cat_19_issue_baseball @linenews_0_3b8aa9f031e3_DeNA、新助っ人獲得へ 昨季ナショナルズの29歳内野手 3b8aa9f031e3 3b8aa9f031e3 DeNA、新助っ人獲得へ 昨季ナショナルズの29歳内野手 @linenews 0

DeNA、新助っ人獲得へ 昨季ナショナルズの29歳内野手

2016年5月4日 18:55 スポニチ

DeNAが新外国人の最有力候補として、ブレーブス傘下の3Aグウィネットに所属するタイラー・ムーア内野手(29)の獲得に乗り出していることが4日、分かりました。

ムーアは右投げ右打ちの一塁手で、昨季はブレーブスで97試合に出場し打率2割3厘、27打点、6本塁打。今季は3Aグウィネットで、ここまで打率2割4分2厘、1本塁打、10打点をマークしています。

3日のヤクルト戦では今季6度目の零敗を喫し、借金が今季最多の11になるなど貧打に嘆くDeNA。負け越しはDeNAだけとなり、セ・リーグの借金を"全て"背負うことになっていました。

cat_19_issue_baseball @linenews_0_ccefd2717486_阪神・掛布2軍試合、2日連続で1万人超 記録を1日で更新 ccefd2717486 ccefd2717486 阪神・掛布2軍試合、2日連続で1万人超 記録を1日で更新 @linenews 0

阪神・掛布2軍試合、2日連続で1万人超 記録を1日で更新

2016年5月4日 17:58 サンスポ

阪神・掛布雅之2軍監督の甲子園での采配2試合目となる、4日の広島戦の観客数が発表。1万2,631人となり、3日に記録した球団のウエスタン主催試合の新記録1万93人を、1日で更新しました。

掛布2軍監督は「若手の励みになるように」と球団営業部にハッパをかけ、"1万人動員作戦"を実施。来場者には掛布2軍監督カードや、「阪神タイガースプリッツ」などを来場者にプレゼントしました。

試合は三回に上本の犠飛で勝ち越すと、打線が爆発。中谷の2号ソロや柴田のタイムリーなどで加点し、8-1で阪神が勝利しました。

cat_19_issue_baseball @linenews_0_087f1b97dcb4_岩隈、7回1失点で今季初勝利 青木は1安打1打点 087f1b97dcb4 087f1b97dcb4 岩隈、7回1失点で今季初勝利 青木は1安打1打点 @linenews 0

岩隈、7回1失点で今季初勝利 青木は1安打1打点

2016年5月4日 14:46 スポニチ

マリナーズの岩隈久志投手が3日、本拠地でのアスレチックス戦に先発。7回1失点と好投を見せ、6度目の登板にして今季初勝利を収めました。

岩隈は2回の満塁のピンチを無失点で切り抜けると、3、4、5回と三者凡退。6回に1点を失いましたが、7回を投げて88球中56球がストライクと安定した投球を披露しました。

青木は「1番・左翼」で先発出場し、7回には内野安打で4月21日以来となる打点を記録。4打数1安打で打率を.226としました。

cat_19_issue_baseball @linenews_0_3204a15c3258_山田がかっこよすぎ!新人に「勝たせてやる」→2本塁打 3204a15c3258 3204a15c3258 山田がかっこよすぎ!新人に「勝たせてやる」→2本塁打 @linenews 0

山田がかっこよすぎ!新人に「勝たせてやる」→2本塁打

2016年5月4日 12:24 サンスポ

ヤクルトの山田哲人内野手は1日、巨人戦で今季初の1試合2本塁打を放ち、ルーキー原樹理投手のプロ初勝利を援護。試合後、「いつも勝ちたいと言っていたので、初勝利をプレゼントできてよかったです」と語りました。

4月21日には食事を共にし、プロ初勝利の遠い原に「そろそろ勝たせてやるからな」と声をかけていたという山田。1日の本塁打についても「原の初勝利のために集中して打席に入りました」と振り返りました。

2人は同じ兵庫出身で、山田が大阪・履正社高3年のとき、兵庫・東洋大姫路高の2年生だった原と練習試合で対戦。山田が左翼へ場外弾を放ち、原いわく「人生で(打たれた)MAXの飛距離の本塁打」だったとのこと。

cat_19_issue_baseball @linenews_0_7f3e8da4f2bc_イチロー、代打で逆転の2点タイムリー 通算2947安打に 7f3e8da4f2bc 7f3e8da4f2bc イチロー、代打で逆転の2点タイムリー 通算2947安打に @linenews 0

イチロー、代打で逆転の2点タイムリー 通算2947安打に

2016年5月4日 11:13 gettyimages

マーリンズのイチロー外野手は3日(日本時間4日)、本拠地でのダイヤモンドバックス戦に代打で出場。1点を追う六回1死満塁の絶好機で、逆転の2点タイムリーを放ちました。

