cat_16_issue_c26b996a @linenews_0_757ec13567b0_野々村被告が約5カ月ぶりにブログを更新 757ec13567b0 0

野々村被告が約5カ月ぶりにブログを更新

2016年4月30日 03:51 共同通信

政務活動費913万円をだまし取ったとして、詐欺罪などに問われている“号泣元県議”こと元兵庫県議の野々村竜太郎被告が30日、自身のブログを約5カ月ぶりに更新しました。

ブログには「このような事件を二度と起こさないことや、お一人でも多くの方を幸せにすること、少なくとも人にご迷惑をお掛けしないことを誓約致します。」と掲載されています。

文面は、25日に神戸地裁で開かれ、検察側が懲役3年を求刑した公判で、野々村被告が最終意見陳述で読み上げた文面と同じとみられます。

cat_16_issue_c26b996a @linenews_0_d2eb93cfb5cb_野々村被告に懲役3年を求刑 「相当悪質な犯罪」と検察 d2eb93cfb5cb 0

野々村被告に懲役3年を求刑 「相当悪質な犯罪」と検察

2016年4月25日 11:39 共同通信

日帰り出張を繰り返したなどとうその報告書を提出し、政務活動費約913万円をだまし取ったとして、詐欺などの罪に問われた元兵庫県議野々村竜太郎被告(49)の論告求刑公判が25日、神戸地裁(佐茂剛裁判長)で開かれ、検察側は懲役3年を求刑しました。

野々村被告は「収支報告書に虚偽記載し、政活費の返還を免れたことは決してございません」などと起訴内容を否認。被告人質問でも「記憶にありません」と繰り返しました。

検察側は「誠に大胆不敵な手口」「相当悪質な犯罪」などと断罪。起訴状によると、日帰り出張を繰り返したなどとうその収支報告書を県議会に提出し、2011~13年度の政活費約913万円をだまし取ったとしています。

cat_16_issue_c26b996a @linenews_0_c25dbe4ef528_野々村被告の保釈が決定、800万円を即日納付 c25dbe4ef528 0

野々村被告の保釈が決定、800万円を即日納付

2016年2月27日 10:19 ANNnews

1月の初公判以降、勾留されている元兵庫県議の野々村竜太郎被告の保釈が26日に決まりました。

野々村被告は嘘の日帰り出張などの名目で、過去3年間で政務活動費約913万円をだま­し取ったとして在宅起訴されていました。初公判以降は勾留されていましたが、800万円を支払い保釈が決定。次回公判は自主的に出廷することになります。

cat_16_issue_c26b996a @linenews_0_2d02e881bb89_元県議の野々村被告、保釈決定 800万円を即日納付 2d02e881bb89 0

元県議の野々村被告、保釈決定 800万円を即日納付

2016年2月26日 20:30 共同通信

神戸地裁は26日、政務活動費をだまし取ったとして詐欺などの罪に問われ、初公判後に勾留されていた元兵庫県議野々村竜太郎被告(49)の保釈決定を出しました。

地裁によると、野々村被告側が同日に保釈を請求。保釈保証金800万円は即日納付されました。地裁は今年1月、強制的に出廷させる「勾引」の手続きを取り、3月25日まで勾留することを決定していました。

cat_16_issue_c26b996a @linenews_0_34ad7d61f43e_野々村被告、反省文に「公金詐取した」 地裁が証拠採用 34ad7d61f43e 0

野々村被告、反省文に「公金詐取した」 地裁が証拠採用

2016年2月22日 18:21 共同通信

政務活動費をだまし取ったとして、詐欺罪などに問われた元兵庫県議野々村竜太郎被告(49)の第2回公判が22日、神戸地裁であり、同被告が事件後、神戸地検に送っていた「反省文」の内容が明らかにされました。

内容は「虚偽の内容を記載して報告し、公金を詐取した。県民の信頼を裏切り心からおわびする」などとするもの。検察側が証拠申請し、地裁が採用したため読み上げられました。

反省文は2014年11月14日の取り調べ翌日に提出したとされています。被告は自ら記載したことを認めましたが、内容は自分で考えたのか質問されると「答えは差し控えます」と返答しました。

cat_16_issue_c26b996a @linenews_0_ad91c4943459_野々村被告、覚えてない発言繰り返す 第2回公判 ad91c4943459 0

