cat_11_issue_business @linenews_0_717b185aa64a_NON STYLE井上から学ぶ「スーパーポジティブ」の心得 717b185aa64a 0

NON STYLE井上から学ぶ「スーパーポジティブ」の心得

2015年8月11日 19:03 リクナビNEXTジャーナル

Twitterなどで暴言を吐かれながらも、"スーパーポジティブ"な言葉で返す「NON STYLE」の井上裕介氏。前向きな発言には、「"嫌い"は"好き"に変えられる」「罵倒の中に"成長の肥料"を見つける」といった思いがあるそうです。

「自信が持てない時は、小さくてもいいから"1勝"することが大事」と井上氏。「小さい優越感が大きな自信につながる」と話します。

井上氏によるポジティブな言葉付きの日めくりカレンダー「まいにち、ポジティヴ!」は、今年の春に発売されて大人気に。名言に心打たれる人が続出しているとか!?

cat_11_issue_business @linenews_0_08a519fe5606_グリー社長が語る 「モバイルゲーム事業」の経営のポイント 08a519fe5606 0

グリー社長が語る 「モバイルゲーム事業」の経営のポイント

2015年8月11日 13:05 ログミー

グリーの社長・田中良和氏が、ゲーム業界では「成功するまで続けていく」というより、「成功しても失敗しても続けていく」というメンタリティが必要だと語っています。

ゲーム業界の「経営の仕方」についても説明。同業界では基本的に、経営が上向きの時でも下向きの時でも、"投下している戦力"をあまり変えないことが重要だといいます。

こちらのサイトでは「逆境の中で常に耐え、常に新しいものを生み出してきた」など、田中氏の名言が紹介されています。

cat_11_issue_business @linenews_0_8011eca6664f_くらコーポレーションの社長が明かす サイドメニュー強化の理由 8011eca6664f 0

くらコーポレーションの社長が明かす サイドメニュー強化の理由

2015年8月11日 07:08 RBB TODAY

「無添くら寿司」は、先月実施された記者発表会で新製品「すしやのシャリカレー」を披露。同店を運営するくらコーポレーションの代表取締役社長・田中邦彦氏は、回転寿司でサイドメニューを強化している理由を語りました。

田中氏は、うどん、ラーメン、カレーと、どんどん増えていくのは、それが"世間のニーズ"だからとした上で、「このニーズに応えられない回転寿司は滅んでいくだろう」と述べています。

さらに、魚介類ほどの鮮度を要求されない食材を使用する「カレーライス」であれば、すし類に比べて原価率が低くなる、という読みもあるようです。

cat_11_issue_business @linenews_0_c67f2771cb07_IT業界の女帝・奥田氏「チャンスが勝手にやってくる仕組み」 c67f2771cb07 0

IT業界の女帝・奥田氏「チャンスが勝手にやってくる仕組み」

2015年8月10日 18:57 リクナビNEXTジャーナル

IT業界の女帝と呼ばれる奥田浩美氏の口癖は、「この瞬間にもチャンスは何万粒も降ってきている」。そのチャンスに巡り合うには、人との関係性が大事だと話します。

"チャンスを知る"には、まず人のチャンスを見つけて伝える訓練をすることが大切。すると相手も"チャンスの到来"を知らせてくれるようになり、ネタが自然に舞い込んでくるようになるのだとか。

別のインタビューで奥田氏は、"夢の見つけ方"について、「好きかどうか関係なく、目の前のことをどんどんやり散らかしていくなかで、"これ"といったものが見つかる」と話しています。

cat_11_issue_business @linenews_0_32e9a522e911_元祖・早大発ベンチャー起業家「1日を2回生きる」働き方 32e9a522e911 0

元祖・早大発ベンチャー起業家「1日を2回生きる」働き方

2015年8月10日 17:02 HRナビ

大学在学中に、歌声で曲を検索するベンチャー「ウタゴエ」を設立した園田智也氏。現在は朝6時台に出社し、午前中はプログラミング、午後は社長業をメインに働く、「1日を2回生きる」独自のワークスタイルを実践しています。

「経営者の前に技術者でありたい」という園田氏。「プログラミングに集中できる午前中は幸せな時間」とのこと。朝は45分かけて徒歩通勤していますが、通勤時間に運動ができ、歩くことでアイデアも湧くため合理的だそうです。

