cat_16_issue_05a0c40d @linenews_0_3a0e4778cc87_くまモン、銀座にサプライズ登場 被災地支援にお礼 3a0e4778cc87 0

くまモン、銀座にサプライズ登場 被災地支援にお礼

2016年5月17日 15:09 共同通信

熊本県のPRキャラクター「くまモン」が17日、県のアンテナショップ・銀座熊本館(東京都中央区)にサプライズで登場し、来店者に熊本地震の被災地支援に対する感謝の気持ちを伝えました。

訪れた人たちは驚きながら「頑張ってね」と握手をしたり、抱き合ったりしながら入店。くまモンはスケッチブックに「おうえんサンくま」と書かれたメッセージを持って、来店者と触れ合いました。

同県東京事務所によると、地震から約1カ月たった今も同店には地震前の3倍程度の人が訪れており、今月16日現在で店内の募金箱に寄せられた義援金は約5450万円に達しているといいます。

cat_16_issue_05a0c40d @linenews_0_69943621d707_九州の高速道、無料化を検討 熊本地震で国「復興後押し」 69943621d707 0

九州の高速道、無料化を検討 熊本地震で国「復興後押し」

2016年5月17日 13:28 共同通信

石井啓一国土交通相は16日の衆院予算委員会で、熊本地震の被災地復興や風評被害などで減少している観光客の回復を後押しするため、九州の高速道路の無料化や料金の減額を検討する考えを表明しました。

政府は東日本大震災の事例を参考に、無料化や料金減額の手法、対象区間、期間などを関係省庁で協議します。東北の高速道路では大震災後、被災者の負担軽減や物流の活発化などの目的で、被災者が運転する車などの通行料が無料になりました。

cat_16_issue_05a0c40d @linenews_0_90da872d090c_両陛下、19日の熊本訪問が決定 日帰りで益城・南阿蘇へ 90da872d090c 0

両陛下、19日の熊本訪問が決定 日帰りで益城・南阿蘇へ

2016年5月17日 09:14 ロイター/アフロ

天皇、皇后両陛下が熊本地震の被災者を見舞うため、19日に日帰りで熊本県を訪問されることが、17日の閣議に報告されました。両陛下が大地震の被災地を発生後間もない時期に訪れるのは東日本大震災以来。

宮内庁によると、両陛下は19日午前、羽田空港を特別機で出発し、午後に熊本空港(益城町)に到着。南阿蘇村や益城町の避難所を訪問するほか、災害対応に尽力した警察、消防、自衛隊などの関係者をねぎらうといいます。

宮内庁幹部によると、両陛下は地震発生以来、「一日も早く赴きたい」との気持ちを示していました。同庁は訪問時期について、現地の関係者が対応に追われていることを考え、県側の判断を優先するとしていました。

cat_16_issue_05a0c40d @linenews_0_f60ab06f0772_熊本、発達障害者の相談相次ぐ 発生後290件超 f60ab06f0772 0

熊本、発達障害者の相談相次ぐ 発生後290件超

2016年5月17日 08:24 共同通信

熊本地震の発生後、発達障害がある成人や児童生徒の親たちから「避難所での生活が難しい」「子どもがトイレに行けなくなった」といった被災に絡む相談が、290件以上あったことが17日、熊本県と熊本市への取材で分かりました。

地震発生から1カ月を経ても相談は寄せられているとのこと。発達障害がある被災者には、自宅から避難所に移ったことなどによる環境変化に対応できない人が多くいるとみられています。

cat_16_issue_05a0c40d @linenews_0_cea7534b152c_熊本の危険宅地、2259カ所 東日本大震災を上回る cea7534b152c 0

熊本の危険宅地、2259カ所 東日本大震災を上回る

2016年5月16日 18:45 共同通信

熊本県は16日、地震による被害を調べる「被災宅地危険度判定」の結果、熊本県内6市町村の計2259カ所の住宅敷地が「立ち入り危険」と判定されたと発表しました。

亀裂が入ったり、斜面を保護する擁壁が崩れたりしており、新潟県中越地震(527件)、東日本大震災(1450件)を大幅に上回りました。調査未着手の自治体もあり、被害は広がる可能性もあります。

熊本県益城町の西村町長は16日、熊本地震の本震から1カ月が経過したことを受け、記者会見。当面の目標として仮設住宅計1200戸を建設すると表明しました。

cat_16_issue_05a0c40d @linenews_0_6768ee458ec2_「本震」発生から1カ月、犠牲者悼む 想定外の連続震度7 6768ee458ec2 0

