cat_11_issue_business @linenews_0_7211358fbeb7_佐藤優氏が語る、人脈を築くための「雑談力」の重要性 7211358fbeb7 7211358fbeb7 佐藤優氏が語る、人脈を築くための「雑談力」の重要性 @linenews 0

佐藤優氏が語る、人脈を築くための「雑談力」の重要性

作家・元外務省主任分析官の佐藤優氏は、日本のビジネスパーソンや外交官は社交が下手であることを指摘。人脈を構築するうえで一番大切なのは「雑談する力」だといいます。

雑談をするためには、共通の話題や相手の文化に対する理解が重要であると語る同氏。外国人からは日本の文化や歴史について頻繁に尋ねられることから、それらに端的に答えられる教養も必要であると主張します。

雑談力を身に付けるには、本を読むことが近道だとも説明。経済学や歴史などの学術書を解りやすく言い換えた本を読むことで教養を身につけ、小説やノンフィクションを読むことで、様々な人生を代理経験することが出来るということです。

cat_11_issue_business @linenews_0_f0698e86bbb4_TBSプロデューサー・角田氏が語る"バラエティ的な"生き方 f0698e86bbb4 f0698e86bbb4 TBSプロデューサー・角田氏が語る"バラエティ的な"生き方 @linenews 0

TBSプロデューサー・角田氏が語る"バラエティ的な"生き方

2015年11月8日 11:00 ログミー

「さんまのスーパーからくりテレビ」「金スマ」など多くの人気番組を手がけてきたTBSテレビプロデューサー・角田陽一郎氏。彼はレッテルや肩書きで物事を判断しがちな社会に対して異論を唱えています。

実際に自分で「その人と話してみたり」「その場所に行ってみたり」することが重要だと語る同氏。体験した上で良し悪しを判断するのがバラエティ的な生き方であり、それを実践することで企画が生まれ、面白い人生になると説明します。

角田氏の著書「成功の神はネガティブな狩人に降臨する―バラエティ的企画術」も発売中。仕事を通じて身に付けた「企画」を実現するテクニックや、アイデアの発想法などをつづった一冊です。

cat_11_issue_business @linenews_0_ead3541a65d7_ゴルフ界のスーパーシニアが語る「続けることの大切さ」 ead3541a65d7 ead3541a65d7 ゴルフ界のスーパーシニアが語る「続けることの大切さ」 @linenews 0

ゴルフ界のスーパーシニアが語る「続けることの大切さ」

2015年11月8日 07:00 NEWSポストセブン

日本ロングドライブ選手権で、299ヤードの公式記録をマークした国分佐久さん。80歳になってもパワーと健康を保つための秘訣は、トレーニングと規則正しい生活にあるといいます。

国分さんは50年以上トレーニングを欠かしたことがないといい「やめるのは簡単だが、1日やめると明日もやめようと思ってしまう。大切なのは毎日の積み重ね」と語っています。

72歳の時には317ヤードという驚くべき飛距離を記録。年齢をものともせず、究極の飛びにこだわり、"生涯現役"を貫き通す最高齢ドラコン(ドライビングコンテスト)選手です。

cat_11_issue_business @linenews_0_887e2d0722bc_NBAスターからCEO マジック・ジョンソンが成功の秘訣を語る 887e2d0722bc 887e2d0722bc NBAスターからCEO マジック・ジョンソンが成功の秘訣を語る @linenews 0

NBAスターからCEO マジック・ジョンソンが成功の秘訣を語る

2015年11月7日 19:00 ロイター/アフロ

元NBAプレイヤーのマジック・ジョンソンは、引退してから経営者となりビジネスでも、大成功。成功の秘訣として、バスケと経営の類似点や、選手の頃から行なっていたことなどを語りました。

バスケ選手とCEOの原則は同じと考え、会社の会議室にも負けたくない競争心を持っていったそう。また、現役時代から引退後の準備として、オフには所属チームの社長や社員と会いビジネスについて学んでいたとのこと。

同氏は、引退後に会社を設立し、1994年以降に全米5か所に映画館を展開。1998年には、スターバックスと共同出資で会社を設立し、全米70か所以上にスタバの店舗を展開するなどビジネスで成功をおさめています。

cat_11_issue_business @linenews_0_6c9b5de6ad1c_HBS准教授が語る、"英語"公用語化の戦略 6c9b5de6ad1c 6c9b5de6ad1c HBS准教授が語る、"英語"公用語化の戦略 @linenews 0

HBS准教授が語る、"英語"公用語化の戦略

ハーバードビジネススクールのセダール・ニーリー准教授は、日本企業の公用語戦略として、楽天のように「英語を公用語にすることが必ずしも正しい戦略とは限りません」といいます。

産業特性、企業特性によって英語化のニーズは変わるとコメント。欧州企業の中には、職位によって公用語を分け、社員20万人のうち管理職1,000人のみを英語化した企業もあるとのこと。

同氏は、英語化の功罪として「世界中のリソースにアクセスできる」など3つのメリットと、「組織にも社員にも大きな負担を強いる」などの4つのデメリットを挙げています。

cat_11_issue_business @linenews_0_f4c021425561_NYの敏腕女性CEOが語る ECサイトの将来 f4c021425561 f4c021425561 NYの敏腕女性CEOが語る ECサイトの将来 @linenews 0

