太ももの引き締めに◎ 簡単「サソリのポーズ」でしなやか美脚に

04.28 07:00 gettyimages

引き締まった太ももをゲットしたいなら、ヨガの簡単ポーズ「サソリのポーズ」が◎だとか。お腹や背中、下半身の引き締めだけでなく、血行促進やストレッチ効果も期待できるといいます。

まずは四つん這いになり、膝を伸ばしてつま先を立てます。徐々に足裏を床につけていき、骨盤を上げましょう。頭を二の腕の間に入れ、背中のラインが一直線になるよう意識するのがポイント。

その状態から片方の脚を上がるところまで上げ、その脚の膝を少し曲げて背中の方向に傾けます。そのまま1呼吸して戻したら、反対側の脚も同様に行いましょう。

デスクワークで溜まった老廃物を一掃する"陰ヨガポーズ"

職場が寒い、長時間のデスクワークで座りっぱなしという人は、暖かい季節でも体の中は滞りがち。そんな時は"陰ヨガポーズ"で、老廃物を排出しやすい体にするのがいいのだとか。そけい部から太もも前面を伸ばすことで、リンパや血液の流れを促進。老廃物を流し、疲れや体のむくみが取り除かれるといいます。

まず、右脚を前にして両脚を前後に開き、右膝が90度になるように曲げて左膝を床につけるように腰を落とします。次に、右脚に体重をかけて上半身を前傾させ、右脚の横に両手をつきます。左脚を後ろに引いて3~5分キープ。反対側も同様に行います。そけい部から太腿前面を伸ばすことを意識するのがポイントとのこと。

お出かけ先で下半身エクサ!美尻・美脚を作る階段の上り方

04.26 07:00 LBR

夏に向けた身体作りをしたくても、ジムに行く時間がなかったり、家でのトレーニングが億劫になったりしがち。そんな人は、駅や会社、お出かけ先で、少し意識しながら階段を上ってみましょう。ちょっとしたコツで、下半身エクササイズができるといいます。

お尻の筋肉を使いたいのであれば、「かかと」からしっかりと踏み込むのが良いそう。階段を2段飛ばしするほどの歩幅で、おしりの筋肉を意識してしっかり踏み込むとヒップアップに効果的だといいます。また「つま先」から踏み込んでかかとを上げた状態で階段を上ると、ふくらはぎを使うため美脚効果が期待できるとのこと。

田中みな実が伝授!好感度が高い「OLメイク」の作り方

老若男女誰からも好感度の高い「OLメイク」のコツを田中みな実が紹介しています。「メイクは淡い色でまとめて自己主張は控えめに」するのがポイントなのだとか。まず、淡いブラウンシャドウをアイホール全体にチップでぼかしいれます。色をつけるというよりは、ほんのり陰影をつけるイメージ。

リップは輪郭をピンクベージュのペンシルでていねいに取り、クレヨンタイプのリップで内側を塗りつぶして品格のある口元を演出。マスカラは、まつげの根元にブラシをあてて、セパレートさせるように動かしながら塗ります。最後に、ほのかに赤みのあるパープルブラックのアイライナーでさりげなくインラインを引き、元から大きな目のように見せたら完成です。

ダイエットだけじゃない?「美肌になれる」筋トレのポイント

04.23 07:00 美LAB

筋トレをすることで脂肪燃焼効率がアップするだけでなく、成長ホルモンが分泌されて「美肌効果」も期待できるのだとか。ターンオーバーの周期が乱れるとシミやしわの原因になりますが、成長ホルモンはこの周期を整えるそう。また、コラーゲンなどを作り出す源となる細胞を活性化させる作用もあるといいます。

成長ホルモンを出すためのポイントは、筋肉を疲れさせること。筋肉が疲労してくると乳酸が蓄積されますが、同時に成長ホルモンが分泌されるそうです。筋トレは8〜10回程度、反復可能な強度が◎。合間の休憩は1分程度で、5セット行うのがおすすめだとか。