「本震」発生から1カ月、犠牲者悼む 想定外の連続震度7

2016年5月16日 09:05 共同通信

熊本地震はマグニチュード(M)7.3の「本震」発生から16日で1カ月が経過しました。最大震度7を観測した4月14日の「前震」の後、再び最大震度7の揺れが起きて被害が拡大しました。

気象庁によると、本震は4月16日未明に発生。地震の規模は1995年の阪神大震災に匹敵するといいます。土砂崩れなどで15人が亡くなった熊本県南阿蘇村では職員らが犠牲者を悼み黙とうしました。

cat_16_issue_05a0c40d @linenews_0_0e72218348e9_仮設用地の事前準備怠る 熊本7市町村、完成遅れに 0e72218348e9 0

仮設用地の事前準備怠る 熊本7市町村、完成遅れに

2016年5月15日 22:45 共同通信

熊本地震で仮設住宅を整備することになった熊本県内15市町村のうち7市町村は、国の事前の要請があったにもかかわらず、あらかじめ建設候補地を決めていなかったことが15日、分かりました。

このため候補地選びには時間がかかり、その分完成が遅れます。候補地の事前準備は、用地や資材の確保が難航して完成が遅れた東日本大震災を踏まえたもの。2011年10月、国が全国の自治体に促しましたが、教訓は生かされませんでした。

cat_16_issue_05a0c40d @linenews_0_c9fa50cd02bf_地震1カ月でも倒壊家屋、がれきの処理進まず 熊本 c9fa50cd02bf 0

地震1カ月でも倒壊家屋、がれきの処理進まず 熊本

2016年5月15日 08:44 共同通信

熊本地震で甚大な被害に遭った熊本県益城町や南阿蘇村では、地震発生から1カ月たった今なお倒壊した家屋の撤去やがれきの処理は進まず、激震の深い傷痕は残ったままだといいます。

処理計画の策定が進まなかったことや、処分場所を確保できなかったことなどが原因。歩道は倒れたブロック塀などにふさがれた場所も多く、災害ごみの仮置き場には、壊れた家具などを運び込む住民の車が列をなしていました。

また地震による建物の損壊を証明し、被災者が公的支援を受けるのに必要な罹災証明書の発行も遅れており、12日時点で申請約9万5020件に対し、発行は29%の約2万7520件にとどまっています。

cat_16_issue_05a0c40d @linenews_0_4bc8e5b62d95_被災地職員、減らぬ負担 東日本大震災のピーク時を上回る 4bc8e5b62d95 0

被災地職員、減らぬ負担 東日本大震災のピーク時を上回る

2016年5月14日 15:57 共同通信

熊本地震で熊本県内の避難者の約3割が集中する益城町は、職員1人当たりの避難者数が20.6人に上ることが13日に判明。東日本大震災の被災3県内のピーク時(13.4人)を大きく上回りました。

応援職員を受け入れているものの、無休で対応する職員もおり、識者は「職員の疲弊は復興を妨げる原因の一つ」と指摘。東日本大震災後、自治体職員の健康調査を行った前田正治氏は「発生から3カ月、半年たてば、心身の健康を損なうリスクはさらに高まる」と警鐘を鳴らしています。

熊本地震による建物の損壊を証明し、被災者が公的支援を受けるのに必要な「罹災証明書」の発行も進まず。12日時点では約2万7520件と、申請の29%にとどまっていることが熊本県内で建物損壊が確認された30市町村への取材で分かっています。

cat_16_issue_05a0c40d @linenews_0_510ce12a0ad5_避難所、市役所で黙とう 熊本地震から1カ月 510ce12a0ad5 0

避難所、市役所で黙とう 熊本地震から1カ月

2016年5月14日 12:14 共同通信

熊本地震の発生から1カ月となった14日、被災地の避難所や市役所では犠牲者への黙とうがささげられました。200人以上が避難生活を続ける市総合体育館では、午前10時に避難者や職員らが立ち止まって祈りをささげました。

熊本市役所では災害対策本部会議の冒頭、大西一史市長ら約50人が黙とう。大西市長は「『生活を取り戻した』と思っていただけるよう頑張ろう」と職員らに呼び掛けました。

続きはアプリで、快適に LINENEWS