cat_16_issue_2c1e3124 @linenews_0_90af66655df2_巨人、渡辺恒雄最高顧問らが辞任の意向 野球賭博問題で 90af66655df2 0

巨人、渡辺恒雄最高顧問らが辞任の意向 野球賭博問題で

2016年3月8日 20:30 共同通信

巨人は8日夜、高木京介投手(26)が野球賭博に関与していたと発表。一連の賭博問題の責任を取り、元オーナーの渡辺恒雄最高顧問(89)、白石興二郎オーナー、桃井恒和球団会長が辞任することも発表しました。

発表によると、高木投手は2014年シーズン、昨年賭博行為で無期失格処分となった笠原将生元投手(25)から誘われて8、9試合賭けて50~60万円負けたとのこと。球団は8日付けで同選手を謹慎処分にしました。

今年の2月には、球団内に新設された「紀律委員会」による再発防止に向けた研修会を実施。高橋監督ら首脳陣と全選手、球団スタッフら約200人が参加していました。

cat_16_issue_2c1e3124 @linenews_0_883596b20c43_巨人、高木京介投手の野球賭博関与を発表 昨年から4人目 883596b20c43 0

巨人、高木京介投手の野球賭博関与を発表 昨年から4人目

2016年3月8日 20:06 デイリースポーツ

巨人は8日夜、東京都内の読売新聞本社で会見を開き、高木京介投手(26)が野球賭博に関与していたことを明らかにしました。

巨人は昨年10月5日、福田聡志投手が野球賭博行為を行っていたことを発表。同月21日には、笠原将生投手、松本竜也投手も行っていたことが明らかに。

3選手以外の巨人の選手や、他の11球団にも調査、野球協約に違反している具体的な情報はなかったとされていましたが、開幕を控えて新たな賭博関与の発覚となりました。

cat_16_issue_2c1e3124 @linenews_0_5b7d9a148e0c_野球賭博関与の元巨人・笠原氏、Twitterで謝罪 5b7d9a148e0c 0

野球賭博関与の元巨人・笠原氏、Twitterで謝罪

2015年12月26日 17:37 共同通信

野球賭博に関与していた問題で、日本野球機構(NPB)から無期失格処分を受けた元巨人の笠原将生氏(24)が26日、短文投稿サイト「Twitter」にて「この度はご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした(原文まま)」と謝罪しました。

一連の騒動について自身の言葉でコメントするのは初めて。同じく元巨人で、賭博行為を行っていた福田聡志氏、松本竜也氏は沈黙を貫いています。

なお、現在では同氏の謝罪ツイートは削除されています。

cat_16_issue_2c1e3124 @linenews_0_dc2a65e95e08_"賭博背番号"はどこへゆく、球団幹部「永久欠番にしない」 dc2a65e95e08 0

"賭博背番号"はどこへゆく、球団幹部「永久欠番にしない」

2015年12月1日 11:07 東スポ

賭博に関与した巨人の3選手が背負っていた背番号はどうなるのでしょうか。チーム内では“賭博欠番”として永久封印すべきとの声も出ていますが、ある球団幹部は東スポの取材に「永久欠番にはしない」とキッパリ。

別の記事では、「晴れてプロに入ってくる人に、イメージの悪い番号を『ハイ、どうぞ』というわけにいかないでしょ。外国人につけてもらうか、あるいは何年か寝かすか」との球団関係者の声も伝えられています。

3選手がつけていたのは「29」「41」「63」。「29」は投手伝統の背番号のひとつで、「41」は斎藤雅樹現二軍監督がつけていた“出世番号”でもあります。

cat_16_issue_2c1e3124 @linenews_0_de9db17dcf71_巨人、オーナー会議で「野球賭博」を陳謝 de9db17dcf71 0

巨人、オーナー会議で「野球賭博」を陳謝

2015年11月18日 21:13 東スポ

プロ野球の12球団オーナー会議が18日に行われ、一連の野球賭博問題について巨人・白石興二郎オーナーが熊崎勝彦コミッショナー、他球団オーナーら出席者たちに謝罪しました。

白石オーナーは「ご迷惑をお掛けしたことについて、心よりおわび申し上げます」と述べたといいます。

会議の大部分は野球賭博問題の報告と意見交換に費やされ、オリックスの宮内義彦オーナーは「情けない。なんでそんなことをするのか」とあらためて憤りました。

cat_16_issue_2c1e3124 @linenews_0_05e30990f489_野球賭博で「無期失格」処分、3投手の今後は? 05e30990f489 0

野球賭博で「無期失格」処分、3投手の今後は?

