cat_16_issue_64a45c14269a @linenews_0_7a8a8176bf6a_作業員の肺から2万2千ベクレル「事態は軽微ではない」 7a8a8176bf6a 7a8a8176bf6a 作業員の肺から2万2千ベクレル「事態は軽微ではない」 @linenews 0

作業員の肺から2万2千ベクレル「事態は軽微ではない」

2017年6月7日 14:08 共同通信

日本原子力研究開発機構の「大洗研究開発センター」(茨城県大洗町)の燃料研究棟で6日、放射性物質が付着した男性作業員5人のうち1人の肺から最大約2万2千ベクレルの放射性物質が計測されたことが7日、機構への取材でわかりました。

放射性物質はプルトニウム239ということです。原子力規制委員会の委員は定例会合で「半端な被ばく量ではなく、事態は軽微ではない」と述べました。肺から計測された作業員は50代の機構職員。

男性は体調不良を訴えていませんが、機構によると、最初の1年間で1.2シーベルトの体内被曝になる計算ということです。機構は放射性物質の排出をうながすキレート剤を5人に投与、放射線医学総合研究所(千葉市)に搬送し、今後の対応を検討します。

cat_16_issue_64a45c14269a @linenews_0_8ab127025248_2万2000ベクレル検出、原子力機構職員の被ばく 茨城 8ab127025248 8ab127025248 2万2000ベクレル検出、原子力機構職員の被ばく 茨城 @linenews 0

2万2000ベクレル検出、原子力機構職員の被ばく 茨城

2017年6月7日 12:56 共同通信

日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター(茨城県大洗町)で核燃料物質の点検作業中に職員ら5人が被ばくした事故で、原子力機構は7日、うち1人の肺から2万2000ベクレルの放射性物質が検出されたと発表しました。

6日夜の時点では、鼻腔(びくう)から最大24ベクレルが検出されたとしていました。機構は他の4人を含め、5人全員を放射線医学総合研究所(千葉市)に搬送し、詳しく調べます。

cat_16_issue_64a45c14269a @linenews_0_6b672e5b2131_作業員5人に放射性物質が付着、茨城の原子力機構施設 6b672e5b2131 6b672e5b2131 作業員5人に放射性物質が付着、茨城の原子力機構施設 @linenews 0

作業員5人に放射性物質が付着、茨城の原子力機構施設

2017年6月6日 18:27 共同通信

日本原子力研究開発機構によると、6日午前、茨城県大洗町の大洗研究開発センター燃料研究棟で、核燃料保管容器の点検中に異常が発生し、作業に当たっていた5人の服などに放射性物質が付着しました。

原子力機構によると、放射性物質を入れている袋が点検作業中に破裂。5人のうち3人は吸引したとみられ、鼻腔内に最大24ベクレルの放射性物質の付着が確認されました。負傷者はおらず、外部への漏えいもないといいます。