cat_11_issue_business @linenews_0_29877048a7a5_斬新なデザインで"誘客" 西武鉄道が考える鉄道の未来 29877048a7a5 0

斬新なデザインで"誘客" 西武鉄道が考える鉄道の未来

2016年3月23日 23:11 マイナビニュース

西武鉄道は14日、25年ぶりとなる新型特急を2018年度に導入すると発表。周囲の風景を映し出す銀色の流線型ボディという"近未来的なデザイン"は世間の話題をさらいました。

西武鉄道100年アニバーサリーの集大成として新造され、車両デザインは建築界のノーベル賞「プリツカー賞」の受賞経験を持つ建築家・妹島和世氏が担当。「都市や自然の中でやわらかく風景に溶け込む特急」を目指します。

他にも、2017年には通勤電車でもユニークな新型車両を投入。沿線では人口減少の兆しが見え始めており、今後考えられる「路線間競争の時代」に向け、鉄道自体の魅力の向上で誘客を図る狙いです。

cat_11_issue_business @linenews_0_c880be7c81b6_2016年の新入社員は「ドローン型」 操縦ミスに注意!? c880be7c81b6 0

2016年の新入社員は「ドローン型」 操縦ミスに注意!?

2016年3月23日 18:34 ロイター/アフロ

日本生産性本部は23日、毎年恒例の新入社員のタイプを発表。16年度は「ドローン型」と名付けられ、"強い風にあおられながらも自律飛行を保ち、目標地点に着地している"と分析し、評価しました。

一方で、会社側には「上司や先輩の操縦ミスや使用法の誤りで、機体を傷つけたり、紛失(早期離職)したりする恐れもある」と注意を呼び掛けました。

毎年行われている「今年の新入社員は○○型」という発表。前年度の流行をイメージしたものが多く、過去には「形態安定シャツ型」「ネットオークション型」「カーリング型」などが登場しています。

cat_11_issue_business @linenews_0_e041c5b77eb3_副業にも繋がる?自身の「才能」を見つける方法とは e041c5b77eb3 0

副業にも繋がる?自身の「才能」を見つける方法とは

2016年3月19日 15:00 amanaimages

「才能」と聞くと、「特別な人だけに備わっている突出した能力」と考えてしまうもの。しかし、書籍「さあ、才能に目覚めよう」では、「無自覚に繰り返される思考・感情・行動のパターン」と定義されています。

半自動的に考え、行動してしまうために、本人にはそれが「才能」だと自覚できないのだとか。最新のスマホアプリをSNSで紹介したり、お気に入りのワインをブログに投稿したり、趣味で続けていることが「副業」に発展するとも。

隠れた才能を発掘するには、自身に対して"質問"を行うと良いそう。「仕事や趣味で10分以上話し続けられることは?」「他人の仕事ぶりや才能で、異常に嫉妬を覚えるものは?」などの問いかけが有効だといいます。

cat_11_issue_business @linenews_0_2b6358c2a7e3_"三流"から"一流"へ、「キャニコム」会長が語る成長戦略 2b6358c2a7e3 0

"三流"から"一流"へ、「キャニコム」会長が語る成長戦略

「草刈機まさお」などユニークな商品で知られる「キャニコム」。"なんでも三流"から農業用運搬車の分野で業界トップへと成長させた戦略を、包行均(かねゆき・ひとし)会長が語っています。

「安く売って儲かった人、成長した企業はひとつもない」と同氏。本当に必要とされているものを作れば、顧客はどんなに高くても買ってくれるといい、大企業が参入してこない"小ロット多品種生産"にこそ活路があるということです。

福岡県に本社を置く「キャニコム」は、従業員約250名と小規模ながら年商は約50億円。しかし包行氏の入社当時は人材も資金もなく、「どこへ行ってもクレームだらけ」という状態だったそう。

cat_11_issue_business @linenews_0_d9dce1eb3985_「グーニーズ」に学ぶ、チームのモチベーションを上げる言葉 d9dce1eb3985 0

「グーニーズ」に学ぶ、チームのモチベーションを上げる言葉

2016年3月18日 11:00 シネマトゥデイ

宝の地図を手にした少年たちが、海賊の財宝を探しに出かける冒険活劇「グーニーズ」。少年たちのリーダー的存在であるマイキーは、作中でチームのモチベーションを上げるセリフを発しています。

探検の途中で逃げ出そうとするメンバーに対し「もう一度空を見れたとしても、別の町の空だ」と語るマイキー。このまま冒険を諦めてしまったら二度と会えなくなるという現実をチームに突きつけ、具体的な未来を想像させたのです。

チームのモチベーションを上げるには、成果を積極的に共有したり、社内行事の企画をメンバーに任せたりなど「やる気が出る環境づくり」を作ることも大切です。

cat_11_issue_business @linenews_0_5945c86ada81_ライフスタイルデザイナー・四角大輔「孤独な時間が大切」 5945c86ada81 0

