cat_11_issue_business @linenews_0_786aea38b2eb_Cyber藤田社長「調子に乗ると短期的に輝いて終わる」 786aea38b2eb 786aea38b2eb Cyber藤田社長「調子に乗ると短期的に輝いて終わる」 @linenews 0

Cyber藤田社長「調子に乗ると短期的に輝いて終わる」

2016年5月3日 17:00 CNET Japan

サイバーエージェントの創業者、藤田晋氏は、スタートから競争の激しいIT業界で第一線を走り続ける自らを振り返り「調子に乗らないようにしている」と話しています。

敵を作ってしまったり、最悪の事態に備えられなくなったり、伸びている時に過剰評価して"調子に乗ってしまう人"は「短期的に輝いて終わっているような気がする」と気を引き締めました。

自身の経営スタイルについては、余暇時間に没頭しているという麻雀と重ねて説明。「大半の時間を我慢して、いざという時に勝負できる度胸がないと勝てない。麻雀は4分の1しか上がれないので、結構我慢比べみたいなもの」と語っています。

cat_11_issue_business @linenews_0_3b02e2187dd3_"天性の世渡り上手" 嵐・二宮和也のコミュ力の高さ 3b02e2187dd3 3b02e2187dd3 "天性の世渡り上手" 嵐・二宮和也のコミュ力の高さ @linenews 0

"天性の世渡り上手" 嵐・二宮和也のコミュ力の高さ

2016年5月1日 10:00 gettyimages

アイドル、俳優、歌手と多彩な才能を持つ、嵐の二宮和也。テレビ番組などでの共演者との絶妙な掛け合いや咄嗟のフォローなど、コミュニケーション能力の高さがうかがえます。

二宮は良い人間関係を維持できる「関係維持力」に優れ、場の空気を読む能力に長けているそう。以前には「現場の空気をよくするためにゴマだってする。何だったらペーストになるぐらいまでする」と話していました。

初対面で馴れ馴れしく接しても、その距離感の取り方が絶妙だとか。絶対に台詞の変更を認めない倉本聰の脚本を唯一変えられる役者で、"人たらし"や"ジジ殺し"と呼ばれているそうです。

cat_11_issue_business @linenews_0_88b763c21045_スマイルズ遠山氏、新しい事業への挑戦は「メモ」から 88b763c21045 88b763c21045 スマイルズ遠山氏、新しい事業への挑戦は「メモ」から @linenews 0

スマイルズ遠山氏、新しい事業への挑戦は「メモ」から

2016年4月30日 21:00 R25

「Soup Stock Tokyo」などを運営し、次々に新しい事業にトライしているスマイルズの遠山正道氏。会社の新規事業をおこす時は、内から湧き出る衝動がきっかけになるそうです。

「挑戦のきっかけとなる火種は、多いほど良い」と語る遠山氏。もし何かの衝動に駆られたらすぐにメモをとり、いつでも引っ張り出せるように書き留めておくといいます。環境が整ってからチャレンジすれば良いのだとか。

また、遠山氏のビジネスプランは利益先行ではないそう。魅力や能力、そして「熱い想いを持った人」の価値を見出し、長期的な視点で「共に学んでいく先に未来がある」と考えているようです。

cat_11_issue_business @linenews_0_69a01bbb08e5_創造性を発揮 世界トップ企業が「瞑想」をする理由 69a01bbb08e5 69a01bbb08e5 創造性を発揮 世界トップ企業が「瞑想」をする理由 @linenews 0

創造性を発揮 世界トップ企業が「瞑想」をする理由

2016年4月30日 07:00 gettyimages

アップルのCEOを務めたスティーブ・ジョブズや、ツイッターの創業者のエヴァン・ウィリアムズといった世界のトップ企業の経営者。彼らは共通して「瞑想」を実践していたといいます。

これには、自分の内面で起こっていることを客観的に見つめなおすことで心のコンディションを調え、より創造性を発揮しやすい状態を作る「マインドフルネス」の流行が背景にあるのだとか。

中でもGoogleは、このマインドフルネスを社内プログラムで実践。そのとき集中すべきこと一点に気を集中して、ほかに対して無心になることで、最大限成果を発揮できると言われています。

cat_11_issue_business @linenews_0_be244f936cfe_松下幸之助に学ぶ「"素直に受け入れる"スランプ克服法」 be244f936cfe be244f936cfe 松下幸之助に学ぶ「"素直に受け入れる"スランプ克服法」 @linenews 0

松下幸之助に学ぶ「"素直に受け入れる"スランプ克服法」

2016年4月29日 19:00 amanaimages

パナソニック(旧・松下電器産業)を一代で築き上げた松下幸之助氏。同氏は「与えられた条件や環境を、すべて受け入れる」という意味で「素直」という言葉をよく口にしていたそうです。

パナソニック社史室主幹の中西雅子氏によると、「松下幸之助はことあるごとに"難局は発展の好機"ということを語っていて、発想がポジティブ、プラス思考」だったといいます。

