cat_11_issue_business @linenews_0_88daf7049831_東京都心部の不動産市場を中国マネーが席巻している理由 88daf7049831 88daf7049831 東京都心部の不動産市場を中国マネーが席巻している理由 @linenews 0

東京都心部の不動産市場を中国マネーが席巻している理由

2014年10月7日 15:07 gettyimages

今、東京都心部の分譲マンションや商業用ビルなどの物件を見て回る中国人向けの「都心不動産購入バスツアー」が毎日のように行なわれているようです。何故彼らは都心に目をつけたのでしょうか?

ある不動産コンサルタントは理由を、「都心の不動産価格は世界的水準からすると15~20%割安だと見られています。中国人はその分ぐらいの価格上昇が期待できると睨み、都心の不動産を買っている」と説明。

中国人に特に人気なのは青山・赤坂・麻布の「3A」エリア。また新宿、六本木、品川など知名度がある地区の物件。加えて最近は、有明や豊洲などの湾岸エリアの人気が高まっているそうです。

cat_11_issue_business @linenews_0_42021def6146_広告マンが歌ってPR「広告バンド」が今後話題になりそうな予感 42021def6146 42021def6146 広告マンが歌ってPR「広告バンド」が今後話題になりそうな予感 @linenews 0

広告マンが歌ってPR「広告バンド」が今後話題になりそうな予感

2014年10月7日 13:00 ビジネスジャーナル

激変する広告業界において、既存の手法とはまったく別の広告を手がけているのが「広告バンド」。地元・沖縄の企業のオリジナル楽曲を作り、歌ってPRする活動を一人で行っています。

オリジナル楽曲や動画の使い方は、協賛イベントでの広告やライブの前座など。沖縄らしいシュールさも相まって、半年以上先まで撮影の予定が埋まっているほどの人気。

これまでに、住宅メーカーやお菓子メーカー、モバイルショップなどの広告を制作。映像には社員も参加しています。

cat_11_issue_business @linenews_0_607f5b114717_カフェ展開や男性向けも "フラワー業界"でユニークな成功例続々 607f5b114717 607f5b114717 カフェ展開や男性向けも "フラワー業界"でユニークな成功例続々 @linenews 0

カフェ展開や男性向けも "フラワー業界"でユニークな成功例続々

2014年10月7日 11:00 Fashionsnap.com

花の販売額は年々減少し、市場規模は減少傾向に。その中でも、カフェ事業や空間デザインビジネスへの進出などで売り上げを伸ばす企業は少なくありません。

恵比寿や品川などに店を構える「サンジョルディフラワーズ」は、店内に花を置かず、オーダーメイドのサービスを提供。売れ残りのロスがなく、男性の抵抗感を和らげる効果もあるとか。

「青山フラワーマーケット」は、ここ10年余で売上高が8倍強にも。小さなスペースで、ガラスケースなどにコストをかけず、普段使いの花を安価でそろえる店舗展開が成功の要因ともいえます。

cat_11_issue_business @linenews_0_c7afcca15a83_"社員使い捨て企業"の説明会には特徴があった c7afcca15a83 c7afcca15a83 "社員使い捨て企業"の説明会には特徴があった @linenews 0

"社員使い捨て企業"の説明会には特徴があった

2014年10月7日 09:02 東洋経済オンライン

問題のある企業は、熱狂的な会社説明会を開催する傾向が。「私たちと一緒に世界を変えよう」といった大きな目標で学生の感動を引きつけるような企業には注意が必要です。

採用サイトやパンフレット、説明会などが豪華すぎるのも要注意。業績や財務情報など具体的な情報を確認したうえで、学生側からも働くに値する企業であるか冷静に判断しましょう。

人を大事にする企業は、その人を十分理解したうえで採用へと進むため、採用までのステップが多いことは、"ホワイト"の基準のひとつともいえます。

cat_11_issue_business @linenews_0_8e4b25832222_被災地で契約農家を増やすカゴメの狙いとは 8e4b25832222 8e4b25832222 被災地で契約農家を増やすカゴメの狙いとは @linenews 0

被災地で契約農家を増やすカゴメの狙いとは

2014年10月7日 07:02 amanaimages

トマトジュース市場トップのカゴメが、東北の被災地で加工用トマトの契約農家を拡大。農家にとっては安定的な収益が見込め、雇用拡大は被災地の農業復興につながる取り組みとなっています。

一方のカゴメにとっては、原料の国産比率向上につながるというメリットが。国産トマトの安心感とおいしさを求めるニーズに向け、今後も東北での契約農家を増やしていく予定。

今年8月には、国産トマト100%の「トマトジュースプレミアム」を発売。従来品より割高ながら、トマトを丸かじりしたようなおいしさが好評です。

cat_11_issue_business @linenews_0_9289f94b9ff4_住宅ローン空前の低金利 選ぶなら固定か変動か? 9289f94b9ff4 9289f94b9ff4 住宅ローン空前の低金利 選ぶなら固定か変動か? @linenews 0

住宅ローン空前の低金利 選ぶなら固定か変動か?