華奢感のある太ももに?寝る前5分の簡単「美脚ストレッチ」

04.22 07:00 beauty news tokyo

華奢感のある太ももを叶えるためにアプローチしたい筋肉が、太ももの前側にある"四頭筋"だとか。下半身の中で一番大きな筋肉なので、柔軟性をキープできれば太もものサイズダウン効果や代謝UP効果が期待できるといいます。そんな四頭筋に効く、寝る前5分の習慣にしたい簡単ストレッチがあるそう。

ベッドの端にうつ伏せに寝そべり、片足はベッドの上で伸ばして、もう片方の足は床におろします。ベッドの上に伸ばした足を曲げて手で無理のない範囲で押さえ、ゆっくりと息を吐きながら30~40秒キープ。このとき、曲げた足の太ももの前側が伸びていることを意識しましょう。左右交互に各3回を目安に行います。

ネイル乾燥中の失敗がなくなる!100均の"神アイテム"

マニキュアを乾かしている間、じっとしていられずについ別の作業をしてしまい、結果的に変な跡がついたり、ヨレたり、ハゲたり…。そんな"失敗"をしなくなる便利なアイテムが「ネイルガード」。100円均一ショップ「キャンドゥ」や「セリア」で販売されています。

プラスチックでできたかまぼこ型の覆いがクリップのようになっていて、これを装着することでマニキュアが乾くまでの間、爪先をガードしてくれます。SNS上でもその便利さは話題で、「めっちゃつかえる」「なかなか良い」といった声があがっています。

ラメ入りシャドウで作る!春らしい透明感のあるアイメイク

04.18 07:00 TCM

イベントメイクで使われやすいラメ入りのシャドウ。今年の春は普段使いするのがオシャレなのだとか。ラメを使って質感を出すと、透明感のある大人っぽい表情に仕上がるそうです。

シルバーのラメ入りアイシャドウをアイホール全体に塗ったあと、下まぶたのキワと目頭にも塗って立体感を出します。ブラウンのアイライナーで上まぶたの粘膜にラインを描き、ブラウンのマスカラをまつ毛の上下にさらっと塗ります。リップグロスを二重幅ラインの中心から内側に、指でトントンとたたくように塗って、ツヤ感をアップさせたら完成♪

寝る前3分でOK!疲れとお腹ポッコリ解消が叶う「陰ヨガ」

04.17 07:00 LAR

寝る前の3分間で疲れた身体がラクになる「陰ヨガ」のポーズが紹介されています。3分〜5分間ポーズをキープし、時間をかけながら関節の周囲にある筋膜を伸ばし、筋肉をほぐすという「陰ヨガ」。その定番ともいえる「鋤(すき)のポーズ」は、首筋、背中を伸ばし、身体の緊張を解いてくれるそう。さらに、お腹の引き締め効果も期待できるといいます。

仰向けになり、手のひらを床につけ、両足をそろえて天井方向に伸ばします。そのままお腹の筋肉を丸めるイメージで、お尻を床から離し、つま先を頭の先に伸ばしましょう。鼻の頭を見つめ、3分~5分を目安にポーズをキープ。その後ゆっくり背骨を床につけながら、つま先を天井方向に戻します。腰が痛くなければ、足をしっかり伸ばしたまま床に戻しましょう。

もうカラコンに頼らなくてOK!? 脱・のっぺり顔「裸眼メイク」

裸眼だと顔が薄いのが気になって、カラコンに頼ってしまう…というお悩みを解決してくれるメイクテクがあるのだとか。ポイントは"ノーズシャドウ"と"二重ライン"。鼻筋の陰影やダブルラインで立体感を出し、ひとつひとつのパーツを際立たせてメリハリをつけると、"華やか顔"に見せられるといいます。

まずブラウンのアイブロウパウダーで眉頭の下側を描き足し、目と眉を近づけることでのっぺり感を回避。ブラウンとベージュのフェイスカラーを、眉頭から鼻先に向けてスッとブラシでひと塗り。薄ブラウンのアイライナーで二重ラインをなぞり、目を開けた状態で目尻も描き足します。最後に頬骨から横長にピンクのチークをほんのりのせたら完成です。

続きはアプリで、快適に LINENEWS