NYの敏腕女性CEOが語る ECサイトの将来

2015年11月7日 07:23 Forbes JAPAN

元ゴールドマン・サックス社員のオルガ・ヴィディシェヴァ氏は、NY発のファッションECサイト「Shoptiques」の女性CEO。同氏は、「これからはEコマースの『E』を外して考えるべき」と語っています。

続けて、「実店舗で試着したい顧客と、地球の裏側にあるお店の商品をツイッター経由で買いたい顧客を分けるのはおかしい」と主張し、「オムニチャネルな購買体験が求められている」としています。

オムニチャネルとは、消費者がモノを買う時に、すべて(オムニ)の接点(チャネル)を継ぎ目なく(シームレスに)買えるようになるための環境のことです。

cat_11_issue_business @linenews_0_e9cfa639adaa_ポジティブ流行に物申す!ヒロシが勧める「頑張りすぎない人生」 e9cfa639adaa e9cfa639adaa ポジティブ流行に物申す!ヒロシが勧める「頑張りすぎない人生」 @linenews 0

ポジティブ流行に物申す!ヒロシが勧める「頑張りすぎない人生」

2015年11月6日 17:00 リクナビNEXTジャーナル

「ヒロシです…」の自虐ネタでお馴染みのお笑い芸人・ヒロシ。自身を筋金入りのネガティブと評する彼は、"ポジティブ"がもてはやされる現代の風潮に違和感を感じているようです。

「自分が決めたことは頑張らないといけない」としながらも、周りの雰囲気に流されて「無理に前向きになる」ことは違うと語る同氏。「自分に嘘をついて頑張る」よりも「自分に無理をしない」ことの方が健康的であると主張しています。

ヒロシの言葉をまとめたカレンダー「まいにち、ネガティブ。」は発売から5日で2万部を突破するヒット。栄光と挫折を経験した彼だからこそ語れる言葉には、深みと説得力があります。

cat_11_issue_business @linenews_0_6ca8ea85b4a9_ジャック・マー氏「お金を使うことは稼ぐことより難しい」 6ca8ea85b4a9 6ca8ea85b4a9 ジャック・マー氏「お金を使うことは稼ぐことより難しい」 @linenews 0

ジャック・マー氏「お金を使うことは稼ぐことより難しい」

2015年11月6日 11:09 gettyimages

アリババ創業者ジャック・マー氏が、「お金を使うことは、お金を稼ぐことより難しいんです。特に慈善事業に関しては」と慈善事業に関しての持論を展開。

理由として「良い心を持っているときは、良い知識とお金を使うための能力も持ってる。そうでなければ、良い心をもちながら、良いことをひどいやり方ですることになる」とし、慈善事業をきちんとできる人材を育てることが必要としました。

ジャック・マー氏は、中国のネット企業アリババを一代で巨大企業に築き上げた企業家。高校受験は2度失敗するなど劣等生でしたが、アパートの一室から努力し這い上がった経験を持っています。

cat_11_issue_business @linenews_0_f909e67ec2b5_武井壮「無計画はダメ」と学ぶことの重要さについて語る f909e67ec2b5 f909e67ec2b5 武井壮「無計画はダメ」と学ぶことの重要さについて語る @linenews 0

武井壮「無計画はダメ」と学ぶことの重要さについて語る

2015年11月6日 07:00 ハフィントン・ポスト

元陸上競技選手でタレントの武井壮が、「プロの収入や待遇を知らずに中高大の10年間をスポーツに費やす無計画はダメ」とツイート。知っているのと知らないのとでは違う結果になると説いています。

また、「お金のためにスポーツやってんじゃない」と言っていましたが、「もっとお金も欲しかったし、もっと有名になりたかった」とも告白。「学習することを厭わなければ成功できたんじゃないか」としました。

以前も自身のFacebookにて、マイナー競技で日本一になった時を振り返り、「社会での成功者は誰もが自分より多くを学んでいる事にその時気付いた」と学ぶことの重要さについて語っていました。

cat_11_issue_business @linenews_0_cf7a223174d7_森川氏「苦手な仕事は早くやめる」、思考停止しない働き方 cf7a223174d7 cf7a223174d7 森川氏「苦手な仕事は早くやめる」、思考停止しない働き方 @linenews 0

森川氏「苦手な仕事は早くやめる」、思考停止しない働き方

2015年11月5日 17:00 R25

C Channelの代表を務める森川亮氏は、向いていない仕事を続けているビジネスマンについて「イヤなことでも死ぬ気でやれば成果は出るでしょうが、そこまでの気持ちにならないのであれば、早く別の仕事に移った方がいい」と言います。

その理由として、「何より怖いのは、向いていない仕事を無理に続けることで思考停止し、成長が止まってしまうことだ」と自身の経験を踏まえて説明。

森川氏は大学を卒業後、テレビ局に就職。しかし、希望ではなかったコンピュータシステム部に配属され、毎週のように会社を辞めようと思っていた事があったそうです。

続きはアプリで、快適に LINENEWS