2014年10月6日 19:00 NEWSポストセブン

長期間固定金利型「フラット35」の最低金利が1.65%となり、みずほ銀行の10年固定金利型も1.25%に。変動金利型も0.5%台の設定があるなど、住宅ローン金利が史上最低の水準となっています。

今の低金利も、景気が今後順調に回復すれば数年後には上昇する可能性が。変動金利ならここ数年の返済額は抑えられますが、長いタームで考えると「長期固定金利型」がおすすめです。

ソニー銀行では、変動金利型から固定金利型に機動的に切り替えることが可能な住宅ローンも登場しています。

cat_11_issue_business @linenews_0_803089e9a7ee_食品にもスキンケアにも燃料にも "ミドリムシ"に世界が注目 803089e9a7ee 803089e9a7ee 食品にもスキンケアにも燃料にも "ミドリムシ"に世界が注目 @linenews 0

食品にもスキンケアにも燃料にも "ミドリムシ"に世界が注目

「ミドリムシ」は植物と動物の機能を持つ藻類の生物。栄養豊富で消化率もいいためサプリメントとして有望で、二酸化炭素を吸収して燃料を精製する"クリーン燃料"としても注目を集めています。

「ミドリムシ」プロジェクトの鍵を握るのが「ユーグレナ」というベンチャー企業。それまで困難だったミドリムシの大量培養に成功し、上場時には公募価格の2倍以上の値が。

食品ではカゴメの野菜ジュース、ロッテのガム、永谷園のお味噌汁などが"ミドリムシ入り"で発売に。ミドリムシ配合化粧品は、肌を活性化させ、ハリをもたらす効果あるとか。

cat_11_issue_business @linenews_0_254d9724f4b0_注射の痛みはなくなる?「ミストワクチン」の効果とは 254d9724f4b0 254d9724f4b0 注射の痛みはなくなる?「ミストワクチン」の効果とは @linenews 0

注射の痛みはなくなる?「ミストワクチン」の効果とは

2014年10月6日 15:01 amanaimages

インフルエンザ予防のワクチンで、スプレータイプの「ミストワクチン」が登場し話題に。生ワクチンを直接鼻にスプレーするため予防効果は高いと言われますが、日本ではまだ承認されていません。

ミストワクチンは欧米では承認されており、日本でも独自に輸入する医療機関も。風邪に似た症状や鼻炎などの副作用は国の保証対象にならないので、接種の際は十分考慮しましょう。

口から飲んで腸でワクチンを吸収する「飲むワクチン」も実用化の段階になってきています。

cat_11_issue_business @linenews_0_3d9f5786f105_新卒採用10%アップも 採用バブルで悪夢の「役職停滞」再び? 3d9f5786f105 3d9f5786f105 新卒採用10%アップも 採用バブルで悪夢の「役職停滞」再び? @linenews 0

新卒採用10%アップも 採用バブルで悪夢の「役職停滞」再び?

2014年10月6日 13:02 amanaimages

新卒採用人数は10%以上アップ、中途の意欲も高い"採用バブル"状態の昨今。しかし、急激な大量採用は、社内の"年齢別人口ピラミッド"に凸凹を生み、「役職停滞」の危険性もはらんでいます。

大量の"新人"に対応するため、"急ごしらえ"の管理職を増員。その後採用人数が減っても管理職ポストはそのままで、結果的に「管理職になれない世代」が生まれることに。

日立製作所では、10月から「年功序列」を廃止するなど賃金体系を改めることを決定。若手や中途採用の社員などの意欲を高めることが狙いです。

cat_11_issue_business @linenews_0_f96ac0bf7cf9_スタバ・ジャパン子会社化へ 米本社の考えとは f96ac0bf7cf9 f96ac0bf7cf9 スタバ・ジャパン子会社化へ 米本社の考えとは @linenews 0

スタバ・ジャパン子会社化へ 米本社の考えとは

2014年10月6日 11:13 gettyimages

米スターバックス本社が9月23日、TOB(株式公開買い付け)によって、「スターバックス コーヒー ジャパン(SBJ)」を完全子会社化すると発表。SBJは上場廃止になる見通しですが、今後の影響などについて、東洋経済オンライン誌が関根純CEOに直撃しています。

関根氏は、米本社側の主張について「日本は独自のビジネスモデルをしっかりつくり、世界のどの現地法人よりもすばらしい形でやっていると評価し、これを変えるつもりは更々ないと強調している」と説明。

SBJの公開買付けは2段階で実施し、第1回目は筆頭株主のサザビーリーグが保有する39.54%を買い付ける予定。

続きはアプリで、快適に LINENEWS