2015年11月14日 16:30 東スポ

野球賭博に関与したとして、巨人の福田聡志、笠原将生、松本竜也の3投手に「無期失格」というコミッショナー裁定が下りました。事実上の引退となるため、極めて重い処分と言えます。

3投手が社会人や独立リーグでプレーする可能性について、NPBの井原事務局長は「常識的に難しい」と指摘。またNPBが選手契約に関する協定を結んでいる大リーグ機構(MLB)や台湾、韓国、中国のプロリーグではプレーすることができません。

巨人内部には賭け事が横行していたといい、3投手以外に賭け麻雀などをしていたコーチや選手を球団は把握。その実名が明らかになる可能性もあり、今後の球界に不安を残しています。

cat_16_issue_2c1e3124 @linenews_0_3deda40bee5b_巨人に制裁金も 3投手を無期失格処分にした理由とは 3deda40bee5b 0

巨人に制裁金も 3投手を無期失格処分にした理由とは

2015年11月10日 22:58 共同通信

プロ野球巨人の3投手による野球賭博問題で、熊崎勝彦コミッショナーが10日、福田聡志投手、笠原将生投手、松本竜也投手をいずれも無期失格処分とする裁定を下したと発表しました。

熊崎コミッショナーは「不朽の国技といえるプロ野球の品位を、はなはだしく汚した。大変重い処分だが、断腸の思いで下した」と理由を説明。巨人に対しても、管理責任は重いとして制裁金1000万円を科しました。

調査委の報告書によると、3人は問題が発覚しそうになると携帯電話のメールを削除。"口裏合わせ"をした上で、「食事を賭けていただけである」などと虚偽の供述を続けていたことが発覚しました。

cat_16_issue_2c1e3124 @linenews_0_ea3098ab3317_賭博問題で巨人3選手に無期失格処分 球団にも制裁金1000万円 ea3098ab3317 0

賭博問題で巨人3選手に無期失格処分 球団にも制裁金1000万円

2015年11月10日 16:45 時事ドットコム

プロ野球巨人の3投手による野球賭博問題で、熊崎勝彦コミッショナーが10日、東京都内で記者会見を開き、福田聡志投手(32)、笠原将生投手(24)、松本竜也投手(22)をいずれも無期失格処分とする裁定を下したと発表しました。

巨人に対しても、管理責任は重いとして制裁金1000万円を科すのが相当としました。

野球賭博で選手が処分されるのは、1969年に西鉄の投手の八百長が発覚したのに端を発した「黒い霧事件」以来。巨人は処分が発表され次第、3選手の契約を解除する方針を9日に示しています。

cat_16_issue_2c1e3124 @linenews_0_9460430cbb41_野球賭博で巨人3投手を任意聴取 警視庁 9460430cbb41 0

野球賭博で巨人3投手を任意聴取 警視庁

2015年11月10日 12:38 47NEWS

プロ野球巨人の野球賭博問題で、警視庁が福田聡志投手(32)ら3選手から任意で事情聴取したことが10日、分かりました。

警視庁は今後、賭博容疑に当たるかや、暴力団関係者との交遊の有無などを調べるとみられます。

日本プロ野球機構などの調査によると、福田投手らは昨年4月~今年9月までにプロ野球のほか、高校野球や米大リーグの試合につても野球賭博を繰り返していたとされています。

cat_16_issue_2c1e3124 @linenews_0_dcecdc51ca14_巨人、チーム内で賭け事横行 練習後に麻雀やトランプ dcecdc51ca14 0

巨人、チーム内で賭け事横行 練習後に麻雀やトランプ

2015年11月9日 22:10 デイリースポーツ

巨人は9日、野球賭博問題に関与していた3選手に対し、契約を解除する方針を発表。会見ではまた、3選手以外にも、チーム内で賭け麻雀やトランプが横行していたことを明らかにしました。

賭け麻雀のルールは3人麻雀の独自ルールで、トップが1万円以上を得るというもの。「大富豪」「ポーカー」といったトランプゲームは、ジャイアンツ球場のロッカールームで、1回1万円で行われていました。

賭けマージャンを行っていたのは3選手ら約10人、賭けトランプは11選手。3選手以外に野球協約に違反する行為をした者はいませんでしたが、球団側は参加した選手たちに厳重注意したといいます。

続きはアプリで、快適に LINENEWS