野々村被告、覚えてない発言繰り返す 第2回公判

2016年2月22日 16:50 スポニチ

政務活動費約913万円をだまし取ったとして詐欺罪に問われた元兵庫県議・野々村竜太郎被告(49)の第2回公判が22日、神戸地裁で開かれました。被告は1月26日の初公判と同様、「記憶にございません」を繰り返しました。

被告人質問で、検察に「虚偽、詐欺をやっていないという根拠は何なのですか」と問われると「記憶がないので根拠を求められても答えられません」と主張。その後の質問にも「記憶にありません」を繰り返しました。

また、検察官に「第1回公判から本日までほとんどの質問に対して覚えていないと答えたが、思い出そうとする努力はしたのか」と問われると「拘留されている精神状態だったので、努力は頭に浮かびませんでした」と答えました。

cat_16_issue_c26b996a @linenews_0_4a5709ff8512_野々村被告の勾留決定が確定 最高裁が特別抗告を棄却 4a5709ff8512 0

野々村被告の勾留決定が確定 最高裁が特別抗告を棄却

2016年2月17日 20:02 47NEWS

政務活動費をだまし取ったとして詐欺罪などで公判中の元兵庫県議野々村竜太郎被告(49)の勾留を認めた神戸地裁決定が17日までに確定しました。

最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)が15日付で、決定を不服とする被告側の特別抗告を棄却する決定をしました。

野々村被告は、神戸地裁で予定されていた昨年11月の初公判を「精神的に出廷できる状況にない」として欠席。延期された1月の初公判では起訴内容を否認し、閉廷後に地裁は3月25日までの勾留を決定していました。

cat_16_issue_c26b996a @linenews_0_427515fad937_号泣元県議"覚えてない"に裁判長苛立ち 2カ月勾留の理由は 427515fad937 0

号泣元県議"覚えてない"に裁判長苛立ち 2カ月勾留の理由は

2016年1月27日 11:13 共同通信

政務活動費(政活費)の不自然な支出をめぐる事件で、詐欺罪などに問われた元兵庫県議、野々村竜太郎被告のやり直し初公判が26日に行われました。ようやく法廷の場に現れた被告は起訴内容を否認。不明瞭な受け答えに終始しました。

質問が具体的な事件の中身に及ぶと「記憶がございません」などと繰り返したと報じられており、傍聴人らからは呆れや怒りの声が聞かれました。

裁判官をいら立たせ、弁護人も頭を抱える行動を見せた被告。地裁は3月25日まで被告の勾留を決めましたが、理由について法曹関係者は「逃亡し、次回公判もすっぽかしたり証拠隠滅をはかる可能性が高いとみている証拠」と指摘しています。

cat_16_issue_c26b996a @linenews_0_5a901ca97415_野々村被告を2カ月勾留 神戸地裁が決定 5a901ca97415 0

野々村被告を2カ月勾留 神戸地裁が決定

2016年1月26日 19:50 共同通信

神戸地裁は26日、政務活動費をだまし取ったとして詐欺罪などに問われた元兵庫県議野々村竜太郎被告(49)の勾留を決定しました。期間は同日から3月25日までです。

公判終了後、神戸地検の係官が野々村被告を神戸拘置所に連行したとのこと。刑事訴訟法では、被告が逃走する疑いがある場合や、証拠隠滅する疑いがある場合は、被告を勾留することができると定められています。

公判中の被告は、「覚えておりません」を連発。あいまいな説明に終始しました。また、被告は「昨年、記憶障害の可能性があると診断された」と話しています。

cat_16_issue_c26b996a @linenews_0_4c171f0b28ca_野々村被告「覚えていない」繰り返す 記憶障害の可能性主張 4c171f0b28ca 0

野々村被告「覚えていない」繰り返す 記憶障害の可能性主張

2016年1月26日 17:49 共同通信

日帰り出張を繰り返したなどとうその報告書を提出し、政務活動費約913万円をだまし取ったとして詐欺などの罪に問われた元兵庫県議野々村竜太郎被告(49)の初公判は26日午後も神戸地裁(佐茂剛裁判長)で続き、被告人質問で野々村被告は「覚えておりません」と繰り返しました。

同被告が何度も「記憶にない」と繰り返すため、裁判長が介入する場面も。「さっきから『記憶にない』と言ってますが、本当にないのか。認めたくないからそう言っているのか」と尋ねると、「記憶にございません」と答えました。

また、昨年暮れに「記憶障害の可能性がある」と診断された事を告白。診断書の提出については「出すことはできる」と話しました。

続きはアプリで、快適に LINENEWS