレージ容量は4GB、価格は最も安価なキャンペーン情報付きのWi-Fiモデルが3万5,980円です。

cat_7_issue_digital @linenews_0_9de933f00d8c_iPhoneで精子をチェックできるサービス「Seem」が登場 9de933f00d8c 0

iPhoneで精子をチェックできるサービス「Seem」が登場

2016年4月13日 18:42 Engadget 日本版

リクルートライフスタイルは、自分の精子の濃度と運動率をiPhoneアプリで測定できるサービス「Seem」の提供を開始。簡易検査キットが4月末より、都内および近郊のクリニック、薬局でテスト販売されるとのこと。

採取棒を使って、精液をスマートフォン用顕微鏡レンズにのせ、iPhoneの専用アプリで動画を撮影。プログラムが動画を自動解析して、精子の濃度と運動率を測定してくれるといいます。

開発の背景には、不妊に悩むカップルの増加があるとのこと。WHOの調査によると、不妊の48%は男性側に原因がある一方、医療機関での検査を受ける男性が少ないことから、手軽にチェックできる「Seem」を開発したとしています。

cat_7_issue_digital @linenews_0_29480a28e8cd_Facebook、Messenger用のチャットボットを発表 29480a28e8cd 0

Facebook、Messenger用のチャットボットを発表

2016年4月13日 14:04 iPhone mania

Facebookは12日、「F8開発者会議」を開催し、メッセンジャープラットフォーム向けにチャットボットを発表。企業がカスタマーサービスや、Eコマース案内などを自動化するツールとして位置付けられています。

たとえばユーザーがメッセンジャーで「レストランを予約できますか?」と送信すると、レストラン側は画像、リンクなどを含めたメッセージをボットによって自動返信。ユーザーは簡単に予約を完了できるようになるといいます。

また同社は、ライブ動画機能をあらゆる端末に搭載可能とするライブ動画APIを発表。F8では、ドローン開発企業DJIがドローンからのライブ動画をストリーミングするデモを行いました。

cat_7_issue_digital @linenews_0_421d82a10412_Facebook、全周囲死角なしのVRカメラシステムを発表 421d82a10412 0

Facebook、全周囲死角なしのVRカメラシステムを発表

2016年4月13日 13:39 GIGAZINE

Facebookは、8K対応のVR映像を簡単に作成できるVRカメラシステム「Surround 360」を発表しました。VRヘッドセットの登場など、盛りあがりを見せるVR市場において、コンテンツを拡充する狙いがあるとのこと。

円周上にF値2.4・広角77度のレンズ搭載の1インチセンサー内蔵カメラを14台、天面に1台、底面に2台の魚眼レンズを搭載。専用のスタンドで移動することもできます。

撮影した映像は、特別な編集操作なしで合成でき、リアルなVR映像にできるとのこと。7月をめどに、Surround 360用ソフトウェアがGitHubでオープンソースとして公開される予定です。

cat_7_issue_digital @linenews_0_82a6f283f021_割れたスマホに貼る「スマホの絆創膏」が発売 82a6f283f021 0

割れたスマホに貼る「スマホの絆創膏」が発売

2016年4月13日 11:47 Engadget 日本版

最近のスマホは価格が高く、画面が割れてもなかなか買い替えられませんよね。そんな時、ガラスの破片が落ちたり指や顔を傷けないようにする透明フィルムが登場しました。

「スマホの絆創膏」は液晶保護フィルムのような透明シート。画面の割れたスマホに貼れば、ケガを防いで最後まで安全に使えるとうたっています。価格は980円。

スマホ向けフィルムは通常、機種ごとに販売されますが、本製品は汎用で、最大5.7インチまでのディスプレイをサポート。本体側面まで覆って貼る形になっており、ガラスの破片がこぼれないようになっています。

cat_7_issue_digital @linenews_0_c63eb0bc6832_Google、「Chromecast」体験ブースを新宿に設置 c63eb0bc6832 0

Google、「Chromecast」体験ブースを新宿に設置

2016年4月13日 09:18 ガジェット通信

Google Japanが11日、新宿駅の丸ノ内線メトロプロムナードに、新型の「Chromecast」を体験できるブースを期間限定で設置しました。期間は17日の20時までとなります。

今企画では、Netflixなどで配信中の又吉直樹原作のオリジナルドラマ「火花」、「スター・ウォーズ」シリーズ、劇場版「名探偵コナン」シリーズを、スマートフォンからブースに設置されたテレビにキャストすることができます。

なお「火花」は今企画でしか見ることができない特別映像となっています。

cat_7_issue_digital @linenews_0_28db30284020_18.4インチの超大型タブレット「Galaxy View」発売決定 28db30284020 0

18.4インチの超大型タブレット「Galaxy View」発売決定

2016年4月12日 16:33 Engadget 日本版

サムスン電子は、18.4型フルHDディスプレイを搭載した超大型タブレット「Galaxy View」を、15日より法人向けに販売すると発表しました。

持ち運びを考慮し、背面にはハンドルが備えられているとのこと。立てても寝かせても使える「2Wayスタンド」により、利用シーンにあわせた使い分けが可能だといいます。

5700mAhのバッテリーを搭載し、動画なら約8時間の連続再生が可能。店頭のデジタルサイネージや、営業ツールとしての利用が想定されています。

cat_7_issue_digital @linenews_0_7eb424f8d9cf_サンスター、スマホと連動する"歯磨き用デバイス"発売 7eb424f8d9cf 0

サンスター、スマホと連動する"歯磨き用デバイス"発売

2016年4月12日 16:32 Engadget 日本版

サンスターは、歯ブラシにアタッチメントとして装着することで、スマートフォンとの連動を可能にするデジタルデバイス「G・U・M PLAY」を4月18日に発売します。価格は5000円。

対応する歯ブラシのハンドル部に装着することで使用可能とのこと。加速度センサーとBluetoothを搭載しており、歯ブラシの動きを認識して、スマートフォンへ伝送する仕組みだといいます。

紹介動画はこちら。対応アプリとして、歯磨きを採点する「MOUTH CHECK」や、データを記録する「MOUTH LOG」、ゲーム形式の「MOUTH MONSTER」などが用意されています。

続きはアプリで、快適に LINENEWS