松下氏は生前「失敗の原因を素直に認識し、『これは非常にいい体験だった。尊い教訓になった』というところまで心を開く人は、後日進歩し成長する人だと思います」とも述べていました。

cat_11_issue_business @linenews_0_d2b1d10c65e0_未来工業 「部下を管理する上司」は"プロ社員"を生まない d2b1d10c65e0 d2b1d10c65e0 未来工業 「部下を管理する上司」は"プロ社員"を生まない @linenews 0

未来工業 「部下を管理する上司」は"プロ社員"を生まない

2016年4月28日 19:00 東洋経済オンライン

「社員が日本一幸せ」とも言われる未来工業。創業者・山田昭男氏は「とにかく社員を大切にすること」で有名でしたが、中間管理職には相当厳しかったといいます。特に「部下を管理したがる上司」を叱っていたのだとか。

「バカ管理職ほど、部下のあら探しを自分の『仕事』にしてしまう」と語っていた山田氏。上司は部下の不満につねに耳を傾け、できる範囲でそれらを減らすことが部署全体の生産性アップにつながると、持論を展開していました。

管理しすぎると、社員一人ひとりの問題解決力や判断力はいつまでたっても育たないため、自分たちの頭で考え行動し、その結果を自分なりに分析できる「プロ社員」を増やそうとしていたそうです。

cat_11_issue_business @linenews_0_ba081b085480_ロート製薬が役職呼びをやめて「さん付け」にした理由 ba081b085480 ba081b085480 ロート製薬が役職呼びをやめて「さん付け」にした理由 @linenews 0

ロート製薬が役職呼びをやめて「さん付け」にした理由

役職名ではなく「さん付け」で呼び合うロート製薬。社員はみなロートネームという呼び名をつくり、代表・山田邦雄氏も、「会長」ではなく「邦雄さん」と呼んでもらっているそうです。

山田氏は「事業戦略や製品について議論するのに、本当は立場なんて関係ない。役職によって発言が制約されるというのは誰にとってもいいことじゃないなあと思っていた」と語っています。

経営再建中のシャープも、企業風土を変えるために「さん付け」運動を導入。経営トップの判断に「ノー」と言えない雰囲気が経営危機を招いたと反省し、高橋興三社長自らが旗振り役をしているとのことです。

cat_11_issue_business @linenews_0_6a87b89fb210_ティム・クック氏、「世界で最も影響力のある100人」に 6a87b89fb210 6a87b89fb210 ティム・クック氏、「世界で最も影響力のある100人」に @linenews 0

ティム・クック氏、「世界で最も影響力のある100人」に

2016年4月25日 19:00 iPhone mania

21日、英メディアTIMEで発表された「世界で最も影響力のある100人」の2016年度版に、AppleのCEO、ティム・クック氏が選ばれています。

disneyのCEOでAppleのディレクターを務めるアイガー氏は、「大いなる勇気と性格をもったリーダーで、高い倫理的基準、文化とコミュニティの面で我々が何者であるかについて活発な議論を促す意欲を持った人物」とコメント。

クック氏はあるスピーチで自身を振り返った際、「開発していくという作業は、真摯な熱意から始まります。それは、己の価値観を見つけ、それを元に生きるということです。それが自分の選択となるのです」と語っていました。

cat_11_issue_business @linenews_0_039b1ae7a8c5_相手の気分を害することなく「指摘する」ためのテク 039b1ae7a8c5 039b1ae7a8c5 相手の気分を害することなく「指摘する」ためのテク @linenews 0

相手の気分を害することなく「指摘する」ためのテク

2016年4月22日 19:00 amanaimages

何かを相手に指摘するときには、相手を不快にさせないように気をつけたいもの。「その日本語、大人はカチンときます!」では、クッション言葉について3つの"NGワード"を紹介しています。

その3つは「よくわからないのですが」「気持ちはわかるのですが」「それは違いまして」という言葉。また、反対意見があることを伝える際は「◯◯という意見もあるようで」と前置きすると不快感を解消できるそう。

いいフィードバックをするには、一方的ではなく会話にすることも重要。相手に変化を求めず、相手の気持ちを問題の解決に向かわせることが大切です。

cat_11_issue_business @linenews_0_769e304bc816_Googleカレンダーに「目標達成」を促してくれる新機能 769e304bc816 769e304bc816 Googleカレンダーに「目標達成」を促してくれる新機能 @linenews 0

Googleカレンダーに「目標達成」を促してくれる新機能

2016年4月21日 07:04 Forbes JAPAN

Googleカレンダーに「ゴール」と名付けられた新機能が追加されました。「ゴール」は、カレンダーが空欄になっている時間を個人的な目標の実現に向けた行動にあてるよう促します。

例えば、「運動の時間を増やしたい」という目標を設定する場合、実行頻度や、時間帯について提示された質問に回答すると、スケジュールの空き状況から最適な時間を見つけ出して登録してくれます。

開発に協力した行動経済学の第一人者であるデューク大学のダン・アリエリー教授は、大きな目標をひとつ立て、実現に向けて長期的に「自動的な」努力を続けていくことは非常に効果的だとしています。