ライフスタイルデザイナー・四角大輔「孤独な時間が大切」

2016年3月18日 07:00 QREATORS

執筆家、ライフスタイルデザイナーとして活躍する四角大輔氏。本当にやりたいことを見つけるには「自分一人の"孤独な時間"を持つこと」が大切だと語っています。

他人の意見や大量の情報が飛び交う空間にいると、「本当にやりたいこと」よりも、「こうしたほうが得する、儲かる」と考えてしまうのだそう。また、山や森などの"自然"に触れることで「自分の本当の声」が聞こえるのだとか。

「人は誰もがアーティスト」というメッセージを掲げ、表現活動を続けている同氏。自身の著書を執筆するかたわら、上智大学の非常勤講師を務め、複数の大学で"ライフスタイルデザイン"をテーマとした講義を行っています。

cat_11_issue_business @linenews_0_8846489fefcb_「オモコロ」運営のシモダ氏が語る「同じことを続ける」重要性 8846489fefcb 0

「オモコロ」運営のシモダ氏が語る「同じことを続ける」重要性

2016年3月17日 19:07 HRナビ

ポータルサイト「オモコロ」などを運営する株式会社バーグハンバーグバーグ。代表取締役のシモダテツヤ氏は、「同じことをやり続けないといけない」と、続けることの重要性を語っています。

飽きて離れてしまった人も、2年後にコンテンツをもう一度見ると、「こいつら生き残る実力があったんだな」と認めてくれるそう。たとえ飽きられたとしても、続けていれば、口コミなどで知ってくれる人の連鎖が続いていくとも。

コンテンツは、「ソーシャル上でどういうツッコミをしてもらえるか」を逆算しながら制作しているとのこと。マニアック過ぎると誰も追いつけないため、温度感を合わせることが必要といいます。

cat_11_issue_business @linenews_0_3ece247d03db_ビジネスに応用!「孫子の兵法」に学ぶ「絶対に負けない技術」 3ece247d03db 0

ビジネスに応用!「孫子の兵法」に学ぶ「絶対に負けない技術」

2016年3月17日 15:00 amanaimages

古典「孫子の兵法」は戦争を題材とし、勝つための戦略や方策が書かれた指南書。敗戦は国の滅亡に直結するため、ビジネスにも応用できる「絶対に負けない技術」を学ぶことが出来るといいます。

「算多きは勝ち、算少なきは勝たず」は、戦いの前に勝算が多かった方が勝つという考え方。勝算を高めるために、事前に準備を万全にすることの重要性を説いています。負ける側は、戦いを始めてから勝つ方法を考えているとも。

「故に勝を知るに五あり」は、勝利する人間には5つの条件が必要という意味。「多い兵力と少ない兵力のそれぞれの運用法に精通している者」「計略を仕組んで、それに気づかずにやってくる敵を待ち受ける者」といった条件があるといいます。

cat_11_issue_business @linenews_0_f9bc8d8c9d46_理想のキャリアを目指すには「10年分の目標」設定が有効 f9bc8d8c9d46 0

理想のキャリアを目指すには「10年分の目標」設定が有効

2016年3月17日 07:00 gettyimages

将来のキャリアを考える上で重要なことは、長期的な目標を設定することだそう。「10年分の目標」を設定すると、段階的かつ逆算的に長期・中期・短期の目標を立てることができるようです。

Specific(より具体的)、Measurable(評価可能)、Achievable(実現可能)、Realistic(現実的)、Time-bound(期限内に達成可能)の「SMART」を意識して目標を設定すると、タスクが整理され、それに対する認識が深まるのだとか。

目標を設定したら、まずは現在の自分とのギャップを認識。そしてギャップを埋めるためには何をすればいいのか「戦略」を立て、行動を起こすことを習慣化すれば目標達成できるそう。

cat_11_issue_business @linenews_0_43ef5c6fc63f_豊臣秀吉もやっていた!? 他人から好かれる会話術とは 43ef5c6fc63f 0

豊臣秀吉もやっていた!? 他人から好かれる会話術とは

2016年3月16日 19:34 amanaimages

農民から天下人まで大出世した豊臣秀吉は"人を立てる名人"だったとか。木下藤吉郎から改名したときには、重臣の丹羽長秀と柴田勝家を「優秀な先輩」と立て、一文字ずつもらった「羽柴」の姓を名乗りたいと申し出たそうです。

"他人よりも優位に立ちたい"という欲求=「自己重要感」を満たすことで、人は幸せと感じるそう。秀吉のように、相手の自己重要感を高める言葉を会話で用いることで、他人から好かれやすくなるといいます。

ポイントは「さりげなく同意する」「真剣に聞く姿勢をみせる」など。また、相手が答えやすいことや、話したいようなことを「質問する」のも、相手の自己重要感を高めるのに効果的なようです。

続きはアプリで、快適に LINENEWS