ビル・ゲイツ氏も、会社を設立してから7年間は休むことなくプログラムの開発を行っていたそうで、その頃のプログラミングに費やした時間は1万時間を超えているとか。

cat_11_issue_business @linenews_0_886c27bdbd35_「2年半、月給10万円」ユーグレナ社長が諦めなかった理由 886c27bdbd35 0

「2年半、月給10万円」ユーグレナ社長が諦めなかった理由

2015年8月10日 13:08 HRナビ

ミドリムシの屋外大量培養に世界で初めて成功したユーグレナの出雲社長。創業から月給10万円で2年間、ミドリムシの営業を500社に断られ続けても挫けずにやってこれたのか語っています。

同氏は、「誰かに頼まれてやってきたわけじゃない」「ミドリムシで栄養失調をなくして、飛行機を飛ばしたい」だから、500社に営業も大変ではないとのこと。

ほかの対談で、2018年までにミドリムシを使ったバイオ燃料によって飛行機を飛ばすとし、2030年には「宇宙と小型化」の構想を話しています。

cat_11_issue_business @linenews_0_0a8ba54be538_元LINE代表の森川氏「成功するのは勝手に作っちゃう人」 0a8ba54be538 0

元LINE代表の森川氏「成功するのは勝手に作っちゃう人」

2015年8月10日 07:03 リクナビNEXTジャーナル

株式会社ウィズグループの奥田浩美さんと元LINE社長の森川さんが対談。森川さんは、部下の新規提案について「成功するのは勝手に作っちゃう人」といいます。

「目の前で人を集めるサービスを作ってきたらNOと言いにくい」とし、情熱がないといいサービスは作れないため、「上司にダメだと言われてからが勝負」と話しています。

同氏は、日本テレビやソニーで、上司とぶつかり合うも挑戦を続けてきた自身の仕事人生を振り返っています。

cat_11_issue_business @linenews_0_0fa23c2714b6_一旦ブームが去ったGショック、再び売れ始めた販売戦略とは 0fa23c2714b6 0

一旦ブームが去ったGショック、再び売れ始めた販売戦略とは

2015年8月9日 21:03 NEWSポストセブン

カシオの腕時計「Gショック」は一旦ブームが去ったものの、2014年度の出荷台数は過去最高を更新。同社の宣伝企画担当部長・田中秀和氏は、好調の秘密が「若者のカルチャー」にあるといいます。

若者が関心を持つために、Gショックのファンであるアーティストやスポーツ選手にGショックの魅力を語ってもらったそう。ファンが次のファンを作っていくという方法が大成功したとのことです。

また、Gショックはアーティストとのコラボも多く、これまでに歌手のリアーナやエミネム、MIYAVIなどとコラボしたモデルを発売しています。

cat_11_issue_business @linenews_0_17535986e72c_60年仕事をしてきたシスターが教える「自己理解の重要性」 17535986e72c 0

60年仕事をしてきたシスターが教える「自己理解の重要性」

2015年8月9日 15:01 Woman type

元聖心女子大学教授であり、現在もシスター、文学博士として講演を行う鈴木秀子氏。自分らしく働くには、自己理解を深めることが必要であるといいます。

自己理解が足りず、世間体を気にしすぎると、組織の中で身も心も潰されてしまうとのこと。自分がどんなものに興味があるのか、ひたすら書き出すことで本質が見えてくるそうです。

また、2つの意味で前向きに「あきらめる」ことも大事だとか。すっぱり「諦める」ことで結果的に心が軽くなり、仏教で生まれた言葉「明らめる」は、"物事を明らかにする"という意味があります。

cat_11_issue_business @linenews_0_d449ab9d93cf_ナタリー・ポートマン、無知のまま行動することを奨励 d449ab9d93cf 0

ナタリー・ポートマン、無知のまま行動することを奨励

2015年8月9日 07:00 gettyimages

ナタリー・ポートマンは、2015年ハーバード大学の学位授与式におけるスピーチにおいて卒業生たちに「無知のまま行動すること」を推奨しました。

ナタリーは、「経験不足は資産。それは自分だけの型にはまらない方法で考えることができるから」と語り、知識の欠如を資産として受け入れ、利用するよう呼びかけました。

また、ステータス、富、栄誉など、目標を達成したことによって得られたものを、必ずしもすべて信頼すべきというわけではないとも語っています。

続きはアプリで、快適に LINENEWS