ツーボールからの3球目、95マイル(約153キロ)の直球を捉え、鮮やかなライナーでセンター前ヒット。2者が生還し、球場は割れんばかりの大歓声に包まれました。

イチローはこれでメジャー通算2947安打。守備には就かず、1打数1安打で打率を.333としました。

cat_19_issue_baseball @linenews_0_15e65bfb7635_ファン1万人超!阪神・掛布2軍監督が甲子園初采配 15e65bfb7635 15e65bfb7635 ファン1万人超!阪神・掛布2軍監督が甲子園初采配 @linenews 0

ファン1万人超!阪神・掛布2軍監督が甲子園初采配

2016年5月4日 08:10 フルカウント

阪神の掛布雅之2軍監督が3日、ウエスタン・リーグの広島戦で甲子園初采配。現役を退いて以来28年ぶりとなる背番号「31」に、観客動員は2軍では異例となる1万93人を記録しました。

指揮官は「非常にいい緊張感を持って試合ができた。それもこれだけのファンが球場に足を運んでくれ素晴らしい舞台を作ってくれたから。ありがたい気持ちでいっぱいですね」とコメント。

今回の動員は、記録が残る2008年以降ではウエスタン・リーグ最多。甲子園では、09年9月23日の田中秀太(現スカウト)の引退試合で記録した7054人がこれまでの最多記録でした。

cat_19_issue_baseball @linenews_0_afccad7d5831_DeNA、12年ぶり屈辱…セ・リーグの"全借金"抱える afccad7d5831 afccad7d5831 DeNA、12年ぶり屈辱…セ・リーグの"全借金"抱える @linenews 0

DeNA、12年ぶり屈辱…セ・リーグの"全借金"抱える

2016年5月4日 07:54 スポニチ

DeNAは3日のヤクルト戦に0‐6で敗れ、今季6度目の完封負け。借金は今季最多の11となり、セ・リーグの借金を全て背負うことになりました。

セ・リーグで全チーム30試合以上消化時に負け越し1球団は2004年5月22日の広島以来、12年ぶり。

ラミレス監督は、わずか4安打の打線に「何もできなかった。得点につながらなかった」と厳しい表情。それでも「しっかり、ひっくり返せると信じています」と前を向きました。

cat_19_issue_baseball @linenews_0_e55a8a289d72_山中、チーム完封一番乗り「ヤクルトも熊本も負けない」 e55a8a289d72 e55a8a289d72 山中、チーム完封一番乗り「ヤクルトも熊本も負けない」 @linenews 0

山中、チーム完封一番乗り「ヤクルトも熊本も負けない」

2016年5月3日 18:16 スポニチ

ヤクルトは3日、DeNAに6-0で勝利し借金完済の5連勝。今季チーム一番乗りとなる完封勝利を飾った熊本出身の山中浩史がお立ち台に登りました。

昨年8月以来となる自身2度目の完封については「一人ずつ打ち取ることだけを考えた結果」と淡々と話し、危なげなかった105球を振り返り「緩急を使って投げられた」と納得の表情。

最後に「明るい話題を提供するしか僕らはない。ヤクルトも熊本も負けないように頑張っていきましょう」と被災者へエールを送るとともに、チームの健闘を誓いました。

cat_19_issue_baseball @linenews_0_304e354d7d54_バンデンハーク、4失点も初黒星消える 新記録は持ち越し 304e354d7d54 304e354d7d54 バンデンハーク、4失点も初黒星消える 新記録は持ち越し @linenews 0

バンデンハーク、4失点も初黒星消える 新記録は持ち越し

2016年5月3日 18:00 スポニチ

3日、プロ野球新記録のデビュー14連勝を懸けて日本ハム戦に先発したソフトバンクのバンデンハークは、3本のソロ本塁打を浴びるなど7回5安打4失点。4点のリードを許した場面で降板となりました。

しかし、1点を追う9回に内川聖一が同点適時打を放ち、試合を振り出しに戻したことでバンデンハークの黒星は"消滅"。来日無敗記録は継続となりました。

試合は4-4の延長10回、ソフトバンクの松田宣浩が4番手・井口和朋から4号ソロ本塁打を左翼席に叩き込み、4時間超の死闘に決着をつけました。

cat_19_issue_baseball @linenews_0_7a26db26de9e_ダルビッシュ「感極まってない」 報道への"違和感"を語る 7a26db26de9e 7a26db26de9e ダルビッシュ「感極まってない」 報道への"違和感"を語る @linenews 0

ダルビッシュ「感極まってない」 報道への"違和感"を語る

2016年5月3日 15:49 gettyimages

日本時間2日、レンジャーズのダルビッシュ有がマイナー2Aフリスコ戦で1年2カ月ぶりの実戦復帰を果たしたことについて、各スポーツ紙は「感極まった」「涙目」などと報道。これを受け、ダルビッシュが"違和感"を語りました。

ダルビッシュはTwitterで「こういう感極まってないのにすぐ『感極まった』って持っていくのにはいつもながら違和感感じます」とツイート。

続けて「(基本的に)個人的な感情は持ち込まない」「自分自身に感動なんてしません」ときっぱり。「リハビリも楽しかったし泣く要素ないのになぜこうなるのか」「よくわからない時は書くべきではない」と述べました。